マンション売却前にリフォームは不要!その理由と高く売るコツを紹介

自宅の売却なら
  • 不動産を好条件で売りたいなら一括査定がおすすめ
  • 最大4社の査定結果を比較・検討できるから高値で売れる
  • すまいステップ」なら優良企業とマッチング出来る

マンションを売却する前にリフォームをするべきか、それともしなくても影響はないのか迷う人も多いと思います。きれいな室内は内覧にきた人には好印象を与え販売しやすくなります。

しかし、注意しなければならないのが費用を掛けすぎると売却代金にも影響し、売れにくくなってしまうことです。

マンションを高く売却する場合に、リフォームにどこまで費用をかけ、室内をきれいにすればいいのか。リフォームする効果的な場所や、リフォームをしないでもすむなら、それに代わる方法はあるのか。5つのポイントにまとめて解説していますので参考にしてください。

マンションの売却を全般的に知りたい方は「マンション売却について知ろう!売却の流れや相場情報、注意点を解説」の記事をご覧ください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
リナビス
step3
リナビス
step4

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのすまいステップがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

マンション売却でリフォームが不要な理由4つ

マンションを売却する際に、売却前のリフォームは絶対必要なわけではありません。その理由には以下の2点が考えられます。購入希望者や買主との話し合いにおいて、売主側でのリフォームが必要であると判断できる場合には、検討するようにしてもよいでしょう。

  1. 売却時にリフォーム費用を上乗せできない
  2. リノベーションをしたい買主もいる
  3. 競合物件より高くなる可能性がある
  4. リフォームが完了するまで売却活動ができない

売却時にリフォーム費用を上乗せできない

リフォームをしたら、その費用は売却価格に上乗せします。そのため、費用がかかりすぎると売却価格が他の相場よりも高くなり買い手があらわれず、売れ残ってしまう可能性があります。

実際に国土交通省の調査によれば、中古住宅を購入する一番のポイントは「価格が安い」の項目がダントツで1位でした。
マンション売却リフォーム

たとえば、間取りなどを変更するリノベーションは大改修となるので、費用は高額になってしまいます。

価格を売却に上乗せすればさらに大きな価格となるので、大改修はするべきではありません。いくら素敵な内装であっても売却価格が高すぎると、結果的には売れ残り最後にはリフォーム代を上乗せしないで売ることになってしまいます

したがって、ある程度売れる価格設定を見極めた範囲内でのリフォームをしなければなりません。

売り出し価格が高くなるので予算オーバーの可能性

マンションをリフォームしてから売却するときは、リフォーム費用を上乗せするのが基本的です。
リフォームすることで、マンションの売り出し価格は高くなるので、購入検討者の予算オーバーになる可能性があります。

たとえば、リフォーム前なら4,800万円で売り出せたもの、リフォーム費用に150万円かけたことで5,000万円超えの売り出し価格になったとします。

その場合、予算を5,000万円以下で設定している人は検討から外れてしまい、予算5,000万円以上に設定している人から探さないといけません。

リフォームの費用相場

リフォームをする・しない関係なく費用の相場観を知っておくことは重要です。
リフォーム箇所ごとにかかる費用相場は以下の通りです。

リフォーム箇所リフォームの費用相場
キッチン50万~150万円
トイレ10万~50万円
洗面台20万~50万円
浴室50万~100万円

上記の通り、リフォームするだけでかなり高額な費用が必要です。水回りをリフォームするだけでも最低80万円程度はかかるでしょう。

売却費用とは他にリフォーム費用が必要となると、売却益が出たとしても損してしまう可能性があります。

リフォームをする場合、上記のような費用がかかることを念頭に置き検討してみましょう。

関連記事

今お持ちのマンションを売るときに「どんな費用がいくらかかるか」把握しているでしょうか。マンションを売るときにかかる費用について概算でもよいので把握しておくことで、スムーズにマンションを売ることが出来ます。この記事では、まず一[…]

マンション売る費用

リノベーションしたい買主もいる

最近では、買主がマンションを購入した後に独自の好みでリフォームをする人が増えております。そのため、あえて中古マンション購入を希望する人もいるほどです。

実際に下記の画像では、既存住宅の流通量が2005年から伸びており、10年間で既存住宅の流通割合が29%まで上昇しています。

マンション売却リフォーム

引用:野村総合研究所「2030年の既存住宅流通量は34万戸に増加」

そのような人は内覧の時に自ら壁紙のサンプル等を持ってきたり、すでに色々とイメージや計画をして購入後のリフォームを楽しみにしている人もいます。

したがって、きれいな室内が高く売れるだろうと売主の好みの内装でリフォームをすると、かえって買主の購買意欲が下がり見送られてしまうことがあります。

競合物件より高くなる可能性がある

最後の理由は、マンション売却時にリフォームをすると売却価格が高くなります。そうなると競合物件と比べても価格が高くなり、購入希望者はどうしても安い物件の方に興味が惹けるでしょう。

マンションの売却価格は、周辺の成約事例で基本的に算出されます。
周辺の成約価格が対象エリアの相場になり、マンションの売却価格に大きく影響します。

不動産会社が査定価格を算出する時は、対象のマンションの類似物件を選び、「その物件がいくらで売れたか」を参考にマンションの査定価格を算出しています。

リフォームが完了するまで売却活動ができない

マンション売却時に部分的なリフォームであれば、数日で済ませることができますが、部屋全体のフルリフォームをした場合、数カ月~半年かかることがあります。

リフォームをしていると不動産会社は正確な査定ができず、内覧ももちろんできません

「いつから売却する」と細かく計画を立ててリフォームを始めない限り、希望していた売却時期より遅れてしまい、すぐ売却したい人からするとデメリットになってしまいます。

高くマンション売却したいなら査定しよう!

まずリフォームを検討する前に、今のマンションがいくらで売れるのかを知っておく必要があります。
高い価格で売るためには不動産一括査定が可能なすまいステップがオススメです。

マンションを高く売るためには、複数の不動産会社の査定価格を比較検討し、納得ができる業者に依頼するのがおすすめです。
すまいステップ では一度に最大4社査定依頼することができます。以下のバナーから無料で査定依頼できますので、ご活用ください。

リフォーム以外でマンションを高く売る方法

マンションを売り出すと購入希望者がマンションの見学に来ます。これを「内覧」といいますが、リフォーム以外にとても大事なのが、この内覧の時の印象です。

つまり、内覧によって物件の良し悪しが分かれ販促に大きな影響を与えてしまうのです。 購入希望者に良い印象を与えるためにも、家の中は徹底的にきれいに掃除してください。この内覧に備えてするポイントをご紹介しますので参考にしてください。

ハウスクリーニングを行う

マンションの販売を始めると、購入希望者が内覧におとずれます。この時に大事なのが水回りなどを徹底的にきれいに掃除をすることです。
それによって、「住まいが丁寧に大切に使われている」という、良い印象をもってもらえ、売主に対しても好印象となります。

購入希望者は、水回りが気になる人が一番多いので優先的に清掃してください。そして、この水回りだけでもプロのハウスクリーニングを依頼するのも良い方法です。
ハウスクリーニングをすることによって、値引き交渉の材料を減らし少しでも高値でマンションを売却できる可能性があります。

目立つ汚れがある場所は、少し費用をかけてでもハウスクリーニングに依頼することをおすすめします。

自分でも掃除をしておこう

内覧者が来る時は、広く感じるように整理整頓をしておきましょう。内覧者はマンションの専有面積をあらかじめ調べてありますが、実際に見た印象は重要です。できるだけ余分な物は減らし広いイメージを与えてください。

減らすことが難しい場合は一時的にレンタル倉庫などを利用することも考えてください。収納の中も整理整頓をしておきます。クローゼット、押し入れもきれいに整えて中も広く見せるようにします。

内覧者は遠慮して収納部分の見学を申し出ない場合がありますが、売主から率先して見せてあげると広い収納に好印象をもたれます。

掃除以外の部分もしっかり準備しておこう

掃除以外の部分とは臭いなど目に見えない部分です。

部屋の臭いは、住んでいる人には気づきにくいものです。どんな家にきれいな広い部屋で、立地がよくてもひどい臭いがする部屋ですと魅力も大きく失せてしまいます。

そこで、内覧の日は直前まで窓を開け換気を良くしておきましょう。また、カーテンやクッションカバーなどの布製品は洗濯か、消臭スプレーなどをしておくとよいでしょう。

絨毯なども消臭スプレーをかけておくと良いのですが、香りの無い無臭の消臭スプレーを使うことをおすすめします。良い香りも人それぞれ好みが違いますので、無臭が無難です。

簡単な修繕をする

ひどい汚れや損傷がある場合、リフォームより安価で簡易的な修繕を行うと良いでしょう。

外観が悪いと、内覧に来た購入希望者の印象は悪くなってしまい、売れにくい物件になってしまいます。

明らかに汚れている・損傷がある場合はその部分だけ修繕を行いましょう。

以下が簡単にできる修繕箇所と費用相場になります。

簡単な修繕箇所費用相場
障子の張替約2,000円/枚
壁紙の張替約1,000円/枚
畳の張替約13,000円/枚
ドアの修繕約50,000円/㎡
給湯器の修繕約20,000円

ホームインスペクション(住宅診断)で信頼性を高める

ホームインスペクション(住宅診断)とは?
中古マンション(住宅)の基礎や外壁などの劣化状況や修繕箇所を住宅診断士が調査して、「マンションに不具合がないか」アドバイスを行うことを指します。
中古マンションを購入側は、「入居時に不具合が生じないか」を気にしている人が多いです。
リフォームして内観を整えたとしても、部屋の傾きや構造に問題がある場合は元も子もなくなってしまいます。
そこで、ホームインスペクション(住宅診断)を行えば、資格者の調査証明ができるので、買主は安心してマンションを購入しやすくなります。
不動産会社によっては無料で診断を行ってくれるところもあるので、webサイトや直接不動産会社に問い合わせてみましょう。
特に築年数の経っているマンションを売却する際は、診断を行い買主にマンションの安全性をアピールすることが可能です。

リフォームをする前に一括査定をしよう

マンションを高く売却するために、リフォームを行う場合にどのくらいの費用が妥当か判断することは、素人ではなかなか難しいものです。そのようなとき、リフォームを行う前に信頼できる良きアドバイザーとして不動産会社に相談してみましょう。

しかし、どこが一番信頼できる不動産会社なのか見つけるのも難しいものです。そこで、不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。 すまいステップ 」の不動産一括査定サイトでは全国の地方や地域と密着した不動産会社と多数提携しています。

利用者数1,000万人一括査定NO.1の実績があります。また「 すまいステップ 」はクレームに厳しい会社なので、不動産会社から何度も営業の連絡もありません。安心して利用してみてください。

リフォーム費用をかけずにマンションを高く売却するコツ

上記の章ではリフォーム以外の方法について説明してきました。
ですが、「実際どのラインからリフォームやクリーニングをすればいいのか分からない」方もいるのではないのでしょうか。

この章では、費用をかけずに高く売るコツをいくつか紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

  • 築20年まではリフォーム不要
  • 壁紙の汚れや傷はクリーニングで十分
  • インフラ関係の欠陥はリフォームすべき
  • ホームステージングで写真写りは良くできる
  • 不動産会社でクリーニング費用を負担してくれる会社もある

築20年まではリフォーム不要

築20年以内のマンションの場合、新耐震基準マンションであり、お風呂場の床がタイル張りでなかったりと購入検討者のニーズに近い構造になっています。

もし設備の故障であったり、生活に支障が出るようなのであればリフォームは必要になってきますが、通常の生活ができている場合、クリーニングや軽度の修繕で済むでしょう。

壁紙の汚れや傷はクリーニングで十分

壁の汚れや傷は自力で直すのが難しいケースが多いです。その場合、リフォームをせずにハウスクリーニングを利用して、掃除のプロに任せましょう。

ハウスクリーニングの場合、リフォームをするよりも費用が掛からず壁や部屋をきれいにすることが可能です。

インフラ関係の欠陥はリフォームすべき

実際にリフォームをする人はどのような理由でリフォームをしているのでしょうか。以下の画像がその理由です。

マンション売却リフォーム

引用:「住宅リフォームの消費者・事業者に関する実態調査」について

リフォームをする人は「設備や機器の故障」が大半を占めています。

ガスや水道などのインフラ関係の欠陥はリフォームすべきです。インフラ関係の欠陥は生活に支障をきたしており、欠陥の場合、購入検討者の印象は最悪になってしまいます。

ホームステージングで写真写りは良くできる

生活感が残っていたり、部屋の雰囲気が明るくないなどの場合は、リフォームをせずにホームステージングをしましょう。
ホームステージングの場合は、プロのホームステージャーが家具や照明、小物などで、より魅力的に見せることができます。
編集長
住みながら売却をする場合、荷物を一時的に預かってくれるサービスなど会社によっては様々なプランが用意されています!

不動産会社でクリーニング費用を負担してくれる会社もある

不動産会社によってはクリーニング・修繕費用を負担してくれる会社もあります。

他にも、先述したホームステージング費用なども負担してくれたり、媒介契約の内容によっては手厚くサービスを受けられるでしょう。

すまいステップでは、厳しい審査に通った優良企業が登録されており、信頼できる不動産会社を探すことができます。
下記のバナーより、無料で査定ができるので、ぜひ利用してみてください。

リフォームをしても売却金額にあまり差はない

マンションに高価値をつけてスムーズに売るためには、リフォームをする必要があるか解説してきました。マンションの売却の成功は、きれいな部屋を内覧者に見てもらい好印象を与えることです。しかし、リフォーム費用を売却費用に上乗せすると売れにくくなってしまいます。

リフォームしてきれいになりましたが、高額なため売れ残って損をするなら、本来の目的である物件を高く早く売るということからかけ離れてしまいます。あまりにも汚れている場合は、ある程度のリフォームは必要ですが、高額リフォームをしても売却価格は、相場とあまり変わらない可能性もあります。

リフォームで迷ったら、信頼できる不動産会社に相談をすることをおすすめします。信頼できる不動産会社を探すなら「すまいステップ」の一括査定サイトを利用してください。

記事のおさらい

マンション売却のリフォームは不要?

マンションを売却する際に、売却前のリフォームは絶対必要なわけではありません。その理由には以下の2点が考えられます。

  • 売却時にリフォーム費用を上乗せできない
  • リノベーションしたい買主もいる
  • 競合物件より高くなる可能性がある
  • リフォームが完了するまで売却活動ができない

詳しく知りたい方はマンション売却前のリフォームが不要な理由をご覧ください。

リフォーム以外でマンションを高く売るコツは?

リフォーム以外でマンションを高く売るコツは以下の通りです。

  • ハウスクリーニングを行う
  • 掃除以外の部分もしっかり準備しておこう
  • 簡単な修繕をする
  • ホームインスペクション(住宅診断)で信頼性を高める

詳しくはリフォーム以外でマンションを高く売るコツをご覧ください。

関連記事
関連記事

「不動産一括査定サイトはどれを使えばいいの?」「営業電話が少ない不動産一括査定サイトはある?」不動産一括査定サービスは複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができて便利な一方、数が多すぎてどれを選べばいいか分かりませんよね。[…]

関連記事

すまいステップは、2020年にサービスがスタートされた比較的新しい不動産一括査定サイトです。ほかのサイトと比べるとまだまだ口コミが少ないサイトですが、果たして安心して利用できるのでしょうか。この記事では、すまいステップの特徴や口[…]

関連記事

2016年よりサービスが開始されたすまいvalueは、大手不動産会社6社に一括査定を依頼できるサービスです。ここにしか参加していない会社もいくつか存在しているため、実際に申込みを検討している人も多いかもしれません。大手に強いサー[…]

関連記事

数ある不動産一括査定サービスの中で、No1の利用者を誇るイエウール。(東京商工リサーチ:2020年7月時点の調査結果)利用者の多さゆえに、ネットでは様々な口コミが見られますね。中には悪い口コミもありますが、それらは事実なので[…]

関連記事

HOME4Uは、NTTグループが運営する不動産一括査定サービスです。一括査定サイトのなかでもっとも運用歴が最も長く、その実績も確固たるものですが、実際に利用した人はどのように感じているのでしょうか。この記事では、口コミから見るH[…]

関連記事

SUUMOと言うと賃貸物件探しのサイトをイメージする人も多いかもしれませんが、実は不動産一括査定サービスも提供しています。圧倒的な知名度を誇るSUUMOですが、一括査定サービスではどのような強みを持っているのでしょうか。今回は、[…]

関連記事

LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)は、SUUMOやat homeに並ぶ3大不動産ポータルサイトです。LIFULL HOME'Sに対して不動産賃貸の印象を抱いている人も多いかもしれませんが、実は不動産の一括査定サービスも提供し[…]

関連記事

リビンマッチは、2020年にマーケティングアンドアソシエイツによって行われた調査で、不動産査定サイトの認知度部門で1位を獲得したサイトです。実際に物件の売却を考えている人の中には、リビンマッチの名前を聞いたことがある人も多いのではないで[…]

関連記事

マンションナビは、名前の通り「マンションの売却(または賃貸)」に特化した一括査定サービスです。サービスを使う前は、何かと安全性や人気度合いなんかが気になって、なかなか利用を判断できないですよね。この記事では、ネット上のマンシ[…]

関連記事

マンションの査定をオンラインで出来るサイトがよくあると思います。ですが、実際のところオンラインで査定をしてもらっても安全なのか、何かリスクが無いか気になる人もいるのではないでしょうか。マンション売却は不動産会社を探すことから始まりま[…]

マンション査定オンライン
関連記事

マンションを売却して利益が出た場合、それは所得として税金が課せられます。他にも売却時にはいろいろな税金が含まれています。ただ一方で課税だけではなく、ある一定の条件を満たせば軽減措置が適用される場合もあります。この記事では、マンション[…]

マンション売却所得税

また、マンションを高く早く売るコツについて知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【完全無料】うちの価格いくら?