2

中国でも森友決裁文書改ざんを大きく報道

2018年3月14日 12時55分
全人代会期中であり、習近平礼賛に燃え上がっている中国の中央テレビ局CCTVが、日本の森友決裁文書改ざんを報道。中国政府系や共産党系のネットも大きく扱っている。「安倍三選は絶望か」といったタイトルで。

CCTV:森友学園スキャンダル再燃 安倍内閣総辞職を求める声が高まっている

3月5日に始まった全人代(全国人民代表大会)は、3月11日に国家主席の任期を撤廃する憲法改正を可決し山場を迎えている。中国共産党が管轄する中央テレビ局CCTVは、連日連夜、習近平国家主席と党の指導を礼賛することで真っ赤に染まっている。

全人代会期は例年になく延長され、3月20日に閉幕するというほどの審議内容(可決事項?)満載だ。

だというのにCCTVも党や政府系の紙ベースあるいは電子版のメディアも、全人代開幕式の3月5日から始まって、日本の森友決裁文書改ざん問題を報道することに余念がない。

まず近いところで、3月13日の報道を見てみよう。

3月13日のCCTVニュースは全国ニュースで、森友学園スキャンダルにより安倍政権総辞職を求める声が日本で高まっていると報道した。その動画をリンクさせたいが不安定なので、CCTVニュースを文字で報道しているネット情報をご紹介する。情報源は中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹版「環球時報」電子版「環球網」で、タイトルは「森友学園スキャンダル持続的に再燃 日本与野党の安倍内閣総辞職を求める声が高まっている」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「中国でも森友決裁文書改ざんを大きく報道」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    日本の恥。

    1
  • 匿名さん 通報

    国内で森友の話題が盛り上がると、何故か中国や南朝鮮も盛り上がります。つまり、国内で森友の話題を必死に盛り上げている人間の後ろにいるのは・・ 賢明な方なら、もうお分かりでしょう。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!