歯科矯正にかかる費用は?治療種類別の費用相場や支払い方法を紹介

歯科矯正

歯科矯正というと高額な治療のためしっかりと調べてから、「自分と合うか」「歯並びが対応できるか」「やりたい治療法か」を確認し、納得して良いクリニックを選択したいですよね。

特に歯は一生ものなので失敗できません。慎重に調べ、メリットデメリット含め認識した上で、治療をスタートした方が安心です。矯正治療が完了した時、自然と笑顔あふれるようになっている自分を想像しゴールを楽しく目指すためにも、下調べをしっかりしましょう!

今回は、歯科矯正にかかる費用や種類、費用相場についてご紹介します。

歯科矯正治療費に含まれる料金とは?矯正開始前〜矯正完了後まで紹介

■歯科矯正治療開始前

歯科矯正の治療に同意するまでにかかる料金についてお話しします。

カウンセリング料:無料〜約10,000円

カウンセリングでは、現在の歯の状態と治療方法や矯正器具など歯科矯正の概要、歯並びのどういう所が気になっているかなどを話し合います。

歯科医院によって料金は変わり、無料で相談が行うことができたり、「初回検査料」として診断料がカウンセリング料に含まれている場合もあります。

精密検査料(診断結果の説明含む):約2万〜6万円

矯正治療を始めるにあたって、治療方法や使用する矯正装置などを想定した治療計画をシミュレーションして作成する必要があります。そのためには、カウンセリングだけでなく、より詳細な検査が必要です。

レントゲン撮影や歯型取り、噛み合わせの型取り、さらには顔やお口の中の撮影などを行い詳しく確認していきます。

※診断内容はクリニックによって異なります。

その後、検査結果を元に治療方針を立て、治療期間や費用などの説明が行われます。

歯科矯正治療中

カウンセリングと精密検査を受けて、治療方針に同意すると、治療計画に沿った歯科矯正治療の開始です。

■矯正治療費:約13万〜150万円(税別)

従来のワイヤー(ブラケット)に加え、マウスピースなど矯正装置は何種類かあります。その矯正装置により料金が変わってきます。あくまで相場であり、歯の状態によって治療期間や費用は大きく異なります。

また、歯科医院によって、この料金の中に来院時の調整料金や保定装置料金が含まれている場合もあります。

■矯正装置の種類別料金比

矯正装置の違いによる、費用や矯正範囲、期間の目安を紹介します。あくまで目安であり、歯の状態によって治療期間や費用は大きく異なります。

■調整料(1回):無料〜約6,000円前後

通常矯正治療中は、月に1回程度定期的に通院を行い、お口の中の状態確認(チェック)、矯正装置の調整やメンテナンスなどを行います。歯科医院によっては調整料金が矯正治療費に含まれている場合もあります。

※通院頻度はクリニックによって異なります。

歯科矯正治療完了後

歯並びがきれいに並んだら、歯の後戻りを防ぐために、取り外しができる保定装置(リテーナー)をつける保定期間と呼ばれる期間が必要になります。一般的には、矯正治療期間と同じくらいの期間のリテーナー装着が推奨されています。

■保定装置代金:無料〜約6万円

保定装置(リテーナー)には、数種類あり、クリニックによって異なります。耐用期間が1年程度になるマウスピースタイプのものなどがあります。その料金は、保定装置(リテーナー)の種類によって異なりますが、歯科医院によっては、矯正治療費に含まれている場合もあります。

■経過観察料(1回):無料〜約5,000円前後

保定装置(リテーナー)をつけ始めてから、数ヶ月に1回程度の通院を行い、経過観察や口の中のチェックを行います。こちらの費用も、歯科医院によっては矯正治療費に含まれている場合もあります。

矯正治療における支払い制度

歯の状態、症状がどれくらい軽いか重いかによって矯正治療費が大きく変わってくる中で、支払い計画も人それぞれ違ってきます。

矯正治療の支払い制度は大きく2種類あります。

1治療開始から保定期間までにかかる必要な費用全てを事前に支払う総額制・定額制
2矯正装置代、調整料、経過観察料、保定装置(リテーナー)代など、各費用が発生したタイミングでその都度支払う処置別支払い制が存在します。


このどちらの支払い制度を導入しているかは、歯科医院により異なってきますので、この違いを理解して、歯科医院を選ぶ参考にしましょう。

■事前に全て支払う総額制・定額制

総額制は、矯正治療開始から保定期間を含めた矯正治療完了までにかかる費用を、全額治療開始前に支払います。

治療開始時の想定よりも、治療期間が万が一長引いたとしても、追加料金(矯正装置代や調整量など)が基本的にはかかりません。

矯正治療完了までの総額が明確である点は良いですが、歯の状態や症状によっては100万円(税別)を超えてくる可能性がある高い治療費を、一度で支払わなければなりません。また、矯正治療中に発生した場合の虫歯や歯周病の治療費用や、抜歯代などは含まれていないので注意です。

総額制・定額制の支払い費用に何が含まれているかは、歯科医院によって異なってくるので、あらかじめ確認しておきましょう。

■都度都度費用を支払う処置別支払い制

毎回の処置費用や保定装置(リテーナー)料金など矯正治療において、必要なときその都度その都度支払うのが処置別支払い制です。

処置別支払い費用は、事前に一度に高額な費用を支払う必要はありませんが、通院ごとに毎回調整費などがかかってきます。

なので、当初の想定よりも治療期間が大幅に長引いてしまうと、予定よりも治療総額が大きく上回ってしまう可能性があります。

各歯科医院では基本的に治療開始前に治療計画や治療総額の予想を説明してくれるので、あらかじめ確認しておきましょう。

※処置別支払い制であっても、治療総額の上限を設けている歯科医院もあるので、治療開始前に各医院に相談してください。

歯科矯正費用の支払い方法(分割やローン)

矯正治療の支払い方法は、一括支払いだけでなく、クレジットカードやデンタルローンによる分割での支払いも可能です。

分割払いやデンタルローンの利用は、支払いタイミングや分割方法、ローン利用額など歯科医院で導入している金融会社によって異なります。

■一括払い

現金または銀行振り込み、クレジットカードなどを利用して、一括で支払います。

■クレジットでの分割払い

歯科医院によって取り扱うクレジットカードは異なりますが、クレジットカードは利用限度額内であればすぐに決済でき、分割して支払う方法もあります。デンタルローンと比べると、金利が高い傾向にあります。

金利年10%〜15%程度(※)
支払い回数3回〜40回前後(※)

※金利はクレジットカード会社や分割回数によって異なります。 ※自社調べ

■デンタルローン

利用目的が「歯科治療費用」に限定された医療ローンを指します。

基本的には信販会社が治療費を患者の代わりに歯科医院側に立て替えて支払い、患者は契約した回数に分け信販会社へ支払います。

デンタルローンは、高額な治療費を長い期間かけて支払う際、他のカードローンと比較すると金利が低い点が挙げられますが、ローン契約には審査が必要となってきます。

金利年3.5%〜8%程度(※)
支払い回数3回〜40回程度(※)

※金利は分割回数や信販会社によって異なります。※歯科医院により分割払いの手数料は異なります。※自社調べ

■院内分割払い

歯科医院独自のサービスになりますが、治療期間内に治療費を分割して支払う方法です。

利息や分割手数料がかからないことが特徴ですが、可能な歯科医院は限られてくるのと、治療期間内での分割払いになるため、デンタルローンと比べると分割回数が少なくなるケースが多いようです。事前に歯科医院によく相談しましょう。

金利なし(※)
支払い回数6回〜48回程度(※)

※支払い回数の設定は、歯科医院によって異なります。※自社調べ

※本記事は2021年11月時点の情報を元に編集しています。最新情報とは異なってくる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例以上の方もいるので安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円(税込)
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む
\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む