あきらめてはダメ!事故車・故障車でも車買取が可能な理由と注意点

あきらめてはダメ!事故車・故障車でも車買取が可能な理由と注意点 車査定

「クルマで事故や大きな故障をしてしまって、もう手放そうと思う…」という状況に直面している方は意外に多いと思います。

修理代も高くつくことを考えれば、この機会に買い替えてしまうというのはありですよね。

しかし、「そもそも壊れた車は買い取ってもらえるの?」と気になってはいないでしょうか。

結論からお伝えすれば、故障車や事故車でも買い取ってもらうことは可能。

しかし、普通の車買取とは異なり、少し気にするべき点やチェックするべき点があるのも事実です。

そこでこの記事では、故障車や事故車の買取について、知っておくべき情報をわかりやすく解説します。

故障車や事故車を少しでも高額買取してもらえる業者の選び方や、安心して利用するための知識が身につきますのでぜひご覧ください。

それではまいりましょう!

故障車・事故車でも買い取ってもらえる!

故障車・事故車でも買い取ってもらえる!

はじめにお伝えした通り、故障車や事故車であっても買い取ってもらうことができます。

しかし、故障や損傷の状態によって、利用するべき買取業者は異なります。

まずは故障車と事故車の定義、そして「修復歴車」の意味を簡単に知っておきましょう。

中古車業界では「事故車=修復歴車」として扱われることもあります。しかし厳密な意味は異なりますので、違いを押さえておくことをおすすめします。

故障車の定義

故障車とは、以下の条件に当てはまる車のことです。

  • 何らかの理由でエンジンがかからないなど車が動かない
  • エンジンはかかるが異音や振動があり、走行に支障がある
  • 電装品が動かない、電気がつかないなどの不具合がある

故障車には、明確な定義がありませんが、主に外装は破損していない内部損傷を指します。

故障程度はさまざまあり、電装品が動かないなどの小さな不具合も故障に分類されます。

大きな故障になると、自走することもできないため、買取店に持ち込むことはできません。そのため故障の程度を把握しておくことで業者選びに役立つでしょう。

事故車とは

事故車とは、以下の条件に該当する車を指します。

  • 事故で外装が損傷し自走することができない
  • 自走はできるが、外装が損傷している
  • 事故の影響で何らかの不具合が生じている

内部損傷を対象とする故障車に対して、事故車では「外装が損傷しているかどうかがポイント」となります。

事故車にも大小あり、小さい事故を起こしただけなら、破損も少なく自走可能でしょう。

大きな事故を起こした車であれば、自走不可というのも珍しくありません。

こちらも自走の可否で利用する業者が変わるため、事故車もその程度をチェックすることが大切です。

修復歴車とは

修復歴車とは、過去に事故を起こした結果、大規模な修理を行っている車を指します。

軽微な事故で板金修理をしている程度では修復歴車と呼びません。

上で「事故車=修復歴車を指すこともある」と書きましたが、これは修復歴の発生が事故に起因することが多いからです。

車には、フレームと呼ばれる骨格部分があります。このフレームを修正するような修理を行った場合のみ、修復歴車と呼ぶのです。

修復歴車は、現在普通に動いているケースが大半です。もし走行に支障がある故障が存在すれば、修復歴車かつ故障車ということになります。

故障車はどこに売るかの判断基準

では故障車はどこに売ればいいのか?これは故障の度合いによります。

下記を参考に、ご自身の車がどの程度の故障なのか・どこに売れば良いのかを判断してもらえればと思います。

故障の程度をチェックする

故障車を売却する際はまずは故障の程度をチェックしましょう。

故障の程度は大きく以下の3つに分けることができます。

故障の程度:3分類

  • 軽度の故障:走行に支障はないが少し調子が悪い
  • 中度の故障:異音や振動あり・修理に高額の費用がかかる
  • 重度の故障:修理が不能なほどの故障・自走できない

この故障が軽度~重度どれに当てはまるかによって、売却先の候補が変わってきます。

(1)軽い故障なら「車買取業者」に依頼

走行には支障はないが所々調子が悪い箇所がある場合、

  • パワーウィンドウが動かない
  • メーター内警告灯が点灯している
  • エアコンがきかない

などがあるでしょう。これらのケースは軽度の故障に分類できます。

このような故障車は、修理で直ってしまうケースが大半です。そのため、普通の車買取同様、買取業者に売却がおすすめ。

買取業者のほとんどが、自社で修理工場を持っていますのでこの程度の軽度な故障なら修理して再販できます。

またバッテリー上がり、タイヤのパンク程度であれば交換で直るため故障のうちに入らないケースもあります。

買取業者に相談した際に「このような箇所が故障している」と伝えた上で査定を受けましょう。

なお車買取業者を探すのは、複数の買取業者に一括で査定依頼ができるとともに、近隣の業者をリストアップできる「車一括査定サービス」の利用がおすすめです。

おすすめ車一括査定サービス

参考記事比較する!高く売る!「車一括査定」の厳選おすすめランキングと活用方法教えます

(2)高額の修理費用がかかる場合も買取業者へ依頼

異音・振動があり、走行に支障があるような場合・・・例えば走行中にハンドルがブレる、エンジンからガラガラと音がするなどは、中度の故障に分類されます。

こういった故障では修理にも高額な費用がかかります。

中度の故障の場合も、買取業者に売却しましょう。個人が修理を依頼すると高額だとしても、買取業者の自社工場なら格安で修理が可能だからです。

例えばエアコンが故障しているケースでは高額の修理費用がかかりそうなイメージですが、部品交換だけで直ることもあります。

自分では大きな故障と思っていても、買取業者からしたら大したものではないことが多いわけです。

直して再販するため、査定額が減額はされますがほぼ買取不可とはなりません。買取業者に修理が必要な故障がある旨を伝えた上で査定依頼しましょう。

(3)自走しない故障なら廃車買取業者に依頼

中度の故障であっても複数の業者から査定を断られた場合、また自走ができないほどの重度な故障であれば、廃車買取業者に売却しましょう。

買取業者は、自走する車であれば買い取ってくれますが、自走不可であれば買い取ってくれません。

廃車買取業者であれば、自走できない車もレッカーで引き取ってくれます。

買取業者は、自走しても走行距離が多すぎる車・劣化が著しい車は買い取ってくれないケースがあります。

当サイトおすすめの廃車買取業者

  1. 廃車王
  2. タウ
  3. ハイシャル
  4. カーネクスト
  5. 廃車本舗

参考記事トラブル回避には業者選びが肝心!廃車買取おすすめランキングTOP5

故障車の売却先を押さえたところで、次は事故車をどこに売るべきなのかについて解説していきましょう!

事故車はどこに売るかの判断基準

事故車はどこに売るかの判断基準

事故車の場合も故障車と同様、まずは事故車としての程度をチェックしましょう。

まずは事故の度合いを見る

事故車でも、どの程度の事故なのかで売却先が変わってきます。事故車は、以下の2つに分類できます。

事故車の程度分類

  • 軽度:軽い事故により外装に損傷は見られるが走行可能
  • 重度:ボディが変形するほどの事故で自走ができない状態

主に自走ができるかどうかが重要な判断基準になるので、これから詳しく説明します。

(1)軽微な事故なら「車買取業者」に依頼

軽くぶつけてしまったような軽い事故なら、あまり車は損傷していないはずです。

こうした軽微な事故車であれば、車買取業者に依頼しましょう。中古部品を使って修理すれば意外と安く直ってしまうことがあります。

車買取業者は、自社工場を持っていることが多いので、格安で修理して再販します。

自走はできるが、事情で買取店まで乗っていくのが難しいなら、出張買取を利用しましょう。

おすすめ車一括査定サービス

(2)自走しない重度の事故車なら「廃車買取業者」に依頼

自走できないほどの事故車であれば、廃車買取業者に買取を依頼しましょう。

車が激しく破損してしまった場合、骨格部分いわゆる「フレーム」と呼ばれる部品が変形している可能性があります。

こうした車は、自社工場を持っていたとしても修理に多額の費用がかかります。

一般的な車買取業者は、そこまでの修理をした上で再販することはありません。上述のようにフレームを修理すると修復歴車となってしまうからです。

そのため、スクラップなどを専門に扱う、廃車買取業者の方がおすすめなのです。

最後に、修復歴車を売却したい場合、修理済みで自走するなら買取業者に依頼すれば問題ありません。

査定依頼時に「修復歴車である」と伝えれば、その前提で査定を行ってくれるでしょう。

再度、おすすめの廃車買取業者を掲載しておきますね。

当サイトおすすめの廃車買取業者

  1. 廃車王
  2. タウ
  3. ハイシャル
  4. カーネクスト
  5. 廃車本舗

ここまでお話しした通り、事故車もその程度によって売却先を変えるのが効果的。

次は、故障車・事故車を売る場合によくある質問「故障車や事故車は直してから売るべき?」という問いにお答えします。

故障車・事故車は直さず売るのが吉!

故障車・事故車は直さず売るのが吉!

故障車や事故車であれば、査定時に減額されることは仕方ありません。

少しでも高く売りたいという事で「修理してから売却したらどうなるの?」と思うのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、故障や事故で損傷した部分は直さず売った方が損をしません。

故障や損傷を直すには当然修理代がかかります。これには修理工場の利益なども上乗せされているので、当然原価よりも高めの請求額となります。

一方、買取業者は自社工場で修理する時、原価で直すことが可能です。そのため、修理にかかる原価をベースに減額をしています。

結果、自分で修理代を支払うよりも、減額を受け入れた方が損をしないのです。

その上、修理をして売却しても、減額されないだけでプラス査定にはなりません。

これらを踏まえると、故障車や事故車はそのまま売る方が良いことが分かりますね。

故障車・事故車の買取業者を選ぶポイント

一般的には価値がないと思われている故障車・事故車でも買い取ってくれる業者を探すにはいくつかポイントがあります。

下記のポイントを満たしていれば、安心して利用できる業者と言えるでしょう。

故障車・事故車の買取業者を選ぶポイント

  1. 自社でリサイクル工場を持っている
  2. 自動車税、自動車重量税、自賠責保険の説明をしてくれる
  3. 出張査定とレッカー引取をしてくれる

逆にこれらのうち1つでも満たせていない業者では、故障車・事故車を売ることはおすすめしません。

1.自社でリサイクル工場を持っている

まず、その業者が国の認可を受けた自社リサイクル工場を持っているかどうかを確認しましょう。

自社工場を持っている業者であれば、買い取った車はそのまま工場で修理や部品の取り外しを行います。

一方、リサイクル工場を持たない業者は、買い取った後に外部のリサイクル工場へ処分を依頼することになります。

その費用分、買取価格が安くなってしまいます。

また悪質な業者では、最悪引き取った車をそのまま放置する可能性があります。

これは後々大きなトラブルの原因になりますので、必ず自社リサイクル工場を持っている業者に依頼しましょう。

2.税金や還付金、保険の説明をしてくれる

故障や事故の程度がひどく廃車にする場合、税金や還付金の説明をしっかりしてくれる業者を選ぶのが鉄則。

車は廃車にすると「自動車税・自動車重量税」の還付が受けられます。自賠責保険に関しても、中途解約となれば返戻金があります。

こうした還付金がいくらなのか、事前にしっかり説明してくれる業者を選びましょう。

  • 還付金をしっかり渡してくれるか
  • 買取金額に含むのか

この2点は必ず確認しましょう。

ここをうやむやにする業者からは、還付金が受け取れない可能性があります。

また、廃車にした証明証を郵送してくれる業者を選ぶと更に安心です。

3.出張査定とレッカー引取をしてくれる

動かない車であれば、出張査定とレッカー引取は必ず無料の業者を選ぶようにしましょう。

車買取業者、廃車買取業者のどちらも出張査定を無料で行ってくれるところがほとんど。

また廃車買取業者であれば、レッカー引取も無料で行ってくれるところが多いのです。

ここまで、故障車や事故車を売るおすすめの方法と、信頼できる業者の選び方を解説してきました。

軽度の故障であれば「黙って売ればばれないのでは?」と考えるかもしれません。しかし、故障や事故歴を黙って売ることは絶対に避けてください。

その理由と考えられるトラブルを解説します。

故障・修復歴を隠して売るのは絶対NG

故障を隠して売るのは絶対NG

故障や修復歴によって査定額が減額されることから、「黙って売ってしまおう」と考えるかもしれません。

しかし、故障や修復歴を黙って売ることは絶対にやめましょう。

車を売る側には「瑕疵担保責任」があり、嘘の報告をして契約した場合、その責任を問われる可能性があります。

故障や修復歴を黙って売却すれば、不当に利益を得たことになります。

買取業者からしたら、故障がない状態の値段で買い取ることになるため損をしてしまいます。

もし、瑕疵担保責任に問われた場合、正当な査定額との差額を返金しなければいけません。

さらに契約のキャンセルや損害賠償請求を起こされる可能性もあります。

把握している故障・事故歴を黙って売ることは絶対に避けましょう。

中古車で修復歴がわからない場合の対応

もしその車を中古車で買った場合、修復歴がわからない場合もありますよね。

その際は、「中古で買ったので修復歴はわからない」と正直に伝えましょう。

故障かどうかハッキリわからない場合も、調子が悪い箇所の申告はしっかり行うようにしてください。

瑕疵担保責任に問われるのは「本当は知っているのに知らせない」ケースです。

わからない旨・確証が持てない旨をしっかり伝えていれば、瑕疵担保責任に問われることはありません。

ここまで解説してきたように、買取会社で修理できるような故障だけでは大きなマイナス査定とはなりません。

嘘をついて余計なトラブルを起こすより、素直に申告して最小限のマイナス査定で済ませる方が、結果的に得するわけですね。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

軽度の故障車や事故車なら車買取業者で売却可能です。故障による減額も最低限で済むので、まずは査定を受けてみましょう。

査定申し込み時に故障車・事故車であることを伝え、その上で査定を行ってくれる業者の中から選びましょう。

自走しないほど重度の故障車や事故車であれば、廃車買取業者に売却するのがおすすめです。

こうした業者は、自社リサイクル工場を持っているため、修理または解体が容易に行えます。部品や鉄としても活用先があるため、廃車でも買い取ってくれるのです。

廃車買取業者を選ぶ時は、必ず税金・還付金の説明をきちんと行ってくれる業者を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました