0

コピー大国ベトナムで売れまくる 「にせものヘルメット」の恐怖

2008年9月24日 14時00分 (2008年10月25日 00時11分 更新)
 夕刻、ベトナム・ハノイ市内のパークソンSC前交差点は、まるで“バイクの洪水”が起きたかのようだ。遠慮がちに走る数台の自動車を尻目に、おびただしい数のバイクが行き交う。その圧倒的な数に加え、もうひとつ印象に残るのが、彼らの被るヘルメットである。およそ日本では見かけない、カラフルでおしゃれなデザインばかりなのだ。



 実はベトナムでヘルメットの着用が義務付けられたのは昨年12月からで、それまではいわゆるノーヘルが当たり前だった。だがひとたび規制がかかると、そこは共産党国家、ルールには従う国民性からかあっという間にヘルメットは普及した。

 ところがこのヘルメット、安全とは言えない物が多いのだ。強度の低いプラスチックに布を巻き、おしゃれな飾りやベースボールキャップのようなつばを付けた物もある。安価でファッショナブルということで特に若者の間では人気だ。

 しかし、“にせものヘルメット”はむしろ危険を招く。転倒時、プラスチックが割れて頭蓋骨に突き刺さるという事故例が後を絶たないのだ。身の安全のためにヘルメットを被るという真の意味が理解されるのには、もう少し時間がかかりそうだ。

 にせものはヘルメットだけではない。実はバイクそのものも安価な中国製コピー品が数多く出回っている。ベトナムのバイク市場は今年、300万台(対前年比104%)の規模となることが確実視され、中国・インド・インドネシアについで世界で4番目に大きな市場である。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!