0

議会で間もなく選管・政党関連の基本法を検討へ

2017年4月18日 10時15分 (2017年4月25日 12時09分 更新)
立法議会(NLA)では、政党と選挙管理委員会に関する2つの基本法の検討が間もなく開始され、5月半ばに完了する見通しという。ピラサクNLA副議長がこのほど明らかにした。これら2つの基本法に加え、上院議員選挙と下院議員選挙に関する2つの基本法を制定することが総選挙実施のために必要となる。これら4つの基本法は、憲法起草委員会(CDC)が4月6日の新憲法制定から240日以内に草案を作成。これら草案をNLAが60日以内に検討することになっている。最初の2つの基本法について、ミーチャイCDC委員長は、18日にも草案をNLAに提出できるとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!