0

知的財産権局、タイ国内6カ所からコピー商品を一掃

2017年6月19日 11時24分 (2017年6月27日 12時09分 更新)
知的財産権局のトサポン局長はこのほど、タイ国内の6か所からコピー商品を一掃すると明言した。対象となるのは、バンコク都内のマブンクロン(MBK)ショッピングセンター、パンティップ・プラザ、クロントム、バンモー、チャトゥチャク・ウイークエンドマーケット、そしてサケオ県のロンクルア・マーケット。6月初めに開かれた国際経済政策会議でプラユット首相が偽商品を市場からなくすよう関係当局に指示したことにより、これらの場所をターゲットとした手入れはすでに開始されている。なお、過去2週間にパンティップ・プラザ、クロントム、バンモーに手入れをしたが、コピー商品は見つからなかったとのことだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!