車を売るならどこがベスト?車売却の絶好のタイミング・流れや注意点まで解説

車を売るならどこがベスト?車売却の絶好のタイミング・流れや注意点まで解説 車査定

この記事を読んでくれている方は、まさに「車を売りたい」と考えているところでしょう。

しかし車を売却するのは頻繁に行うことではなく、何から手をつけてよいのか・どんな方法があるのか分からない…という事もありますよね。

  • 車を売るのはどんな方法がある?
  • 車を売るタイミングはいつがいいの?
  • 車を売る具体的な流れを知りたい
  • 少しでも車を高く売りたい!

今回はこのような疑問に徹底的にお答えしていきます。まず車を売る際の流れをしっかり覚えて、その上で最適な方法を選択することが重要です。

どの方法を取るかによって、車の売却額が数十万円も変わることもあるのです。

また、「個人間売買」のように初心者の方が手を出さない方がよい売り方もあります。専門的な知識がないと交渉が難しかったり、後からトラブルになる可能性があるからです。

この記事を読んでいただいて、車を売るための必要な知識をばっちり身につけましょう!

車を売る3つの方法

車を売る3つの方法

まずは車を売るのにどんな方法があるのかを知っておきましょう。車を売る方法は、大きく以下の3つです。

車を売る3つの方法

  • ディーラーで下取り:もっとも一般的・売却額は買取店より低いことも
  • 車買取店で買い取り:独自販路があるため高額買取も見込める
  • 個人間売買:初心者にはハードルが高い

それぞれ特徴や売却額の見込みが違いますので、以降で解説しますね。自分に合った方法を見つけるためにもしっかり覚えておきましょう。

1.ディーラーで下取り

「車を売る」となった時の最も一般的な方法が、ディーラーの下取りを利用すること。

ディーラーは新車販売がメインですが、車の下取りも行っています。その理由は「(新車購入を行うための)買い替え時の手間削減」です。

今まで乗っていた車を手放してから新車購入…となると、手間が多く買い替えがスムーズにいきません。

ディーラーが車を下取りしてくれることで、その手間を削減し車をスムーズに買い換えることが可能になります。

これがディーラー下取りを利用する最大のメリットといえるでしょう。

しかし、売却額が安くなってしまうというデメリットもあります。ディーラーは中古車売買が本業ではないので、下取りはあくまで新車販売促進施策のひとつ。

下取りした車はディーラーの代車か、業者オークションと呼ばれる中古車の競りに出品されます。

下記の「買取店」のように自社で販路を確保し中古車を販売するわけではないので、あまり高値を提示できないのです。

2.車買取店

「車買取店」とは、

  • ガリバー
  • ビッグモーター
  • ネクステージ

等に代表される、車買取を専門に行う事業者のことです。

ガリバーHP

画像引用:ガリバー

これらの会社は自社で中古車販売も手掛けていることが多く、商品仕入れのために積極的な買い取りを行っているのです。

仕入れのための買い取りであるため、ディーラーの下取りよりも売却額が高い傾向があります。

自社で販路を確保しているのも高額査定の要因です。買い取った車は自社で再販するため、高く売れる車、モデルをしっかり把握しています。

人気のオプションが付いている場合などは、積極的にプラス査定を行ってくれるのです。

また自社ネットワーク内ですでに買い手の目星がついている車種などは、買取店もぜひほしい!と思うため、高額査定につながるでしょう。

中古車販売を行っている買取店の方が高く売れる理由

買取店というのは、主に以下の2種類があります。

  1. 中古車販売を行わない買取店
  2. 中古車販売を行う買取店

中古車販売を行わない買取店は、ディーラーと同様、買い取った車を業者オークションという競りに出品します。

業者オークションには、全国の買取店やディーラーの下取り車が出品されます。

オークションには出品料等の手数料がかかるため、買取価格はその手数料分を考慮して値付けする必要があります。

こうした事情から、「中古車販売を行わない」車買取店の買取額は中古車販売を行うお店のそれより低くなってしまうのです。

自社で中古車販売を行う買取店は、仕入れた車に利益を載せて販売するため、オークション手数料を考慮する必要がありません。

その分、買取価格を高くしても利益が出せるのです。車を売る時は、自社で中古車販売を行っている買取店を優先的に選びましょう。

3.個人間売買

車を売る方法は上の2つのような業者ばかりではなく、ヤフオクやメルカリのようなオークションサイトや、ガリバーフリマ等を使った、個人間売買もあります。

車の所有者は、好きな金額をつけて売ることができます。

一般的に、車の買取価格は「市場価格−手数料等−業者の利益」とされます。

中古車として販売されている価格には、オークション利用手数料や業者の利益が上乗せされているのです。

しかし個人間売買なら、こういった利益分や手数料を考慮する必要がなく市場価格相当で売却ができます。

購入者からすれば、購入金額は同じなので何も問題ありません。これが個人間売買で車が高く売れる理由です。

しかし、個人間売買はそのトラブルの多さや求められる知識量からあまりおすすめできません。

個人間売買がおすすめできない理由

個人間売買で最大のデメリットと言われているのが「売買に関するトラブルの多さ」です。

中古車なので不具合が生じることがあり、そうした時に対応を迫られることが多々あるのです。

また名義変更や売買価格のやり取りでトラブルが起きることもあり、全ての手続きがスムーズに行われるとは限りません。

中古車販売店で売られている車は、自社工場で整備されているものがほとんど。また買取店が査定時に不具合をチェックしているため、品質には十分な裏付けがあるのです。

しかし、個人間売買となると素人が判断するしかなく、後々故障や修復歴が発覚することがあるのです。

こうしたリスクを完全に避けられる自信がないなら、個人間売買はやめた方が良いでしょう。高く売れる分、背負うリスクが高くなるのが個人間売買なのです。

ディーラー・買取店どっち?車を売る方法の見極め方

ディーラー・買取店どっち?車を売る方法の見極め方

上記が、車を売る3つの方法ですが、それぞれにメリットやデメリットがあることがわかったと思います。

「結局車を売るならどこがいいの?」という疑問にお答えし、あなたが車を売る方法の見極め方についてご説明します。

※個人間売買については、トラブルが多いため本記事では取り扱いません。ディーラーと車買取店どちらか迷った人にお伝えしていきます。

ディーラーで売る方がよい人

ディーラー下取りは売却に手間がかからない点が最大のメリットといえます。

「売却額よりも手間がかからない・面倒がないことを優先したい!」という人はディーラー下取りを選ぶのがよいでしょう。

ただしディーラー下取りは、新車購入の際にしか使えません。上述の通り車の買い替えに伴い、今まで乗っていた車を手放したい人のサービスだからです。

新車を購入するには様々な手続きが必要で、車売却のことまで手が回らないという方もいるでしょう。

そうした人にはディーラー下取りが効率的といえます。

車買取店で売る方がよい人

車買取店のメリットは、買取額がディーラー下取りよりも高いという点です。

そのため「多少の手間はかかってもいいから高く売りたい!」という人には車買取店の利用がおすすめです。

手間がかかると言っても、基本的な売却手続きは全て買取店がサポート・代行してくれます。

またディーラーと違って新車購入時に限らず買取してくれるため、ただ車を手放したいという場合でも利用できるのも嬉しいところ。

下記紹介する「車一括査定」を利用して複数の買取店で査定額を競わせると、さらに高額買取が期待できるのでおすすめです。

「車一括査定」で複数社の比較をするのがおすすめ

複数の買取店で査定額を競わせるなら、車一括査定の利用を検討してみましょう。

これはサイトから申し込みをすれば、一度に複数の買取店へ査定依頼をしてくれるもの。

その後は各買取店から電話連絡がくるので、空いている日を指定して査定を受けます。自宅にいながらにして査定ができる訪問査定が基本です。

複数買取店が査定をすれば、当然価格競争が発生します。「A社よりB社の方が高かった」と交渉すれば、買取価格はどんどん上がります。

最終的に一番高い査定価格を提示した買取店に売却すればよいのです。

買取店からの連絡に対応したりと手間はかかりますが、車を高く売りたいと思っている人には最適なサービスです。

筆者がおすすめする車一括査定サービス

車を売る最適なタイミング

車を売る最適なタイミング

「車を売るなら、少しでも高く買い取ってほしい!」と思いますよね。

もしあなたが売却を急いでいないなら、ここでご紹介する「車を売る最適なタイミング」を狙ってみるのも良いでしょう。

車を売るタイミングとして適しているのは、以下の4つです。理由と共に詳しくお伝えしていきますね。

  • 3月中
  • 1〜2月、7〜8月
  • モデルチェンジ前
  • 10年または10万キロ前

見ていただくとわかる通り、車を売るのに良いタイミングは1年で何度もあるのです。

「1年に1回のチャンスを待たなければいけない!」ということはないので、しっかり見極めて損しないタイミングで売却しましょう。

3月中

なぜ3月に売却するのがいいのか。それは自動車税が関係しています。自動車税は、毎年4月1日時点の所有者に対して課税されるものです。

つまり、4月以降に手放すと自動車税の納付義務が発生してしまうのです。自動車税は

  • 軽自動車なら10,800円
  • 普通車は3〜11万円程度

の金額です。決して安い金額ではありませんよね。

しかも5月31日までに納付しなければいけないので、経済的な負担は大きいでしょう。もしそれ以降乗る予定がないなら、3月中に売ってしまうことをおすすめします。

販売店の在庫が強化される1〜2月、7〜8月

3月と9月は、車がよく売れる時期と言われます。

3月は新生活や転勤などで車が必要な人が増えるため。9月は、中古車販売店の決算月だからというのが理由です。

決算の数字をよく見せるため、販売店はなるべく販売台数を伸ばしたいのです。これらの前準備として、中古車販売店は事前に在庫の仕入れを強化します。

そのため、1〜2月、7〜8月は車が高く売れるのです。

この時期は仕入れた車がすぐに売れるため、販売店からしても在庫リスクが少ないのです。

その分高い値が付けられることもありますし、販売店の方で在庫確保のための予算を押さえていることも多いです。

これらの要因によって高額査定が期待できる時期ということですね。

モデルチェンジ前

今乗っている車が現行車なら、モデルチェンジ前も車を売るタイミングとしておすすめ。

高く売れるから、というよりは「価値が下がってしまう前に売ってしまう」という方針です。

モデルチェンジ後、今までのモデルは旧型となり、相場が大きく下がります。相場が下がれば買取価格も下がるため、売却額は下がってしまいます。

特に最近は、モデルチェンジで安全装備のスペックが大きく進化するため、この傾向が顕著です。

モデルチェンジの種類による影響

1〜2年ごとに行われる「マイナーチェンジ」は、それほど相場に大きな影響を与えません。

3〜4年に1度行われる「ビッグマイナーチェンジ」と呼ばれるものは、内外装が大きく変わることから、相場への影響が大きいとされます。

さらに5〜10年に1度行われる「フルモデルチェンジ」と呼ばれるものは、車の骨格部分からガラッと刷新されるケースがほとんど。

以前のモデルは完全な旧型となってしまうため、相場に与える影響はかなり大きいです。

フルモデルチェンジを控えている車に乗っている場合は早めに売却することで値下がりを回避しましょう。

年式10年落ち・または走行10万キロを超える前

現在では車のスペックが強化され、何十年も乗れる車も多いのですが、一昔前の日本では「車は10年または10万キロ乗れば寿命」と言われていました。

その名残が今でも市場に影響しているため、このタイミングで相場が下落すると言われているのです。

また日本の法律では、新車登録から13年が経過していると自動車税が高くなります。「購入時の安さ重視」以外で、10年を超えた車を積極的に選ぶ人はあまりいないでしょう。

また走行距離10万キロを超えている場合、車に蓄積した負担や今後のメンテナンス費用を考えると、購入を検討する人は少なくなります。

買い手がつきにくいということは、当然相場も下がります。そのような状態になる前に売ってしまった方がよいということですね。

古い車を売る場合は下記記事を参考にしてください。

参考記事ボロボロだけど大丈夫?古い車でも買取・査定をしてもらえる裏技教えます

以上が、車を売る最適なタイミングです。売る時期を決めたら、次は車を高く売るために役立つ知識を身に着けましょう。

車を高く売るために覚えておきたい6つの知識

車を高く売るためには、下記のポイントを押さえておくとよいでしょう。

車を高く売るために覚えておきたい知識

意外にも「そうだったの?」ということがあるかもしれませんよ。

車を高く売るために覚えておきたい知識

  1. パーツは純正品を用意する
  2. 洗車をしておく
  3. 内装を綺麗にする
  4. 車検は通さない
  5. 傷や凹みはわざわざ直さない
  6. 車一括査定で複数社の査定額を競わせる

これらのポイントは、お金をかけずにできることばかり。車を売る時にはぜひチェック・実践してみましょう。

パーツは純正品を用意しておく

ディーラーの下取りを利用する場合は特に、純正パーツを用意しておくようにしましょう。※新たに購入・交換しようということではありません

車を純正で乗っている人は気にせずとも問題ありませんが、購入後に社外品パーツを取り付けた人は要注意。

買取店の場合、取り付けられているパーツが人気のものなら、市場ニーズを踏まえてプラス査定になるケースがありますが、ディーラー下取りではむしろマイナス。

車下取りは純正状態が一番高評価で、社外品パーツはマイナス査定となってしまう可能性があります。

洗車をしておく

洗車をしておくとプラス査定になると色々な記事で紹介されていますが、実はプラスになることはありません。

しかし、洗車をしていないと、正確な査定ができずにマイナス査定となる可能性があるのです。

査定時は傷や凹みの状態を確認するのですが、洗車していないと汚れによって車の状態を正しく判断できないことも。

その際「状態はわからないがおそらく問題はないだろう」とはなりません。

「確認はできないが、おそらく傷や凹みがあるだろう」という予測によって、マイナス査定とされてしまうのです。

正確な査定を受けるためには、車をキレイな状態に洗車しておく必要があるのです。

内装を綺麗にする

洗車と同じ理由で、内装もできるだけ綺麗・清潔にしておきましょう。

車内に物やゴミが散乱していると、査定員は無理にどかすことはできません。それによって内装の状態が正しく判断できず、マイナス査定となる可能性があります。

心象の面でもよくありません。必要ないものやゴミは査定前に取り出しておき、軽く掃除機をかける程度は実施しましょう。

車検は通さない

車検を通すには数万円ほど費用がかかります。しかし査定では、車検の残りが丸々2年あったとしても、プラスになるのは3〜7万円程度。

車検にかかる費用を考えれば、わざわざ売る前に車検を通すメリットがありません。

しかし車検が切れてからだと自走できなくなるため、車検切れになるのは避けましょう。

傷や凹みはわざわざ直さない

こちらも車検と同様に、かけた費用に見合わないという内容です。

傷や凹みを直すためには、数万円〜数十万円の費用が発生します。しかし、直したところでプラスになることはありません。

逆に、傷や凹みをそのままにして査定してもらった場合でも、減額は数万円程度で済むことがほとんど。

ディーラーや買取店は、自社工場で安価で修理ができるので、傷や凹みではあまり大きな減額はしないのが一般的です。

車一括査定で複数社の査定額を競わせる

買取店は複数社を競わせる(相見積もりを取る)ことで、買取価格がどんどん上がっていきます。

1店舗で査定を受けるだけでは、最高価格が提示されることはほとんどありません。

中古車の価格は流動的なので「この車ならこの値段で売れる」という基準はなく、知識のない利用者の足元を見られます。

複数社で競争させることで、限界ギリギリの価格まで引き上げることができます。

自分で複数の買取店を回るのは手間も時間もかかるので、上記でご紹介した車一括査定を利用しましょう。一度の申し込みで、複数社に査定依頼ができます。

買取価格が数十万変わってくることもありえますよ。

必要なものをチェック!車を売る流れを簡単に解説

売却先も決まって、いざ車を売るとなった時に必要なものが揃っていないのでは困りますよね。

最後に、車を売る流れ全体を簡単にご紹介します。流れを頭に入れておけば、車を売る時でも不安になることはありません。

  1. 必要書類を準備する
  2. 売却先を選ぶ
  3. 査定を受ける
  4. 売却手続き
  5. 車を売ったお金が振り込まれる

1.必要書類を準備する

車を売るためには、様々な書類が必要です。

ディーラーや買取店でも売却の際に詳しく教えてくれますが、事前に準備しておくことでよりスムーズに売却できます。

普通車の場合

普通車を売却する場合は以下の書類が必要です。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車リサイクル券
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 実印

車検証や自賠責保険証明書、自動車リサイクル券は、ひとまとめにして助手席のダッシュボードにしまってあることが多いです。

印鑑登録証明書は最寄りの役所で交付可能です。実印とセットで用意しておくと余計な手間を省くことができるでしょう。

軽自動車の場合

軽自動車を売却するなら、以下の書類が必要です。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車リサイクル券
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車税納税証明
  • 認印

軽自動車も、車検証などは助手席のダッシュボードにしまわれているケースが大半です。

軽自動車税納税証明というのは、自動車税を収めた証明書のこと。納付書に金融機関やコンビニの領収印がされているものを用意しましょう。

2.売却先を選ぶ

必要書類を用意したら、本記事を参考に売る方法と売却先を選びましょう。

手間を減らすことを優先してディーラー下取りにするか、売却額を重視して車買取店で売るか決めておきましょう。

ディーラー下取りであれば、新車を購入する店をそのまま利用すればOKです。

3.査定を受ける

ディーラー下取り、車買取店のどちらでも、査定は必要です。

査定前には、上述した洗車や清掃などを行っておき、不用なマイナス要因を減らしておきましょう。

査定は通常30分〜1時間で終わり、その後は価格の提示・交渉です。納得できる金額であればそのまま売買契約を結びます。

4.売却手続き

売買契約を結んだら、買取店の場合はその場で車を置いて帰ることになります。

スタッフが最寄り駅まで送ってくれることがほとんどなので、荷物をまとめて車を引き渡しましょう。

その後、書類等は主に郵送等でやり取りします。

ディーラーの場合、新車が納車されるまで車に乗り続けることが可能。書類のやり取りも新車購入手続きと平行して行います。

5.車を売ったお金が振り込まれる(買取店)

車買取店で車を売却した場合、必要な書類を送った後に売却額分の振り込みがされます。

2〜3営業日で振り込まれることが多いのですが、休日を挟むと5日ほど経つこともあります。振り込みを確認したら、車を売る流れは全て終了です。

ディーラー下取りの場合、新車を引き取る際に今まで乗っていた車をお店に置いて帰ります。

下取り額は新車購入代金から引かれており、基本的にディーラーからお金が振り込まれることはありません。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。この記事では、車を売る方法の選び方・車を売る流れをご紹介しました。

車を売るのは数年に一度のことでしょうし、もし売るのが初めてであれば不安なことも多いでしょう。

この記事を読んでいただき、必要な手続きや売り方について理解を深めておきましょう。

車を売る先は、ディーラーか車買取店と覚えておけば問題ないでしょう。個人間売買はよほどのことがない限りおすすめはしません。

車買取店を利用するならば、複数社を競わせることでより高く売れることをお忘れなく。

車一括査定というサービスを使えば、一度に複数社へ査定依頼が可能です。業者対応に手間はかかりますが、車を高く売りたいのであればぜひ利用を検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました