口ゴボを治して、Eラインをゲット!口元を引っ込める歯列矯正とは?

歯科矯正

最近、よく話題になっているEライン。Eラインをきれいに見せるためのメイクやマッサージなどが盛んに取り上げられています。

横顔美人の基準とも言われているEラインについて、気になっている方も多いのではないでしょうか?自分のEラインをチェックしてみた時に、Eラインよりも口先がはみ出している。このような状態は、「口ゴボ(くちごぼ)」と呼ばれ、理想的なEラインを描くことができません。

これは、前歯がほかの歯よりも出ている状態を指し、顔の中でもとくに口元に注目が集まってしまう状態です。

綺麗な口元になるためには口ゴボの改善をしたいところですよね。この記事では、理想的なEラインができない原因の一つである「口ゴボ」を治すことで口元を引っ込め、綺麗になるための治療法方法をご紹介します。

まずは理想の「Eライン」とはなんでしょうか?

Eラインとは?

Eラインとは、顔を横から見た時に、鼻先・アゴ先を結んだラインのことです。正式には、エステティックライン(Esthetic Line)と言います。

Eラインは、アメリカの矯正歯科医ロバート・リケッツによって1954年に提唱された、美の基準の一つです。

理想のEラインは、横から見て、指や定規などを鼻先・アゴ先に真っ直ぐつけた際に、唇が指や定規につかない、または少し触れる程度の状態だと言われています。

横顔は意外と他人から見られている反面、Eラインは骨格や歯並びなどが関係するため、一朝一夕には理想のEラインを手に入れることができません。

理想のEラインができない原因は?

理想のEラインができない代表的な原因をご紹介します。

口先が出ている(口ゴボ)

口先がEラインよりはみ出している状態を「口ゴボ」と言います。口ゴボの原因としては、以下のようなものが考えられます。

・生まれつきの骨格
・歯並び(出っ歯など)
・顎の大きさ(小さすぎる・大きすぎる)
・口呼吸

下あごが上あごより前に位置している(受け口)

下あごが出ている状態「下顎前突」も、理想のEラインができない原因の一つです。受け口は、噛み合わせや発音のしにくさなど、見た目以外の問題も多くあります。

理想のEラインができない原因が骨格の問題である場合は、美容整形や形成外科などでの対応が必要になります。

歯科矯正によって、口元を引っ込められるケースは?

出っ歯などにより口先が出ているケース

出っ歯などにより口が出ている場合は、歯科矯正によって歯並びを整えることで、口元を引っ込めることが可能です。

歯列の乱れにより、受け口になっているケース

歯並びのガタガタ・凹凸によって噛み合わせが本来の形の逆になっている場合、歯科矯正によって歯並びを整えることで、受け口を解消できる可能性があります。

歯並びは良いが、口ゴボになっているケース

一見歯並びに問題がないものの、横から見た時に口元がもごついている場合があります。原因として考えられるのが、上下の顎全体が前に出ている「両顎前突」「上下顎前突」です。
この場合、抜歯して歯を後ろに下げるためのスペースを作り、口ゴボを改善させる矯正治療もあります。

口ゴボ(くちごぼ)になる原因

口ゴボになってしまうにはいくつか理由があり、大きく分けて先天的なものと後天的なものに分けられます。それぞれ具体的な原因を見ていきましょう。

■先天的な理由で口ゴボになる場合

生まれつきの骨の状態や歯並びによって、口ゴボになることが考えられます。親も出っ歯であったり、顎が元々出ているような構造ですと、生まれつき口ゴボになりやすいといえます。

■後天的な理由で口ゴボになる場合

生まれつきではなく、親の遺伝などでもなく口ゴボになることもあります。それは、日々の習慣などが原因によって起こります。次のような癖がある人は口ゴボになる可能性が高いといえます。

・頬杖をつく
・同じ方の顎でばかり咀嚼する
・口呼吸
・おしゃぶりの長期使用、指を噛む
・舌で前歯を押す

口ゴボ(くちごぼ)はどんなデメリットがあるの?

口ゴボで悩んでいる人には様々なトラブルを抱えている人も少なくありません。見た目だけではないデメリットをご紹介していきます。

■見た目の印象

まずわかりやすいのが、見た目の問題です。口ゴボの名の通り口元だけが目立ってしまったり、口が閉じづらいことで口元がだらしなく見えてしまうなど、見た目の印象に影響があります。

せっかくお化粧をしても、口元の盛り上がりは中々カバーができません。努力でどうにかできない、隠しきれないという状態自体がストレスになる……ということもあるかもしれません。

虫歯や歯周病のリスク

口ゴボの人には、出っ歯であったり、叢生(そうせい)などの状態を抱えている人も少なくありません。歯が重なり合っていると、同じ箇所に歯垢や食べかすが溜まりやすく、虫歯や歯周病になる可能性も。虫歯や歯周病は歯を失うリスクや、全身の健康を損ねる可能性もあります。

胃腸などへの負担

口ゴボだと、噛み合わせも正常でないというケースがあります。噛み合わせが十分でないまま食べ物をよく噛みきれずに胃腸に送ることになります。すると、消化器官に負担がかかり体の不調を招くこともつながります。

口ゴボ(くちごぼ)を治す方法

ここまでで、口ゴボは見た目だけに限らず、さまざまな弊害へのリスクがあることがわかりました。口ゴボは治療によって改善することが可能ですので、ここからは、口ゴボを治す方法についてご紹介していきます。

マウスピース矯正

まずは、マウスピースを使った矯正方法。プラスチック製のマウスピースを複数個製作し、歯の移動に応じてつけかえていくことで、口ゴボを改善していきます。

マウスピースは目立ちにくく、取り外しも自分で行えるため痛みや不快感がないことに加えて、清掃性の高さも魅力といえます。

一方で、重度の叢生(そうせい)や外科的手術が必要な症例には不向きなど、適応可能な症例がワイヤー矯正よりも狭い点に注意が必要です。

費用と期間

部分矯正

費用15万円〜
期間3ヶ月~1年


全体矯正

費用60万円〜100万円
期間1年~2年

■ワイヤー矯正(表側矯正・裏側矯正)

ワイヤーとブラケットという矯正装置を使った矯正方法もあります。こちらは歯の表面につけるタイプと裏面(舌側)につけるタイプがあります。

歯の表面につけるワイヤー矯正は適応範囲が最も広く、歴史もある治療方法です。ただ、素材によっては目立ちやすいことと、口ゴボの治療ではあるものの、矯正装置の存在によって口元がより盛り上がり目立ってしまうことがあります。

裏側矯正は表面よりも目立たないという良さがある一方、表面よりも適応範囲が狭いことや、つねに舌に装置が当たった状態が続くため、口内炎や痛みを伴うことも少なくありません。

費用と期間

部分矯正

費用20~50万円
期間3ヶ月~1年


全体矯正

費用80~120万円
期間2年半~3年

■セラミック治療

セラミック治療は、マウスピース矯正やワイヤー矯正とは異なり、歯の移動は起こしません。代わりに健康な歯を数ミリ程度削り、その上にセラミックでできた歯をかぶせることで綺麗に見せる治療方法です。領域としては歯科矯正とは

治療期間も短く綺麗な見た目になれる一方で、健康な歯を削ることで将来歯を失うリスクを伴ったり、加齢に応じてぐらつきや隙間が生じる可能性があります。

費用と期間

セラミック矯正はものにより費用は大幅に異なります。

1本3万円〜10万円程度となります。

口ゴボ(くちごぼ)Q&A

口ゴボを改善するおもな方法がわかったところで、治療に際してよく寄せられる質問と回答をご紹介します。

Q1.口ゴボは美容整形をしなくても治りますか?

重度の叢生(そうせい)や顎の外科的な手術などが必要でないケースであれば、歯科矯正で治ります。口ゴボは口元が全体的に出ているように見えてしまうため、美容整形が必要と思っている人もいるかもしれません。

しかし、歯並びや噛み合わせが原因の場合、歯科矯正をして口元を下げることが可能です。

Q2.口ゴボを治療すれば、横顔がきれいになりますか?

美しい横顔の基準としてEラインと呼ばれる線があります。これは、鼻の先端から顎の先端を結んだ線で、この線よりも口元がやや下がっている状態が好ましいとされています。

口ゴボを歯科矯正で治すことで口元が下がり、理想のラインに近づくことができます。

Q3.口ゴボはマウスピース矯正で治せますか?

症状によっては可能です。外科的な処置が必要な場合や、抜歯を伴うなど歯の大きな移動が必要なケースでは難しいですが、出っ歯やすきっ歯であればマウスピース矯正で口ゴボの改善が可能です。

口ゴボは見た目や機能面に影響を及ぼす症状です。美容整形をしなくても、歯科矯正によって改善し、横顔のラインまで美しくすることが可能な場合もあります。

口ゴボで悩んでいる人は、一度歯科で相談してみてはいかがでしょうか。

出っ歯による口ゴボのマウスピース矯正症例

出っ歯が原因の口ゴボを、マウスピース矯正で治療された方の症例写真です。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例以上なので、安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円(税込)
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む
\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む