0

『The O.C.』放送から15年...クリエイターが語る裏話。アダム・ブロディは船酔いしやすくて台詞も覚えなかった!? 

2018年8月12日 16時00分

2003年から2007年まで放送された『The O.C.』はカリフォルニア州オレンジ・カウンティを舞台に、富裕層エリアに住むリッチな高校生たちのおしゃれな学生生活や、治安の悪い地区で生まれた青年との格差、許されざる恋愛模様などが描かれ、同世代の若者を中心に爆発的にヒットした。8月5日で放送15周年を迎えた本作の撮影秘話をクリエイターのジョシュ・シュワルツが明かしている。


【関連記事】『The O.C.』から12年、気になる出演者のその後は?【男優編】


15年たった今振り返ってみると、現在主役級の役者が数多く出演する豪華なキャスティングだった『The O.C.』。そんな出演者の微笑ましい当時の裏話が明らかになった。


大人気キャラだったサマーの恋人、セス・コーエンを演じたアダム・ブロディ。実はクリエイターのシュワルツは彼の採用に異議を唱えていたという。「当時、アダムはいろんな番組のオーディションに参加していたから、全然台詞も覚えてこなかった。だから別の俳優を探そうと思ったんだよ。だけどキャスティング・ディレクターが"絶対あのアダムを使うべきだ。彼は特別だよ!"と押したから彼に決めたんだ。役を得てからの彼はセリフもばっちり覚えてきたし、とても良かったね」という意外なエピソードを語った。


また、アダムは大の船嫌いだったため、船に乗るシーンの撮影には45歳のスタントにかつらを被らせて撮影したという今からでも見返してみたいような面白い話もあったようだ。セスの住む豪邸のプールに誰も飛び込むシーンがなかったのは、深さがたった1.5メートルだったことが理由だったなどの裏話も。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『The O.C.』放送から15年...クリエイターが語る裏話。アダム・ブロディは船酔いしやすくて台詞も覚えなかった!? 」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!