部分矯正で治療ができない歯並びとその症状とは?

歯科矯正

歯並びに悩みを抱えていても、前歯だけなど一部分だけの場合、部分矯正という選択肢があります。しかし、自分では悩みの箇所だけ矯正すれば良いと思っていても、実際は部分矯正では適応できないというケースもあります。

この記事では、部分矯正で治療できない症状についてご説明します。

部分矯正とは?

部分矯正とは、その名の通り口腔内全体の歯を動かすのではなく、前歯だけなど一部分だけを矯正治療することを指します。部分矯正にはいくつか方法があります。それぞれ費用や症状、希望に応じて選択できます。おもな部分矯正の方法は次の2つです。

ブラケットによる部分矯正

まずは、従来からあるブラケットとワイヤーを使った矯正方法です。こちらは歯の表側または裏側(舌側)に矯正装置をつけることで問題の歯を移動させます。ブラケットを使う治療方法は、歴史も深く症例数も多いことや、歯の移動が起こしやすいことがメリットとして挙げられます。
一方、常に矯正装置をつけたままの状態が続くため、歯に食べ物が詰まりやすかったり、歯磨きが難しくなるという懸念点もあります。

また、口元の見た目を改善したくて矯正治療するのに、矯正装置があることで治療期間中はかえって目立ちやすくなるというデメリットもあります。

マウスピースによる部分矯正

近年社会人からの需要も高まっている、マウスピースを使った部分矯正があります。こちらはプラスチック製のマウスピースを複数個つけかえていくことで歯の移動を起こします。

マウスピース自体は、問題となる部分以外にもマウスピースを装着することとなり、一見全額矯正のようにも見えますが、そもそも目立ちにくいのでいかにも矯正しているという感じは見られません。対応可能な症例はワイヤー矯正に比べると狭くなるものの、軽度の患者さんや、目立ったり痛みや違和感を軽減したい方に選ばれています。

部分矯正のメリット・デメリットとは?

部分矯正は全額的に処置を施すことなく、気になる部分だけを治療できる方法です。あくまで治療であることのほか、メリットとデメリットともにありますので、検討前に知っておきましょう。

メリット

まずは、部分矯正のメリットです。部分矯正のメリットは、なんと言っても矯正の範囲が狭く、全額矯正に比べて痛みや違和感を感じないことです。とくに、全顎に施すワイヤー矯正の場合、ワイヤー調整時やその後数日は痛みや違和感が強く、食事もままならないということもあります。しかし、部分矯正であればこうした悩みも少なくて済みます。

そして次に、費用面が挙げられます。全体的な矯正よりも矯正装置が少なくて済むことから、費用も安くなります。一般的に全顎矯正にかかる費用が、60〜150万円程度である一方、部分矯正の場合は8~55万円ほどと低価格です。

また、費用面もさることながら、治療にかかる期間も部分矯正の方が短いことも挙げられます。忙しい社会人や通院期間を短縮したいという人にとって、部分矯正は魅力的といえます。

デメリット

続いて、部分矯正のデメリットです。良いことばかりに見えますが、部分矯正が可能な症例には限りがあります。次の項で詳しくどのような症例が適応できないかをご説明しますが、部分矯正を希望していても全ての患者さんが可能というわけではないのが、デメリットと言えます。

また、無理に部分矯正を行い歯が移動したとしても、移動に耐えうる十分なスペースがない場合などはほかの歯も動いてしまい、結果的に噛み合わせのバランスが崩れてしまうということもあります。噛み合わせが悪くなることは、咀嚼に問題が生じるだけでなく、表情の変化、姿勢の悪化、胃腸への負担など健康に関わる影響があります。

部分矯正で治療ができない症状とは?

先ほども少し触れた、部分矯正ができない症状とはどのようなケースなのか、詳しくご説明します。

八重歯が突出している

八重歯とは中央の前歯から左右にそれぞれ2つ隣の歯がほかの歯よりも前に出ている状態を指します。とくに八重歯が突出している症状では部分矯正が難しいです。

出っ張っている八重歯を引っ込めるために矯正を行いますが、引っ込むための十分なスペースが足りないと、ほかの歯もあらぬ方向に動いてしまい、全体の噛み合わせのバランスや歯並びを悪化させてしまうことにつながります。

前歯の重なりが重度の状態である

また、前歯の重なりが重度の叢生(そうせい)の場合も、部分矯正が難しいです。重なり合っている部分が前歯だけで部分的に見えても、歯の移動に耐えられるスペースが確保できないケースがほとんどです。

骨格の問題で部分矯正が難しい

問題が歯の一部分だけに見えても、骨格に問題がある症状は部分矯正が適応できません。上下いずれかの顎が突出していたり、左右にずれているなどは部分的に治すことが難しいです。外科的な手術や全顎に施す矯正治療が必要となるケースがほとんどです。

重度の叢生で全体を診なければ治療ができない

また、前歯だけでなくそれ以外の歯で奥歯なども含めて重度の叢生の場合も部分矯正は適応できないことが多いです。全体的にガタガタの歯並びをしていると、とくに気になる一部分だけを治したくても、歯の移動がほかの歯にも影響を及ぼすため、口腔内のバランスを崩すことにつながりかねません。

奥歯の咬み合わせに問題がある

部分矯正はおもに前歯だけなどの比較的動きやすい歯に適応可能です。しかし、奥歯などの大きい歯で動きにくい箇所に問題がある症状ですと、部分矯正は難しいといえます。

部分矯正は費用も少なく、短期間で治療を終えられるなどメリットがある治療方法です。しかし、適応できる症例は限られています。部分矯正が気になり、お悩みの箇所に施せるかどうか気になったら、歯科医師に相談してみることをおすすめします。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例以上の方もいるので安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円(税込)
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む
\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む