歯列矯正をやめたほうがいいって本当?後悔しないポイントは医師選び

歯科矯正

歯並びが気になると、歯科矯正を検討される人も多いことと思います。大人になってからの矯正は本当に効果があるのか疑問に感じたり、「やめたほうが良い」という噂も耳にしたことがあるかもしれません。

「歯列矯正」で検索をすると「歯列矯正 やらなきゃよかった」、「歯列矯正 後悔」、「歯列矯正 やめたほうがいい」などのネガティブな検索結果が表示されます。残念ながら私自身も、治療で後悔された方に会ったことがあります。

しかし、歯列矯正を行いコンプレックスが解消した方や笑顔が増えた方も多くいるので、ネガティブな情報のみを信じるのも考えもの。本当にやめたほうがいいのか?やめたほうがいいと思うその理由はどのような点なのか。

この記事では、歯列矯正をやめたほうがいいというのは本当なのか、そして歯科矯正を行う場合、後悔しない歯科医師選びはどのように行う必要があるのかをご紹介します。

「歯列矯正をやらなければよかった」代表的な”4つ”の失敗事例

■計画していた期間で治療が終わらなかった

歯列矯正は、治療開始前に治療計画が作られます。治療計画とは、担当医が患者の歯並び状況を元に、歯の移動を想定する計画表になります。いわば、設計図です。

この治療計画を作ることが、矯正治療専門の医師の知識や技術が重要です。お口の環境や歯並びは患者様一人ひとり異なるため、矯正治療の経験豊富な医師の出す治療計画がよいでしょう。

治療計画の精度に問題がある場合は、歯の移動をコントロールできず、長い年月をかけても想定した仕上がりにならないケースや、結婚式や就職活動に合わせて治療完了を目指したのに、間に合わなくなってしまったケースなどがあります。

■かみ合わせがひどくなった

治療計画は、治療完了時期をコントロールするだけでなく、治療完了後の ”かみ合わせ” も考慮します。

こちらも計画の精度に問題がある場合、見た目の歯並びは良くなったが、奥歯のかみ合わせが合わなくなってしまったケースがあります。

その際は、かみ合わせを直すため、追加の治療期間が必要になってしまいます。

■歯の後戻りが起こってしまった

歯列矯正が上手くはいかなかったケースとして、一番多いとされているのは「歯の後戻り」です。
矯正装置を外すと、歯は元の位置に戻ろうとします。

そこで「保定装置」という装置を一定期間において装着しなければ、治療した歯は元通りの位置に戻ってしまいます。通常矯正治療完了後、2年程度リテーナーと呼ばれる「保定装置」をつけることを睡眠時などに装着することをおすすめされます。

■ 虫歯になり、治療が中断してしまった

ワイヤー矯正、マウスピース矯正、どのような歯列矯正においても、虫歯が出来やすい歯周環境になります。

もし治療期間中に、虫歯が発生してしまった場合は、治療が中断したり、治療期間に遅れが出たりします。そのため、事前に虫歯を治してから治療を行うことが理想とされています。

わたしたちが運営するエミニナル矯正(マウスピース矯正治療)では、治療開始前に必ず虫歯チェックを行います。また治療期間中も、定期的な虫歯チェックを推奨しています。

歯科矯正をやってよかったメリット

歯科矯正を「やらなければよかった」という事例やデメリットを見ていきましたが、ここでは「やってよかったメリット」をご紹介します。

■見た目の改善

出っ歯やすきっ歯、ガタガタした歯並び、口元だけが盛り上がっているなど、歯科矯正を始める理由はさまざまです。

しかし、歯科矯正をすることによってこうした見た目のコンプレックスの改善にもつながります。

■噛み合わせが良くなる

歯並びに問題を抱えているということは、噛み合わせにも問題があるケースが少なくありません。歯科矯正によって歯が正しい位置になると、噛み合わせも改善され食べ物を十分に咀嚼できるようになります。

■フェイスラインに変化が起こる

歯並びが悪く、同じ方の顎でばかり噛む癖があった人も、歯並びの改善によりバランス良く口腔内が使えることで顔の変化を感じるなど、左右の対称比が改善することもあります。

■虫歯や歯周病リスクを下げられる

歯並びが良くなると、歯の清掃性も上がります。すると、虫歯や歯周病といった危険性も下げることができます。

■笑顔に自信がもてる

これまで歯並びがコンプレックスで笑顔に自信がもてなかった人も、歯科矯正によって自信をもって笑えるようになります。自然と笑顔が作れるようになると、積極的にコミュニケーションを行えるようになるなど、メンタルにも良い影響が出てくる可能性が大きいです。

歯科矯正をやめたほうがいい方とその理由

続いて、ネットなどでも見かける歯科矯正をやめたほうがいいという意見ですが、これには理由があります。実際にどのような人が歯科矯正をやめたほうがいいのかとともに、理由を見ていきましょう。

歯科矯正は健康な口腔内であることが理想的です。次のような人は、すぐには歯科矯正ができないほかやめたほうがいい可能性もあります。

■ 虫歯や歯周病などがある

虫歯や歯周病といったトラブルを抱えている場合、これらの治療が最優先となります。とくにワイヤーやブラケットを使った矯正の場合、つねに装置をつけたままの状態となりますので、普段より歯磨きがしづらくなります。

すると、今ある虫歯や歯周病が悪化し、せっかく始めた歯科矯正を途中でやめる必要が出たり、思うように歯の移動が生じない可能性が出てきます。

■ 顎関節症の場合

顎関節症とは口を開いた際に音が鳴ったり、顎に痛みや違和感を感じる症状です。症状がひどい場合は食事もままらず、頭痛や腰痛といった体の他の部位にまで影響が出てきます。

顎関節症は噛み合わせの悪さからくることがありますが、症状が重い場合、歯科矯正ができない可能性があります。

■ すぐに効果が欲しい場合

歯科矯正は長年位置していた場所から適切な位置へと歯を移動させる医療行為です。イベントがあるからといって、自分の重通りの期間に治療が完了するとは限りません。

症状にもよりますが、保定期間も含めて最低でも数ヶ月はみておくのが無難です。すぐにでも治ると考えて安易に歯科矯正を始めると、予定していた日までに終わらずに後悔することにもつながりかねません。

悪い歯並びをそのままにしておくデメリット

歯科矯正によるメリットのほか、やめたほうがいい人とその理由を見てきました。ここからは、歯科矯正をせず悪い歯並びを放っておくことのデメリットをご説明します。

歯並びの改善は見た目の改善が結果とイメージされている方も少なくないと思います。しかし、歯は人間が生きていくうえで必要な栄養を取り込む入り口にあり、生命維持や健康に欠かせません。

悪い歯並びをそのままにしておくと、次のようなリスクやデメリットが生じる可能性があります。

■ 虫歯や歯周病になる

歯並びが悪い状態は、歯同士が重なっていたり、歯ブラシで磨きづらい部分があるなど、清掃性が良いとはいえません。歯科矯正を行い、清掃性を上げることで、虫歯や歯周病になるリスクが下げられます。

虫歯や歯周病は、口腔内だけの問題にとどまらず、全身の疾患や不定愁訴の原因になるほか、QOL(Quolity of Life:生活の質)の低下も招くことさえあります。

■ 口臭がきつくなる

清掃性が悪いことで、磨き残しや同じ箇所に食べカスなどがたまりやすくなり、口臭の原因となります。また、歯並びが悪いことで食べ物が十分に噛み砕かれないまま胃腸へ送ることも、十分な唾液の分泌が起こらずに口臭を招くことにつながることもあります。

■ 噛み合わせが悪い

悪い歯並びは十分な噛み合わせが行われていない可能性があります。噛み合わせがしっかりしていないと、よく噛めていないまま食べ物が胃腸に送られ、消化吸収に負担がかかることもあります。

また、便秘や軟便といった不調さえ招くこともあります。

■ 見た目が悪く自信がもてない

歯並びにコンプレックスを抱えていると、口元を隠して笑ったり、会話に積極的になれないという人もいることでしょう。すると、まわりから控えめな印象をもたれたり、自分に自信がもてないということにもつながります。

歯列矯正で後悔しないために自分の中で決めておくこと

歯列矯正を行ったことに後悔しないためにも、まず自分の中でどのようなワイヤー矯正やマウスピース矯正など矯正手法を選択するのか、考えておく必要があります。

マウスピース矯正は適応範囲が限られており、重度の症例は対応することができません。しかし目立たずバレにくいメリットもあるため、何を大切にしたいか決めておくことがよいでしょう。

また矯正手法以外にも、自分のなかで矯正治療のゴールを明確にしておくことも重要です。例えば見た目だけで良いのであれば費用を抑えた「部分矯正」を行うなどの選択肢があります。

しかし、噛み合わせも考慮して全体を動かすのであれば、治療期間は部分矯正に比べ長くなる「全体矯正」を選ぶほうがよいでしょう。

歯列矯正で後悔しないためには「歯列矯正を専門に行う医師、医院」を選ぶことがポイント

ここまでは「歯列矯正をやらなければよかった」と言われる”4つ”の事例をお話しました。

先ほどの事例で、お分かりの方もいると思いますが「治療計画、治療行為」は、担当医の”症例実績・経験値”が仕上がりに関わってきます。

では、後悔しないためには「歯列矯正を専門に行う担当医、医院」をどのように選べばよいのかをお話していきます。

歯列矯正経験を持つ歯科医が、常勤しているかを見分ける

そもそも歯科医院は、虫歯治療などを専門に行われている「一般歯科」と、歯列矯正治療を専門に行われている「歯列矯正の専門医院」に分けられます。医院の種類によって、得意とする診療科目が分かれています。

後者の場合は、歯列矯正に専門の知識・技術を持った歯科医が、歯列矯正治療 ”だけ” を行っています。

1人1人の歯並びに合わせ、パーソナライズに治療を行っていることもあり、症例実績も豊富にあるとされています。また分野特化して治療を行っていることもあり、歯列矯正に必要な機器類が揃っており、より精密な検査が可能です。

何より「常駐している」ため、緊急時の対応にも適しています。ただ前者の場合でも、大学病院などから歯列矯正を専門にする歯科医が派遣されている場合があります。曜日指定の場合が多いため、来院タイミングには注意が必要です。

エミニナルでは、矯正治療を専門とした「矯正ドクター」が必ず担当

私たちが運営するマウスピース矯正の「エミニナル矯正」では、歯列矯正における症例実績が豊富な矯正ドクターが必ず担当します。上記のような失敗事例を起こさないためにも、担当医の専門性はこだわりを持ってサービスを提供しています。

また我々は、歯列矯正の中でも「マウスピース矯正」を提供しています。歯列矯正のおいて、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけた「ワイヤー矯正」が一般的です。

マウスピース矯正は、「器具が透明であるため目立ちにくい」「コストが安い」「着脱が可能」などのメリットがあり、近年は女性を中心に利用者が増えていると言われています。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。在籍ドクターの治療経験は1,700症例以上なので、安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断無料
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。