マウスピース矯正は本当に効果あるの?メリットやデメリットを解説

歯科矯正

近年、広告などで目にすることも少なくないマウスピース矯正ですが、従来のワイヤーを使った歯科矯正と比べ本当に効果があるのか気になる方もいると思います。

これまでマウスピース というと、アスリートなどがプレー時に使用するものというイメージをもたれるかもしれませんね。実際の症例写真とともに、マウスピース矯正の効果やメリットについてご紹介します。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、歯並びを適切な位置や理想のポジションに直すためにマウスピース を複数個製作し、徐々に歯を移動させていく治療方法のことです。

マウスピースの写真

個々人の症例に合うマウスピースを専門の歯科医師の診断と歯科技工士の制作により作成したマウスピースを使い、歯並びを矯正していきます。

ワイヤー矯正との違い

従来は、歯科矯正というと、歯の表面にワイヤーとブラケットと呼ばれる矯正装具を使って歯を動かしていく方法というイメージが強かったのですが、近年透明なマウスピースを使った矯正方法も普及してきています。

ワイヤー矯正

ワイヤーを使うとどうしても会話時に目立ってしまうことから、矯正をためらっていたという人でも、マウスピース矯正は透明で目立ちにくい装置を使うので、気軽に始めることができます。

また、ワイヤー矯正では、症状やクリニックごとの治療方針によっても異なりますが、数週間から月に1度は通院し、歯の移動状況を見ながらワイヤーを調整していく必要があります。

歯を移動するためにワイヤーを付け替える治療には痛みを伴うこともありますが、マウスピース矯正は少しずつサイズの違うマウスピースを交換していく方式です。

マウスピース矯正には定期通院の頻度が少ないものもあるので、通院の時間が取りにくい方には魅力的な選択肢となります。

使用するマウスピースの種類

矯正に使うマウスピースの種類は、個々人の症例に応じて複数枚の矯正用マウスピースを製作し決められた時間装着します。マウスピースは薄いプラスチックでできているため、口腔内で違和感を感じることはそこまでないと言えます。

また、マウスピース矯正が終了した後にも、綺麗になった歯並びをキープするために、保定用のマウスピース(リテーナー)を使用します。

リテーナーにも、マウスピース型やプレート型、ワイヤー型などがあり、本人の希望や歯ぎしり等の癖に応じて選択します。

歯科矯正以外のマウスピース

マウスピースというと、矯正以外にもアスリートなどがプレー時に使用するものというイメージをもたれるという方もいると思います。

実際に、スポーツ選手などが使用しているマウスピースは、衝撃などで口腔内を傷つけるのを防いだり、パフォーマンス向上を目的として使われています。

矯正用のマウスピースと違う点は、厚みと形状にあります。スポーツなどで使われるマウスピースは比較的厚みがあり、激しい運動時にも耐えうる形状をしています。

一方の矯正用マウスピースは、プレー時を中心に数時間程度着用するスポーツ用と異なり、1日20時間程度装着していても、負担にならない薄さと軽さが特徴です。

また、スポーツ用以外でもナイトガードと言い、睡眠時の歯ぎしりや噛みしめなどによる衝撃を緩和するためのマウスピースもあります。

マウスピース矯正の効果 メリットは?

次に、気になるマウスピース矯正の効果について見ていきましょう。マウスピースで気になる歯並びがどのように矯正されるのかや、どのような症例に適応できるのかご紹介します。

■ワイヤー矯正と同様に歯並びの治療が可能

まず、マウスピース矯正はワイヤーを使った矯正と同様に歯並びを改善することが可能です。ワイヤー矯正は痛みも伴い、見た目にも矯正しているという感じが得られるので、より効果がありそうに思われるかもしれませんね。

しかし、マウスピース矯正も、出っ歯やすきっ歯など気になる歯並びに効果を発揮します。ワイヤーを使うかマウスピースを使うかという方法が異なりますが、ともに歯に徐々に働きかけて理想の方向や位置に動かしていくという目的は同じです。

■種類別マウスピース矯正の治療効果

マウスピース矯正には患者さんごとの症例に合わせて、治療の種類があります。前歯が出ているけれど、そのほかの部分はとくに気にならないという方には、前歯だけのマウスピース矯正があります。

また、歯並びを全体的に治したいという方には、奥歯を含む全顎マウスピースを使った治療法があります。

マウスピース矯正だけでは難しいという症例も中にはありますが、ワイヤー矯正との併用も可能なので、最初にワイヤーで歯を動かしてから、残りはマウスピースという治療法もあります。

マウスピース矯正のメリット

次に、マウスピース矯正のメリットをご紹介します。これまで歯科矯正というと敷居が高く感じてしまった人でも、知っておくと矯正が身近に感じられるかもしれません!

マウスピース矯正のメリット

■透明で目立たない

矯正にネガティブだった人が気になっていることといえば、やはり目立ちそうということではないでしょうか。しかし、歯の表面にワイヤーを使う矯正方法と違い、マウスピース矯正なら、透明で薄いプラスチック製なので、装着していても気づかれにくいのがメリットです。

■取り外しが可能

歯科医師の手による装着と着脱が必要となるワイヤー矯正と異なり、マウスピース矯正は自分の手で好きな時に着脱が可能なことがメリットとして挙げられます。

飲食時や仕事上の都合でどうしても取り外しが必要な際にも、マウスピース矯正なら簡単に外すことができます。

飲食時に食べ物がワイヤーやブラケットに詰まってしまい、清掃性が悪化したり、見た目にも気になってしまう、というワイヤー矯正に伴う悩みも、マウスピース矯正なら解消できます。

■ワイヤーの調整が不要

ワイヤーが歯科医師の手によって定期的に調整が必要なのに対し、マウスピース矯正は治療計画にもとづいて制作された複数のマウスピースを交換していくことで歯を動かします。


したがって、マウスピース矯正では通院頻度が少なくて済むものもあることがメリットと言えます。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正にはメリットがたくさんあることがわかりましたが、デメリットも存在します。検討前に知っておきましょう。

■治療期間が長くなる場合がある

マウスピース矯正は着脱が自分で行えることがメリットである一方、きちんと決められた装着時間を守らないと治療計画通りに歯の移動が起こらず、結果的に治療期間が長くなってしまうこともあります。

マウスピース矯正を行う場合、1日の装着時間が決められていますので、だらだら食いや、取り外したままという状態が長く続くとせっかくのマウスピース矯正のメリットも台無しになってしまいます。

■マウスピース適応外の症例もある

ワイヤー矯正同様に歯の移動が可能なマウスピース矯正ですが、なかには適応できない症例もあり注意が必要です。

歯並びの乱れた度合いが激しい場合や外科的な手術を必要とするようなの変形といった症例は、マウスピース矯正ができない場合もありますので、歯科医師に相談してみましょう。

ガタガタ(叢生)が激しい

 歯並びがガタガタしており、度合いが激しいとマウスピース矯正ができない場合もあります。

外科的な手術を必要とするような顎の変形

マウスピース矯正の症例

エミニナル矯正の矯正ドクターが対応した過去の症例です。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。治療経験は1,700症例以上の在籍ドクターもいるので安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む
\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む