薄毛・抜け毛の悩みを解決!育毛情報メディア | exciteAGA
exciteAGA > 育毛剤 > ランブットRambutは効果なし?口コミ・解約方法の調査と体験レビュー

ランブットRambutは効果なし?口コミ・解約方法の調査と体験レビュー

ランブットの口コミ評価の検証と体験レビュー!効かないといわれる原因は?

ランブット(Rambut)は育毛剤や育毛シャンプーとは異なるヘアケア剤で、使用頻度は週2回でOKという独特な使い方をします。そんなランブット(Rambut)の口コミや体験談の一部には効果なしという評価もあるようです。

ランブットに効果はあるのか、口コミを集めて実際に使った人たちがどのように評価しているのか解析しました。また、ランブットと育毛剤との違いやくわしい使用方法、成分・副作用、女性使用の可否のほか、公式サイト・楽天・amazonの価格や定期購入の解約方法も調査しまとめています。実際にランブットを体験して使用感もレビューしていますので、ランブットが気になっている方はぜひ参考にしてください。

ランブット(Rambut)の良い口コミ評価

まずは、ランブットを実際に使った人がどのように評価しているのか口コミを調査して内容ごとに分析しました。はじめにランブットの良い口コミから見ていきましょう。

ランブットの使い方に関する口コミ評判

ランブットの口コミには「毎日じゃなくていい」「週2なら負担感が少ない」など、忙しい人でも取り入れやすいヘアケア剤と評価されていました。使用頻度は週2回のため、休みの日だけヘアケアすればOKという点が平日は仕事などで忙しい方から支持されていました。また、「クリーミーなテクスチャーで使い心地が良い」とする評価も見られました。

育毛剤との併用に関する口コミ評判

ランブット以外に育毛剤や育毛シャンプーを使用している人からの口コミでは、「手持ちの育毛グッズにランブットをプラスするだけでOKな点が良かった」と評価されていました。

育毛剤や発毛剤には併用できるものとできないものがありますが、ランブットは育毛剤・育毛シャンプーといった育毛グッズとも併用可能です。既にお気に入りの育毛グッズがあったり育毛剤を使う際のルーティンが決まっている人ほど新しい製品を試すのに抵抗があるようですが、ランブットはそれまでのルーティンに足すだけでいいので受け入れやすいようです。

価格や返金保証に関する口コミ評判

ランブットは購入先によって価格が異なるようで、口コミは良いものも悪いものもありました。良い口コミとしては、「定期購入で定価よりも安く購入できた」「返金保証があったので初めてでも注文しやすかった」という評価が見られました。定期購入というと一般的には数ヶ月間は購入し続けなければならない、いわゆる「縛り」があることが多いのですが、ランブットにはそうした縛りがないのも良い評価の一つの要因になっているようです。

>>定期コースが縛りなしで始められるRumbut(ランブット)公式サイトはこちら

ランブット(Rambut)の悪い口コミ評価

続いて、ランブットの悪い口コミや評価について見てみましょう。悪い評価については、なぜそう感じているのか特にくわしく分析します。

ランブットの使い方に関する口コミ評判

ランブットは日常的なシャンプーのあとに使うのですが、「シャンプー後のひと手間が面倒」という口コミがありました。この口コミは女性というよりも男性から声が上がっているようで、特にシャンプーの後にトリートメントを使う習慣がない人にとってはランブットを塗って待つ時間が面倒に感じるようです。

価格など購入に関する口コミ評判

ランブットの価格や購入に関する口コミには悪い評価も見受けられました。「試しに買うには(料金が)高い」「料金がネック」という口コミのほかに、「安いショップで購入したら説明書が添付されていなかった」など、購入時にトラブルにあったケースも見られました。ランブットの料金はいくらか、購入先によって価格や購入の条件が異なるのかなどは、詳細に調べて後述したいと思います。

効果に関する口コミ評判

ランブットは効果がないという口コミを詳しく見ていくと「生えてこない」「増えた感じがしない」といった評価が見られました。これらのランブットを効かないと評価している口コミの多くは、ランブットに育毛効果や発毛効果を求めていることが分かります。またランブットを効果なしとする評価の多くは、どのくらいの期間使用したかが不明瞭な口コミが多い傾向にありました。もし、ごく短期間で「効果なし」と評価しているなら、その口コミは冷静に受け止める必要があるでしょう。

ランブットは効果なし?効果は嘘と言われる理由

なぜランブットは「効果なし」と評価されるのか、口コミを調べていて感じたのは、使用者がランブットがどんな商品か正確に把握できていないことが原因のように思われます。

ランブットの効果について触れる前に押さえておきたいのは、ランブットは育毛剤や発毛剤ではなくヘアケア・頭皮ケアを目的とした養毛剤という点です。養毛剤・育毛剤・発毛剤は名称こそ似ていますが、それぞれ異なる特徴があり化粧品として分類されるものや医薬品として分類されるものなどに分かれます。ここで、それぞれの特徴を比較してみましょう。

分類 有効成分の有無 ミノキシジルの有無 期待できる効果
養毛剤 化粧品 × × ・毛髪を健やかに保つ
・頭皮環境を整える
育毛剤 医薬部外品 × ・抜け毛の抑制
・毛髪を成長させる
発毛剤 医薬品 ・発毛を促す

一見すると育毛剤や発毛剤の方が効果的で良く感じますが、医薬品・医薬部外品の場合は購入できる場所が限られていたり使用するのに条件があるほか、副作用が起こる可能性があるなどメリットと同時にデメリットも存在しています。誰でも使用できる・どんな人にも向いている、というわけではないため導入は慎重に検討すべきでしょう。

一方、ランブットには発毛を促すための有効成分は含まれていないため、抜け毛予防や発毛といった効果を期待してしまうと、結果的にランブットには効果がないと感じてしまうのかもしれません。しかし、有効成分が含まれていないからこそ購入や使用の条件がなく、性別・年齢問わず誰でも使用できるというメリットもあります。またランブットは、続けることで頭皮の環境を整えたり毛髪を健康な状態に保つといった効果が期待できるでしょう。

育毛剤についてはこちらの記事で紹介しているので興味がある方はあわせてチェックしてみてください
育毛剤おすすめ人気ランキング17選【男性向け通販・市販育毛剤の選び方や効果】

ランブットは育毛剤?成分・効果と副作用を調査

結論から言うと、育毛や発毛に直接作用する有効成分が含まれていないためランブットは育毛剤ではありません。しかし含まれる成分から、ランブットは頭皮の状態を整えたり、毛髪にうるおいやハリ・コシを与えるといった効果が期待できることが分かります。

【ランブットの全成分】
水、ベヘニルアルコール、ミリスチン酸、ミリスチルアルコール、シア脂、ヤエヤマアオキ果実 (ノニ果実パウダー)、ゼラチン、ヘキシルデカノール、ジメチルステアラミン、パルミチン酸イソプロピル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、マカダミアナッツ油、ホホバ種子油、アーモンド油、ツバキ油、ブドウ種子油、アボカド油、メドフォーム油、ヘーゼルナッツ油、月見草油、コメ胚芽油、シア脂油、ローズヒップ油、スギナエキス、カンフル、ポリクオタニウム-10、塩化Na、乳酸、フェノキシエタノール、エタノール、メチルパラベン

ランブットの成分で最大の特徴は、ノニ(ヤエヤマアオキ)という植物の果実パウダーが含まれている点です。ノニはビタミンやミネラル、アミノ酸といった成分が140種類以上含まれた亜熱帯性植物で、産地の1つであるインドネシアでは古くから頭髪に塗る方法が伝承されてきました。

また、ランブットにはホホバオイルやツバキ油をはじめとした12種類の植物性油脂が含まれています。これらの植物性油脂の溶媒作用によって頭皮の油分を浮かせたり、油分が保護膜のように作用して毛髪の水分蒸発を抑える・うるおいを保つといった効果が見込めます。また毛髪をつややかにしたり、使用時に肌や髪の摩擦を抑えるといった働きも期待できます。

他にも、ランブットには以下の成分も含まれています。

毛髪のツヤを引き出す、保護する
  • パルミチン酸イソプロピル
  • ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル
帯電防止
  • ポリクオタニウム-10

ランブットで副作用が起こる可能性については、ランブットには医薬品に該当する有効成分は含まれていないため重篤な副作用は起こりにくいと考えられます。

しかし、肌がデリケートで赤みやかゆみが心配という方は頭髪に用いる前に腕の内側などで一度パッチテストを行うと良いでしょう。またランブットには様々な植物成分やゼラチンが含まれているため、アレルギーがある方は含有成分をよく確認してから使用することをおすすめします。万が一続けられないと感じた場合は、30日以内など条件がマッチすれば返金保証を受けることも可能です。

>>有効成分が豊富に含まれたランブット!公式サイトはコチラ

ランブット(Rambut)の使用方法と体験レビュー

ランブットの質感・においや使用感などを確かめるために、実際にランブットを使ってレビューしたいと思います!まずはランブットの使用方法について確認していきましょう。

ランブット(Rambut)の使用方法

ランブットは化粧品に分類されるため、具体的に定められた使用方法というものはありません。下記の使用方法はランブットの公式サイトに記載されている推奨方法をもとに掲載していますので、ランブットを用いるときの一例として参考にしてください。

シャンプーで頭髪の汚れを落とす

まずはシャンプーで頭皮や髪に付着したホコリや皮脂などを洗い流します。特に整髪料を付けている場合は洗い残しがないようにしっかり泡立てて流しましょう。この時、頭皮に爪を立てたり強く擦りすぎないように気を付けましょう。使用するシャンプーは普段使っているものや育毛シャンプーを使用してもOKです。

ランブットを塗る

髪の水気を軽くきったらランブットを頭髪にまんべんなく塗布します。1回で塗る量は付属のプラスチックカップ1杯分を目安に使用します。

ランブットを浸透させる

塗布後に20〜30秒マッサージし、そのまま15分~20分程度ランブットが浸透するのを待ちます。

しっかりすすぐ

浸透後はシャワーでしっかり洗い流します。洗い残しは頭皮トラブルの元になりますから、しっかりすすぐようにしましょう。

このように、ランブットの使用方法自体はあまり難しくありません。浸透するのを待っていると時間がかかるため、時間にゆとりがあるタイミングで週2回程度を目安に続けると良いでしょう。

また公式サイトには、効果を確認する使用期間として2週間(使用回数は4回)ほど続けることを推奨すると記載されていました。

ランブットを体験してみた!においや使用感をレビュー

つづいて、実際にランブットを使ってみたいと思います。

ランブットを開けてみました。不透明でベージュ色のクリームが見えます。

まずはランブットのにおいを確認しました。鼻を近づけてみると生薬のような独特な香りがしますが、におい自体はきつくないのであまり気にならないかと思います。

ランブットの質感はやや水っぽくはあるものの、とろみがあり頭髪によく馴染みそうなテクスチャーで、つぶつぶしたものが含まれていました。

編集部チェック!
テクスチャ ◎ 水分がやや多め、つぶつぶしたものが含まれている
匂い 〇 生薬のような香り、香りはそこまで強くない

それでは、ランブットの公式サイトが推奨している使用方法を実践してみます。シャンプーでしっかり汚れを洗い流し、軽く水気をきったところでランブットを塗布していきます。

付属の計量カップにランブットを出してみました。毎回カップで計らなければならない点は少々面倒ですが、ランブットを使うなら慣れるしかないですかね…。また、髪の長さによっては使う量を少し増やすなど調整してみると良いかもしれません。

半分の量を手に取り塗ってみました。市販のシャンプーとほぼ同じような質感なので特に液だれなどもせず、スッと馴染ませることができました。においも塗っている最中には気になりませんでした。

頭髪に馴染ませたあとはよく揉みこみます。非常にすべりが良いので、とてもスムーズにマッサージができました。

公式サイトでは、この後15~20分程度おいて浸透させることを推奨していたため、今回はその使い方にならって15分ほど待ってみることにしました。

待っている間、ブラシを使って更に頭皮マッサージをしたり湯舟に浸るなどして過ごしましたが、案外すぐ時間になりました。人によってはこの待機時間が長く感じるかもしれませんが、週2回という使用頻度なら負担はそこまでないように思います。

また、待っている間に頭皮のかゆみなどの不快感がでることはありませんでした。

15分後、洗い流します。植物性油脂が含まれているためか、軽くすすいだだけでは頭皮のヌルヌル感がなかなか取れません。頭皮に残らないようにしっかり洗い流します。

編集部チェック!
使用感 ◎ ・なめらかでマッサージしやすい
・使用中にかゆみや違和感なし
所要時間△ ・通常のシャンプーに+20分はかかる
・週2回の頻度であれば負担感は少ない

ランブット(Rambut)の体験談まとめ

ランブットを使ってみた率直な感想は、計量カップで計ったり塗布後に15分ほど浸透を待つなど使い方が独特ではあるものの、使用感は良く、体験後はいつも以上に頭のコリがほぐれていて爽快でした。面倒な点はありますが、週2回という頻度であれば許容範囲だと感じました。

個人的には、浸透を待っている間に念入りにマッサージしたからか、いつも以上に頭皮のコリがほぐれて血行が良くなっていたことに驚きました。血の巡りは頭皮環境の改善にも関わるので、週2回のペースで頭のコリがほぐれるだけでも頭皮ケア・ヘアケアに良さそうです。

また、1回だけでは頭皮や毛髪に大きな変化はありませんでしたが、ランブット使用後は髪がしっとりしたように感じたので、続けることで髪にツヤやコシが出ることが期待できそうです。

この後、ランブットが安い通販サイトや定期購入についても詳しくご紹介しますので、気になる方はそちらも参考にしてみてください。

ランブット(Rambut)は女性が使用してもOK?

ランブットは男性用スカルプケアのイメージがありますが、女性も使うことができるのでしょうか?

育毛剤や発毛剤の場合、男性と女性とでは薄毛のメカニズムが異なるのでそれぞれの薄毛の原因に合った成分が配合されており、男性なら男性用を・女性なら女性用を、と分けて使用する場合があります。

しかしランブットには女性に適さない成分は含まれていないため、男性だけでなく女性も使用することができます。

ランブットの成分には、頭皮や毛髪に潤いを与えて健やかにする効果のほか、ランブット使用中に行う頭皮マッサージの効果で頭皮のコリをほぐし血行を良くすることもできるため、髪にハリやコシ、うるおいがほしい女性や頭皮環境をケアしたい女性にも適しているでしょう。

ランブットシャンプーと併用した方がいい?

これまでご紹介してきたランブットは髪や頭皮をケアするトリートメント剤ですが、実は同じ会社からランブットシャンプーというものも発売されています。

ランブットシャンプーの特徴

  • 成分にこだわったアミノ酸系シャンプー
  • アルコール、合成防腐剤、合成香料、シリコン、石油系界面活性剤、酸化防止剤、合成着色料は不使用
  • 5種類のセラミドを配合
  • ノニやホホバオイルなども含まれる

ランブットシャンプーは、ノンシリコン性のアミノ酸系シャンプーです。アミノ酸は毛髪の8割を構成するケラチンの元となる要素で弱酸性の性質を持つため、やさしい洗い心地でうるおいを保つことが期待できます。

また洗浄力が高く頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう石油系界面活性剤や、頭皮の乾燥をまねくアルコールといった成分は含まれていないので、髪や頭皮の負担になりにくいという特徴があります。他にも保湿効果の高いセラミドや、ランブットと同じくノニやホホバオイルといった成分も含まれています。

トリートメント剤としてのランブットはどんなシャンプーの後にも使用できるのですが、同じコンセプトで作られた頭皮や髪への負担が少ないランブットシャンプーと併用するのもおすすめです。またランブットシャンプーは男性・女性に関わらずだれでも使用できます。気になる方はランブットシャンプーも合わせて検討してみてください。

ランブットが安いのは?公式・amazon・楽天をチェック

ランブットの購入を検討している方に向けて、ランブットを安い価格で購入できるのはどこか確認しました。ランブットは定価15,070円(税込)の商品で、ドラッグストアなどの実店舗では販売されていませんでした。そこで、ランブットの公式サイトと大手通販サイトのamazon、楽天を比較しました。※販売状況は2022年3月の情報です。

公式サイト amazon 楽天
ランブットの販売
出品しているショップ 公式ショップのみ 公式、非公式どちらも出品
割引 あり なし 一部ショップであり
30日間返金保証 あり なし 一部ショップであり

amazonは公式サイトだけが出品していますが、価格は値引かれていませんでした。

楽天では公式サイトのほかに非公式のショップでも出品していました。特に非公式ショップは価格が非常に安いため目をひきましたが、「転売品に注意」という注意喚起がなされていたため非公式ショップでの購入は注意が必要です。

また楽天の場合、公式サイトの成分表示と異なる表記がされていたり、公式にはあるセットが楽天にはなかったり、届け先によって別途送料がかかるケースが見受けられました。

以上を踏まえると、ランブットを購入するなら公式サイトがおすすめです。

ランブットの公式サイトでは30日間の返金保証がついているほか、全国どこでも配送料無料、定期購入は回数の縛りなしといったサービスも受けられます。

ランブットの使用感が気になっている方も条件にマッチすれば30日間返金保証が利用できるため、初めての方でも試しやすいでしょう。

ランブット(Rambut)の定期購入について

ランブット公式サイトの定期コースについてご紹介します。

ランブット(Rambut)定期コースの特徴

【ランブット定期コースの特徴】
  • 30日間返金保証つき
  • 配送料無料
  • ネット注文は当日発送
  • 荷物の郵便局留め、営業所留めもOK
  • クレジットカード払いまたは代引き
  • いつでもコース解約可能
  • 配達の一時停止は2ヶ月まで可能

ランブットの定期コースをネットで注文した場合、全国どこへでも無料で当日発送してくれます。荷物は自宅などの指定した住所以外に、郵便局や配達業者の営業所などを受け取り場所として指定することも可能なため、家族に荷物を見られたくない方でも受け取りやすいでしょう。

またランブットは配送時の梱包にも気を配っており、無地の箱に入れられて伝票の内容欄にはトリートメントと記載されています。

支払い方法はクレジットカードと代引きから選べますが、どちらを選んでも手数料はランブット社が負担してくれます。

ランブットの定期コースは最低使用期間などが設けられていないため、やめたくなったタイミングでいつでもやめることができます。また定期コースは一旦注文すると特別な手続きなしで自動的に商品が配送されてきますが、手元にランブットが余っている場合は最大2ヶ月まで配達をストップさせることも可能です。

ランブット(ambut)の30日間返金保証について

ランブットの30日間返金保証は、はじめてランブットを購入した人に限り商品代金を返金する制度です。返金される額は、商品代金から送料660円と振込手数料を差し引いた金額となります。ランブットの30日間返金保証の流れは以下の通りです。

  1. 商品受け取りから30日以内に電話で連絡
  2. 容器、納品・請求書、必要事項を書いたメモを同封し送る

返金を請求する際にはいくつか注意点があります。

まず初めの電話連絡は、商品が届いてから30日以内に注文者本人がしなければならないこと、そして連絡時にランブットを8回以上使用していることが条件となります。

返送する容器は使用途中のもの、また複数本注文の場合は未開封の容器も一緒に送ります。複数本の定期コースの場合、2本目以降も開封されていると返品を受け付けてくれないため注意しましょう。また同封するメモはどんな紙でもOKなので、「名前」「返金振込先銀行名」「支店名」「科目(普通・当座)」「口座番号」「名義」(ゆうちょ銀行の場合は、通帳記号・通帳番号が必要)といった情報を記入して納品・請求書と併せて容器と同梱します。この返送の際の送料はお客が負担することになります。返品商品の到着をランブット社が確認後、本人名義の銀行(郵便)口座に返金してくれます。

また、返金を受けたいと連絡する際は、忘れずに定期コースの解約手続きも行うようにしましょう。

>>30日間の返金保証もアリ!Rumbut(ランブット)公式サイトはこちら


ランブット(Rambut)の定期購入の解約方法

続いて、ランブットの定期コースの解約について解説します。

ランブットの定期コースには続けなければならない回数の縛りはないため、やめたくなったタイミングで手続きを行えば解約することができます。

ただし解約手続きは電話でしか受け付けていないため注意しましょう。

また解約を申し出るタイミングにもポイントがあります。次回の配送分からやめたいという場合は、次回お届け日の10日前までに電話で連絡が必要です。土日祝日は販売元の会社が休みのため、なるべく早めに連絡しましょう。

なお、先述の30日間返金保証を受けたい場合は、解約の連絡の際に「返金保証を受けたい」ことを伝え、オペレーターの指示にしたがって下さい。

ランブット(Rambut)のおすすめポイントまとめ

これまでご紹介したランブットのおすすめポイントをまとめます。

ランブットのおすすめポイント
・頭皮や毛髪にうるおいを与え、頭皮環境を整える
・週2回のケアでOK
・年齢や男性・女性を問わず使用できる
・手持ちの育毛剤や育毛シャンプーとも併用できる
・定期購入は回数のしばりなし
・公式サイトで購入すると30日間の返金保証つき

ランブットは毛髪だけでなく頭皮環境も整え、髪にツヤやコシ、うるおいを与えるヘアケア・スカルプケアトリートメントです。週2回程度のケアを続けていくことで頭皮や毛髪を健やかな状態に導いてくれます。

ランブットは男性・女性どちらでも使用でき、手持ちの育毛グッズとも併用できるため、すでに育毛剤や育毛シャンプーを使用している方でも、何かをやめることなくいつものルーティンにランブットをプラスするだけで済みます。

ランブットは公式サイトで定期購入すると、好きなタイミングで解約を申し込むことができます。また、初回購入者は30日間の返金保証が対象になるので、ランブットの効果が気になる方や実際に使ってみたいけれど肌に合うか試してみたい方は、この制度の利用を検討してみてもよいでしょう。気になる方は、ぜひ一度ランブットを試してみてください。