ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いと選び方は?メリットデメリット

歯科矯正

歯並びに悩む人にとって、歯列矯正といえば頭に浮かぶ、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」はどちらを選んだらいいかとても迷いますよね。

「歯科矯正には興味あるけど、矯正の種類が色々あるから、何が自分にあってるのかわからない……」
「マウスピース矯正って、実際のところどうなんだろう?ちゃんと綺麗な仕上がりになるのかな……」

そんな人のために、この記事では歯科矯正で主流である、マウスピース矯正とワイヤー矯正のそれぞれの特徴や違いを徹底的に解説します。

ワイヤー矯正とは 

まずは、歯科矯正と聞きイメージされる方も多いであろう、ワイヤー矯正についてご説明します。ワイヤー矯正とは、歯を適切な位置に移動させるために歯にワイヤーを装着し、徐々に動かしていく矯正方法のことです。

ワイヤーには金属製のものから、セラミックやプラスチックなどの目立ちにくい素材でできているものまであります。また、ワイヤーにブラケットと呼ばれるワイヤーを通すための装置をつける必要がありますが、こちらも金属製のものから審美的に目立たない素材でできているものまであります。

ワイヤー矯正を装着する部位ですが、歯の表面に装着するものと、口腔内の下側である歯の裏側に着けるものがあります。

笑ったり会話時に矯正装置が目立つことを気にされる方は裏側につけられるのはメリットとして挙げられますが、舌側矯正の方が高い技術を必要とするため金額も表側より高くなる傾向にあります。

表面側につける矯正器具は目立ちやすいことがデメリットである一方、金額面では舌側よりも比較的安くできることと、きちんと磨けているかなどが確認しやすく、清掃性での心配が低い点がメリットとして挙げられます。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の治療方式の違い 

ワイヤーを使った矯正の種類やメリットデメリットがわかったところで、次にマウスピース矯正との違いやマウスピース矯正の良し悪しを見ていきたいと思います。

マウスピース矯正は、まだワイヤー矯正よりは認知度は低いかもしれませんが、透明の目立ちにくい矯正装置を使った矯正方法のことで、審美的にワイヤー矯正を嫌厭される方などに選ばれています。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いとしては、主に次の4つが挙げられます。

■目立ちやすさ

ワイヤーを使った矯正だとどうしても歯の裏側矯正を選ばない限り、目立ちやすいです。仕事上人とよくコミュニケーションをとる方や、見た目を気にされる方にとって、ワイヤーを使った矯正は敷居が高いと言えます。一方、マウスピースを用いた矯正だと写真撮影時や会食時など外す必要がある場合に装置を一時的に自分で外せることがメリットあり、常時装着しているワイヤー矯正との違いです。

■清掃性

常に装置を外せないワイヤー矯正では、ワイヤーやブラケットの間に歯垢が溜まり、虫歯や歯周病などを招くリスクがあり、歯を丁寧に磨く必要があります。何もつけていないときよりも神経を使うので歯の清掃に苦手意識のある方にとってデメリットと感じられるポイントかもしれません。

一方でマウスピース矯正では、食事の際は外すことができるので、歯自体の清掃は矯正前と大きく変わることがないのがメリットとして挙げられます。しかし、食べるたびにマウスピースを外す必要があることと、飲食による着脱のたびに歯とマウスピースの清掃が必要な点は手間となる人にとってはデメリットと言えます。

■痛み

ワイヤーを使った矯正は歯のダイナミックな移動も可能ですが、その分装着から慣れるまで痛みを生じることが少なくありません。

数日間は普段通りの食事が難しいこともあり、痛みが苦手な人にとってはデメリットとして挙げられます。一方、マウスピース矯正では痛みが少なく歯への圧力もワイヤーよりも少ないため、つけていることがワイヤーよりは負担が少ないことがメリットです。

■適応の範囲

ワイヤー矯正とマウスピース矯正では適応できる範囲に違いがあります。ワイヤーを使った矯正が、大規模な歯の移動も含む難症例にも適応が可能な点がメリットであるのに対し、マウスピース矯正は適用できる範囲が狭いことがデメリットです。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の適応範囲の違い

先ほどの違いの点でも触れましたが、ワイヤー矯正とマウスピース矯正では適応できる範囲に違いがあるんです。適応できる症例はそれぞれ以下の通りです。

■ワイヤー矯正

抜歯から顎骨の切除等の外科的手術を伴うような歯の大きな移動を伴う広範囲の症例において、適応が可能です。また、常に歯に装着していることから、歯の移動も比較的早く、理想の位置への移動も望めます。

■マウスピース矯正

ダイナミックな歯の移動を必要とするような症例には適応できないこともあります。直接歯へ触れている接地面積も少なく歯の移動スピードが緩やかなため、装着時間を守れなかったり忘れてしまうと、治療期間が長引くこともある点はマウスピース矯正を検討するうえで、デメリットとして認識しておく必要があります。


それぞれにメリット、デメリットがあり、マウスピースを希望していたとしても、口腔内の状態によっては適応が難しい可能性もあります。

■マウスピース矯正の症例 

エミニナル矯正の矯正ドクターが過去に実施した症例です。

マウスピース矯正どれにしようか迷ったら、「エミニナル矯正」を受けてみて!

月約3,600円から始められるエミニナル矯正は、「安心」で選ばれるマウスピース矯正です。

近年、不適切なマウスピース矯正治療により、残念な想いをされている方がいます。

治療期間が短く、極端に安価であることを謳うマウスピース矯正がでてきている中で、「歯並びの仕上がり結果が、理想から程遠い。噛み合わせが逆に悪くなった。」「当初伝えられた治療費より、結果大幅に総額が高くなり、途中で治療を断念した」などのお声を聞きます。

これらの問題を解決すべく、エミニナルでは矯正のプロ”矯正ドクター”が100%担当する仕組みを作りました。治療経験は1,700症例以上の在籍ドクターもいるので安心です。

エミニナル矯正の初回診断では、”矯正ドクター”があなた1人1人を精度高く診断を行い、そもそもマウスピース矯正が合っているのか?、納得の歯並びになるまでの治療計画・期間を丁寧にお伝えしています。

提携クリニックは全国拡大中です。お近くの提携クリニックはこちらからお探しください。

サービス名エミニナル矯正(EMININAL)
目安総額(軽度〜中度)13〜47万円 ※自由診療
初回診断3,850円
【歯科矯正】マウスピース矯正のエミニナル矯正ってなに?

※一部在籍ドクターの症例数 1,700症例:症例数2007年から2021年の13年間の矯正治療症例数の合計 ※月約3,600円:デンタルローンを利用して治療期間が5ヶ月(22万円:税込)を60分割した場合の手数料抜きの月額費用です。目安治療総額13万円〜47万円(税込)治療期間には個人差があります。また歯の保定費用は含まれません。 ※自由診療 ※矯正ドクターの治療経験は一例です。ドクターにより経験数は異なりますので予めご了承ください。

※掲載されている情報は、ローリエビューティ編集部が独自調査を行いまとめた、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず公式サイト等にて事前にお調べください。記事内容に問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

\通常4-5万円、矯正治療の精密検査が3,850円/
今すぐ 矯正の初回診断を申し込む
\通常4-5万円、矯正治療の精密検査が3,850円/
今すぐ 初回診断を申し込む