3

NATO加盟国、防衛費の対GDP比2%達成を確約=事務総長

2018年7月13日 17時09分
[ワシントン/ブリュッセル 12日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は12日、NATO加盟国は防衛費の対国内総生産(GDP)比率を2%とする目標の達成を確約したことを明らかにした。ただトランプ米大統領が提案した4%の目標は確認しなかった。
同事務総長はCNNに対し、「防衛費の対GDP比率を2%とすることにコミットメントは得られている」と表明。重要なことはより多くの資金を投じることで、トランプ大統領が今回の首脳会議で発した明白なメッセージを加盟国は理解していると述べた。
米ホワイトハウス高官は前日、トランプ大統領がNATO首脳会議で加盟各国に対し防衛費の対GDP比率を4%に引き上げるよう要請したと明らかにしている。
ストルテンベルグ事務総長はこの日、ブリュッセルで行ったNATO首脳会議後の記者会見で、トランプ米大統領がNATO加盟国に対し防衛費拡大を呼び掛けたことは「新たな切迫感」を呼び起こし、NATOの強化につながるとの見解を表明。
「非常に率直でオープンな討議が行われた。こうした討議はNATOを強くする。新たな切迫感が生まれた」とし、「こうしたオープンな討議が行われたことは、われわれが今後一段の努力を行っていくこと、またトランプ大統領の発したメッセージが明らかな影響を及ぼしていることを示している」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

「NATO加盟国、防衛費の対GDP比2%達成を確約=事務総長」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    まあ、アメリカが出て行けばいいだけだろ。

    1
  • 匿名さん 通報

    経済に闊達なスコットランドより、へなちょこのイングランドが英国連邦を率いてるのが、NATOの病巣・・

    1
  • 匿名さん 通報

    仮想敵国ロシアから欧州を守る建前で莫大な負担をしているがドイツはロシアに70%エネルギーを依存し、元首相はロシアのエネルギー会社の役員、米国の怒りはもっとも。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!