車一括査定のしつこい電話なし「メールのみ」にする方法

しつこい電話にはうんざり!車一括査定をメールのみ・最小限の電話で利用する方法 車一括査定

車一括査定は、その名の通り複数業者に一括で査定依頼ができる点が魅力。

一軒ずつ買取店を回ったり問い合わせをする必要がないし、比較することで車を高く売ることができます。

しかし、車一括査定は申し込み=査定実施ではありません。買取店からの連絡に対応し査定日を決める必要があります。

買取店も我先にと連絡をしてくるため、申し込み直後から電話が鳴り止まないという-面があります。

電話応対が苦手な人や、そもそも対応する時間がないから一括査定を考えていたのに!という人にとっては、利用したくない理由に挙げられるでしょう。

中には「メールだけで車一括査定を利用できないのか」と考える人もいるでしょう。

結論、メールだけで全て完結する車一括査定サービスは存在しません。正確な査定額を知るためには実査定が必須ですし、メール指定をしても電話をかけてくる業者はいるものです。

しかし本記事でご紹介している方法を使えば、電話の数をかなり減らすことができるでしょう。

今回は

  • 車一括査定でメール連絡を指定・希望する方法
  • かかってくる電話の数を減らし、やり取りを最小限にする方法

この2つをわかりやすく解説しています。

最後まで読んでいただければ、やり取りの手間を抑えつつ、車を高く売る方法が身につけられるようになっていますよ!

カーセンサーは「メール連絡」可能な唯一の車一括査定

カーセンサー

画像引用:カーセンサー

カーセンサー」は買取店に対して、メール連絡を希望できる唯一の車一括査定です。

申込時に希望条件等を入力できる欄があり、そこに「メール連絡希望」と記載すればOK。(記載方法は後述)

しかし残念なことにその方法を使っても、業者によっては希望条件を見ずに電話をかけてくる場合があります。電話が絶対になくなる、というわけではないのです。

これには一部買取業者が採用する「オートコールシステム※後述」というものが深く関係しています。

カーセンサーを使ってメール連絡を希望する方法は以下の通り。

カーセンサーでメール連絡を希望する方法

  1. ガリバー・ネクステージ・ビッグモーターを依頼先から外す
  2. 連絡希望時間帯に「メール連絡希望」と記載する

上記の方法は、どちらが欠けてもダメなので要注意。理由も含めて詳しく解説していきます。

(1)ガリバー・ネクステージ・ビッグモーターを依頼先から外す

カーセンサーの車一括査定は、郵便番号や住所を入力すると査定依頼が可能な業者が表示されます。

申込可能な買取業者画面

まずはこの画面で「ガリバー・ビッグモーター・ネクステージ」の大手3社を外しましょう。

この3社は「オートコールシステム」という仕組みを採用しているため、申込みがあった時点で「必ず」電話をかけてきます。

このシステムは入力された電話番号へ自動で電話をかけるというもので、備考欄にメール連絡を希望しても意味がないのです。

カーセンサーの車一括査定は電話番号は必須入力になっています。ここでチェックを外さないと、必ず電話がかかってくることに注意です。

大手3社は別途査定依頼するのがおすすめ!

車を高く売る事を考えると、「大手を除外して大丈夫なの?」と心配になりますよね。

ガリバー等の大手買取業者の査定額はぜひ知っておきたいところです。

そのため、上記3社は個別で査定依頼をするのがおすすめ。多少手間は増えますが自分のタイミングで連絡ができるので、しつこい電話に悩まされることはないでしょう。

(2)連絡希望時間帯に「メール連絡希望」と記載する

依頼先から指定の買取業者を外したら、希望条件を入力します。

メールアドレスを入力する下に「任意項目:売却希望時期など」という入力欄があります。

任意項目は矢印選択するまでは隠れていますので気をつけましょう。

連絡希望時間帯などを入力する画面

そこに「メール連絡を希望します」と入力して申し込み手順通り進めばOKです。

しかし上述した通り、全ての買取店がメール連絡をしてくれるとは限りません。

車一括査定は業者からみても早いもの勝ち。ガリバー・ネクステージ・ビッグモーターの他にも、申込みがあったら任意項目欄を確認せずすぐに電話をかけてくる業者もいます。

そのため、完全に電話を無くすことはできないと考えましょう。

カーセンサー

とはいっても「高く売りたいから一括査定を使いたいけど、どうしても電話は嫌だ」という方もいるでしょう。

その場合、下記紹介するオークション形式の売却方法がおすすめです。

オークション形式の売却方法なら業者からの電話なしで使える

オークション形式の売却方法は仕組みが少し車一括査定とは異なります。

しかし、複数の業者が査定価格を出し合うという流れは同じ。

つまり、車一括査定同様に相見積もりによって車が高く売れるということです。オークション形式なら、電話が1〜2回しかかかってこないので、電話が苦手な人におすすめです。

オークション形式の仕組みがどうなっているのか、これから利用の流れと共にご紹介しますね。

オークション形式の売却方法

  1. サイトから査定申し込みする
  2. 申込サービスと査定日の調整をする
  3. 査定を実施する
  4. 専用オークションサイトに出品する
  5. 売却先を決定する

1.サイトから査定申し込みする

オークション形式を利用するには、サイトから査定申し込みをします。

現在、オークション形式を採用しているのは「カーセンサー」「ユーカーパック」「楽天Carオークション」。

基本的に必要なのは「売りたい車の情報とあなたの連絡先」のみ。

この連絡先は電話番号が必須となっていて、メールアドレスだけでは申し込めません。

電話攻勢を回避できるサービスとはいえ、電話番号は入力しなければならないので注意しましょう。

2.申込サービスと査定日の調整をする

申し込み完了すると、サポートセンターから電話またはSMSが届きますので、査定日を決めていきます。

SMSが届いて、そこで査定日を決めてしまえば電話に出る必要がありません。

もし電話がかかってくるとしても、サポートセンターからの着信です。業者からひっきりなしに電話がかかってくることはなく、さらに1回の対応で済みます。

3.査定を実施する

実際の査定は提携している店舗で行います。これらの店舗はガソリンスタンドに併設されていることが多いですね。

所要時間は1時間程度です。

地域によって提携店舗が近くにない場合は、スマホアプリを使って指示に従い、自分で査定を行います。

4.専用オークションサイトに出品

査定が完了し、査定結果がオークションサイトに送信されると、サポートセンターから電話がかかってきます。

その電話で査定結果から割り出された「参考価格」を教えてもらえます。

伝えられた金額をもとに、車を専用のオークションサイトに出品したら、後は業者からの入札を待てばOK。

オークション形式が車一括査定と異なるのは、買取業者があなたの車を直接査定して金額を競うのではなく、査定金額を元にオークションサイトに出品された車をオンラインで競り合うという点です。

5.売却先を決定する

オークションが終了したら、各業者からの入札価格を見て売却先を決めましょう。仮に希望金額に満たない場合、売却をキャンセルすることもできます。

売却先が決まれば、オークションサイトからの指示に従って必要書類を準備し、車の売却を行いましょう。

オークションの要点を整理すると下記のようになります。

  • 電話の数を減らすことはできるが、買取業者に査定をしてもらう事はできない
  • 連絡が全くかかってこないわけではなく、オークションサイトのコールセンターからの電話またはSMS
  • 自分でオークションサイトに出品し、業者が競り合う

基本的に電話なしで使える車一括査定はない

業者からの電話がない車売却サービスの「オークション形式」について解説しましたが、これは厳密には車一括査定とは異なります。

車一括査定というのは、買取業者への査定依頼をまとめて行ってくれるサービスです。

つまり「車一括査定申し込み=査定日の決定・売却決定」ではありません。申込後はあなたが直接買取業者とやり取りすることになり、その連絡は基本的に電話で行います。

車一括査定にはなぜ電話が必要か

車一括査定のメリットは、複数業者に相見積もりを取りたい場合に同じ情報を何社にも提供する手間を省いてくれること。

車一括査定サイトに申し込むことで、各業者へ一斉に申し込みを代行してくれるのです。

また相見積もりを取ることで正確な相場がわかり、一番高い金額を提示した業者に売ればよいため車を高く売れることになります。

これらのサービスは無料で利用できるため、電話が多い以外のデメリットが特にないのです。

この車一括査定サービスが成立するのは、車を高く売りたい利用者と、車を買い取りたい業者の両方が存在しニーズを満たし合っているから。

つまり、車一括査定サービスは買取業者に「車を売りたい人の情報」を渡す対価として報酬を得ているのです。

買取業者からすれば、車一括査定サイトに情報料を支払う以上、質の高い個人情報を得たいと考えるのは必然。

今や自由に取得可能なメールアドレスだけだと情報の価値は高くないため、電話番号を必須としているのです。

買取業者は電話で早く連絡を取りたい

あなたが「買取業者とはメールのみでやり取りしたい」と思っていたとしても、買取業者は電話でやり取りしたいと考えます。

理由は「早いもの勝ちの査定勝負において、電話の方がメールより早く連絡が取れる」から。

車買取では、先に査定した業者の成約率が高いというデータもあります。

相見積もりなので、後から他社より高い金額を提示すればよい側面もありますが、そもそも出遅れてしまうと連絡が取れた時にはすでに売却が決まっていた、ということもありえます。

だからこそもっとも早く連絡が取れる手段として、電話を使いたいと考えるのです。

車は実物を見なければ正確な査定額が算出できませんから、買取業者も「まずは査定をさせてほしい」と急いで連絡してくるわけですね。

ここまでの説明を読むと「電話の目的はアポイントを取るため」ということがわかるでしょう。

その点に注目すれば、しつこい電話を減らす方法が見えてきます。次で具体的に解説しますね。

しつこい電話をなくす3つの対策を紹介!

車一括査定でしつこい電話をなくす方法は以下の3つです。

  1. 車一括査定の申込先を少なくする
  2. 電話を1回で済ませる
  3. オークション形式のサービスを利用する

それぞれについて、簡単に説明していきます。

車一括査定の申込先を少なくする

車一括査定は、複数の買取業者に査定の依頼をまとめて行えるサービスです。

その場合の同時申し込み数は一番多くて30ほどですが、全てに申し込みをすると電話が鳴り止みません。

30社に申し込みをする=30社と最低1回ずつは電話をしないといけません。また他社との電話中も電話がかかってくるため、かけ直しも含めると大量の電話に悩まされることになります。

そうならないためにも、申し込みをする業者は3〜5社程度に絞るのがおすすめ。

最大数まで依頼を出したケースに比べてかかってくる電話の数もぐっと減らすことができます。

3〜5社を競わせれば十分最高価格を引き出すことができますので、見積もり比較面でも問題ありません。

電話を1回で済ませる

電話の目的は前章の説明通り「査定のアポイントを取り付けるため」です。

他社よりも早く査定を実施したいと考えるため、各社はしつこいほど電話をかけてくるのです。

そこで最低限の対策として「かかってきた電話で査定日を決めてしまう」ようにしまししょう。

車一括査定に申し込む前に、予め候補日をいくつか決めておきます。

大量の電話がかかってきますが、ファーストコンタクトで査定日を伝えてしまえば、同じ業者から二度と電話がかかってくることはありません。

電話を無視していても、アポイントを取るために何度も電話がかかってくるので電話がやむことはありません。

オークション形式のサービスを利用する

前章で紹介した[text_カーセンサー]に代表されるような「オークション形式」のサービスを利用するのもおすすめです。

カーセンサー以外には、「楽天Carオークション」「ユーカーパック」というサービスが有名です。

どちらも仕組みは査定結果を参考にオークションサイトに出品し、買取業者がオンラインで競り合うというもの。

ただし、こうしたサービスはガリバーやビッグモーターといった大手買取業者が参加していないケースがあります。

大手買取業者は資金力があるため、他社より高額査定が出やすいという特徴があります。

高額査定のチャンスを失うことになりかねないため、オークション形式だけでの売却は少し考えもの。

オークション形式のサービスを利用すると共に、ガリバーやビッグモーターといった大手にも直接査定依頼をするのがおすすめです。

そうすれば自分のタイミングで連絡が取れるため、しつこい電話に悩まされることもありませんし、高額査定のチャンスも逃しにくくなります。

車一括査定のオススメランキング オークションのおすすめランキング

参考【2022年最新】車一括査定・オークションの人気おすすめランキング

メールだけのやり取りでは正確な価格が出ないことを知っておく

状態がさまざまな中古車では、メールで正確な査定額を知ることはできません。

劣化はどの程度か、汚れているとはいえどのレベルかなど、メールの情報では判断がつかないからです。

しかしまずは面倒なやり取りを省いて愛車の相場を知りたいという人もいるでしょう。

その場合、オンライン相場検索サイトの利用がおすすめです。

まず相場を知りたい場合は相場検索サイトを活用

メールや電話等のやり取りも面倒でまずは相場を知りたいという場合、ネットの相場検索サイトを活用しましょう。

例えば、車買取大手「ガリバー」では、過去の買取実績が公開されています。

人気車種であれば実績も数多く公開されているため、自分の車に近い条件の車を探すことで「このくらいで売れそうかな」という目安になります。

全く同じ額で売れるという保証はありませんが、大手買取業者の買取実績なので、結果が大きく変わることはありません。

また、トヨタ日産は公式サイトで、下取り価格シミュレーションを公開しています。

ディーラーの下取り価格は買取業者の金額より安くなる傾向があるため、あくまで参考程度と考えましょう。

こうしたサイトを活用すれば大体の相場を調べることができます。電話やメールなど個人情報を入れる必要はないので、業者からの電話に悩まされる心配もありません。

参考車査定相場のシミュレーションサイト7選【個人情報なし・営業電話なし】

大手買取業者は直接査定がおすすめ

ガリバーやネクステージ、ビッグモーターといった、大手買取業者はオートコールシステムを採用しており、申込み直後から一斉に電話がかかってくることはお伝えしましたね。

それを回避して高額買取を実現する方法は「大手買取業者に査定依頼をしない」ではなく、大手買取業者には直接査定依頼をすること。

「そこまでしてこれらの業者に査定をしてもらう意味はあるのだろうか」と思うかもしれませんが、大手買取業者の査定は受けることをおすすめします。

全国展開している業者は、中古車を購入したい顧客をたくさん抱えています。

顧客が購入を希望している車(すでに販路が確保できている車)は、多少買取価格が高くなっても確実に仕入れたいと考えるものです。

また商戦に向け在庫確保のための予算を用意していることも多く、資金を投入して相場より高く買い取るケースもあるのです。

参考【2022年最新】車を売るならどこがいい?車買取業者のおすすめランキング

まとめ

車一括査定でしつこい電話を回避する方法を今一度振り返りましょう。

  1. 車一括査定の申込先を少なくする
  2. オークション形式のサービスを利用する
  3. 電話を1回で済ませる

車の査定は、実際に車の状態を見るのが必須であり、メールだけで正確な査定額を出すことはできません。

車一括査定のシステム上、査定依頼を受けた業者は、我先に査定日を取り付けようとこぞって電話をかけてきます。

しかし査定日を決めておいて最初の電話で要件を済ませてしまえば、その業者から再度電話がかかってくることはありません。

申し込みをする業者数を減らすことで、電話をさらに少なくすることができるでしょう。

また、ガリバーやネクステージ、ビッグモーターといった自動着信「オートコールシステム」を採用する買取業者は車一括査定から外し、直接査定依頼をするのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました