4

ロシアのプーチン大統領は「競争相手」、「敵」ではない=米大統領

2018年7月13日 04時21分
[ブリュッセル 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、ロシアのプーチン大統領は「敵」ではなくむしろ「競争相手」であるとの考えを示し、来週の首脳会談ではうまく折り合えるとの見通しを示した。
ブリュッセルで開かれていた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席していたトランプ大統領は「プーチン氏とうまく折り合えると考えている。プーチン氏はロシアを代表しており、私は米国を代表している。つまり、われわれは競争相手であって、敵か見方かとの問題ではない。プーチン氏は私の敵ではない」と述べた。
そのうえで「いつの日かは友人になれるかもしれない。実際にそうなるかもしれないが、プーチン氏についてよく知らない」と語った。
米ロ首脳は来週16日にフィンランドのヘルシンキで会談を行う。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

「ロシアのプーチン大統領は「競争相手」、「敵」ではない=米大統領」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    米国内の反トランプ派が一番懸念しているのがまさにこれ。選挙の時にロシアからトランプに有利になるようにサイバー攻撃してもらっている。トランプは国家反逆罪に相当。

    2
  • 匿名さん 通報

    どういう形であれ国同士のギスギスした関係がなくなっていくことは望ましいことだと思う。あと『敵か見方か』は『味方』が正しいと思う。

    2
  • 匿名さん 通報

    ライバルとエネミーの違いか。因みに隣国はライバルじゃなくエネミーですね。

    0
  • 匿名さん 通報

    09:22でたよ戦争をしたがる差別主義のバカウヨが、、、。安倍信者は韓国が日本の軍事同盟国であるにも関わらず「中韓潰せ!」と叫び続けている。狂ってるよ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!