マンションを貸すときの家賃相場を調べよう!

あなたの不動産いくらで売れる?

最大4社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ! フォーム入力のみ!査定に進む

マンションの賃貸経営を検討している場合、まず自分のマンションがいくらで貸し出せるのか、おおよその相場を知る必要があります。

賃貸経営には、家賃での収入以外の支出であったり、年間での利益率を考える必要があります。

売却相場は、ネット上で簡単に知ることができます。
早速調べていきましょう!

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのすまいステップがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

マンションの賃貸相場を調べてみよう

マンションの賃貸相場の調べ方は2通りです。
すぐに不動産会社に赴く方もいますが、まずは自分で相場感を掴んで不動産会社が言っていることが真実であるか見極められる目をつけましょう。
必ずしも良質な不動産会社だけとは限らないのです。

賃貸にするか迷っている時点では、一度ネットで検索してみて、決断が固まりそうになったら実際に不動産会社と相談してみる必要があります。

ポータルサイトで自分のマンションと近い条件で検索する

まずは、SUUMOHOME’Sといったポータルサイトを利用して、貸したいマンションとできるだけ近しい条件のマンションを検索していきます。

検索の項目例

  • 駅/路線
  • 駅までの徒歩分数
  • 築年数
  • 建物の構造(鉄筋・木造・鉄骨など)
  • 専有面積

これらの情報で検索して、できる限り多くの物件をピックアップし比較して相場感を知りましょう。

実際に不動産会社に相談してみよう

相場をしったら実際に不動産会社に相談をしてみましょう。

不動産会社に賃貸の相談をする場合は、賃料一括サイトなどを利用し複数社を比較してみることをおすすめします。

賃料一括サイトなどで不動産会社に相談する

実際に貸す決断が決まりそうなら、確実な決定の前に不動産会社に相談をしましょう。
その際、『マンション貸す.com』のような賃料一括査定サイトなどを利用すると便利です。

賃料一括査定サイトは、一度の簡単な入力であなたに合った複数の不動産会社に一括で依頼をすることができるサービスです。
査定の結果は不動産会社よって大きく異なることがあるため、複数社で比較して決めると後悔を残しにくいでしょう。

不動産高く貸す.comスクリーンショット

不動産会社は必ず複数社を比較して決めよう

不動産会社を選ぶ際は、複数社を比較して決めるようにしましょう。
その理由は以下の3つです。

  • 査定の結果が不動産会社で大きく異なる
  • 親身に相談に乗ってくれる担当者だけではない
  • 不動産会社によって業務内容が異なる

査定の結果が不動産会社で大きく異なる

不動産会社の行う家賃査定の結果は査定担当者によって異なります。

相場の価格を大きく下回る価格だったり、逆に1社だけずば抜けて高額な査定額を提示することもあります。
不動産会社の中には、売却へ誘導しようとしたり、契約ほしさに根拠のない価格をちらつかせたりする不誠実な会社も存在するのです。

そのため、査定の結果をもらったら担当者に直接査定の根拠を聞くようにしましょう。

親身に相談に乗ってくれる担当者だけではない

決して査定額が高い会社が優良なわけではなく、査定や今後の対応を誠実に、かつ合理的に行ってくれるかが重要です。

そのため、不動産会社選びで非常に重要となるのは担当者の質です。

あなたの意見をできる限り尊重し、時に適格に、誠実な対応をとってくれる担当者を選びましょう。

不動産会社によって業務内容が異なる

マンションを貸す際の不動産会社の業務内容は大きく分けて2つです。

仲介業務

入居者募集や入居者の審査、賃貸借契約の手続きなどを手伝う

管理業務

貸し出し後の入居者への対応やマンションの管理、家賃の集金などを代行する

不動産会社によって、両方の業務を行う場合もあれば、仲介業務しか行って場合もあります。

どういった業務を行ってくれるのか、また深ぼった業務内容まで比較する必要があります。

【マンションの貸し方】不動産会社に行く前に把握しよう!

相場を確認したらマンションの貸し方を把握しておきましょう。
その中で、自分に合った貸し方を選んでいきましょう。

マンションの貸し方は以下の3通りです。

  • 普通借家契約
  • 定期借家契約
  • サブリース契約

普通借家契約

普通借家契約は、契約に期間の定めなく物件を貸し出す方法です。基本的には借主が契約更新をし続ける限り貸主がそれを断ることはできません。(正当な事由がある場合にのみ貸主からの契約解除が可能とされています。)
借主にとっては魅力的な契約ですが、貸主は今後の計画を見据えて選択する必要があります。

こんな人におすすめ!

その家に帰ってくる予定がない人は普通借家契約がおすすめです。
この後紹介する定期借家契約に比べても、買主の都合が尊重されるため家賃も高くなる傾向にあります。

定期借家契約

定期借家契約は、あらかじめ契約段階で期限を決めておくことができ、あなたの予定に合わせて賃貸を始めることができます。
転勤などで一時的に家を離れる際に留守宅の効果的な運用方法として使われ、3~5年といった短期間の定期借家契約サービスとしてリロケーションサービス呼ばれるものもあります。

一度普通借家契約ですすめてしまうと、貸主のみの意思で定期借家契約に変更することはできないので慎重な判断が必要になります。

こんな人におすすめ!

ふいの転勤や、親の高齢化に伴う一時的な帰省などの場合には定期借家契約がおすすめです。
空き家として放置しておくと老朽化が進みやすいため、家賃収入を得ながら管理までしてもらえると考えれば一石二鳥といえます。

サブリース契約

サブリース契約とは、不動産管理会社にマンションを貸し出し、借主に又貸しをしてもらう方法です。

マンションの運用を管理会社に任せられる上に、貸し出す相手が会社になるため、借主が見つからず空き家になってしまうリスクがあくなります。

一方で、当然のごとく不動産管理会社も利益を求めてサブリースを展開しています。そのため、借主から受け取る家賃が全額あなたのもとに入ってくるわけではなく、80~90%程度となってしまいます。

こんな人におすすめ!

仕事やプライベートが忙しく、リスクなくマンションの運用をお任せしたい人におすすめです。
賃貸経営の最大のリスクである「空き家状態」を回避する手段としては最も効果的な方法です。
そのうえで、運用をすべてプロに一任することができるので、賃貸中に手間を煩うことがありません。

まとめ

マンションを貸し出す際は、自分で相場を調べてから不動産会社に相談するようにしましょう。

ネットで簡単に確認することができる「相場感」は、誠実みのない不動産会社を見抜く手立てとなります。

まだ、賃貸にするか検討している方は『マンションを貸すと儲かる?貸す場合のメリット・デメリットや流れを解説』をご覧ください。
こちらの記事では収益性の計算や、売却との比較を行っております。

参考記事

【マンションの売り時】築年数を中心に複数観点からいつ売り時か解説

マンションの査定額の相場を知ることで得られるメリットとその調べ方

【2021最新】マンション売却相場はいくら?統計を基に詳しく解説

【完全無料】うちの価格いくら?