神奈川県で不動産を売却!今いくらで売れる?地域情報や注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大4社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ! フォーム入力のみ!査定に進む

不動産売却を成功させるには、いつどこで売るのかを考えることが大切です。売却のタイミングによって市場の相場価格は変わるので、どれくらいの金額で取引できるかは異なります。また、土地によっても相場は違うので、この点もチェックしておかなければなりません。

神奈川県で不動産売却をするなら、神奈川県ならではの売却の相場価格や相場の動向、地域情報などを知っておくことが大切です。必要な情報を事前に収集することで、神奈川県での不動産売却をスムーズに行いましょう。

 

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのすまいステップがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

【神奈川県】不動産の売却相場は?

まずは神奈川県における、不動産売却の相場価格がいくらくらいなのかを知っておきましょう。不動産にはマンションや一戸建て、土地などの種類があり、それぞれで相場価格は異なります。また、県全体で見た場合の相場と、各エリアごとで見たときの相場も違うので、この点もチェックしておくことが大切です。

相場を正しく知ることで、適切な売り出し価格が設定でき、売り損を出したり、売れ残ったりするリスクを回避できます。神奈川県の相場の算出にあたっては、「土地総合情報システム」という国土交通省が運営しているサイトのデータを参考にします。

神奈川県の売却価格の相場はいくらなのか

まずは神奈川県全体で見た場合の、売却価格の相場を知っておきましょう。神奈川県ではマンションは約2,702万円、一戸建ては約3,591万円、土地は約2,809万円が相場です。

全体的に相場価格は高くなっており、全国で見ても神奈川県は相場価格が高いといえます。これは都心に近いことはもちろん、横浜市などの知名度、人気ともに高いエリアが含まれていることが大きな理由です。

人気のエリアが多いことから、土地のみで売却した際の相場価格も高くなっており、マンションよりも平均相場が高いのは、都市部ならではのケースといえます。

基本的には住宅需要が多いことから、一戸建てとマンション、その次に土地という相場価格の順になっていることが多いですが、神奈川県ではマンションと土地の相場が逆転していることも特徴の1つです。

相場情報についてもっと詳しく知りたい方は、マンションの売却相場の記事家の売却相場の記事をご覧ください。

エリア別の最新相場価格をチェック

神奈川県の相場価格をさらに理解するには、エリア別で見た場合の違いもチェックしておきましょう。同じ神奈川県でも、どのエリアに不動産があるかによって、売却の相場価格は変わります。比較するのは横浜市の神奈川区と川崎市川崎区、相模原市中央区の3つです。

マンション一戸建て土地
横浜市神奈川区約2,841万円約4,881万円約4,600万円
川崎市川崎区約2,819万円約3,953万円約3,560万円
相模原市中央区約1,213万円約2,675万円約2,074万円

横浜市は人気の高いエリアであり、相場価格は非常に高いです。県全体で見た場合よりも高い相場となっており、このエリアに不動産を持っているなら、高額売却が期待しやすいでしょう。

次いで川崎市も高値で取引されている傾向にあり、不動産種別ごとの相場は県全体で見た場合を上回っています。相模原市のみ、神奈川県全体の相場価格を下回りますが、極端に安値になるわけではありません。

そもそも神奈川県の相場価格自体が高いので、相模原市の相場が多少下回っていたとしても、十分好条件で売却できます。また、実際の売却価格は市場での需要や不動産の状態、買主との交渉など、さまざまな要因によって異なります。

そのため、ケースによっては他の2つのエリアよりも、相模原市の不動産のほうが高額で売却できる場合があることも覚えておきましょう。

直近2年間の相場動向の推移

不動産売却をするなら、相場動向をチェックしておくことも大切です。2020年からの直近2年間での推移を見ると、横浜市と川崎市の相場価格は上昇傾向に、相模原市は下落傾向にあります。

ただし、川崎市の相場は上昇傾向ですが、直近2年間のピーク時と比較すると、2020年時点での相場はやや低くなっていることは覚えておきましょう。

相場は常に変動するので、不動産売却の際には今の相場がいくらか、今後はどのように動くのかをチェックしておくことが大切です。相場が上がったタイミング、あるいは現時点よりも下がらないうちに売ることが、好条件での不動産売却を実現させるポイントです。

神奈川県にお住まいで、売却を検討している方や価格が気になる方は、まず査定をするところから始めましょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「すまいステップ」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

 

神奈川県の不動産取引事例をみてみよう

相場価格についてさらに理解を深めるには、神奈川県の実際の取引事例を参考にしてみましょう。取引事例を確認することで、どのような条件の不動産がいくらで売れたのか、より具体的なイメージを持ちやすくなります。まずはマンションの取引事例は、次の通りです。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格間取り面積築年数
横浜市神奈川区神奈川駅すぐそば2,700万円2LDK50平米48年
川崎市川崎区小島新田駅から4分2,700万円3LDK70平米18年
相模原市中央区淵野辺駅から4分1,500万円2LDK55平米40年

マンションは交通アクセスの良さや間取り、面積などが売却価格に影響します。また、築年数もポイントであり、築浅の物件のほうが、高値で売りやすいでしょう。

川崎市の事例で見ると、面積が広く3LDKと部屋数も多いことから高値で取引されています。また、横浜市の事例では築年数が48年と多いものの、人気のエリアなので高額売却ができています。次に一戸建ての取引事例は、次の通りです。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積築年数
横浜市神奈川区岸根公園駅から6分5,200万円120平米新築
川崎市川崎区鶴見市場駅から30~60分3,700万円50平米7年
相模原市中央区南橋本駅から10分2,900万円60平米1年

一戸建てもマンションと同じで、築浅の物件ほど高額売却しやすいです。横浜市のケースで見ると、好立地にあり、かつ新築なので、5,200万円という相場を大幅に上回った金額で売却できています。

また、もっとも相場価格の低い相模原市でも、築年数1年と新しい物件なら、2,900万円と好条件で売れていることもわかります。最後に土地の取引事例を見ていきましょう。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積坪単価
横浜市神奈川区子安駅から7分4,200万円100平米140万円
川崎市川崎区川崎駅から13分3,100万円55平米180万円
相模原市中央区相模原駅から19分2,400万円105平米73万円

土地は面積と坪単価によって売却価格が決まり、面積が広くて坪単価が高いほど、高額売却が実現できます。横浜市は人気のエリアで坪単価が高く、かつ上記の事例では面積も広いので、4,000万円以上という高値で売却できています。

また、川崎市の事例では面積は狭いものの、坪単価が高額であることから、好条件で売却できているでしょう。

 

神奈川県の不動産売却を成功させる方法

神奈川県での不動産売却を成功させるには、次の2つのポイントも把握しておきましょう。

  • 都内へのアクセスの良さをアピールしよう
  • 新築や築年数が浅いことをアピールしよう

これらの点を押さえておくことで、より好条件で不動産は売りやすくなります。相場価格を把握する以外にも重要なことはあり、地域情報を頭に入れて物件を魅力的にアピールすることが、高額売却を実現させる秘訣です。

都内へのアクセスの良さをアピールしよう

神奈川県は東京から近く、エリアによっては20分以内で都内へ出られることもあります。そのため、都内へのアクセスの良さをアピールすると、利便性の高さが買主に伝わり、好印象を与えられるでしょう。

周辺地域へのアクセスの良さは重要なポイントであり、これを積極的に伝えておくことで、売却の条件は高めやすいです。神奈川県内だけでも十分に便利ですが、都内にも出やすいことがアピールできると、プラスアルファで物件の魅力を提示できます。

新築や築年数が浅いことをアピールしよう

神奈川県では新築や築浅の物件が多く取引されており、新しい物件ほど人気があります。築年数の浅さは大きな武器になるので、これをアピールすると好条件で売却を成功させやすいです。

もしある程度築年数が経過している物件の場合は、これ以上古くならないうちに売却することがおすすめです。築年数の古い物件が売却できないわけではありませんが、築浅のほうが条件が良くなりやすいことは、頭に入れておく必要があります。

 

神奈川県ではいつが売り時なのか

2020年から直近2年間での相場動向を見ると、横浜市と川崎市は上昇傾向、相模原市は下落傾向にあり、神奈川県でもエリアによって相場の動きは異なります。

しかし、どのエリアでもいえるのは、少しでも好条件で取引をしたいなら、今のうちに売却することがおすすめということです。現在は相場価格が上昇していても、今後も上がり続けるとは限りません。

むしろ国内においては少子高齢化による人口減少により、不動産需要は減少傾向にあり、今後は相場価格が下がる可能性は高いです。そのため、少しでも相場が上がっている今のうちに売ったほうが、より理想とする条件で売却を成立させやすいです。

また、相模原市のケースで考えるなら、これ以上相場が下がる前に売ったほうが、損失は少なくなります。相場が下がりきってから売却すると、同じ不動産でも価格が大幅に下がってしまうことは少なくありません。

いかに価値が高いうちに売るかが、不動産売却を成功させる重要なポイントです。相場が上昇しているうち、または下がりきらないうちの売却を目指し、少しでも高値での取引を実現させましょう。

 

神奈川県の不動産売却なら一括査定サイト「すまいステップ」がおすすめ

不動産売却を成功させるには、業者選びも重要なポイントです。新潟県の不動産売却に強い業者を見つけるには、一括査定サイトのすまいステップを利用すると良いでしょう。

すまいステップを活用することで、スムーズに不動産会社を探すことができ、売却活動も効率良く進めやすくなります。また、すまいステップには次の3つの強みがあります。

  • 査定依頼に対応するのは厳選された営業担当者
  • 自分で選んだ不動産会社以外から連絡がこない
  • 47都道府県全国対応

これらのポイントからすまいステップの魅力を把握し、サービスを上手に活用して不動産売却の成功を目指しましょう。

すまいステップの強み1|査定依頼に対応するのは厳選された営業担当者

すまいステップでは、査定依頼に対応する営業担当者の厳選に力を入れています。
以下4つの条件のうちいずれかを満たした担当者のみがお客様の対応にあたります。

  • 宅建取引士の資格保有者
  • 売買仲介営業業を5年以上経験している
  • 累計100件以上の売買仲介実績
  • 市場相場よりも高値で販売した経験あり

提携している不動産会社には、過度なしつこい営業電話など、お客様への迷惑にあたる行為を禁止しています。

すまいステップの強み2|自分で選んだ不動産会社以外から連絡がこない

すまいステップでは、最大4社の不動産会社に一括で査定依頼をおくることができます。
その際に選んだ不動産会社以外からの連絡は一切ありません。

優良な不動産業者のみと提携を交わしているため、不動産売却が初心者の方でなおかつ時間がとれない方にはとくにおすすめです。

もちろん利用にあたって一切の料金はかかりません。

すまいステップでは、個人情報保護方針にしたがって個人情報を適切に管理しています。

すまいステップの強み3|47都道府県全国対応

全国47都道府県に対応していて、地方でも利用できる点はすまいステップの強みです。不動産の一括査定サイトは数多くありますが、全国対応していないサイトもあります。

都市部のみに対応しており、エリアによっては利用できないということもありますが、すまいステップならこの心配はありません。新潟県に対応した不動産会社とも提携しているので、問題なくサービスを利用できます。

 

すまいステップでの不動産売却の流れ

すまいステップを利用して不動産売却を行うには、まずはサイトにアクセスします。すまいステップのサイトでは、不動産の種別やエリア、物件情報や依頼主の連絡先などを入力することで、一括査定が受けられます。

査定結果を比較して条件の良い不動産会社を絞り込んだ後は、どの業者に訪問査定をしてもらうかを決めましょう。訪問査定でより正確な査定結果を得た後は、納得できる条件を提示した不動産会社と媒介契約を結びます。

売却活動を開始して買主を募り、内覧対応や条件交渉などを行いましょう。買主と売主双方合意の点を見つけられたなら売買契約を締結して、引き渡しの準備を進めます。契約書で定めた内容で決済を受け、不動産の引き渡しを行うことで、売却は完了です。

 

まとめ

神奈川県で不動産を売却するなら、地域情報を正しく理解しておくことが大切です。神奈川県全体の相場価格はもちろん、エリアごとの相場や相場動向、売り時などはチェックしておきましょう。

また、神奈川県ならではの魅力を知ることも重要であり、買主にアピールする内容を考えておく必要があります。不動産会社の選定も重要なので、どの業者が自分に合っているかを考え、売却の依頼先は慎重に決めておきましょう。

一括査定サイトを利用することで、業者ごとの条件を比較でき、自分に合った不動産会社を見つけやすくなります。信頼できるパートナーを見つけることで、神奈川県での不動産売却を成功させましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?