野村の仲介の評判は?気になる口コミやサービスの強み・弱み 【ディスクリプション】

あなたの不動産いくらで売れる?

最大4社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ! フォーム入力のみ!査定に進む

野村不動産ソリューションズが提供する「野村の仲介+」は、個人向けの不動産仲介サービスです。名前が知られている有名なサービスですが、どのような特徴を持っているのでしょうか。

今回は、野村の仲介の口コミ評判やサービスの強み、弱みについて解説します。大切な不動産を任せられる会社をお探しの人は、ぜひ参考にしてみてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのすまいステップがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

野村の仲介のサービス概要を紹介

この章では、野村の仲介のサービス概要について詳しく見ていきましょう。

まず、企業概要は下記のとおりです。

企業名 野村不動産ソリューションズ株式会社
本社 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル
設立 2000年11月6日
運営サービス ・個人向け不動産仲介事業
・法人向け不動産仲介事業
・新築受託販売事業
・保険代理店事業
・不動産情報サイト運営事業

野村の仲介は、野村不動産ソリューションズ株式会社(旧野村不動産アーバンネット)が運営する、個人向けの仲介サービスです。親会社は野村不動産ホールディングス株式会社で、100%子会社に当たります。

公益財団法人不動産流通推進センターが発行した「2020年不動産業統計集」によれば、野村グループの2020年における仲介実績は業界第4位でした。店舗での相談を受け付けているほか、12年間連続利用者数No.1を誇る不動産情報サイト「ノムコム」を通した不動産売買のサポートも行っています。

参考:公益財団法人不動産流通推進センター|2020年不動産業統計集
野村の仲介

野村の仲介で不動産売却した人の口コミ評判

この章では、実際に野村の仲介のサービスを使った人の口コミ評判を掲載します。良い口コミだけではなく悪い口コミもチェックして、活用を検討していきましょう。

野村の仲介の良い口コミ評判

良い口コミには、下記のようなものがありました。

やりとりは簡潔。形骸化した報告書は潔く形骸化させ、中身のあるやり取りのみをしてくれる。毎週内覧者も連れてきてくれて、熱心さが伝わったし、要所要所では市場の状況や考えてる販売戦略を説明してくれ微々たる意識の差もないよう進めてくれた。


若い担当者でしたが、熱心で誠実さが伝わってくる方でした。質問やお願いした事の返信がとても早く丁寧で、この方にお願いしようと決めて途中で仲介業者を変えました。


こちら側の要望を細かく理解していただき色々な面でサポートしていただいたのでとても理解しやすく安心して進めれる事が出来ました。その結果が今日に繋がっていると思います。


コロナ時期だった影響もあり、予想よりは時間はかかりましたが、希望の売却額を下げることなく売り切ることができました。一度値下げも検討しましたが、担当者の方から、まだ大丈夫とアドバイスいただき下げることなく売却できたので、とても感謝しています。


話が分かりやすく、こちらの希望を叶えようと熱心に販売活動をしていただきました。また固定資産税や測量など、費用面での質問に対しても丁寧に答えてくれ、安心してお任せできました。

引用:おうちの語り部

スタッフの素早く丁寧なサポート、的確なアドバイスについての好意的な意見が多かったです。野村の仲介では必要なときに必要なだけ連絡を取る担当者が多いようで、やり取りの頻度や内容については良い口コミばかりが投稿されていました。

値下げの判断や税金、測量など専門知識が必要になるシーンではしっかりと判断してくれるので、知識がない人でも物件を任せられる印象です。なかには、ほかの不動産会社から野村の仲介に乗り換えた人もいるほど、大きな信頼を得ている会社だということがわかりました。

野村の仲介の悪い口コミ評判

悪い口コミには、下記のようなものがありました。

インターネット媒体がしっかりしていたことは、想像通りで満足です。契約した不動産会社が提示した査定価格よりも500万円ほど高く設定し(かなり反対されながらも)、結果2週間以内に2名の方から申し込みが入りました。査定価格が適切だったのか、少し不満に思いました。また、契約完了後にパッタリと連絡がなくなり、引渡しまで3ヶ月ほどあったのに準備が不十分だったことも、不満なポイントでした。


最初はフィーリングが合っていいなぁと思っていましたが、向こうは売ることがゴールだけど、こちら側はそうではありませんでした。そこの温度差が少し嫌でした。

引用:おうちの語り部

価格交渉の点で、買主に対しもう少し主導権を持って取り組んで頂けたらなお良かったです。


査定が厳しい会社ということでもっと高い金額で売れていたかもしれない。


大手だけに費用の値引きは一切なかった。自分の売価設定が高めだったので売却までに予想以上に時間がかかった。

引用:オリコン

担当スタッフからの連絡が不十分だった、査定額が不満だったという悪い口コミが目立っていました。また、諸費用の値引きが一切なかったことについての意見も投稿されています。

野村の仲介は、現実的に売却できる正確な金額を算出する傾向にあるため、ほかの企業に比べると査定額が低く感じることもあるかもしれません。

また、熱心でありながら、ガツガツとした強気な営業をする社風ではないため、それが「頼りない」と感じてしまう人もいるようです。不動産売却の満足度はどうしても営業担当との相性に左右されてしまうので、温度差が生じたり対応が不十分に感じたりすることもあるでしょう。

もしも対応について不安に感じることがあれば、一括査定サイトなどを利用して多くの企業を比較し、より自分に合った会社や担当者を探すことが重要です。

顧客満足度調査No.1の総合不動産会社

運営会社の野村不動産ソリューションズ株式会社は不動産の売却はもちろん、不動産の販売や住み替えサポート、各種コンサルティングサービスも提供している総合不動産会社です。「プラウド」というブランドのマンションが非常に有名なので、マンション購入を検討したことがある人ならば、サービスや企業の名称を目にしたことがあるかもしれません。

野村の仲介は有名なだけではなく、オリコン満足度調査の「戸建て部門」で5年連続第1位を、「マンション部門」で3位を獲得している実力のあるサービスです。さらに、自社で行ったアンケートでは顧客満足度が93.1%だったということがわかっています。[注3]

野村の仲介は大手の安心感があるだけではなく、満足度も非常に高いところが強みのサービスです。

住宅から投資用物件まで幅広く対応

野村の仲介はおもに個人向けの住宅を取り扱っているサービスですが、投資用物件や事業用物件、海外投資家向け物件などを取り扱っている「ノムコム・プロ」というサイトも運用しています。そのため、住宅から投資用物件まで幅広い物件の売却をまとめて依頼できるのです。

売却するときも多彩な物件を取り扱って構築したネットワークを使って、投資家などにも宣伝してくれます。そういった意味でも、さまざまな物件を取り扱っている野村の仲介に物件の売却活動をしてもらうと、有利に働きやすいのです。

野村の仲介はどんなサービス?5つの特徴

野村の仲介の特徴は、決して満足度の高さや取扱い物件の幅広さだけではありません。ここからは、野村の仲介を検討するうえで押さえておきたい特徴を5つ紹介します。

とくに首都圏の物件と高級マンションが得意

野村の仲介はどのような物件も得意としていますが、なかでも首都圏の高級マンションの仲介が非常に得意です。もともと野村不動産はマンション経営の基盤を築いてきた経緯もあり、マンション取引の実績や信頼が厚く、実際に利用する人も多い傾向にあります。

また、野村の仲介は首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)関西(大阪・京都・兵庫)、名古屋に地域を限定して店舗を構えています。地方の物件の取り扱いはありませんが、限定された地域のみの営業で業界4位の実績を得ているのは、実力があるからこそです。

首都圏の物件や高級マンションの売却を考えている場合は、必ず押さえておきたい不動産会社と言っていいでしょう。

悩みを総合的にサポートしてくれる接客対応

野村の仲介の接客における最大の特徴は、多面的な販売戦略と充実のサポートによる「総合的」なサービスの提供です。

不動産を売却するときは、税金やローン、リフォームなど多くの疑問点が生じます。野村の仲介では単に売却活動を担うだけではなく、お金の悩みやライフプランニング、インテリアコーディネートに至るまでトータルサポートしてもらえるのです。

必要に応じて専門家を紹介してもらうことも可能なので、時間がない人や知識がない人も安心でしょう。とにかく手厚いサポートを受けたいというときは、野村の仲介が非常におすすめです。

圧倒的なネットワークで早期売却を目指せる

野村の仲介では、野村不動産グループの総合力や外部ネットワーク、社内ネットワークを駆使して早期売却を目指せることが大きなメリットです

12年連続で業界No.1の利用者数を誇る「ノムコム」への掲載だけではなく、蓄積してきた膨大な顧客データに基づいたマッチング営業、折り込みチラシやオープンハウスなどを通し、より好条件かつ早い成約をサポートしてくれます。もちろん、SUUMOやat homeなどの大手不動産ポータルサイトへの掲載も行います。

野村の仲介が抱えている見込み客の数は、2021年時点でなんと約34万件にものぼっているそうです。[注4]業界第4位の実力を持つ企業のネットワークを活用できるのは、野村の仲介に依頼する大きな利点でしょう。

「魅せ方」にこだわったアピールが可能

野村の仲介では、物件の魅力を最大限に引き出す「魅せ方」にこだわったアピールができる点が特徴です。たとえば、以下のような施策で物件のアピール力を高めます。

  • 物件写真30枚+周辺写真12枚=合計42枚の写真掲載
  • オーナーレポートで物件の魅力や想いを言葉と写真で伝える
  • さまざまな角度で物件を見学できる「3Dウォークスルー動画」
  • CG家具で部屋をコーディネートする「VRホームステージング」

ただ物件を掲載するだけではなく、魅力的に掲載できるのが野村の仲介の強みです。売却活動中は担当者からの営業報告にくわえ、物件ページのアクセスレポートも見られるので、売り主はリアルタイムで購入検討者の動きやアピールの効果を把握できます。

売却を有利にするサポートが利用できる

野村の仲介は、とにかくサポートが手厚い点も特筆すべき特徴です。サポートやサービスの数は無数にありますが、たとえば以下のようなものが挙げられます。

【売却サポート】

  • 安心設備補修:引き渡し後の補修サポートが受けられる
  • ホームステージング:モデルルームのようなインテリアコーディネートで価値を高める
  • ハウスクリーニングやホームクリーンアップ:片付けやクリーニングによる住まいの印象アップ
  • 荷物一時預かり:家電やキャリーバッグなどの荷物を一時期間最大10点まで預かる
  • 土地診断:無償で戸建て住宅の土地測量を実施
  • 安心土地診断:埋設物を無償で撤去
  • 土地ステージング:草刈りや防草シートの施工などで第一印象アップ

【購入サポート(下記から1つ選択)】

  • あんしんと快適をサポート「10年駆けつけ」
  • 住んだ後もあんしんを「住宅設備チェック」
  • お住まいを美しく「選べる住まいクリーニング」
  • 毎日の生活にあんしんを「セコム・ホームセキュリティ」
  • 新居でお祝いを「三越伊勢丹 ホームパーティギフト」

【買取サポート】

  • 買取保証:一定期間内に売却できなかった場合、野村の仲介が買い取る保証
  • つなぎ融資:売却が終わるまでの期間、住み替えに必要な資金を一時的に融資する制度

【相続サポート:相続問題に税理士と連携して対応】

【その他のサービス:税務相談や住宅ローン代行、各種サービスの優待など】

野村の仲介のサポートは、買い主にとっても売り主にとってもメリットが豊富です。大手の潤沢な資金があるからこそ受けられるサービスばかりなので、仲介を依頼するときは最大限活用していきましょう。

野村の仲介で不動産売却するメリット・デメリット

ここからは、野村の仲介の口コミと特徴を踏まえて、利用するメリット・デメリットについて解説します。

野村の仲介で不動産売却するメリット

野村の仲介のメリットは、総合的な対応力があるところです。どのような物件の売却も相談できますし、お金やリフォームなど不動産売却にまつわることであれば何でもサポートしてくれます。売却時や売却後のサポートも手厚いので、細かいことも相談しながら一緒に売却活動を進めていきたい人におすすめです。

また、野村の仲介が持つネームバリューやネットワークが活用できる点も大きなメリットです。物件の魅力を引き出しながら多くの顧客にアピールできるので、希望する条件で早期売却が叶いやすいでしょう。

野村の仲介で不動産売却するデメリット

デメリットは、対応地域が限定されてしまうところです。野村の仲介は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)と関西(大阪・京都・兵庫)、名古屋の物件のみを取り扱っています。そのため、ほかの地域の物件についての相談はできません。

また口コミを見によると、なかには接客対応が「頼りない」と感じてしまう人がいることも事実のようです。もしも担当者が信頼できないと感じてしまったときは、ほかの不動産会社にも相談してみることをおすすめします。

野村の仲介での不動産売却の流れ・必要書類

最後に、不動産売却を申し込むときの流れや必要書類をお伝えします。

野村の仲介で不動産売却するときの必要書類

書類の用意が必要になるのは、「査定時」「売買契約締結時」「引き渡し時」の3回です。それぞれで必要となる書類を掲載しておきます。

【査定時】

  • 登記簿
  • 測量図
  • 間取り図
  • 物件の売買契約書

【売買契約締結時】

  • 実印・印鑑証明書(共有の場合各々)
  • 登記済権利証・登記識別情報
  • 固定資産税等納税通知書
  • 本人確認書類(免許証・パスポート等)
  • 売買契約書貼付印紙、または印紙代
  • 仲介手数料(半金)

【引き渡し時】

  • 登記費用(抵当権抹消・住所変更登記等がある場合)
  • 仲介手数料(残金)
  • 権利証(登記済証または登記識別情報)
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内に発行のもの)
  • 住民票(住所変更登記がある場合)
  • 本人確認書類(免許証・パスポート等)
  • 固定資産税納付書、住民税決定通知書
  • 管理規約、分譲時パンフレット、建築確認書等
  • 売却物件に付随する全ての鍵
  • 抵当権抹消書類一式
  • 宅配ボックスのカードキー、ポストの暗証番号等
  • 実印
  • 受入先金融機関預金通帳等(口座確認のため)

物件によって求められる書類は異なります。必要となる書類については適宜案内があるので、それに従って用意しておきましょう。

野村の仲介で不動産売却する流れ

不動産売却の流れは、以下のとおりです。

  1. 売却相談
    まずは売却の理由や希望の時期・金額などについて相談します。ローンの残高や諸費用などを確認し、専門家からアドバイスをもらいます。
  2. 査定・物件の確認・調査
    権利関係や周辺の成約事例、市場の動向やエリア特性を踏まえ、物件を直接調査して査定を行います。
  3. 媒介契約
    「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」のどれか1種類の契約を結びます。
  4. 売却活動
    顧客データベースやチラシ、インターネットへの掲載やネットワークの活用などを通して、売却活動を進めていきます。
  5. 売買契約の締結
    購入希望者が見つかったら、売買契約を締結します。この際、重要事項説明や契約書の締結、手付金や前項で紹介した書類の提出が求められます。
  6. 引き渡しの準備
    抵当権抹消手続きや登記申請の準備、引き継ぐ書類や鍵の整理を行います。
  7. 決済・引き渡し
    引き渡し前の物件確認を買い主と売り主、担当者立ち会いのもと行ったあと、決済と引き渡しを完了させます。

なお、野村の仲介では取引終了後も相続税や税務の相談サービスの提供、契約者を対象とした会員組織「野村不動産カスタマークラブ」への入会を通して、末永くサポートしてもらえる体制が整っています。相談から売却後まで継続して相談できる面倒見のよさが、野村の仲介のうれしいポイントです。

まとめ

野村の仲介は、業界第4位を誇る野村不動産グループが展開する個人向け不動産仲介サービスです。物件の魅せ方や蓄積してきたネットワークが強みの会社で、丁寧な対応や手厚いサポートを受けながら早期売却を目指せるところが特徴です。

ただし、対応地域が首都圏と関西圏、名古屋に限られてしまうというデメリットもあります。また、人によっては担当者の対応が物足りないと感じることもあるようです。

より好条件な不動産売却を目指すなら、多くの選択肢を比較して自分の性格や物件に合った不動産会社やスタッフと出会うことが大切です。優秀なスタッフがいる会社をお探しなら、ぜひ不動産一括査定サイトの「すまいステップ」をご検討ください

すまいステップは2020年に誕生したサービスながら、全国対応している一括査定サイトです。提携しているのは独自の審査基準で選んだ優良企業と、「累計100件以上の売買仲介」「市場相場よりも高値で販売した経験あり」といった経歴を持つエース級のスタッフのみ。そのため、丁寧な対応と売り主の希望に沿った売却が非常に得意なのです。

運営するのは、有名サイト「イエウール」を手掛ける株式会社Speee。すまいステップは、業界トップレベルのユーザー数や実績を誇るイエウールで培ったノウハウを活かしたサービスなので、とにかく満足度が高い点が特徴です。実際、マイナビのアンケートでは「査定額への満足度」「親族・友達におすすめしたい」の2部門で1位を獲得しています。

住まいステップなら、複数の優良企業へ一括で査定を依頼できます。満足度No.1のすまいステップも活用して、不動産売却を成功させましょう。

参考記事
【完全無料】うちの価格いくら?