0

スティーヴン・キング原作『Castle Rock』 ショーシャンク刑務所に現れた謎の青年が...

2018年7月20日 19時00分

スリラー小説の巨匠スティーヴン・キングの作品に何度も登場する架空の町がある。様々な恐怖物語の発信地となってきたその田舎町の名は、キャッスルロック。TVシリーズ『Castle Rock(原題)』は、まさにその町が舞台。夏にぴったりの身の毛もよだつサイコホラーだ。


【関連記事】正統派、異端どちらもこなす、スウェーデンの新たな才能ビル・スカルスガルド


♦刑務所に忽然と現れた青年
メイン州立ショーシャンク刑務所内、今は使われていない鍵のかかった独房内に、謎の青年(ビル・スカルスガルド)が忽然と姿を現わす。青年は無口で従順だったが、突如として態度を一変。看守に対し、弁護士ヘンリー・ディーヴァー(アンドレ・ホーランド)との面会を執拗に求めるようになる。


生まれ故郷から遠ざかっていたヘンリーは、こうしてキャッスルロックの町に呼び戻される。しかしヘンリーが町を避けていたのにはある理由が...。その昔、ヘンリーと父親は森へ夜のハイキングに出かけたが、ヘンリーは失踪し、父親は崖の下でバラバラ死体として発見される。11日経って姿を現したヘンリーは、一切の記憶がないと主張するも父親殺しの容疑がかけられてしまう。そして町の住民たちはいまだ冷たい視線を彼に向けている。


青年の出現以来、日に日に正気を失ってゆくヘンリーの養母ルース(シシー・スペイセク)と、強固な信仰心に心を狂わせたヘンリーの父マシュー(アダム・ローゼンバーグ)。そして、異常な状況下の刑務所で必死に生き抜く術を探る看守の男(ノエル・フィッシャー)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「スティーヴン・キング原作『Castle Rock』 ショーシャンク刑務所に現れた謎の青年が...」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!