2

タリバン系ナンバー2死亡=米無人機攻撃で―パキスタン

2018年2月13日 06時32分 (2018年2月13日 23時57分 更新)

 【ニューデリー時事】パキスタンからの報道によると、イスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)は12日、ナンバー2のハーリド・メスード容疑者が米軍による無人機の攻撃で死亡したと明らかにした。英BBC放送は「TTPの弱体化につながる可能性がある」と伝えている。

 TTPの声明によると、メスード容疑者は8日、対アフガニスタン国境に近いパキスタン北西部の北ワジリスタン地区で殺害された。BBCによると、同容疑者はTTPの最高指導者ファズルラ師をしのぐ影響力を持ち、パキスタン全土での軍事活動に関与していたという。 

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    蚊を全滅させるのに楊枝ボウガンで1匹ずつ撃ち落としてるに等しい。無駄。

    1
  • 匿名さん 通報

    昔から裏切りの民だから懸賞金かければいくらでも仲間を売る。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!