部分矯正の費用と期間はどのくらい?矯正の種類や症例をご紹介

歯科矯正

歯並びが綺麗だと、印象が一気に変わりますよね。歯並びの悪さを治したいといっても、歯科矯正にかかる費用と期間が良く分からない……という声もよく聞きます。

歯科矯正には確かに、一定の治療期間と決して安くはない金額が必要です。しかし、部分矯正で治る症状であれば、費用や期間を抑えることができるのです。

この記事では、部分矯正の費用と期間、そして歯科矯正の種類についてご紹介していきます。

部分矯正(MTM)って何?

部分矯正は、Minor Tooth Movement(略してMTM)と呼ばれています。全体的に矯正装置を施す全体矯正と異なり、前歯だけなど一部分だけを矯正することを指します。

部分矯正にも様々な矯正方法がありますので、まずはその種類と特徴を見ていきましょう。

■ ワイヤー部分矯正(表側と裏側)

従来からあるワイヤーとブラケットという矯正装置を使った治療方法です。ワイヤー矯正のメリットは何と言っても、歯の移動が起こしやすい点と、様々な症例に適応可能な点が挙げられます。

また、ワイヤー矯正の中でも、歯の表面に矯正装置をつける表側矯正と、歯の裏側(舌側)に矯正装置を付ける裏側矯正とに分けられます。

部分矯正は全体矯正よりも比較的目立ちにくいですが、それでも歯の表面につける矯正は目立ちやすいので、目立たない矯正方法を探しているという人には、歯の裏側につける矯正やマウスピース矯正がおすすめです。

■ マウスピース矯正(上下前歯が適応範囲)

近年、注目を集めているマウスピースを使った矯正方法です。プラスチック製のマウスピースを複数個製作し、つけかえていくことで歯を徐々に移動させます。

マウスピース矯正でも実は、部分矯正ができ上下前歯に適応可能です。透明で薄型のマウスピースを使用するので、見た目が目立たず、歯を段階的に動かすので痛みが抑えられる点がメリットと言えます。

部分矯正治療ができる人の特徴

続いて、部分矯正が可能な人の特徴をご紹介します。矯正は、全体矯正と部分矯正がありますが、誰でも気になる部分だけ治せるわけではありません。おもに、以下のような症状の人は部分矯正による治療が可能です。

■ 前歯にすき間があり、少しガタガタしている人

いわゆる、すきっ歯で悩んでいる人で、永久歯が元から小さいなどの理由で歯と歯の間に空間が生じてしまった人や、生えてくるはずの歯が生えておらずスペースがある人などが当てはまります。

■ 矯正治療費を抑えたい人

続いて、歯科矯正治療費を抑えたい人です。歯並びに悩みを抱えていても、部分矯正だけでカバーできるという人もいます。すきっ歯や軽度乱杭歯などの人は全体矯正よりも費用を抑えられる部分矯正で改善可能かどうか歯科医師に相談してみましょう。

■ 短期間で矯正治療を終わらせたい人

また、全体矯正ともなると治療期間も長くなりがちです。結婚式などのイベントを控えているなど矯正をなるべく早めに終わらせたいという人には、部分矯正がおすすめです。

■ インプラントや入れ歯などの治療で部分的に歯を動かしたい人

インプラントや入れ歯などを入れる必要があるものの、こうした補綴を行うための十分なスペースがないという人にも部分矯正はおすすめです。
この場合、インプラントなどを施す前に数ヶ月程度歯の移動を部分的に起こし、補綴治療を行うという流れになります。

部分矯正治療ができない人の特徴

続いて、部分矯正ができない人の特徴をご紹介します。先ほど、部分矯正が可能な例を挙げましたが、部分矯正を希望していても不可能なケースもあります。自分があてはまるかどうかチェックしてみてください。

■ 全体的な歯の咬み合わせの矯正が必要な人

まずは、前歯など歯の部分的な問題にとどまらず、噛み合わせ全体を治す必要がある人は、該当外となります。部分矯正が適応できるのは、前歯など一部分に問題はあるものの、その他の部分において問題が見られないケースです。

しかし、噛み合わせがそもそも合っていない、高さや位置のバランスがずれているなど、全体的な噛み合わせにトラブルが見つかる場合には部分矯正では治せないこともあります。

■抜歯や歯を削る必要があるなどの症状が重度な人

続いて、矯正治療を行い歯を動かすために十分なスペースを確保する必要が認められ、その手段として抜糸や歯の掘削等が必要なケースには部分矯正は適応できません。

部分矯正はあくまで部分的な歯の移動に対応するため、歯を抜いたり削る等を伴うダイナミックな移動には不向きです。

部分矯正の種類と費用を紹介

では、部分矯正にはどのような方法があるのか見ていきましょう。それぞれの方法のメリット・デメリットもご紹介します。

■ ワイヤー表側矯正(部分)

まずは、歴史ある矯正方法であるワイヤーとブラケットを使った矯正方法です。こちらの治療方法のメリット・デメリットは次の通りです。

メリット

・適応範囲が広い
・歯の移動を起こしやすい
・費用が抑えられる

デメリット

・矯正していることが目立つ
・矯正装置の調整時に歯の痛みや違和感を感じる
・歯の清掃性が悪化する

ワイヤー矯正による部分矯正の費用目安は、8〜45万円程で、治療にかかる期間は約3〜7ヶ月ほどです。

■ワイヤー裏側矯正(部分)

続いて、ワイヤー矯正を歯の裏側(舌側)に行う場合のメリットとデメリットです。

メリット

・目立ちにくい
・歯の移動が起こしやすい
・適応範囲が広い

デメリット

・費用が表面よりも高くなる
・調整時には痛みや不快感を感じる
・歯の清掃性が悪化する

歯の裏側のワイヤー矯正にかかる費用は、16〜55万年前後が相場で、治療にかかる期間は約3〜7ヶ月です。

マウスピース矯正

続いて、近年注目を集めているマウスピース矯正です。マウスピース矯正でも部分的に動かすことは可能で、以下のようなメリットとデメリットが挙げられます。

メリット

・目立ちにくい
・不快感や痛みを感じにくい
・清掃性が高い

デメリット

・適応できないケースもある
・装着時間を守らないと治療が長引くこともある
・歯の移動はゆるやか

マウスピース矯正による治療費用は10〜70万程で、治療にかかる期間は5〜1年6ヶ月程度です。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例以上の方もいるので安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円(税込)
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\通常4-5万円、矯正治療の精密検査が3,850円/
今すぐ 矯正の初回診断を申し込む
\通常4-5万円、矯正治療の精密検査が3,850円/
今すぐ 初回診断を申し込む