2

トルコ大統領選、エルドアン氏の勝利確定 権限強化の新体制に移行

2018年6月25日 15時35分
[アンカラ 25日 ロイター] - 24日投開票のトルコの大統領選で、選挙管理委員会は、現職のエルドアン氏が再選されたと発表した。現地メディアによると、同日実施された議会選挙では与党連合が過半数を得た。
選挙管理委のサディ・ギュベン委員長は、開票率が97%を上回った時点で、エルドアン氏は絶対多数を獲得したと述べた。現地テレビが報じた非公式の投票結果によると、議会選では与党・公正発展党(AKP)と民族主義者行動党(MHP)の連合が過半数を得た。
一方、最大野党の共和人民党(CHP)は敗北を即座には認めず、大統領選が決選投票に進む可能性もまだあるとの見方を当初は示した。ただ、その後は「結果にかかわらず」民主主義への取り組みを継続すると表明するにとどめた。
エルドアン氏(64)は午前3時過ぎにAKPの本部建物のバルコニーから支持者に向けて勝利演説を行い、「国民への約束を実現するため、明日取り組みを開始する」と表明。2016年7月のクーデター未遂事件を受けて国内の取り締まりを強化してきた当局が、テロ組織に対し、より断固とした行動を取ることになると述べた。
また、トルコ軍は引き続き、国内に避難するシリア難民が安全に帰国できるように「シリアの領土解放」を続けると宣言した。
トルコでは昨年4月の国民投票で僅差で承認された憲法改正により、大統領に実権を集中させる実権型大統領制への移行が決まっており、今回の大統領選後に新たな制度に移行される。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「トルコ大統領選、エルドアン氏の勝利確定 権限強化の新体制に移行」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    なに、サッカーに勝ったのか。

    1
  • 匿名さん 通報

    EUがあまりにトルコに冷たく対応したことがトルコ人のナショナリズムを刺激し、右翼宗教ポピュリストの台頭を招いた。行く所まで行かないとこの動きは収まらないだろう。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!