歯科矯正にかかる治療期間とは?治療が早く終わるポイントをご紹介

歯科矯正

大人になると、スケジュール的にも金銭的にも余裕ができるため、歯科矯正を検討される方も少なくありません。とはいえ気になるのは、矯正期間です。

大人の歯科矯正は短くて数ヶ月、長くて数年程度と、症状・年齢・口腔内の状態によって、治療期間に大きな違いがあります。

この記事では、歯科矯正にかかる治療期間と早く矯正治療を終えるポイントをご紹介します!

歯科矯正に必要な期間の目安

歯科矯正治療にはいくつかの方法があります。矯正の種類別にかかる治療期間の目安を見ていきましょう。

■ワイヤー矯正(表側)

歯科矯正というと真っ先にイメージしやすいのが、ワイヤーやブラケットという矯正装置を使った矯正方法です。

歯の表面にワイヤーやブラケットを装着し、歯を理想の位置に動かしていく方法です。歯の移動状況をこまめに歯科医師が診て、ワイヤーを調整します。

おおよその治療期間は、治したい部位や状態にもよりますが、約1年〜3年程度です。

■ワイヤー矯正(裏側)

先程のワイヤー矯正と同じ装置を用いますが、矯正装置をつける場所が裏側の矯正方法です。特に、表側は目立つので避けたいという方に選ばれています。

治療期間は表側ワイヤー矯正よりもやや時間がかかる場合がありますが、新しいタイプの矯正装置の登場で期間の差が少なくなってきています。表面の矯正よりも高い技術が必要となるため、費用もやや高めになります。

■マウスピース矯正

透明なプラスチック製のマウスピースを使った矯正方法です。様々なメリットがあることから、近年人気が高まっている治療法です。歯の移動状況に応じてマウスピースを複数個つけ替えていきます。期間は、約1〜3年です。

代表的な歯科矯正の種類とおおよその期間をご紹介しましたが、患者さん個人の症状や治療への姿勢、口の状態によりにもよるため、上記はあくまで目安です。虫歯や歯周病などがあれば、矯正前に治療が必要となります。

歯科矯正の種類とメリット・デメリット

歯科矯正の方法と期間が分かったところで、次は歯科矯正の種類や、それぞれのメリットとデメリットも見ていきましょう。

ワイヤー矯正(ブラケット矯正)

まずは、従来からあるオーソドックスな方法である、ワイヤーとブラケットを使ったワイヤー矯正です。

■メリット

・費用が抑えられる
・様々な症例に適応可能
・歯の移動が起きやすい
・歴史がある治療法のため、予後経過などのデータが豊富

■デメリット

・目立つ
・清掃性が悪化することも
・虫歯や歯周病、口内炎になることも
・調整時などに痛みを感じやすい
・数週間〜1ヶ月に1度の通院と歯科医師によるワイヤーの調整が必要

裏側矯正(舌側矯正)

続いてワイヤー矯正でも表面より目立ちにくい裏側(舌側)矯正のメリット・デメリットをご紹介します。

■メリット

・目立ちにくい
・様々な症例に適応可能
・歯の移動が起きやすい

■デメリット

・清掃性が悪化することもある
・虫歯や歯周病、口内炎になることもある
・調整時などに痛みを感じやすい
・数週間〜1ヶ月に1度の通院と歯科医師によるワイヤーの調整が必要
・表面よりも費用が高い

マウスピース矯正

続いて、近年人気を集めているマウスピース矯正のメリット・デメリットです。

■メリット

・目立ちにくい
・取り外しが可能
・通院回数が少ない場合もある
・費用がリーズナブル
・清掃性が高い
・金属アレルギーの方でも可能

■デメリット

・適応できる症例に限りがある
・マウスピースの装着時間を守らないと、治療期間が長くなることもある
・歯の移動はワイヤー矯正より劣ることもある

短い期間で歯科矯正を終わらせるために気をつけるべきポイント

コンプレックスや口腔内に問題を抱えて始める歯科矯正ですので、一刻も早く治療を終えたいという方が多いのではないでしょうか。次に、短い期間で歯科矯正を終わらせるためのポイントをご紹介します。

■装着時間を守る

ワイヤー矯正の場合は24時間常に矯正装置をつけたままですが、マウスピースの場合は取り外しが可能です。食事やいざという時などには取ることができるのがメリットである一方、1日20時間など決められた時間を装着する必要があります。

歯に力をかけて動かすのが矯正ですので、負荷がかかる時間が減ると、その分治療は長引いてしまいます。

■毎日のデンタルケアを徹底する

矯正をしていると、特にワイヤー矯正の場合は普段通りのブラッシングというわけにはいきません。食べ物が詰まりやすく、清掃性が悪化するため、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。すると、問題箇所の治療が優先されますので、治療が想定より長引いてしまいます。


短く終えたいのなら、まずは口腔内を健康保つこと、つまり日々のデンタルケアの徹底が欠かせません。

■医師の計画通りに通院する

仕事をしている方であれば特に、忙しい毎日を送っていますよね。なかなか通院できる時間が設けられずにクリニックから遠ざかってしまうと、ゴールはどんどん先延ばしになってしまいます。

きちんと歯科医師の治療計画通りの通院を守ることをおすすめします。歯科治療には様々な方法がありますが、いずれも1年〜数年と長期的な取り組みが必要です。

治療期間をずるずると伸ばさないためにも、日々のお口のケアと真面目な通院を心がけましょう。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例の方もいるので、安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む
\矯正ドクターが納得の歯並びへ/
今すぐ、初回診断を申し込む