1

南北、15日に閣僚級会談=鉄道連結など協議

2018年10月12日 18時45分

 【ソウル時事】韓国統一省は12日、韓国と北朝鮮が15日に板門店の韓国側施設「平和の家」で閣僚級会談を開催すると発表した。9月19日に南北首脳が合意した「平壌共同宣言」に関する具体的な履行措置をめぐり協議する。

 共同宣言には、鉄道・道路連結に向けた着工式の年内実施が盛り込まれており、準備のための共同調査などについて話し合うとみられる。

 統一省は4月の板門店宣言や平壌共同宣言を「スピード感を持って履行し、南北関係を新たな高い段階に進展させる」と表明した。ただ、鉄道・道路連結のための物資・資金の投入は対北朝鮮制裁に絡むため、非核化で具体的進展がなければ、着工式の年内実施は難しいという見方もある。

 一方、韓国と北朝鮮の軍事当局は12日、板門店で実務協議を行った。韓国国防省によると、板門店の共同警備区域などの地雷撤去作業の状況を確認したほか、南北軍事境界線沿いに広がる非武装地帯での監視所の試験撤去などを話し合った。(了)

「南北、15日に閣僚級会談=鉄道連結など協議」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    融和ムードを演出したって何も決められ無いだろう? 韓国が歩み寄って共産主義になるならアメリカと日本が仲良くするだけ… バイバイ朝鮮…

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!