本当に電話がかかってくるの?車一括査定、実際の評判と安全な活用法

サービスを誤解しているかも?車一括査定、実際の評判と安全な活用法 車一括査定

「車を売ろうと思うけど、車一括査定って大丈夫なの?」

こんな疑問を持ってこのページを訪れていただいた方も多いと思います。車一括査定、車が高く売れる!という話を聞くけど、本当に大丈夫なのか心配になりますよね。

車一括査定のサービスは以下のような内容で、複数の買取業者に査定依頼ができるサービスです。車一括査定のサービス内容

車は複数業者に査定をしてもらうことで相見積もり・比較ができて高く売れますが、各社個別に申し込みしなければいけないという面倒さがあります。

毎回売りたい車の車種や年式、走行距離を伝えなければならないのは非常に面倒ですよね。

しかし車一括査定を使えば、車の情報と連絡先を1度入力するだけで、複数社に査定申し込みができてしまいます。

ただし、車一括査定サイトは業者への送客・紹介を行っているだけで実際に車を買い取っているわけではありません。その点だけ覚えておくようにしましょう。

査定金額を少ない手間に比較できるためもっとも高い金額を検討して売ることができ、同時査定にすることで疑似的なオークションのような状態も作れます。

個人的に、うまく利用すれば有用なサービスであると言えると思います。しかし電話が多くかかってくるというデメリットもあります。

  • 車一括査定をやってみた実際の評判・口コミを知りたい
  • 車一括査定の仕組みってどんなもの?
  • 自分には車一括査定が向いているのか知りたい

この記事では、上記の疑問に答えられるよう、車一括査定の評判や利用するかどうかの判断基準を具体的に解説しています。

まずは、実際に車一括査定を利用した人からの評判・口コミを検証してみましょう!

参考記事比較する!高く売る!「車一括査定」の厳選おすすめランキングと活用方法教えます

リアルな声でわかる!車一括査定をやってみた評判

SNS上では、車一括査定を実際にやってみた人の口コミ・感想が多く投稿されています。その内容をまとめると、下記のような傾向があるといえるでしょう。

  • 電話が多くかかってくる
  • 営業がしつこい
  • 車が思ったより高く売れた
  • 逆に電話がかかってこなかった

車一括査定をやってみた評判の傾向

実際に口コミを引用しながら原因・実態を説明していきますね。

(1)電話が多くかかってくる

車一括査定の評判で最も多いのが「電話が多い」という正直ネガティブなもの。デメリットとして耳にした方もいるかもしれません。

車一括査定では申込直後から大量に電話がかかってきて、多いケースだと1日100件以上もの着信がきます。

これは車一括査定の仕組みに原因があるのですが、最初にお話ししたように「複数の買取業者に一括で査定依頼をする」ものだから。

車一括査定に申し込んだだけでは、査定・買取の具体的な予定は決まっていません。

一言でいえば買取業者への申込み代行サービスなので、査定の実施が決まるのは買取業者とのやり取りを経てになります。

そのため申し込み後に「査定日を決めさせて欲しい」という電話が大量にかかってくるのです。

車一括査定には最大で1度に30社まで申し込みができるサイトもあり、これは裏を返せば最大30社から電話がかかってくることになります。

対策として、一度電話に出て査定日を決めてしまえば、それで電話要件は終わり。同じ業者から電話がかかってくることはありません。

しかし電話に出ないと、何度でもかけてくるのです。特にガリバーやビッグモーターは、オートコールシステムというものを採用しています。

これは車一括査定経由で申し込みがあった場合、申込者の電話番号に自動で電話をかけるというもの。

電話に出るまで何度でもかけてくるので、しつこいと感じる人が多いのです。またコンピューターが自動で電話をかけているため、担当者が「これ以上かけたらしつこいかもしれない」と感じることもありません。

  • 査定候補日を事前に決めておく
  • 早く売りたい、少しでも競わせて金額を上げたい人は同時査定もあり
  • 電話の数を減らしたいなら、3社程度に留める

これらのポイントを押さえておくと、このデメリットを最低限のものにすることができるでしょう。

(2)営業がしつこい

車一括査定に申し込みをすることで、買取業者の査定を受けることができます。

査定は基本「自宅査定」になり、自宅の駐車場で受けられますが、しつこい営業マンはなかなか帰ってくれないことがあります。

下記の事例のように無理に契約を迫り、契約してくれるまで帰らないというもの。

「いや、売りません」ときっぱり断れる人なら問題ではありませんが、押しに弱い人・断りづらい人にとっては大きなデメリットでしょう。

当然、査定額が希望金額に満たない場合は無理に契約する必要はありません。「売ることはないので帰ってほしい」旨を気持ちを強く持ってしっかり伝えましょう。

強引な営業に押されて無理に契約してしまってから揉めるよりも、査定時にきっぱり断った方が圧倒的にトラブルにならずに済みます。

(3)車が思ったより高く売れた

一見ネガティブな内容が続きましたが、車一括査定の最大のメリットは「車が高く売れる」こと。

評判・口コミでもそのメリットを実感した人は非常に多いようです。

基本的に、買取業者は1社だけに査定をすると「最高価格」が提示されることはありません。

というのは中古車の価格は市場によって変わり明確な基準がないため、安い金額を提示しても「そういうものだ」と思ってしまう人が多いのです。

しかし複数社に査定を依頼すれば「この金額は他社より高い・安い」という判断ができて、車のおおまかな相場がわかります。

相見積もりを取ることで、相場よりも高い金額で車が売れるのです。

また査定日をまとめたい人・手早く売りたい人・少しでも金額をつり上げたい人は「同時刻に複数業者を呼ぶ」同時査定も有効です。

人気車種を売るなら車一括査定はおすすめ

車一括査定を利用すると高く売れるというのは、人気車種であるほどその傾向が強いのです。

具体的に人気車種というのは、以下のジャンルに属する車を指します。

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • ミニバン
  • SUV
  • ハイブリッドカー

車一括査定は買取業者の仕入れの場でもあるため、業者としても人気車はぜひ欲しいと思うもの。ライバルが多いジャンルの車ほど価格競争は激化します。

反対に不人気車は欲しがる業者が少なくなるため、高く売れる可能性が低くなってしまいます。不人気車に代表されるのは、以下のような車です。

  • スポーツカー
  • 古い車
  • 輸入車
  • 事故車、修復歴車

こうした車はライバル同士で競わせることが難しいため、車一括査定との相性はあまり良くありません。

しかしその場合は申込みをする業者数を増やす等の対応を取れば、高く売れる可能性が上がります。

車一括査定では「提携業者数」が重要

原則、車一括査定を選ぶ際は、提携業者数が多いサイトを利用しましょう。

提携業者数が多いサイトを使って多くの買取業者に査定依頼をすれば、その車を探している業者とマッチングする確率が上がります。

その結果、車を高く売ることができるのです。1社だけで査定するのに比べて差額は数十万円になることも珍しくないため覚えておきましょう。

(4)逆に電話がかかってこなかった

車一括査定の評判で多いものは「電話が多くかかってくる」というものですが、逆に「(車の条件や買取店の有無によって)電話がかかってこなかった」という声もあります。

買取業者は申込みがあった時点で、あなたが売りたい車の車種や年式、走行距離などの情報が分かります。

そのため自社で探していない・販路が見込めない車に関しては、買取の必要がないとして電話をかけないケースがあるのです。

人気車種ならその心配もありませんが、不人気車や古い車などは、電話がかかってこない可能性もあります。

提携業者数が多いとその車が欲しい業者に当たる可能性も上がりますが、郊外や田舎と不人気車の組み合わせだと電話がこないことも考えられます。

ここまでの評判傾向をまとめると、車一括査定は「車を高く売ることはできるが電話がしつこくかかってくる」ということになるでしょう。

車一括査定の利用に迷う場合の判断ポイント

車一括査定の利用に迷う場合の判断ポイント

車一括査定のデメリットを知って「それなら使いたくないな…」とためらう人もいるかもしれません。

利用を控えた方がいいかどうかを決めるポイントは1つだけ、「車を高く売りたいかどうか」につきます。

車一括査定のデメリットである「電話が多くかかってくる」問題は、同時申込み業者を減らすことで解決可能。

しかしどうしても電話対応自体は必要になってしまうため、どうしても業者との電話が嫌だと思う人は利用は控えるのがいいでしょう。

最終的に、車一括査定の利用を決める判断基準は以下の2つです。

  • 車を高く売りたいなら利用するべき
  • 電話が面倒ならやめた方がいい

車を高く売りたいなら利用するべき

あなたが最も重視することが「高く売りたい」であれば、車一括査定は利用するべきでしょう。

電話対応が面倒ではありますが、車が高く売れる見込みがあることは事実です。

同じ車を複数社で査定してもらうことで、相見積もりになって競争が生まれます。1社に査定してもらうだけでは相見積もりにならず、最高価格を提示してもらうことは難しいでしょう。

仮に自分で複数業者を回るとしても、電話の代わりに直接業者を回る手間が発生します。

  • 車を高く売るためには複数業者の相見積もりが欠かせない
  • 車一括査定を使わない場合は自分で買取業者回りをする必要あり

上記を踏まえて「それなら少しの電話くらい我慢できる」と感じた人は、車一括査定を利用して満足な結果を得られるでしょう。

電話が面倒ならやめた方がいい

もし車一括査定に対して「簡単・お手軽に車を売りたい」という大きな期待をしているなら正直利用はおすすめしません。

最も簡単でかつ手間がかからない車売却方法は、ディーラーの下取りです。

ディーラーの査定額に満足できず、もっと高く売りたい人が、少しの手間をかけてでも利用するのが車一括査定というが実態です。

依頼業者を減らすことで電話を減らせるとはいえ、どうしてもある程度の電話対応は必要になります。

高い買取価格よりもお手軽に売ることを求める人は、車一括査定を利用すると逆に面倒に感じるかもしれません。

ここまで、車一括査定を利用するかどうかの判断基準をお話ししてきましたが、車一括査定についてネガティブなイメージを持たれるのは、サービス内容が誤解されているからという面もあります。

最後に、車一括査定を正しく利用するためにサービス内容をより深くお話ししておきましょう。

車一括査定は本質を理解して使えば危険はない

車一括査定は理解して使えば危険はない

車一括査定の評判を分析していると、ネガティブなイメージを持つ人に共通することが見えてきました。

それは「車がお手軽・簡単に売れると思っていたが違った」ということ。

先ほどお伝えしたように、お手軽・簡単を求めるならディーラーの下取りを利用した方がよいのです。

下記に車一括査定のサービス内容について広まっている誤解と正しい認識をご紹介します。

  • ×:車一括査定を使えば車が簡単に売れる
  • 〇:車一括査定を使えば車を高く売ることができる

車一括査定は、そのサイト自体が車を買取ってくれるわけではありません。あくまで買取業者に対して申し込みを代行・紹介してくれるものです。

「一回の申し込みで複数業者に査定依頼ができる」という部分で利用者の手間を減らしているわけで「簡単に車が売れる」のとは違うのです。

つまり、複数業者に査定依頼をする目的を理解している人以外が使うと、思っていたのと違う結果になってしまうのです。

対応する買取業者が増えるほど手間が増えるのは当然のことといえます。

危険なのは「評判の悪い買取業者」

何度か解説した通り、車一括査定サイトが買取を行っているわけではありません。

申し込みをしたらその後は買取業者とやり取りを進めるため、評判の悪い強引な営業マン等は買取業者のスタッフなのです。

車一括査定を利用した結果、強引に売却を迫られたという事例は確かに存在します。

しかしこれは車一括査定の落ち度ではありません。

車一括査定では、全国にある提携業者に査定依頼が可能なので、中には評判が悪い買取業者が紛れ込んでいるケースもあるのです。

こうした悪質な買取業者に当たらないためには、大手買取業者に絞って査定依頼するのがおすすめ。

信頼できる買取業者は、中古車業界の健全化を目的とした「JPUC」や「JADRI」に加盟しています。

画像引用:JADRI

両方の公式サイトをチェックし、加盟している業者に査定依頼すれば危険はありません。

また、車一括査定サイトも運営会社で選ぶと良いでしょう。大手有名企業が運営していれば、個人情報の取り扱いもしっかりしています。

大手が運営する高評価の車一括査定サービスは下記記事でお伝えしています。

参考記事比較する!高く売る!「車一括査定」の厳選おすすめランキングと活用方法教えます

安心できる車一括査定を使い、信用できる買取業者に査定依頼する。これだけでトラブルに合う可能性がぐっと下がり、安心して車を売ることができるでしょう。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。車一括査定の評判・口コミについて詳しくご紹介してきました。

車一括査定は便利なサービスですが、電話が多くかかってくるのは仕組み上逃れようのないことです。

また業者対応も必要になるため決して売却がお手軽にできるサービスではありません。

その代わり、相見積もりによって車が高く売れたという評判も多く、正しく目的を理解して使えば有用なサービスといえるでしょう。

車一括査定をやってみた評判の傾向

また悪質な買取業者に依頼してしまと、しつこく売却を迫られる等のトラブルに見舞われる可能性もあります。

こうした事態を割けるため、

  • 車一括査定のサービス内容を正しく理解する
  • 業界団体に加盟する買取業者を調べる

これらはしっかりと押さえるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました