1

米ボストン郊外のガス爆発、依然8000人が避難

2018年9月15日 10時11分
[アンドーバー(米マサチューセッツ州) 14日 ロイター] - 米マサチューセッツ州ボストン郊外の住宅街で発生した相次ぐガス爆発・火災から一夜明けた14日、なお約8000人が周辺地域から避難している。
爆発は13日、ボストン近郊のアンドーバ、ノースアンドーバー、ローレンスの3地区で発生。地元警察によると、約70カ所から火災や爆発などが報告された。
少なくとも1人が死亡、12人超が負傷した。多数の家屋や建物が損壊し、現在も1万8000超の世帯が停電となっている。
当局は爆発の原因究明に追われている。消防当局によると、「ガス本管の過度な加圧」が原因とみられている。
米公益会社ナイソース<NI.N>傘下のコロンビアガスはこれまでに、爆発のあった一帯を含む周辺地域のガス管改修を実施する計画を発表していた。
14日午前の取引でナイソースの株価は約10%急落した。

「米ボストン郊外のガス爆発、依然8000人が避難」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    都市ガスはガス爆発すると連鎖反応を引き起こすからな。東京ガスも人ごとじゃない。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!