<北朝鮮>米朝会談の「再考」示唆 訓練に反発

2018年5月16日 22時12分 (2018年5月17日 08時00分 更新)
 【ソウル渋江千春】北朝鮮は16日、核問題での交渉に長く携わった金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官名で談話を発表し、米朝首脳会談(6月12日)に向けた米国側の姿勢を批判したうえで、首脳会談について「改めて考慮せざるを得ない」と、中止の可能性を示唆した。また韓国に対しても16日未明、この日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると通知した。米韓両軍が11日に始めた定例の共同訓練「マックス・サンダー」を理由に挙げて「われわれの平和的な努力と善意に無礼な挑発で応えた」と非難しており、米朝首脳会談について楽観ムードが出ていた米韓側の虚を突き、交渉を有利に運ぶための戦術だとみられる。

 金次官は「先核放棄、後補償」方式や「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を主張している人物として、ボルトン米大統領補佐官を名指しして批判。「(ボルトン氏の)言葉に従うなら、朝米首脳会談をはじめ朝米関係の展望がどうなるかは火を見るより明らかである」と警告した。

 特に「朝鮮半島非核化の用意を表明した」と自らの立場を強調しつつ、「そのためには米国の対(北)朝鮮敵視政策と核による威嚇を終わらせることが先決条件だ」とも述べ、非核化のためには米国側がまず行動に移るべきだと主張した。

 北朝鮮側は、韓国との閣僚級協議の中止を伝える国営メディアの報道で、今回の共同訓練にステルス戦闘機F22や核兵器が搭載可能なB52戦略爆撃機が参加するとされたことに不快感を表明。