0

『ジ・アメリカンズ』がTCA賞で3部門受賞! 主演ケリー・ラッセルが個人賞に輝く

2018年8月10日 09時00分

今年5月、米FXにてシーズン6をもってファイナルを迎えたスパイドラマ『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』が、第34回TV批評家協会賞(以下TCA賞)で3部門に輝き、主演のケリー・ラッセルが個人賞受賞を果たしたことがわかった。米Varietyをはじめとする複数メディアが報じている。


【関連記事】『ジ・アメリカンズ』もしあなたの隣人が敵国のスパイだったら!?


『ジ・アメリカンズ』は最優秀テレビ番組賞と最優秀ドラマ・シリーズ賞を獲得し、ケリーはドラマ・シリーズ主演賞を受賞。今回でFXは3年続けてTCA賞で最も受賞が多かった局となり、本シリーズ以外にも『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』が最優秀TV映画、ミニシリーズ、特番賞で栄誉を手にしている。


『ジ・アメリカンズ』は、実際にCIA局員だったジョー・ワイズバーグがクリエイターを務めるシリーズで、舞台となるのは冷戦時代の米国。アメリカ人に成りすましたロシア人のスパイ、エリザベス(ケリー)とフィリップ(マシュー・リス)が敵国に夫婦として潜入し、諜報活動を繰り広げる姿がスリリングに描かれる作品だ。


シーズン1ではレーガン大統領襲撃、シーズン2ではミサイルやステルス兵器などの開発、シーズン3ではアフガンへの兵器流入といった具合に、その時代を反映したタイムリーな政治や時事問題が織り込まれている。そして諜報活動だけでなく、自分の親がスパイだとは知らないエリザベスとフィリップの子どもたちとの関係などファミリードラマとしての要素も濃く、見応えあるシリーズに仕上がっている。


日本では、本作のDVDが9月5日(水)より、シーズン1から6までの全シーズンが一挙にリリースされる。(海外ドラマNAVI)


Photo:ケリー・ラッセル、マシュー・リス
(c)NYPW/FAMOUS

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『ジ・アメリカンズ』がTCA賞で3部門受賞! 主演ケリー・ラッセルが個人賞に輝く」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!