Royals join Romanians at ex king Michael's funeral

2017年12月17日 14時06分 (2017年12月17日 15時20分 更新)
 
【12月17日 AFP】今月5日に死去したルーマニアのミハイ(Michael)元国王の国民葬が16日、首都ブカレストで行われた。

 第2次世界大戦(World War II)当時の各国指導者のうち、存命する人の一人だったミハイ元国王は、白血病との闘いの末に今月5日、スイスで死去した。96歳だった。

 ドイツのホーエンツォレルン(Hohenzollern)家の血を引くミハイ元国王は、1927~30年と40~47年の2度にわたってルーマニア国王の座についた。2度目の在位時にはイオン・アントネスク(Ion Antonescu)元帥を追放し、ルーマニアをアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)率いるナチス・ドイツ(Nazi)に対抗する連合国側に加えた。

 しかし戦後の共産党政権によってルーマニアの王制に終止符が打たれた。ミハイ元国王は1947年12月、退位させられ、亡命を余儀なくされた。

 市民権を剥奪されたミハイ元国王は、最終的にスイスに居を構え、航空関係の仕事や農業をしながら慎ましく暮らしていた。ルーマニアへの帰国がようやくかなったのは2002年になってからだった。(c)AFP/AFPBB News

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。