薄毛・抜け毛の悩みを解決!育毛情報メディア | exciteAGA
exciteAGA > AGAクリニック > AGA治療で効果を得るための治療費用と期間@AGA治療は一生やめられない?

AGA治療で効果を得るための治療費用と期間@AGA治療は一生やめられない?

AGA治療を検討中の方必見!得られる治療効果や治療費用・期間について徹底解説

AGAとは、日本人男性の3人に1人が発症すると言われている「男性型脱毛症」のことを指します。

AGAは主に遺伝や男性ホルモンの影響が原因となっており、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなっていくのが特徴で、進行性の病気なので治療を行こなわければ徐々に症状が進行していきます。

そんなAGA治療について、フィナステリド・ミノキシジル等の有効成分によって得られる治療効果や、薄毛や抜け毛を改善し続けるために必要な治療期間の目安や治療費用の相場を徹底解説!

AGA治療薬(内服薬・外用薬)の種類や注入治療・自毛植毛の施術による治療法、初期脱毛等の副作用、AGA治療を始められる年齢、育毛剤・育毛シャンプーなどで薄毛の改善は見込めるかどうかなど、AGA治療を行う上で気になるポイントについても詳しくまとめています。

後半ではAGA治療・薄毛治療を行えるAGAクリニックやクリニックのおすすめの選び方についてもご紹介するので、薄毛や抜け毛が気になっている方やAGA治療を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

AGA治療薬(内服薬・外用薬)の種類と治療効果

AGA治療に用いられる内服薬や外用薬の種類は、「脱毛抑制」と「発毛促進」の治療効果によって以下の表のように分けられます。

【脱毛抑制】
フィナステリドを含む内服薬 デュタステリドを含む内服薬
・プロペシア
・フィナステリド
・ザガーロ
・アボルブ
・デュタステリド
【発毛促進】
ミノキシジルを含む外用薬 ミノキシジルを含む内服薬
・ミノキシジル
・ロゲイン
・ミノキシジルタブレット(ミノタブ)
※ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は国内未承認の治療薬です。

脱毛抑制の効果がある治療薬

脱毛抑制の治療効果をもたらす治療薬に含まれる有効成分は「フィナステリド」「デュタステリド」の2種類です。

フィナステリド

    フィナステリドは先発薬の「プロペシア」や後発ジェネリック薬の「フィナステリド」などの内服薬に含まれています。
    AGAは、テストステロンという男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで生み出されたジヒドロテストステロン(DHT)の影響で起こります。
    フィナステリドは「5αリダクターゼⅡ型」の働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの合成を抑える治療効果があります。

デュタステリド

    デュタステリドは先発薬の「ザガーロ」や「アボルブ」、後発ジェネリック薬の「デュタステリド」などの内服薬に含まれています。
    治療効果の仕組みはフィナステリドと同様ですが、デュタステリドは「5αリダクターゼⅡ型」だけではなく「5αリダクターゼⅠ型」にも作用するので、より多くの5αリダクターゼの働きを阻害することが可能です。

発毛促進の効果がある治療薬

発毛促進の治療効果をもたらす治療薬に含まれる有効成分は「ミノキシジル」です。

ミノキシジル

    ミノキシジルは「ミノキシジル」や「ロゲイン」などの外用薬や、「ミノキシジルタブレット※」などの内服薬に含まれています。
    ミノキシジルは高血圧症の治療としても用いられている成分なので、血管を拡張させて血行を良くする働きがあります。血流が改善されることで、毛髪の生成・成長に関わる毛乳頭細胞や毛母細胞などにしっかりと栄養素が供給されるようになり、健康な毛髪の発毛が期待できるという仕組みです。
    更に、ミノキシジルには毛乳頭細胞を増殖させて発毛指令を促す働きや、毛母細胞のアポトーシス(死滅)を抑制する働きもあると言われています。

これらの作用によって、ミノキシジルは発毛や育毛を促進する治療効果をもたらしています。

※ミノキシジルタブレットなど、ミノキシジルを有効成分とする内服薬は国内未承認の治療薬です。
ここまで解説した治療薬を用いた投薬治療を含む、AGA治療・薄毛治療を行っているAGAクリニックについて知りたいという方は下記のページをチェックしてみてください。
AGAクリニックおすすめ17選!薄毛治療の費用やAGA治療薬の効果を紹介

AGA治療に用いられる注入治療・自毛植毛とは

AGA治療は主に内服薬や外用薬を使用した「投薬治療」がメインとなりますが、注射針や専用医療機器を用いて頭皮に直接有効成分を注入する「注入治療」や、AGAの影響を受けていない部分の自毛を採取して薄くなったところに移植する「自毛植毛などの施術を用いて薄毛治療を行うことも可能です。それぞれの治療法について詳しく説明していきます。

注入治療

注入治療は、注射器などの治療機器を使用して直接体内に有効成分を投与する治療全般を指します。AGA治療における注入治療は、注入する成分や注入方法によって名称が異なりますが「メソセラピー」「HARG療法」などが主な種類となっています。

AGA治療として注入治療が用いられるようになったのは2006年以降で、当時は施術を行っているクリニックも少なく、あくまで投薬治療のサポートとして位置付けられた治療法でした。しかし、近年では注入治療を行うAGAクリニックも増えてきており、中には注入治療のみの施術が受けられるところもあります。

注入治療による治療効果は注入薬の成分によって異なるので、有効成分によっては脱毛抑制の効果も発毛促進の効果も得ることができます。
メソセラピーは薬剤の内容が具体的に定められた治療法ではないので、クリニックごとに様々な成分を独自でブレンドしています。
HARG療法は日本医療毛髪再生研究会によって注入薬の成分が定められており、成長因子を含む150種類以上のたんぱく質を含む「HARGカクテル」を注入することで施術を行います。

注入治療のメリットとして、頭皮から直接有効成分を注入できるため、一度の施術で様々な成分を複数注入することが可能です。AGA治療薬に含まれる有効成分はもちろん、細胞の増殖や分裂に関わるグロースファクターという成長因子、髪の成長に必要なビタミンや亜鉛など、投薬治療だけでは補い切れない毛髪の生成・成長に必要な栄養が補給することができます。

このように、注入治療と一口に言っても注入薬に含まれている成分や注入方法、得られる治療効果などは様々です。更に、注入時に痛みを感じにくい注入法を用いているクリニックや痛みを軽減可能な麻酔を使用できるクリニックなど、施術に関する取り組みも異なります。

注入治療を希望する場合には、しっかりとそのAGAクリニックで行われている注入治療の内容や施術時の対応等を確認した上で、自分の希望する治療が行えるかを必ずチェックするようにしましょう。

自毛植毛

自毛植毛とは、ジヒドロテストステロンの影響を受けにくくAGAの症状が出にくい後頭部や側頭部の毛髪を、薄毛が気になる部分に移植する施術です。「ニードル法」「ストリップ法(FUT)」「ダイレクト法(FUE法)」など、様々な術式を用いて植毛治療が行われます。

自毛植毛では毛を生成・成長させる毛母細胞を含む毛包ごと採取して移植するので、移植した毛髪が生着した後はそのまま生え変わり続けます。また、移植された毛包の性質は変わらないので、移植後もAGAを引き起こす可能性が少ないままです。

更に、術後のメンテナンスも基本的に不要で維持費などはかかりません。
自毛植毛の施術にかかる費用は高いですが、一度施術を行えば治療薬などを用いてAGA治療を続ける必要はないので、ランニングコストや通院の手間などを削減できるのも特徴です。

投薬治療も注入治療も毛根が残っているのであれば発毛のための治療を行うことが可能ですが、完全に髪が生えなくなってしまっている場合には治療効果を得ることができません。
ですが、自毛植毛は採取した毛髪を植え替える外科治療なので、すでに髪がなくなってしまった部分にも新たに毛髪を生やすことが可能です。

こちらのページでは注入治療や自毛植毛が行えるAGAクリニックについてもピックアップしてご紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。
AGAクリニックおすすめ17選!薄毛治療の費用やAGA治療薬の効果を紹介

AGA治療の副作用は?初期脱毛についても解説

AGA治療を行うことで、場合によっては何かしらの副作用が出てしまうことがあります。

治療に用いる有効成分によってはそもそも治療自体が禁忌とされる方もいるので、自分が治療を行えるかどうかを確認してみましょう。

また、AGA治療を始めることで多くの人が経験する症状に「初期脱毛」という副作用があります。初期脱毛の原因や発症から治まるまでの期間などについても解説します。

フィナステリド・デュタステリドによる副作用と禁忌事項

フィナステリドやデュタステリドの服用で起こり得る副作用は以下の通りです。

フィナステリド・デュタステリドの服用で起こり得る副作用

勃起不全、性欲減少、肝機能障害、精液量減少、射精障害、食欲不振、倦怠感など

フィナステリド・デュタステリドは男性ホルモンに作用する酵素の働きを抑えることでAGA治療を行うので、直接的ではありませんがホルモンバランスに影響を与えます。そのため、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる男性器の性機能障害が副作用として挙げられています。

また、フィナステリドやデュタステリドの服用が禁忌とされる方もいます。

フィナステリド・デュタステリドの服用が禁忌とされる方

妊娠中または妊娠している可能性のある方や授乳中の女性、未成年、フィナステリド・デュタステリドに対し過敏症の既往歴のある方、肝機能に障害のある方

フィナステリドやデュタステリドの服用が可能なのは成人男性のみです。女性や未成年の小児など、その他の方には有効性や安全性が確認されていません。

更に、フィナステリド・デュタステリドに対して一番注意しなければならないのは男児を妊娠中の女性です。これらの成分は体内の男児の生殖器官の発達に異常を及ぼす恐れがあると言われています。服用はもちろん、薬が砕けたり割れたりして錠剤内の成分に触れるだけで悪影響を及ぼす可能性もあるので、妊娠中の女性やその可能性がある女性が身近にいる場合には治療薬の取り扱いにも注意しましょう。

ミノキシジルによる副作用と禁忌事項

ミノキシジルの服用で起こり得る副作用は以下の通りです。

ミノキシジルの服用で起こり得る副作用
外用薬の場合 内服薬の場合
頭皮のかゆみ・かぶれ・発疹等の皮膚トラブル、体毛の増加など 頭痛、めまい、動悸、息切れ、手足などのむくみ、肝機能障害、体毛の増加など

このように、ミノキシジルは外用薬と内服薬によって副作用の内容が異なります。

外用薬を使用する場合は頭皮に直接有効成分を塗布するため、成分が肌に合わない方や肌が弱い方は頭皮に皮膚トラブルが見られる可能性があります。

内服薬を使用する場合は体内に直接取り入れるため、血管を拡張させる働きや降圧剤としての働きが作用しやすく、血圧の低下による頭痛・めまいや動機・息切れなどが副作用として考えられています。

加えて、ミノキシジルは発毛促進の治療効果があるため、その発毛効果が頭部以外にも作用して体毛が濃くなってしまう副作用も考えられます。毛髪以外の毛の増加が気になる方は薬の量の調整などで予防・改善できる場合もあるので、医師に相談してみると良いでしょう。

また、ミノキシジルの服用が禁忌とされる方もいます。

ミノキシジルの服用が禁忌とされる方

女性、未成年、65歳以上の高齢の方、高血圧患者の方、狭心症などの循環器系の疾患がある方、肝機能に障害のある方

ミノキシジルに関しても、治療薬を内服・外用できるのは基本的に成人男性のみです。

女性の薄毛治療にもミノキシジルが用いられる場合がありますが、男性用とは大きく濃度が異なるため注意しましょう。

この他にも、ミノキシジルには併用に注意が必要な併用注意薬があります。ミノキシジルは降圧剤としての作用があるため、血圧に作用する治療薬全般の併用に注意が必要です。血管拡張作用がある「ED(勃起不全)治療薬」や鎮痛剤等に含まれる「イブプロフェン」「イミグラン」などが該当します。

更に、ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬の併用も禁じられているので注意しましょう。

※ミノキシジルタブレットなど、ミノキシジルを有効成分とする内服薬は国内未承認の治療薬です。

初期脱毛について

AGA治療を開始すると、最初の頃に一時的に抜け毛が増える症状が起こることがあります。これは「初期脱毛」と呼ばれる副作用であり、どの治療薬を用いても生じることがあるのでAGA治療を行っている方の多くが経験している症状です。

とはいえ、薄毛の改善を行いたくてAGA治療を始めたにも関わらず抜け毛が増えてしまうと、困惑してしまったり改善するか不安になってしまう方もいるでしょう。

そこで、AGA治療で初期脱毛が起こる原因や症状が治まるまでの期間について詳しく解説します。

初期脱毛の原因

    初期脱毛の原因を一言で表すと「新しい毛に生え変わるために古い毛髪が抜けていく」ことです。

    AGA治療を始めると、乱れたヘアサイクルが治療によって正常に戻り、毛髪が活発に生成・成長する成長期が始まります。新しく生成された毛髪に元あった毛髪が押し出されて抜けることで、新たに毛に生え変わっていきます。これが初期脱毛のメカニズムです。

    なので、初期脱毛のような症状が起こっても自己判断で治療をやめず、医師に相談しながら治療を進めるようにしましょう。

初期脱毛の期間

    初期脱毛は一時的な症状なので、基本的には治療を開始してから10日~1ヶ月程度の期間続くことが多く、長い人だと治まるまでに3ヶ月程度かかる場合もあります。

    初期脱毛による抜け毛を経て生えてくる新しい毛髪はAGA治療を継続することで健康的な毛髪として育っていくので、症状が治まった後に再び多量の抜け毛が起きる可能性は少ないです。

    ただし、あまりにも初期脱毛の期間が長い場合には別の疾患などの可能性も考えられるので、一度医師に診察してもらうと良いでしょう。

AGA治療の治療期間@治療をやめるとどうなる?

AGA治療は、治療を始めたからといってすぐに治療効果を得られるものではありません。一定期間治療を継続することで徐々に抜け毛や薄毛が改善されるようになります。

あくまで個人差はありますが、一般的には治療効果が見受けられるようになるまでには半年程度かかると言われており、一年間は治療を続ける必要があります。

また、AGA治療を途中でやめてしまうと、治療による効果が現れ始めていたとしても再び症状が進行してしまいます。治療薬などで取り入れた有効成分はいずれ消失してしまうため、治療を中断して体内から成分が失われてしまうと進行性であるAGAの症状は悪化していきます。

AGAには「どれくらい治療を続ければ完治する」というゴールがないため、抜け毛や薄毛が改善された状態を保つためには継続して治療を行っていかなければなりません。

とはいえ、発毛促進の治療薬を使用して一定の発毛効果が得られた後は、脱毛抑制の治療薬を用いた「維持療法」へと治療方針が切り替わります。維持療法であれば主に一種類の飲み薬の内服のみとなり治療の負担も軽減されるので、根気強くAGA治療を続けていくことが重要です。

AGA治療をしばらく続けているのに治療効果が実感できない場合には、現在の治療内容が自分に適していない可能性があります。その場合には一度医師に相談し、治療薬や治療法を見直したり、複数の治療の併用を検討したりと、自分に適したAGA治療を行えるように調整しながら進めて行きましょう。

AGA治療の費用相場@治療の継続で料金は抑えられる?

AGA治療は自由診療に分類されるため、医療費控除の対象外となっています。保険は適用されずに治療費用は全額自己負担となるので注意が必要です。

AGA治療は、治療薬や治療法によって必要な費用が大きく異なります。

内服薬や外用薬を用いた投薬治療のみを行う場合は1ヶ月あたり3,000円~15,000円(税込)程度の治療費が相場なので、そこまで費用の負担は大きくなりません。

注入治療や自毛植毛などの施術が必要な治療を行う場合は1回の治療費だけでも高額になることが多く、クリニックごとに設定されている治療費用の幅も広いので、希望する人は自分の予算内で治療を受けられるかどうかをチェックしておくのも大事になりそうです。

加えて、クリニックによっては治療自体にかかる費用以外に初診・再診時の診察料やカウンセリング料、血液検査料などの追加料金がかかるところもあります。こちらも治療費用と併せて確認し、AGA治療に必要な総額をあらかじめ確かめておくと良いでしょう。

また、治療期間の項目でも触れましたが、AGAを改善するためには継続して治療を行っていくのが何よりも大事です。とはいえ、治療を続けている間はずっと治療費用がかかってしまうので、継続していく中でAGA治療にかかる料金を抑えていけるかどうかも気になるポイントでしょう。

AGA治療は、症状の進行具合や希望する治療効果によって、内服薬治療や外用薬治療、注入治療などを選択したり併用したりして治療を行います。抜け毛の予防や抑制を希望する場合には内服薬だけでも対応できますが、発毛も促進したい場合にはミノキシジルを含む外用薬の使用や投薬治療と注入治療の併用が推奨され、複数の治療を行うとなるとそれだけ治療費用も上乗せされます。

ただし、AGA治療を続けていく中で発毛効果を得られれば、維持療法に移行して治療薬を減らしたり、併用治療から投薬治療のみに絞ったりと、減薬などの治療方針の変更をすることが可能です。このような治療薬・治療法の見直しにより、治療を始めた当初よりも費用を徐々に抑えていける場合が多いでしょう。

AGA治療の年齢@若ハゲの未成年は治療を行える?

AGAは歳を重ねていく中で起こる病気というイメージがあるかもしれませんが、実際には20~30代で発症している方も多く、中には若ハゲと呼ばれる中学生や高校生で薄毛にお悩みの方もいます。AGAは遺伝などの影響で若くしてAGAを発症することも珍しくはないのです。

そんなAGAの治療が始められるのは原則では20歳から、一部のクリニックでは18歳からとされています。

なぜ未成年のAGA治療が原則として認められていないかというと、AGA治療に用いられる有効成分は日本では未成年に対する臨床実験が行われておらず、未成年の治療への安全性が確認されていないからです。

フィナステリドやデュタステリドは、AGAの原因となる男性ホルモンに作用することで治療効果をもたらします。ですが、発達段階の未成年がこれらを服用して作用を促すと、生殖器の発達や成長に影響を及ぼす危険性があるのです。

ミノキシジルに関しても、未成年の体にどのような影響を及ぼすかが検証されておらず、適切な量や使用方法を踏まえての処方ができないため治療が禁止となっています。

ただし、AGAスキンクリニックでは法定代理人の同意書を持参した場合のみ高校生を除く18歳以上の方は診療を受けられるので、どうしても早期からAGA治療を始めたい方はこういったクリニックを検討してみてください。

AGAスキンクリニックの治療効果と費用は?口コミから評判を分析

また、AGA治療の年齢制限に上限は設けられていませんが、65歳以上の高齢の方で、持病がある方や疾患をお持ちの可能性がある方は治療を行う際に注意が必要とされています。特に肝機能に障害のある方や循環器系の持病がある方などはAGA治療が禁忌とされる場合もあるので、必ず医師に相談した上で自身の体調を確かめながら治療を行うようにしましょう。

加えて、AGA治療を始めるべきタイミングとしては、AGA治療の対象となっている20歳以上の方であれば「薄毛や抜け毛を気にし始めた時」です。AGAは進行性の病気なので、あまり症状が進行していない段階であれば治療効果を得やすいです。治療薬の量や種類も少なくて済み、経済的な負担も抑えられます。

もしかしたら自分はAGAかもしれないと疑いを持ったら、まずはAGAクリニックで無料カウンセリングを受け、医師に診察してもらった上でAGA治療を検討するのがおすすめです。

下記のページにはカウンセリングを無料で利用できるAGAクリニックについての情報も多数掲載しているので、気になる方は併せて参考にしてみてください。
AGAクリニックおすすめ17選!薄毛治療の費用やAGA治療薬の効果を紹介

AGA治療に育毛剤や育毛シャンプーは効果なし?

結論から述べると、AGA治療による「発毛」という観点では育毛剤や育毛シャンプーに治療効果はありません。

育毛剤は、AGA治療薬として用いられる「発毛剤」と混同される場合が多いです。そこで、育毛剤と発毛剤の違いについてそれぞれの特徴を以下の表にまとめました。

育毛剤 発毛剤
分類
医学部外品
医薬品
ミノキシジルの配合
×
得られる効果
今生えている毛髪を成長させる
毛髪を生やして成長させる

まず、育毛剤と発毛剤は薬機法で明確に分類されています。育毛剤は治療ではなく症状の予防や現状維持に用いられる「医薬部外品」、発毛剤は症状の治療や改善を目的として用いられる「医薬品」として認められています。

含まれている成分に関しては「ミノキシジル」が配合されているかどうかが異なります。育毛剤にも発毛剤にも血行を促進する成分や頭皮環境を改善するための成分などが共通して含まれていますが、発毛治療のための有効成分であるミノキシジルは発毛剤にしか含まれていません。

発毛剤では新しい毛髪の生成と成長をどちらも促進する効果が期待できますが、育毛剤では現在生えている毛髪を成長させて抜け毛を抑制する効果のみとなります。

また、育毛シャンプーは頭皮の環境を整えることを目的に用いられるため、育毛シャンプー自体に抜け毛抑制や発毛促進などの効果をもたらす有効成分は含まれていないことを認識しておきましょう。

このように、AGAの症状が気になっていて薄毛の部分を発毛させたいという方が育毛剤を使用してもあまり効果は得られませんが、毛髪にハリやコシが欲しい、抜け毛を抑制したいなどの目的の場合には育毛剤でも効果が見込めます。薄毛の予防や抜け毛防止のために育毛剤を使用してみたいという方は、下記のページから薄毛ケアに効果的な育毛剤についてもチェックしてみてください。

育毛剤おすすめ16選!男性の薄毛対策ができる通販・市販育毛剤の選び方や効果

クリニックでAGA治療を行う際の流れをチェック!

AGAクリニックではどのような流れでAGA治療を行うのか、主な治療の流れを解説します。今回ご紹介するのは一般的な例であり、クリニックごとに治療の内容は異なるので目安としてチェックしてみてください。

  1. 来院・問診
  2. 予約した日時にクリニックに来院して問診表を記入し、血圧測定を行います。

  3. カウンセリング
  4. カウンセラーの方が一人ひとりの悩みや不安を聞いた上で治療の内容や治療薬の種類、必要な費用などについて詳しく説明してくれます。また、毛根や頭皮の状態を調べるために頭皮チェックも行います。

  5. 診察
  6. カウンセリングの内容を踏まえ、医師が頭髪・頭皮の状態や身体全体の健康状態について診察してくれます。診断の結果や治療方針の説明を受けた上で治療を検討し、希望する場合にはAGA治療を進めていきます。

  7. 頭部撮影
  8. 治療の経過を確認できるように頭部の写真撮影を行います。これにより発毛効果を他覚的に判断でき、自分でもしっかりと毛髪の状態をチェックできます。

  9. 血液検査
  10. 治療薬を服用しても問題ないかどうかを確認するために血液検査を行います。

  11. 処方・治療開始
  12. 血液検査の結果が問題なければ治療薬(内服薬・外用薬)を処方してもらえ、治療を開始できます。

  13. 通院
  14. 主に1~2ヶ月に1回の頻度で通院し、頭皮の状態や健康状況の確認のための検診を行います。治療効果の経過や体調に合わせて治療薬の種類や量を調整して処方してもらえます。

AGAクリニックのおすすめの選び方は?

AGA治療・薄毛治療を行えるクリニックをご紹介する前に、AGAクリニックのおすすめの選び方をチェックしましょう!納得の行く治療を受けられる、自分に合ったクリニックを選ぶために必ず確認して欲しいポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

AGA治療薬・治療法の種類や治療費用で選ぶ!

記事中でもご紹介しましたが、内服薬や外用薬での投薬治療や注入治療、自毛植毛など、AGA治療に用いられる治療薬や治療法は様々です。用意している治療薬や対応している治療法の種類はクリニックごとに異なるので、自分が希望する治療を行えるAGAクリニックを選択すると良いでしょう。
ほとんどのAGAクリニックは公式サイトに治療内容について記載しているので、どの治療薬・治療法を用いてAGA治療を行いたいかが決まっている方は希望する治療が受けられるかどうかを確認してみてください。
自分にはどの治療が適しているか分からないという方や医師と相談して治療内容を決めたいという方は、治療薬や治療法の選択肢を豊富に用意しているAGA専門クリニックやAGA治療に特化したクリニックを選ぶのもおすすめです。
また、AGA治療を行うために必要な治療費用についても併せてチェックしておきましょう。特に注入治療や自毛植毛などは1回の施術だけで高額の費用がかかる場合もあり、クリニックによって設定されている料金の幅も広いです。AGA治療は継続して行うことに意味があるので、自分の予算に見合った費用で治療を続けやすいクリニックを選ぶのもポイントです。

クリニックの環境や口コミ評判で選ぶ!

AGA治療を始めると基本的に同じクリニックに何度も足を運ぶことになるので、ストレスなく通院できる環境の整えられたAGAクリニックを選択するのも大事になります。
完全個室・完全予約制で診療を行っているクリニックや、患者の方だけでなく医師・スタッフも男性で統一しているクリニック、男女別の入り口や待合室を用意しているクリニックなど、患者の方が通いやすい環境づくりに取り組んでいるAGAクリニックも数多く存在します。
なるべく他の患者の方と顔を合わせたくない、通院時に女性の目が気になってしまうなど、重要視するポイントは人によって異なるので、自分にとってより良い環境が整えられたAGAクリニックを探してみてください。
ただし、医師やスタッフの対応など、実際にクリニックに通院してみないと分からない部分もあります。そういった内容に関しては、インターネット上の口コミサイトなどをチェックしてみるのも一つの手です。クリニックで治療を受けた経験のある人が書いた口コミなどから評判を知ることができるので、クリニック選びの参考にすると良いでしょう。
AGAクリニックによっては無料カウンセリングを行っているところもあるので、環境が適しているかを自分の目で実際に確かめてみるのもおすすめです。

通いやすさやオンライン診療の有無で選ぶ!

クリニックの環境ももちろんですが、物理的に通いやすいAGAクリニックかどうかもしっかりと確認しておく必要があります。
公共交通機関を利用して通院したい人はクリニック付近に駅やバス停があるか、車で通院したい人は専用駐車場が設けられているかや近隣にコインパーキングがあるかなどを事前にチェックしておくと、いざクリニックに通うことになった時に困らずに済むでしょう。
診療時間や休診日などは各クリニックごとに定められているので、夜遅い時間にしか時間が取れない方や週末に通院したい方など、自分のライフスタイルに合わせて通えるクリニックを選ぶと治療を継続しやすいです。 また、AGAクリニックによってはビデオ通話などを用いて遠隔で診療を行う「オンライン診療」のサービスを設けているところもあります。
オンライン診療であれば自宅などの好きな場所で受診することができ、処方された治療薬も配送してもらえるので、AGA治療を行っていることを周囲に知られる心配がありません。通院のための移動時間や手間も省けるので、忙しくてなかなかクリニックに通う時間が取れないという方でも無理なくAGA治療を始められるでしょう。
AGAクリニックによっては初診からオンライン診療に対応しているところもありますが、一度は対面での診察が必要で再診から利用できるところもあるので、オンライン診療に関する詳しい内容は前もって確認しておくと良いです。

当サイトでは、オンライン診療を行っているAGAクリニックをピックアップして各院の特徴や治療内容をまとめた記事も掲載しているので、気になる方は下記のページも併せて参考にしてみてください。

【オンライン診療】AGAクリニック14院!デメリットとおすすめの選び方

AGA治療・薄毛治療が行えるAGAクリニック5選!

最後に、AGA治療・薄毛治療が行えるAGAクリニックを5院ピックアップしてご紹介します。治療薬や治療法の種類が豊富なクリニックを中心にご紹介するので、行えるAGA治療の内容や各院の特徴を参考にして気になるAGAクリニックを探してみてくださいね。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックの特徴
・投薬治療や注入治療、自毛植毛など治療薬・治療法が豊富
・診察料・カウンセリング料・血液検査料などの諸費用なし
・一部の治療に全額返金制度が設けられている
・初診からオンライン診療を利用できる
投薬治療
(内服薬・外用薬)
注入治療 自毛植毛 オンライン診療

AGAスキンクリニックはAGA治療・薄毛治療専門のクリニックです。飲み薬・塗り薬を用いた投薬治療や注入治療、自毛植毛など豊富なAGA治療薬・治療法を用意しており、AGAの症状の進行具合や得たい治療効果、希望する予算などに合わせてオーダーメイドのAGA治療を行うことが可能です。

初診料・再診料やカウンセリング料、血液検査料など、治療自体に必要な費用以外は無料となっているので、追加料金などを気にせずに薄毛治療を受けることができます。また、対象の治療を6ヶ月継続しても効果が見受けられなかった場合に治療費用を全額返金してくれる「全額返金制度」も用意されているので、治療効果に不安がある人でもAGA治療を始めやすいでしょう。

AGAスキンクリニックは全国に50院以上の系列院を展開していますが、自毛植毛に対応しているのは「東京品川院」のみです。遠方から来院して植毛の施術を受ける方は当日の往復交通費を補助してもらえるので、離れた場所にお住まいの方でも移動に掛かる費用の負担を抑えて施術に足を運べます。

AGAスキンクリニックでは初診からオンライン診療にも対応しています。オンライン診療では場所や時間を気にせずに受診でき、処方された治療薬も送料無料で自宅まで配送してくれるので、クリニックへの通院に抵抗がある方などでもAGA治療を始めやすいでしょう。

AGA治療法 ・飲み薬(フィナステリド、ザガーロなど)
・塗り薬(ミノキシジル)
・注入治療(メソセラピー、ミノキジェット)
・自毛植毛※1
主な治療法 ■予防を希望の方(内服薬)
初診:3,700円/月 再診以降:6,200円~/月
■進行を遅らせたい方(内服薬)
15,400円~/月※2
■発毛を希望の方(内服薬+外用薬)
38,500円~/月
■より効果的な発毛を希望の方(内服薬+外用薬+注入治療)
93,500円~/月※2
■自毛植毛※1
基本料金220,000円+1,067円~4,290円/1グラフト
カウンセリング費・診察費等 初診料、再診料、カウンセリング料:無料
オンライン診察料:無料
血液検査料:無料
治療薬の送料:無料
オンライン診療 初診から対応可能
オンライン診察料:無料
治療薬の送料:無料
店舗数 50院以上(北海道~沖縄まで全国に展開)
URL AGAスキンクリニック公式サイト
※料金は全て税込価格です
(※1)植毛を希望している場合にはAGAスキンクリニック東京品川院でのみ対応しています。対象の地域の方には交通費補助もあり。
(※2)12ヶ月コースの場合

B&Hメディカルクリニック

B&Hメディカルクリニックの特徴
・オリジナルの治療薬やメソセラピーでの治療を受けられる
・内服薬治療や注入治療に割安な初回限定価格が設けられている
・注入時の痛みを抑えたノーニードルメソセラピーあり
・カウンセリングから薬の処方までオンラインで対応
投薬治療
(内服薬・外用薬)
注入治療 自毛植毛 オンライン診療
×

B&HメディカルクリニックはAGAと医療ダイエットの2つに特化したクリニックで、AGA治療は投薬治療と注入治療で対応しています。クリニックオリジナルの内服薬・外用薬やメソセラピーを用いて治療を行っているのが特徴です。

内服薬や注入治療には初回限定価格や特別価格が設けられており、内服薬治療は初月1,650円~と料金を抑えて治療を始めることが可能です。気になる方はカウンセリング時などに詳しく話を伺ってみてください。

B&Hメディカルクリニックでは、一人ひとりの頭皮状態や進行度に合わせて薬剤を調合したオーダーメイドのメソセラピーを行っています。注射器を使用する従来のメソセラピーと、針を使用しないノーニードルメソセラピーの2種類から選択して施術を受けることが可能です。痛みが気になるという人でも注入治療を受けやすいでしょう。

LINEやズームなどを使用したビデオ通話でのオンライン診療も行っており、カウンセリングから治療薬の処方まで完全対応しているので、人目を気にせずに自宅でAGA治療を始められます。

AGA治療法 ・飲み薬(プロペシア、ザガーロなど)
・塗り薬(オリジナル外用薬)
・注入治療(ノーニードル発毛メソセラピーなど)
主な治療費用 ■抜け毛防止(内服薬)
初回 1,650円
■発毛実感(オリジナル内服薬)
6,600円~/月
■毛髪再生治療(注入治療)
初回 16,500円/回※1
カウンセリング費・診察費等 初診料:無料(処方される内服薬によっては5,500円)
再診料:無料
カウンセリング料:無料
マイクロスコープ診断:無料
血液検査料(2回):無料
オンライン診療 初診から対応可能(処方内容によっては一度来院が必要になる場合あり)
治療薬の送料:無料
店舗数 2院(恵比寿、横浜)
URL B&Hメディカルクリニック公式サイト
※料金は全て税込価格です
(※1)オリジナル内服薬を契約した方のみ

銀座総合美容クリニック(銀クリ)

銀座総合美容クリニック(銀クリ)の特徴
・針を使わない注入法を用いてメソセラピーを行う
・独自の測定法を用いることで数値化して治療効果を比較できる
・AGA発症リスクが分かるAGA遺伝子検査あり
・初診からオンラインでの診察に対応
投薬治療
(内服薬・外用薬)
注入治療 自毛植毛 オンライン診療
×

銀座総合美容クリニック(銀クリ)はAGA治療・薄毛治療のみを行っているクリニックで、主にフィナステリド・ミノキシジルなどの有効成分を含む治療薬を用いた投薬治療と注入治療にて薄毛や抜け毛の改善を行っています。初診からオンライン診療を利用することも可能です。

銀座総合美容クリニック(銀クリ)の注入治療は「ノーニードルメソセラピー」という針を使わずに頭皮に器具を擦るだけの注入法で施術を行っているので、痛みに弱い人でも治療を受けやすいでしょう。

AGA治療の効果分析には、撮影した頭髪の写真から毛量を数値化して比較判定する「メディカルボールドスケール(毛量変化測定法)」という独自の測定法を採用しています。毛量の変化を客観的に判断できる方法を用いることで、しっかりと治療効果を実感しながらAGA治療を続けられるのが特徴です。

銀座総合美容クリニック(銀クリ)では、血液検査だけでなくAGAを発症するリスクを遺伝子から測定できる「AGA遺伝子検査」も設けています。一度受ければ検査結果が変わることはないので、自分のAGAリスクが気になるという方は希望して検査を受けてみるのも良いでしょう。

AGA治療法 ・飲み薬(フィナステリド、ミノキシジルなど)
・塗り薬(ミノキシジル)
・注入治療(メソセラピー)
主な治療費用 ■内服薬
7,150円~19,250円/月
■注入治療
19,800円/回
カウンセリング費・診察費等 カウンセリング料:無料
初診料:3,300円
再診料:無料
血液検査費用:5,500円
オンライン診療 初診から対応可能
店舗数 1院(新橋)
URL 銀座総合美容クリニック公式サイト
※料金は全て税込価格です

スマイルAGAクリニック

スマイルAGAクリニックの特徴
・治療薬とサプリメントなどを組み合わせた独自の処方セットあり
・初回限定でメソセラピー1回を3,980円(税込)で受けられる
・治療自体の費用以外に追加料金がかからない
・渋谷院では22時まで診療を行っている(水曜のみ・他は要相談)
投薬治療
(内服薬・外用薬)
注入治療 自毛植毛 オンライン診療
×

スマイルAGAクリニックでは、ミノキシジルやフィナステリドを有効成分とする治療薬に加え、亜鉛やサプリメントなども組み合わせた独自の「スマイルAGA処方」という投薬治療メニューが設けられています。投薬治療とメソセラピーの併用セットなどもあり、豊富な選択肢の中から自分に合った治療プランを選べるのも魅力です。

マイクロスコープを使用した頭皮チェックを含む初診・再診時の診察料やカウンセリング料、血液検査料などは基本的に無料となっているので、治療自体にかかる費用のみでAGA治療を行うことが可能です。

単剤処方の内服薬や注入治療には初回限定価格が設定されており、初回のメソセラピーは3,980円で施術を受けられます。注入時の痛みなどが気になるという方でも割安な料金で注入治療をを試しやすいでしょう。

スマイルAGAクリニックは基本的に19時までが診療時間となっていますが、渋谷院では水曜のみ通常より長く22時まで診療を行っています。水曜以外でも事前に相談すれば対応してもらえる場合もあるので、夜間にAGA治療に通院したいという人は渋谷院の利用を検討してみてください。

AGA治療法 ・飲み薬(フィナステリド、ザガーロ、ミノキシジルなど)
・注入治療(ノーニードルメソセラピー、幹細胞メソセラピーなど)
主な治療費用 ■現在の状態を維持したい方
・3,300円~/月(※12ヶ月コース)
■発毛を実感したい方
・内服薬 30,800円/月
・内服薬+外用薬 38,500円/月
■注入治療
9,900円~/月(※12ヶ月コース)
カウンセリング費・診察費等 初診料、再診料、血液検査代※1、カウンセリング料、マイクロスコープ診断:無料
オンライン診療 最新から対応可能
店舗数 3院(渋谷、新宿、八重洲)
URL スマイルAGAクリニック公式サイト
※料金は全て税込価格です
(※1)施術内容によって血液検査代15,000円がかかる場合あり

CLINIC FOR(クリニックフォア)

CLINIC FOR(クリニックフォア)の特徴
・オンライン診療に特化したAGAクリニック
・最大半年分の治療薬をまとめて処方してもらえる
・定期配送プランなら周期に合わせて自動的に治療薬が配送される
・治療薬が体に合わなかった場合の全額返金保証あり
投薬治療
(内服薬・外用薬)
注入治療 自毛植毛 オンライン診療
×
×

CLINIC FOR(クリニックフォア)は内科や皮膚科、美容皮膚科など様々な科目の診療を行っていますが、自費専門外来の一環として内服薬・外用薬を用いたAGA治療にも対応しています。

CLINIC FOR(クリニックフォア)では1ヶ月分・3ヶ月分・半年分からプランを選択して治療薬を処方してもらえ、長期分をまとめて購入するほど割安になります。単剤処方のプランだけでなく複数種類の内服薬・外用薬・サプリメントをセットにしたプランなど、AGAの進行状況や常用薬などに合わせて豊富な選択肢の中から適したプランを提案してもらえます。

遠隔でAGAの診察・薬の処方を行うオンライン診療にも力を入れており、オンライン診療利用時のプランとして「定期配送プラン」も用意されています。定期配送プランでは周期に合わせて自動的に治療薬が届くので、薬の購入を忘れてしまう心配もなく受診の手間もかかるりません。更に、通常よりも15%オフの料金でAGA治療を続けられるのも特徴です。

CLINIC FOR(クリニックフォア)ではAGA治療薬が体に合わなかった方への全額返金制度も設けていて、医師の診察の上で服用を継続するべきではないと判断された場合には治療費を全額返金してもらえます。初めてAGA治療を行う方や、治療薬の内服・外用に不安がある方でも治療を始めやすいクリニックでしょう。

AGA治療法 ・飲み薬(フィナステリド、ザガーロなど)
・塗り薬(ミノキシジル)
主な治療費用 ■発毛即効プラン(内服薬+外用薬+サプリ)
1ヶ月分:27,280円
定期配送:23,188円
■発毛基本プラン(内服薬+サプリ)
1ヶ月分:16,280円
定期配送:13,838円
■発毛ライトプラン(内服薬)
1ヶ月分:10,780円
定期配送:9,163円
■予防プラン(内服薬)
1ヶ月分:4,015円
定期配送:初月1,760円※1
カウンセリング費・診察費等 予約料、診察料:0円
オンライン診療 初診から対応可能
治療薬の送料:550円
店舗数 6院(田町、新橋、飯田橋、有楽町、大手町、心斎橋)
URL CLINIC FOR(クリニックフォア)公式サイト
※料金は全て税込価格です
(※1)キャンペーン価格

ここまでAGA治療・薄毛治療が行えるAGAクリニックを5院ピックアップしてご紹介しましたが、AGA治療を受けられる他のクリニックも知りたいという方はこちらのページもチェック!AGAクリニック17院の治療費用や特徴についてまとめているので、併せて参考にしてみてください。

AGAクリニックおすすめ17選!薄毛治療の費用やAGA治療薬の効果を紹介