1

米国連大使後任人事、ゴールドマン幹部パウエル氏が辞退=関係筋

2018年10月12日 12時40分
[ワシントン 11日 ロイター] - 年末に退任するニッキー・ヘイリー米国連大使の後任人事を巡り、有力候補と目されていたゴールドマン・サックス<GS.N>幹部のディナ・パウエル氏が辞退する意向を示し、検討対象から外れたもようだ。
事情に詳しい関係筋が11日、ロイターに明らかにした。パウエル氏はトランプ大統領に電話で、ヘイリー氏の後任として検討対象になるのは光栄としつつも、ゴールドマンに残留する考えを伝えたという。
関係筋によると、トランプ大統領は他の候補として、駐カナダ大使のケリー・クラフト氏やライアン・ジンキ内務長官を検討している。
パウエル氏は、トランプ大統領の就任1年目に大統領副補佐官(国家安全保障担当)を務めた後、今年に入りゴールドマンへ復帰した。
*内容を追加しました。

「米国連大使後任人事、ゴールドマン幹部パウエル氏が辞退=関係筋」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    国連は本体も同好会も腐臭がするほど腐ってる。それを身近で感じて来た米国は国連を軽視しているし、米国の国連大使職は貧乏籤だから、引き受けなかったんだろうね。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!