100+

森友に私も妻も関わっていないが、証拠・証言ない=安倍首相

2018年4月9日 12時46分 (2018年4月9日 17時30分 更新)
[東京 9日 ロイター] - 安倍晋三首相は9日午前の参院決算委員会で森友学園問題について「私も妻も関わっていないが、そうだという証拠や証言はない」と述べた上で「妻が名誉校長を引き受けたため疑念を持たれてもやむを得ない」と指摘した。決裁文書改ざん問題などについては「司法が徹底的に全容を明らかにしてほしい」と述べた。藤田幸久(民進)委員への答弁。
相次ぐ公文書管理問題の責任を踏まえ、首相は「行政全般について最終的責任を負っている」と述べつつ、再発防止の上では各省庁などで「実際に行為を行っていた人、監督を担っていた人が責任を認識しなければいけない。すべてを私が責任を取ればいいという話ではない」と論じた。その上で藤田委員に対して「私が責任を逃れているとのイメージを意図的に植えつけようとしている」と反論した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    「すべてを私が責任を取ればいいという話ではない」。出ました、お得意の責任押し付け論。「行政全般について最終的責任を負っている」の意味が分っていない。小学生並みの理屈。

    257
  • 匿名さん 通報

    時間が掛かってでも真相を究明すべし!安倍が辞職しても幕引きはない。立法府と行政府が陰で行っていた事を全て暴露し国民に知らせる事が民主主義の第一歩だ!

    219
  • 匿名さん 通報

    司法も頑張って追及してほしい。とくに大阪地検は名誉回復がかかっている。

    208
  • 匿名さん 通報

    しつこい、来年までやるのか?>あたりまえだろ!これで終わりの訳ねえだろ(怒)

    134
  • 匿名さん 通報

    しつこい、来年までやるのか?

    63
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!