1

焦点:北朝鮮の金正恩氏、「狂気」の裏に潜むしたたかな計算

2017年12月7日 08時25分 (2017年12月7日 13時10分 更新)




Hyonhee Shin and James Pearson
[ソウル 30日 ロイター] - 2011年12月の凍てつくような寒さのある日、北朝鮮の新指導者となった金正恩氏は、亡くなった父親の正日氏の棺を載せて平壌の通りを行く霊きゅう車に、7人の顧問らと共に付き添っていた。
現在、その顧問らは1人も残っていない。正恩氏は10月、父親の側近だった最後の2人を降格させた。どちらも年齢は90代だった。韓国情報機関、国家情報院(NIS)傘下の国家安保戦略研究所(INSS)によると、彼らは正恩氏によって粛清あるいは処刑された約340人の一部だという。
トランプ米大統領の目には「紛れもない狂人」と映る正恩氏は、韓国が恐怖政治と呼ぶ支配体制への移行を6年かけて完了させた。同氏の予測不可能で好戦的な態度は、世界に恐怖を植え付けている。29日に「画期的」なミサイルの発射実験を実施した後、正恩氏は北朝鮮が米国に対する攻撃能力を有する核保有国だと宣言した。
だが、正恩体制をよく調べると、「狂気」の背後にあるメソッドが見えてくる。
現在33歳の正恩氏は、世界でも有数の若い国家元首だ。同氏が受け継いだのは、冷戦時、共産主義国の中国と資本主義国の韓国とのあいだに緩衝国をつくる狙いで超大国が後ろ盾となり、社会主義国として誕生したという輝かしい歴史のある国である。
父親である金正日総書記は経済政策に失敗し、ソ連崩壊によって重要な支援源も失った。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    太り過ぎ注意。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!