0

豪4大銀などの法律違反報告に遅れ、当局「受け入れられない」

2018年9月25日 14時39分
[シドニー 25日 ロイター] - オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は25日、2017年までの4年間に実施した調査によって、国内4大銀行などが法律違反の報告と是正を適時に行っていなかったことが判明したと公表、結果は「受け入れらない」と結論付けた。
ASICによると、大手4行と最大の上場資産運用会社1社による法違反は消費者に約5億豪ドル(3億6190万米ドル)の経済的損失をもたらしたほか、是正策も完了していないという。
ASICのジェームズ・シップトン委員長は「違反に関する報告や消費者への補償の遅れは多くの場合、金融機関の不適切な制度、手続き、企業統治プロセス、さらには消費者重視の文化の欠如に起因している」と批判。
ASICによると、調査はコモンウェルス銀行(CBA)<CBA.AX>、ウエストパック銀行<WBC.AX>、オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)<ANZ.AX>、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)<NAB.AX>、富裕層向け金融サービス大手AMP<AMP.AX>を含む金融機関12社のコンプライアンス(法令順守)に関して実施された。
調査によると、重大な法律違反が起きてから消費者に対して是正策が取られるまでは平均して5年余りを要した。
ASICの発表を受けて、豪金融株指数<.AXFJ>は一時、0.8%値を下げ、9月13日以来の大幅な下落率となった。
NAB、CBA、ウエストパック、ANZは0.54%─1.40%下落した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「豪4大銀などの法律違反報告に遅れ、当局「受け入れられない」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!