さいたま市で不動産を売却!いくらで売れる?地域情報や注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大4社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ! フォーム入力のみ!査定に進む

さいたま市内にマンションや一戸建て、土地といった不動産をお持ちの方で、売却を考えている方は、いつ売り出せば高額売却可能になるのか、機を伺っている方もいるでしょう。

この記事では、さいたま市内で不動産を売却したいと考えている方のために、近年の不動産の売却相場の変化の様子や、さいたま市内で高額売却を実現するためのアピールポイントなどについてお伝えします。

まず、さいたま市内での不動産価格の変化を考えるなら、今後の不動産需要がどのように変化するのかをみておく必要があります。さいたま市内の人口の変化をみてみると、過去30年間ずっと増加傾向が続いています。

国内でみると、2015年には人口が減少に転じていますが、さいたま市内では未だに増加傾向にあります。おそらく2025年頃までは増加し続け、その後は減少に転じていくでしょう。

さいたま市内の人口は増加し続けていますが、20年前と比べると増加のスピードは緩やかになりつつあります。さいたま市内での不動産需要の急激な伸びというのは、今後あまり期待できないと考えた方がいいでしょう。

 

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのすまいステップがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

【さいたま市】不動産の売却相場は?

まずはさいたま市内の最新の不動産の売却相場についてみていきましょう。国土交通省が運用する土地総合情報システムを元にして、2017年から2020年までのさいたま市で実際に取引された不動産の平均価格と、最新のエリアごとの相場についてお伝えします。

さいたま市の売却価格の相場はいくらなのか

2017年から2020年までのさいたま市内で実際に売却されたマンションと、一戸建て、土地といった不動産の取引平均額をまとめてみました。

項目2017年2018年2019年2020年
マンションの取引平均額2,665.3万円2,561.2万円2,730.8万円2,748.3万円
一戸建ての取引平均額3,665.4万円3,802.0万円3,969.9万円3,725.9万円
土地の取引平均額3,198.6万円3,239.4万円3,197.5万円3,167.8万円
土地の坪単価取引平均額75.5万円82.5万円87.2万円85.6万円

さいたま市内では、不動産の種類によらず高い水準で取引が行われていることがわかります。2018年には全国的に不動産価格の上昇がみられたのですが、さいたま市に関しては2019年の方が不動産価格の上昇が見られる点が特徴的です。

相場情報についてもっと詳しく知りたい方は、マンションの売却相場の記事家の売却相場の記事をご覧ください。

エリア別の最新相場価格をチェック

さいたま市のエリア別の不動産の取引価格の平均相場を見ていきましょう。政令指定都市のさいたま市には10の区があります。10の区の不動産の平均価格を高い順に並べると次の通りです。

浦和区>中央区>南区>大宮区>桜区>北区>緑区>見沼区>西区>岩槻区

今回は、最も相場が高い浦和区と比較的高めの大宮区、平均よりも低い緑区と西区の2019年から2020年にかけての最新の相場についてまとめてみました。

マンション一戸建て土地取引総額土地坪単価
浦和区3,833.8万円4,745.9万円4,280.2万円146.0万円
大宮区2,943.0万円7,185.6万円4,151.5万円111.1万円
緑区2,008.6万円3,448.8万円2,760.9万円69.2万円
西区675.3万円3,622.5万円2,335.5万円47.5万円

西区のマンションだけが突出して低くなっているのは、この間に取引されたマンションの築年数が西区だけ古いものが多く、全体的な取引額が低かったためです。

同じさいたま市内であっても、浦和区と西区では土地の坪単価に3倍近い差があります。しかし、一戸建てやマンションの価格にはこの土地の坪単価の差はあまり出ていない模様です。

直近2年間の相場動向の推移

さいたま市内のここ2年間の不動産の売却相場を見てみると、2019年から2020年にかけてすべての種類の不動産において価格の下落がみられます。

人口増加が続いている中での不動産相場の下落傾向というのは、景気への不安などの社会的な要因があると考えられます。

さいたま市にお住まいで、売却を検討している方や価格が気になる方は、まず査定をするところから始めましょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「すまいステップ」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

 

さいたま市の不動産取引事例をみてみよう

さいたま市内で実際に取引された不動産の事例を具体的に見ていきましょう。

マンションの取引事例です。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格間取り面積築年数
浦和区与野駅から7分4,500万円3LDK80平米築17年
大宮区大宮駅から8分5,500万円3LDK70平米築9年
緑区東浦和駅から8分3,900万円3LDK70平米築8年
西区西大宮駅から13分2,000万円4LDK90平米築32年

一戸建ての取引事例です。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積築年数
浦和区北浦和駅から6分9,000万円220平米築42年
大宮区北大宮駅から3分7,000万円270平米築21年
緑区東川口駅から14分3,100万円130平米築31年
西区西大宮駅から19分5,600万円155平米築2年

土地の取引事例です。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積坪単価
浦和区浦和駅から7分1億4,000万円190平米230万円
大宮区北大宮駅から6分6,300万円185平米110万円
緑区浦和美園駅から7分3,400万円165平米67万円
西区西大宮駅から16分3,000万円170平米59万円

どのエリアのどの種類の不動産物件であっても、平均的な相場よりも高額で取引されている物件がみられます。たとえ、平均価格や土地の価格が安いエリアの物件であっても、しっかりとその物件のメリットを買主にアピールできれば、高額売却も可能になることでしょう。

 

さいたま市の不動産売却を成功させる方法

それでは、さいたま市内の物件の高額売却を可能にするためには、どのような点がアピールポイントになるのか、不動産売却を成功させる方法をお伝えします。

都内へのアクセスのよさをアピールしよう

さいたま市の大きな魅力は、東京都内よりも不動産の物件価格は安いのに、都内へのアクセスがとても良い点にあります。大宮駅から新宿や東京まで約30分というアクセスの良さです。都内への通勤通学にとても便利な街だという点は、さいたま市内の物件の大きなアピールポイントになります。

ベッドタウンとしての住みやすさをアピールしよう

また、さいたま市のベッドタウンとしての住みやすさも買主への大きなアピールポイントになります。都心への通勤通学にとても便利な場所にありながら、さいたま市には田園風景も広がります。

大規模な商業施設もいくつもあり、生活に便利な街として知られています。生活環境も教育環境も良いということで、特にファミリー層へアピールすると良いでしょう。

 

さいたま市ではいつが売り時なのか

さいたま市内の不動産をいつ売却に出したらいいのか、特に高額売却を狙っている人にとってはとても気になる点です。

2019年と2020年の不動産価格を比較すると、さいたま市内の平均額はどの種類の不動産も価格が下がっています。人口はまだここ数年は増加傾向にあるのに、下がっていくというのは、社会的、経済的な要因があると思われます。

もしも今後、日本の景気が下がることがあるとすれば、不動産の価格は現在の価格よりも下がっていくことが考えられます。高値で売却したいと思うのであれば、値上がりするのを待つのではなく現在の価格で売却できるうちに売却してしまった方が安心でしょう。

 

さいたま市の不動産売却なら一括査定サイト「すまいステップ」がおすすめ

不動産売却を成功させるには、業者選びも重要なポイントです。新潟県の不動産売却に強い業者を見つけるには、一括査定サイトのすまいステップを利用すると良いでしょう。

すまいステップを活用することで、スムーズに不動産会社を探すことができ、売却活動も効率良く進めやすくなります。また、すまいステップには次の3つの強みがあります。

  • 査定依頼に対応するのは厳選された営業担当者
  • 自分で選んだ不動産会社以外から連絡がこない
  • 47都道府県全国対応

これらのポイントからすまいステップの魅力を把握し、サービスを上手に活用して不動産売却の成功を目指しましょう。

すまいステップの強み1|査定依頼に対応するのは厳選された営業担当者

すまいステップでは、査定依頼に対応する営業担当者の厳選に力を入れています。
以下4つの条件のうちいずれかを満たした担当者のみがお客様の対応にあたります。

  • 宅建取引士の資格保有者
  • 売買仲介営業業を5年以上経験している
  • 累計100件以上の売買仲介実績
  • 市場相場よりも高値で販売した経験あり

提携している不動産会社には、過度なしつこい営業電話など、お客様への迷惑にあたる行為を禁止しています。

すまいステップの強み2|自分で選んだ不動産会社以外から連絡がこない

すまいステップでは、最大4社の不動産会社に一括で査定依頼をおくることができます。
その際に選んだ不動産会社以外からの連絡は一切ありません。

優良な不動産業者のみと提携を交わしているため、不動産売却が初心者の方でなおかつ時間がとれない方にはとくにおすすめです。

もちろん利用にあたって一切の料金はかかりません。

すまいステップでは、個人情報保護方針にしたがって個人情報を適切に管理しています。

すまいステップの強み3|47都道府県全国対応

全国47都道府県に対応していて、地方でも利用できる点はすまいステップの強みです。不動産の一括査定サイトは数多くありますが、全国対応していないサイトもあります。

都市部のみに対応しており、エリアによっては利用できないということもありますが、すまいステップならこの心配はありません。新潟県に対応した不動産会社とも提携しているので、問題なくサービスを利用できます。

 

すまいステップでの不動産売却の流れ

すまいステップを利用してどのように不動産売却を成功させればいいのか、査定の依頼から売却完了までの流れは次のように進みます。

  1. 査定依頼
  2. 机上査定の結果の返事
  3. 不動産会社選び
  4. 訪問査定依頼
  5. 訪問査定
  6. 媒介契約締結
  7. 売却活動
  8. 売買契約締結

査定依頼

まずはすまいステップのサイトに入って、査定依頼を出します。すまいステップのサイトで、売却したい物件の住所や面積、間取り、築年数といった物件情報と、依頼者の連絡先の情報を登録して送信します。

査定依頼をすまいステップが受け取ると、その物件を扱っている地域で登録されている不動産会社へ査定依頼を出します。

ここで注意が必要なのは、すまいステップは匿名では利用できません。名前や連絡先は本当のことを記載する必要があります。もちろん、個人情報はしっかりと保護されるので安心です。

机上査定の結果の返事

すまいステップから査定依頼を受け取った不動産会社は、受け取った情報を元に机上査定を行います。机上査定とは、入力された物件情報と周辺の相場を元に、実際に物件を見ることなくデータだけでおおよその査定額を算出する方法です。

実際に物件を見ていないので、正確な査定額ではありませんが、おおよその相場や傾向を把握するのにはとても役に立ちます。

机上査定の結果が出たら、すまいステップを通さずに不動産会社から直接、メールか電話で返事がきます。

不動産会社選び

机上査定の結果が出たら、訪問査定を依頼する不動産会社を選びます。訪問査定は、売主の立ち会いが必要なので、4社全てに依頼してしまうと対応するのが大変です。2社から多くても3社までにしておきましょう。

不動産会社を選ぶときのポイントは、査定額よりも、信頼できる不動産会社を選んだ方がいいでしょう。不動産売却にかかる時間は長ければ6カ月から1年以上に及ぶこともあります。

その間ずっと基本的にお付き合いすることになるので、信頼できそうな不動産会社に依頼するのがベストです。どうしてその査定額になるのか、その理由などもしっかりと教えてもらった上で吟味しましょう。

訪問査定依頼

訪問査定を依頼する不動産会社を選んだら、机上査定の結果に記載されている連絡先へ連絡を入れます。訪問査定の日時を決めたら、訪問査定の日までに用意しておくべき書類を指示されることがあります。

書類がなくても訪問査定はできますが、書類があったほうがより正確な査定ができます。不動産会社から支持された書類はできるだけそろえるようにしましょう。

訪問査定では全ての部屋やクローゼットや押入れの中もしっかりと調査されます。見られても恥ずかしくないように、しっかりと掃除や整理整頓を当日までにしておきましょう。

訪問査定

訪問査定の当日になったら、不動産会社のスタッフがやってきて、詳しく調査を行います。特に劣化の激しい水回りや玄関やクローゼットの扉や戸車の状態は細かくチェックされます。また、周辺環境にもチェックを入れます。

この時に色々と質問されることがあります。質問の答えが査定額に響くこともあるので、できるだけ正確に答えるようにしましょう。

媒介契約締結

訪問査定の結果を受けて、仲介を依頼する不動産会社を決めたら媒介契約を締結します。媒介契約には、複数の不動産会社と同時に契約ができる一般媒介契約と、1社としか契約ができない専任媒介契約と専属専任媒介契約があります。すぐに買い手がつきそうな人気の物件であれば一般媒介契約がおすすめです。相手がすぐに見つかりそうもない物件であれば、1社との独占契約のほうが良いでしょう。

売却活動

媒介契約を結んだら売却活動に入ります。チラシを作成したり、タウン誌へ広告を出したり、不動産情報サイトで物件情報を登録したりします。これらの活動はすべて不動産会社が行うものなので、売主としては特にやることはありません。

物件に興味を持つ人が現れたら内覧を行います。内覧には売主の立ち会いが必須です。内覧の印象が成約に大きく影響するので、気合を入れて対応しましょう。

売買契約締結

買主が購入を決めたら、価格交渉を行って、売買契約へと進みます。売買契約の当日になったら、契約書を交わし手付金を支払ってもらい、引き渡し日を決めます。引き渡し日になったら残りの金額の決済を行い、物件を引き渡して、売却が完了します。

 

まとめ

ここ最近は、大宮駅周辺の商業施設など、都心のベッドタウンとしての魅力だけではなくて、さいたま市の魅力も注目されるようになってきました。さいたま市に大きな注目が集まっている今が、さいたま市内の不動産物件の高額売却のチャンスです。

納得できる不動産売却を達成するためには、いい不動産会社との出会いが必要です。良心的な不動産会社と提携しているすまいステップで一括査定をしてみれば、必ず信頼できる不動産会社を見つけられます。まずはすまいステップの一括査定から始めましょう。

関連記
関連記事

マンションの評価額の調べ方が気になる方に向けた記事です。マンションには評価額が設定されており、評価額が高いか低いかによって物件の価値は異なります。評価額によって物件の活用方法や最適な処分方法が異なるため、まずは正しい評価額を把握しま[…]

【完全無料】うちの価格いくら?