車査定で走行距離が多い場合の影響は?10万キロ前後のクルマを売る際の必須知識

車査定で走行距離が多い場合の影響は?10万キロ前後のクルマを売る際の必須知識 車査定

愛車に長く乗り続けてきて、そろそろ手放そうかな…と思ってこの記事を読まれている人は多いと思います。

中にはそもそも車が必要なくなったという事情もあると思いますが、乗り換えなどの場合「走行距離10万キロ」がひとつの目安になるケースが多いです。

しかし、一定以上の走行距離に達した車は売れるのか気になりますよね。

  • 走行距離が多すぎると高く売れないって本当?
  • 過走行とはどれくらいの距離を指すの?
  • 走行距離が多い車でも高く売る方法を知りたい!

この記事では、走行距離に関する上記のような疑問に答えつつ、走行距離が10万キロ前後の車を売るためのノウハウを徹底的に解説していきます。

10万キロまではいかないけど、売却する上で走行距離が気になる…という方にも役立つ内容になっているので、ぜひご覧ください!

「走行距離」は車査定で最も重視される指標

「走行距離」は車査定で最も重視される指標

結論からいうと、走行距離は車の価値を決める重要指標の一つです。

工業製品である以上、車には寿命があり、それを把握する指標が「走行距離」と「年式」の2つです。

当然ですが、走行距離は短い方が新品に近いため高く売れます。走行距離が増えると、劣化・故障のリスクが高まるわけです。

年式による経年劣化もありますが、走行距離が多いことはそれだけクルマを使っているという事になり、部品の劣化に繋がります。

走行距離が多い車は「過走行車」と呼ばれ、基本的に車査定の時に不利になります。

もちろん、走行距離だけが査定価格を決めるポイントではありません。過走行車が絶対に安く買い取られるかというとそれは間違いです。

では、どの程度の走行距離になると車査定で不利なのでしょうか。

過走行の目安は「10万キロを超える」こと

国内の車査定において、過走行車と呼ばれるのは10万キロを超えたクルマです。

一般的には「1万キロ、5万キロ、10万キロ」という段階で価格が大きく変動します。す。

この記事を読んでいただいている方で走行距離1万キロ以内に該当する人はあまりいないでしょう。

しかし比較的年式が新しい車は1万キロを超えているかどうかが一つのポイント。

外国製のスポーツカーや超高級車も、1万キロを下回っていれば「低走行車」として高く評価されます。

走行距離は1年1万キロが目安

ここから走行距離のお話をしていく上で、年式と走行距離の関係を簡単に押さえておきましょう。

一般的には、走行距離の目安は「1年で1万キロ」が妥当と考えられています。

走行距離の目安は「1年で1万キロ」が妥当

つまり、

  • 新車登録から5年経過した車なら5万キロ
  • 10年経過した車なら10万キロ

という数値が一般的なのです。

車査定でも、1年1万キロを基準にしています。そのため、「新車登録年数×1万キロ」にどれだけ当てはまるかが重要です。

5年経過した車の走行距離が7万キロなら、それは過走行気味の車として減額される可能性があるのです。

逆に5年経過したのに4万キロなら、低走行車としてプラス査定されます

一方、車の走行距離と年式はバランスが重要なので、極端な例はマイナスに作用することも。

例えば、10年経過した車の走行距離が1万キロ以下というケースでは、あまりに乗っていない時間が長いことから経年劣化が進んでしまいます。

車査定では「適度に乗っている・動かしている」ことが評価されるため、1年1万キロまでは許容範囲内ということなのです。

走行距離5万キロはひとつの分岐点

大きな分岐点とされているのが、走行距離が5万キロを超えた時です。

5万キロは、買取価格が大きく下がる10万キロのちょうど半分の距離ですね。

このタイミングの車を「多走行車」と呼び、5万キロを上回る分だけ買取価格が下がっていきます。

「1年1万キロ」の基準によるなら、走行距離5万キロは、新車登録から5年が経過した時です。

車の保証の多くが5年で切れてしまうため、今後の修理は実費になります。

ちょうど2回目の車検を迎えることもあり、ここで手放す人が意外と多いのです。

保証が切れるタイミングと、多走行車と呼ばれるタイミングが重なることで、買取価格に影響を与えていると言えるでしょう。

一方で、5万キロを下回っている車では事情が変わってきます。

5万キロを下回っていれば、中古車として流通した際の見栄えのよさから高価買取が期待できるのです。

年式が古い車でも、5万キロ以下なら査定員の評価も大分良くなるでしょう。

10万キロを超えると買取価格は大きく下がる

日本の車は非常に高品質なことで世界的に有名ですが、かつては「10年または10万キロがクルマの寿命」と言われていました。

現在では技術の進歩により20万キロでも大きな故障なく乗れますが、市場にはその名残が根強く残っています。

10万キロ以上走行している車は中古車市場でも人気がありません。

結果、10万キロを超えた車は「過走行車」として大きく買取価格が下がってしまうのです。

もちろん10万キロ以上乗ってしまった車の全てが品質的に問題があるかといえば、そんなことはありません。

しっかりメンテナンスをすれば、まだまだ乗ることができます。

次は、過走行車は高く売れないのか・高く売る方法はあるのかといった疑問に応えていきましょう。

「過走行車は高く売れない」は誤り

現時点で10万キロを超えてしまっている場合や、年式に対して走行距離が多い場合は、「自分の車は高く売れないかも」と思うかもしれません。

しかし、希望を捨てるのはまだ早いです。過走行車であっても高く売れないわけではありません。

これから、過走行車が売れる3つの理由について解説していきます。

10万キロ超えの過走行車が売れる3つの理由

10万キロ超えの過走行車が売れる3つの理由

過走行車は高く売れない、というのは間違った認識です。

買取店の査定員などは、「10万キロを超えているので処分料がかかります」などと言うことがあります。

しかし、今の車は10万キロを超えていても需要があるため、処分料がかかることなどめったにありません。

そのため、もし査定時にそのように言われたら、その買取店は利用しない方が良いでしょう。

ここでは、過走行車が売れる3つの理由について、詳しくご紹介していきます。

  • 海外需要がある
  • 部品自体に価値がある
  • 鉄としての価値がある

海外需要がある

何度かお伝えしていますが、10万キロを超えてもすぐに壊れることはめったにありません。

きちんとメンテナンスをすれば、20万キロあたりまで問題なく乗ることができます。

しかし、日本国内ではその事実よりも「10万キロが車の寿命」という消費者のイメージの方が強いのです。

こうした点から、海外に販路を持つ買取業者は過走行車は海外輸出しています。

海外では10万キロというのはまだまだ低走行車の扱いです。

特に日本国内で乗られていた車は、2年に一度車検を受けていることもあり、メンテナンスが行き届いています。

高品質でメンテナンスがしっかりされている車となれば、海外では国民の足として活躍することは間違いないでしょう。

こうした海外需要から走行距離が10万キロを超えていても、売ることができるのです。

参考記事車の海外輸出は個人に向かない?高額車買取のための簡単・楽な方法教えます

部品自体に価値がある

例えば過走行車が海外輸出された場合、その次に必要になるのが保守部品です。

20万キロまで問題なく走れるといっても、それは適切なメンテナンスを続けた場合。

そのため、車体に価値はなくても交換可能な部品に価値が残っているため売れるというケースがあるのです。

古い車になれば、メーカーは部品供給を止めてしまいます。その場合、その車に乗り続ける人は困ってしまいますよね。

そこで、同じ車から中古部品を取り外して交換するのです。中古部品の方が安価なので、修理代を抑えられるメリットもあります。

鉄としての価値がある

過走行車かつ、部品もボロボロで保守部品としても使えない…という場合でも、買い取ってもらえる希望はあります。

なぜなら、車はボディや部品に鉄が使われているため、金属としての価値があるのです。

一般的に、車1台には3〜5万円程度の鉄の価値があると言われています。

またハイブリッドカーならバッテリーにレアメタルが使われているため更に価値が上がります。

ここまでの内容から、走行距離が10万キロを超えているからといって、売れないのは間違いであることが分かるでしょう。

ただし、車の査定価格は走行距離以外にも、複数の評価項目により決定されます。

総合的に見て「価値が残っていない」と判断されてしまうこともあるため、どこに売るのかの判断が大事になってきます。

過走行車はどこに売るべきかの判断基準

過走行車はどこに売るべきかの判断基準

自分の車が過走行車であれば、どこで売るのかをしっかり見極める必要があります。

ここでは過走行車を

  • 買取店で売った方が良いケース
  • ディーラーで売った方が良いケース

それぞれの特徴と判断基準を紹介していきます。

買取店が向いているケース

買取店での売却が向いているのは、以下の特徴に当てはまるケースといえます。

  • 10万キロを超えているが年式が新しい車
  • 過走行車だが、車の状態が非常に綺麗
  • しっかりとしたメンテナンスをしてきた車

極端な場合を除き、年式が新しい車であれば10万キロを超えていても需要があります。

走行距離は多くとも、年式が新しいことで経年劣化や故障のリスクは比較的低いといえるのです。

年式が新しく走行距離だけ多い車は、その車を安価で欲しい人達に人気があります。

同じ年式の低走行車に比べれば買取価格は安くなりますが、需要があるため高価買取が期待できるでしょう。

また、過走行車であっても車の状態が綺麗なら、高値で買い取ってもらえる可能性があります。

豪華装備が多数あれば、プラス査定が望めるでしょう。

故障のリスクが低い安心感という点では、定期的にメンテナンスをしてきた記録が残っている車は、過走行車でも高評価です。

車は定期点検の際に「点検記録簿」というものが発行されます。

点検記録簿には、どんな点検や整備をしたか、どの部品を交換したのかが詳細に記録されています。

車のカルテのようなものなので、過走行車でも安心感をアピールすることが可能です。

買取店では複数社の査定を受けるのがおすすめ

買取店に売るのがよいと言っても、1社に査定を依頼するだけでは高額買取にはつながりません。

複数社を競わせるのがベストなのです

買取店1社だけで査定を受けた場合、実際に買い取れる限界額よりも低めの査定額を伝えられることが多いのです。

しかし実際には、もっと高く売ることが可能。そこで別の買取店と競わせて相見積もりを取ることが、限界価格まで引き上げるコツなのです。

しかし、自分で複数社に一軒ずつ査定依頼するのは非常に面倒ですよね。そこで活用したいのが、車一括査定というサービス。

これは、1度の申し込みで複数社に査定依頼ができるというサービスです。

車一括査定の仕組み

車一括査定の仕組み

郵便番号を入力すれば、近隣にある買取業者を自動で表示してくれる機能も付いています。そのため、自分で買取業者を探す手間も省けるでしょう。

おすすめ車一括査定サービス

参考記事比較する!高く売る!「車一括査定」の厳選おすすめランキングと活用方法教えます

こうした便利なサービスを使い、複数の買取店を競わせて最高価格を引き出すのがおすすめです。

ディーラーが向いているケース

ディーラーでの売却が向いているのは、以下の特徴に当てはまるケースといえます。

  • 買取店で0円と言われた
  • 廃車専門の買取店にも0円と言われた
  • 新車購入に伴う買い替え

ディーラーは仕入れた車を業者オークションに流すため、その手数料から買取価格は安くなる傾向があります。

そのため、大半のケースは買取店を利用した方がお得なのです。

しかし、買取店が買い取ってくれるのはあくまで「中古車として売れる車」に限ります。

過走行車かつ状態も悪いというクルマは、商品価値がないと判断されて0円と言われてしまうことがあるのです。

海外に販路がない買取店の場合、過走行車であっても高値で売れる海外に自社で輸出をすることができません。

そのため「査定価格0円」という事態も起こりえるのです。

いくつかの業者に査定を依頼し、値段がつけられないと言われた時はディーラーの下取りを利用しましょう。

ディーラーは、新車販売促進のために、どんなに古くて過走行な車でも買い取ってくれます。

しかし、ディーラーの下取りは、新車購入時にしか使えません。買い替えに伴って過走行車を手放す時に限り使える方法と思ってください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

走行距離が車査定にどのような影響を与えるのか、過走行車を高く売る方法があるのかの疑問にお応えしてきました。

車の査定額は、複数の評価項目で決まります。しかし品質面で走行距離が占める割合は大きいため、低走行な車ほど高評価となります。

低走行車と過走行車のボーダーラインは5万キロと言われているため、車を売却する一つの指標にしましょう。

10万キロを超えている車は「過走行車」と呼ばれ、国内での人気・買取価格は大きく下がってしまいます。

しかし海外ではまだまだ需要があるため、輸出を得意とする買取店に売却するのがおすすめです。

車一括査定を利用して複数の買取店で査定を受け、結果的に値段がつかない場合はディーラーに下取りを依頼しましょう。

タイトルとURLをコピーしました