小田急不動産の評判を紹介!サービスの特徴や不動産売却の流れ

あなたの不動産いくらで売れる?

最大4社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ! フォーム入力のみ!査定に進む

小田急不動産は、小田急線沿線に特化した不動産仲介会社です。担当する地域では高い信頼感を集めているため、小田急線沿線の物件を売却したいと考えている人は、まず選択肢に入れてほしい会社です。

今回は小田急不動産の口コミ評判やサービスの特徴、不動産売却の流れについて解説します。早期売却を目指している人は、ぜひ依頼する不動産会社選びに役立ててみてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのすまいステップがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

小田急不動産で不動産売却した人の口コミ評判

この章では、実際に小田急不動産のサービスを使った人の口コミ評判を掲載します。良い口コミだけではなく悪い口コミもチェックして、活用を検討していきましょう。

小田急不動産の良い口コミ評判

良い口コミには、下記のようなものがありました。

売却の土地の名義が多数高齢であったため、手続き等心配していたが、時間をかけて親身に対応して頂き販売まで持っていけたこと、コロナ禍であったが想定より下がることなく販売できたことに感謝しています。


とても熱心に売買活動に取り組んでいただきました。また、必要以上の電話連絡もなく、ストレスなく対応していただいた。他の不動産会社からは必要以上に電話があり、少し嫌気がさしていたが、担当者の方は必要最低限の連絡で迅速かつ、簡潔に対応していただけた。


インターネット掲載の対応も早く、適度に滞りなく連絡も入れて頂き、また簡潔に丁寧な口調での説明で全くストレスを感じない対応でした。成約後も不必要な連絡なども無くストレスを感じません。


最初にご提案いただいた内容に間違いがなく親切丁寧で、大手の会社だと言うこともあり、最初から最後までスピード感を持って契約、引き渡しまで出来て大変満足しております。また、購入や売却の際は、ご相談したいです。

引用:おうちの語り部

「丁寧な対応でスムーズに売却ができた」と評価する声が非常に多かったです。不動産会社というとしつこく連絡してくるというイメージがある人も多いかもしれませんが、小田急不動産は必要なときだけ適度に連絡してくれるところが特徴。ストレスなく売却活動を進められたと感じている利用者ばかりでした。

小田急不動産は体育会系でガツガツ営業してくるのではなく、丁寧で落ち着いた接客をする点が特徴的な会社です。そのため、不動産会社の強引な営業が苦手な人でも安心して利用できるのです。

小田急不動産の悪い口コミ評判

悪い口コミには、下記のようなものがありました。

結局、どこの不動産会社も他人事の対応だと感じた。手数料を計算して、最小の手間で取引しようとしているのが見え見えだった。口先ではお客様の為に親身になって、などと言うが、実際はそうは感じなかった。


不動産会社からは地域の相場等価格のアドバイスは一切無かった。全て自分なりに売り切るための低価格を設定した為、最初から特に問題なく売却出来ました。


不動産会社としての販売活動は実際していたと思いますが、私に見えるような販売活動はWEB公開のみでした。必要最小限で電話が一度とその後一度の内覧にて決定しました。

引用:おうちの語り部

「担当してくれたスタッフが親身になってくれなかった」「売却活動のサポートが不十分だった」といった口コミが多く見られました。先程、小田急不動産は丁寧で落ち着いた接客をすると紹介しましたが、その接客が人によっては物足りなく感じてしまうこともあるようです。

満足できる売却活動にするためには、相性のいい不動産会社やスタッフに出会うことが重要です。もしも小田急不動産の接客対応が不十分だと感じるのであれば、一括査定サイトなどを活用して自分と物件に合った会社を探すことをおすすめします。

小田急不動産の会社概要を紹介

この章では、小田急不動産のサービス概要について詳しく見ていきましょう。

まず、企業概要は下記のとおりです。

企業名 小田急不動産株式会社
本社 東京都渋谷区初台1丁目47番1号
設立 1964年12月16日
運営サービス ・土地建物販売業
戸建て住宅およびマンション等の建設・販売、住宅地等の開発・販売
・土地建物賃貸業
事務所用ビルおよびマンション等の賃貸・運営管理
・仲介斡旋業
不動産の売買・賃借等の仲介斡旋

小田急不動産は、言わずと知れた「鉄道系」の不動産会社です。沿線の駅周辺の開発を行っていて、百貨店を建設したり街づくりに関与したりしているため、地域では大きな影響力を持っています

なお、公益財団法人不動産流通推進センターが発行した「2020年不動産業統計集」によれば、小田急不動産の仲介売上ランキングは第27位でした。業界トップの企業というわけではありませんが、確実に実績を積み上げている中堅企業だと言えるでしょう。

公益財団法人不動産流通推進センター|2020年不動産業統計集

小田急線沿線に強い不動産仲介会社

小田急不動産は小田急線沿線に強い不動産仲介会社として、20店舗構えています。店舗のほとんどが小田急線沿線で、地域に密着して営業。小田急線は新宿から小田原まで、神奈川県を北部から東西に横断するように通っていますが、店舗のどれもが駅の付近の好アクセスな位置に立地しています。

小田急線沿線の物件を取り扱っている実績は、なんと50年以上にものぼります。地域のデータや知識量、顧客からの信頼は絶大です。リピーターが多く地域の発展とともに成長してきた老舗不動産会社なので、大切な物件も安心して任せられるでしょう。

穏やかで品のいい社風が特徴

小田急不動産は不動産会社の中では珍しく穏やかな社風で、品のいい丁寧な接客をしてくれる点が特徴的です。強引に取引を進める体育会系のスタッフは少なめで、真面目に堅実に取引を進めてくれる印象です。

もちろんスタッフによって接客対応は異なりますが、比較的不動産会社のガツガツした営業が苦手な人でも利用しやすいでしょう。

小田急不動産はどんな会社?6つの特徴

この章では、小田急不動産の特徴を6つ紹介します。ほかの会社との違いを知って、利用するかどうか判断していきましょう。

地域の実績や信頼感が高い

小田急不動産には、地域で50年以上培ってきた圧倒的な実績と信頼感があります。

不動産売却の際は、その地域ならではのニーズや特性を押さえていないと、正しい査定額を出したり効果的な広告を打ち出したりすることはできません。小田急線沿線の膨大な不動産データを蓄積している小田急不動産であれば、物件の正しい価値を算出して、本当に物件を必要としている人へ効果的にアピールできるでしょう。

また顧客からの信頼感も厚いので、「小田急不動産の物件なら安心して購入できる」と買い手に思ってもらえる点も大きなメリットです。

丁寧な対応で満足度が高い

小田急不動産丁寧な対応が評価されていて、満足度が高い会社です。実際、小田急不動産が独自に行なったアンケートによれば、利用者の総合満足度は93.5%と高い水準を誇っています。

これだけ満足度が高いのは、小田急不動産の穏やかな社風はもちろんのこと、スタッフの質が高いことも関係しています。鉄道子会社である小田急不動産は事業が安定しており、入社3年後の定着率は90%以上。長く勤めるベテランスタッフが多いため、丁寧な対応でより好条件な売却活動が実現できるのです。

不動産会社のなかには、入れ替わりが激しく、知識を十分に持っていない新人スタッフが売却を担当するところも多いです。その点、小田急不動産であればベテランスタッフに物件を任せられます。

「ソナエアラバ」のサポートサービスが手厚い

小田急不動産では、専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約を交わすと、10のサポート特典が利用できる「ソナエアラバ」というサービスが受けられます。ソナエアラバで受けられるサポートは、以下のとおりです。

  1. 住宅設備機器保証
    引越し後1年間、最大500万円まで設備機器を無償修理
  2. 建物現状調査&既存住宅瑕疵保証
    専門家による事前検査で、最大1,050万円までの瑕疵保証がつく
  3. 水回りのクリーニング
    水回りをプロがクリーニングして印象アップ
  4. 境界確認・仮測量
    土地境界を専門家が確認する
  5. 24時間緊急駆付け
    さまざまなトラブルに専門スタッフが駆けつける
  6. リペアサービス
    クロスのめくれやフローリングの傷をプロが補修
  7. 居住中ホームステージング
    「広々とした」「清潔感のある」空間をプロが演出して印象アップ
  8. 買取保証制度
    万が一売却できなかったときに小田急不動産が買い取ってくれる保証
  9. つなぎサポート
    物件売却代金が入るまでの間、買い替え資金の融資が受けられる
  10.  納税サポート
    相続税の支払期限に売却代金が間に合わない場合、一時的に融資が受けられる

こういった保証は買い主にとってメリットになるだけではなく、物件の早期売却につながって売り主にも大きなメリットをもたらしてくれます。

これだけのサポートが受けられるのは、大手不動産会社でもなかなかありません。手厚いサポートを希望するなら、小田急不動産が最適です。

3つの買取サービスが利用できる

小田急不動産では、確実に売却したいという人に向けて3つの買取サービスを展開しています。

  • 買取サービス(即時買取)
    物件を小田急不動産が買い取り、迅速に現金化するサービス
  • 買取保証制度
    万が一売却できなかった場合、あらかじめ提示した金額で買い取るサービス
  • リースバックサービス
    小田急不動産に物件を売却し、定期借家契約でそのまま住み続けられるサービス

特徴的なのは、リースバックサービスがある点です。自由に使える資金を手に入れつつ賃貸物件として居住し続けられるため、事情があって資金を必要としている人は便利に利用できます。

コンサルティングサービスがある

小田急不動産では、沿線を知り尽くしたプロによるコンサルティングサービスが受けられます。利用できるのは、以下の3つのサービスです。

  1. 借地権相談室
    借地権・底地の相談が無料でできる
  2. 相続勉強会
    家族の状況や資産を踏まえ、相続をサポート
  3. 相談会・セミナー
    不動産オーナー向けの資産運用セミナーや弁護士・税理士による個別相談会

なかには、無料のコンサルティングサービスのみで抱えている問題を解決できたという人もいました。小田急不動産は非常に丁寧に対応してくれるので、気軽に売却以外の相談もしやすいというメリットがあるのです。

相場情報や購入希望者情報が収集できる

小田急不動産の公式サイトでは査定や相談の申込みだけではなく、売却相場情報や購入希望者情報の閲覧ができます「まだ査定に申し込む段階じゃないけど、物件の市場価値をざっくり知りたい」というときは、こういった情報が役立つでしょう。

公式サイトではほかにも、不動産売却のノウハウを公開しています。不動産についての情報収集をしたいときは、ぜひ小田急不動産のサイトを訪問してみてください。

小田急不動産で不動産売却するメリット・デメリット

ここからは、小田急不動産の口コミと特徴を踏まえて、利用するメリット・デメリットについて解説します。

小田急不動産で不動産売却するメリット

メリットは、小田急線沿線の物件の売却に強い点です。地域とともに歩んだ50年以上もの実績がある会社なので、土地のニーズや最適な売却活動の方法を熟知しています。小田急線沿線の物件をお持ちの場合は、必ず押さえておきたい会社です

また、穏やかな社風で必要以上に営業してこないところも高評価です。不動産会社のガツガツした接客が苦手な場合は、小田急不動産がぴったりでしょう。

小田急不動産で不動産売却するデメリット

デメリットは、対応地域が限られてしまう点です。小田急不動産は小田急線沿線の物件のみに対応しているため、東京と神奈川の一部地域の物件しか取り扱っていません。ほかの地域の物件は、必然的に他社へ依頼することになります。

また、小田急不動産の穏やかで丁寧な接客が「頼りない」と感じてしまう人もいるようです。まずは無料で相談してみて合わないと感じるようであれば、ほかの会社も検討していきましょう。

小田急不動産での不動産売却の流れ・必要書類

最後に、不動産売却を申し込むときの流れや必要書類をお伝えします。

小田急不動産で不動産売却するときの必要書類

書類の用意が必要になるのは、「査定時」「売買契約締結時」「引き渡し時」の3回です。それぞれで必要となる書類を掲載しておきます。

【査定時】

  • 測量図
  • 間取り図
  • 物件の売買契約書

【売買契約締結時】

  • 登記済権利証または登記識別情報(買主に提示)
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内のものを1通)
  • 建築確認通知書(検査済証)
  • 収入印紙(売買金額により異なります)
  • 本人の確認できるもの(運転免許証など)
  • 実印
  • 管理規約など(マンションを売却する場合)
  • 固定資産税など納付書
  • 媒介契約時に定めた仲介手数料

【引き渡し時】

  • 仲介手数料
  • 登記費用(抵当権抹消の手続き等がある人)
  • 登記済証もしくは登記識別情報
  • 実印
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 物件の鍵一式
  • 建築の建築時資料や各住宅設備の取扱説明書、マンションの分譲時資料など

物件によって求められる書類は異なります。必要となる書類については適宜案内があるので、それに従って用意しておきましょう。

小田急不動産で不動産売却する流れ

不動産売却の流れは、以下のとおりです。

  1. 売却相談
    まずは売却の理由や希望の時期・金額などについて相談します。この際、売却にかかる諸費用についても説明してもらえます。
  2. 価格査定
    周辺状況や市場動向だけで査定する「簡易査定」、訪問して行う「現地査定」から選べます。
  3. 媒介契約
    「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」のどれか1種類の契約を結びます。
  4. 売却活動
    顧客データベースやチラシ、インターネットへの掲載やネットワークの活用などを通して、売却活動を進めていきます。
  5. 売買契約の締結
    購入希望者が見つかったら、売買契約を締結します。この際、重要事項説明や契約書の締結、手付金や前項で紹介した書類の提出が求められます。
  6. 引き渡しの準備
    抵当権抹消手続きや登記申請の準備、引き継ぐ書類や鍵の整理を行います。
  7. 決済・引き渡し
    引き渡し前の物件確認を買い主と売り主、担当者立ち会いのもと行ったあと、決済と引き渡しを完了させます。

小田急不動産では、不動産売却に関する悩みならどのようなことでも相談できる「何でも相談」を受け付けています。売却の流れでわからないことがあれば、気軽に相談してみましょう。

まとめ

小田急不動産は、小田急線沿線で50年以上の実績を誇る不動産仲介会社です。穏やかで丁寧な接客が特徴的で、手厚いサポートを受けながら地域に密着した売却活動を進められます。

非常にメリットが多い会社ですが、一部地域にしか対応していない点、丁寧な接客が「頼りない」と感じられることもある点に注意が必要です。より好条件な不動産売却を目指すなら、大手企業と中小企業の一括査定に対応している「すまいステップ」をご検討ください

すまいステップは2020年に誕生したサービスながら、全国対応している一括査定サイトです。提携しているのは独自の審査基準で選んだ優良企業と、「累計100件以上の売買仲介」「市場相場よりも高値で販売した経験あり」といった経歴を持つエース級のスタッフのみ。そのため、丁寧な対応と売り主の希望に沿った売却が非常に得意なのです。

運営するのは、有名サイト「イエウール」を手掛ける株式会社Speee。すまいステップは、業界トップレベルのユーザー数や実績を誇るイエウールで培ったノウハウを活かしたサービスなので、とにかく満足度が高い点が特徴です。実際、マイナビのアンケートでは「査定額への満足度」「親族・友達におすすめしたい」の2部門で1位を獲得しています。

小田急線沿線の物件はもちろん、それ以外の物件に対応した不動産会社とも提携しています。満足度No.1のすまいステップも活用して、売却を成功させていきましょう。

参考記事
【完全無料】うちの価格いくら?