【初めての歯科矯正】矯正治療のデメリット・リスクと選び方

歯科矯正

自分の歯並びにコンプレックスがあると、歯科矯正を検討する方も少なくありません。しかし、歯科矯正で検索すると、失敗や後悔といったネガティブなワードが並んでいることも事実です。

歯科矯正はやめたほうがいいのか、矯正治療のデメリットとメリットとともに、矯正歯科の選び方をご紹介します!

歯科矯正の失敗例

コンプレックスや不調を治すために始めたはずの歯科矯正ですが、失敗と感じてしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。具体的な原因とともに見ていきましょう。

治療期間が長い

歯科矯正の期間は、一概に何ヶ月や何年と断言できません。というのも、症状は個人差があり、中には矯正を始める前に虫歯や歯周病などほかの疾患を治してからではないと始められないというケースもあります。

ネットで検索したり、初回診断でおおよその期間は聞いていたものの、どんどん治療期間が長引き、予定していたゴールが先延ばしになってしまったということもあります。

また、歯科矯正は患者さんの姿勢も重要になってきます。きちんと通院回数や歯科医師からの指示を守らないことが原因で、思うような治療効果が得られずに、期間だけが長引いてしまうということもあります。

治療費用が高い

歯科矯正治療は、保険が効きません。自費治療となるため高額になりやすく、また「虫歯などの他のトラブルも併発してしまった」、「歯がなかなか動かず、治療期間が伸びてしまった」など当初想定していた金額通りにいかないこともあります。

さらに、矯正治療費用以外にも、診断料、保定料などが発生することもあり、費用に対してマイナスなイメージを抱いてしまい、失敗と感じる人もいるようです。

治療効果が薄い

歯科矯正治療は大きな費用が発生することもあり、患者さんの期待値も高くなりがちです。

しかし、実際にある程度の期間行ったのに期待していたほどの変化が見られないとなると、矯正治療が失敗だったのでは、と感じてしまうこともあります。

この原因としては、本人が治療に歯科医師の指示通りに臨まなかったことや、歯の移動が少なかったこと、治療計画に無理があった、本人の期待値が高すぎたなど様々な要因が考えられます。

虫歯や歯周病になった

歯科矯正治療では、ワイヤー矯正やマウスピース矯正にしても、歯に直接装置をつけます。

これまで通りの口腔内のケアでは不十分であったり、矯正器具が触れた部分などが虫歯や歯周病を発生してしまうこともあります。

口腔内を改善するために始めた歯科治療なのに、思いもよらぬ病気まで誘発してしまうと、失敗に感じる人もいます。

この原因としては、清掃が行き届いてなかったり、矯正器具が口腔内にあたり続けることがストレスとなり、口内炎や歯周病を招くことが挙げられます。

歯科矯正のメリット・デメリット

コンプレックスや不調を改善するのに効果的とされる歯科矯正には、メリット・デメリットともに存在します。始める前にぜひ知っておきましょう。

歯科矯正のメリット

歯科矯正のメリットはなんと言っても、見た目が改善されることです。

これまで「出っ歯」や「すきっ歯」など、口元に悩まされていた人も、歯科矯正を施すことで、見た目が改善し気持ちまで明るくなってきます。

また、凸凹状の歯並びである「ガタガタ(叢生)」などがあると、歯のブラッシングも行き届かず清掃性が悪いという懸念があります。しかし、歯科矯正をすることで、歯のお掃除もしやすくなり、虫歯や歯周病、口臭のリスクを下げることにつながります。

歯並びは見た目で悩まれる人も多いですが、全身の健康に深く関わっています。歯科矯正を行うことで見た目以上に得るものがあるのは、最大のメリットと言えます。

歯科矯正のデメリット

一方、歯科矯正で起こるデメリットは、おもに3つあります。

1つは、見た目です。

歯の表面につけるワイヤー矯正を選ぶと、どうしても会話時や笑ったときに目立ってしまい、コンプレックス解消のため始めた歯科矯正なのに、口元に視線が集まってしまうことにもつながります。

そして2つ目が痛みです。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正では歯の移動により痛みを感じることもあります。痛みの感じ方には個人差があります。

そして3つ目が、虫歯や歯周病のリスクです。
矯正装置をしていると、ワイヤー矯正では常に装着したままの状態が続くので、食べ物が詰まりやすく、清掃性も悪化します。すると、虫歯や歯周病につながるリスクも高まります。

失敗しない矯正歯科の選び方

決して安くはない歯科矯正。歯科医院や矯正のサービスを選ぶうえで、失敗や後悔は避けたいものですよね。最後に失敗しない歯科矯正の選び方をご紹介します。

■矯正ドクターを選ぶ

歯科医師と一言に言っても、虫歯など見える部分に強みをもっている歯科医師や、歯の中の治療に強い歯科医師、そして歯を美しく見せるための審美歯科に強い歯科医師などそれぞれ専門分野があります。

歯科矯正は、歯科医師を免許をもっている人であれば誰でも施述が可能ですが、矯正治療を専門とした歯科医師を選ぶことがおすすめです。

矯正は専門的な知識や技術が必要な分野ですので、選ぶ際は様々な症例や希望する術式に長けている医師を選ぶようにしましょう。

■マウスピース矯正を視野に入れてみる

先ほど、歯科矯正で失敗する原因やデメリットを挙げました。

それらの中で、大人になってからも始めやすいと人気が高まっているのが、マウスピース矯正です。透明なプラスチック製のマウスピースを使った矯正方法のことで、矯正のデメリットでもある、目立つ、清掃性が悪い、虫歯などのリスクを抑えながら矯正治療ができます。

顎の構造上に問題がある場合や、外科的な手術が必要な場合などは適応できない可能性もありますが、ワイヤー矯正との併用も可能です。目立ちにくく取り外しもできて、清潔な状態が維持できるマウスピース矯正は、これまで矯正をためらっていた方にも選ばる治療方法です。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例以上なので、安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断無料
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。