車検切れの車を売ることは可能!事前に覚えておくと役立つ知識と注意点を教えます

車検切れの車を売ることは可能!事前に覚えておくと役立つ知識と注意点を教えます 車査定

あなたが車検切れを所有しているとして、その車はもう売れないと思っていないでしょうか?

実際には、車検切れの車であっても売ることはできます。普通の売却と比べて特別な手続きも必要ないので安心して大丈夫です。

  • 車検が切れてしまった車は売ることができるの?
  • 再度車検を通してから売るべきなの?
  • 車検が切れた車を高く売る方法は?

本記事では、上記のような疑問に回答しつつ、車検切れの車を売る際に覚えておくべき点や準備物、注意したいポイントを解説します。

車検が切れていても、普通の売却同様「車を高く売る方法」は存在するので、そのワザについてもしっかり解説していきますね。

それではまいりましょう!

車検切れの車でも売ることは可能!

車検切れの車でも売ることは可能!

冒頭でもお話しした通り、車検切れの車でも売ることが可能です。

車検が切れていても、買取価格への影響はわずかです。「車検が切れた車は売れない」というのは間違いなので、その点は全く恐れることはありません。

車検切れのクルマは公道を走ってはいけない

ただし、車検が切れた車は公道を走ることができません。自分で運転して買取店に持ち込むことは不可能です。

そのため買取業者が提供する「出張査定サービス」を利用することになります。

買取店が近所だからと、車検切れの車を自走で運ぶ行為は絶対にやめましょう。これは明確な道路交通法違反です。

最大で6点の加点となってしまい、人によっては免停や免許取消処分になる可能性があります。

自賠責保険という強制保険にも加入していない状態であるため、仮に事故を起こした時の賠償金は全額自己負担となります。

懲役刑となる可能性もあり、短距離とは言え公道を走ることは絶対に避けてください。

出張査定サービスは無料で利用できる上、査定価格も店舗で売る時と同じなので安心してください。

車検切れの車を売るのに必要な書類

車検切れの車を売るのに必要な書類

車検が切れている車を売るのに必要な書類は普通の車売却と変わりません。

車検切れの車を売るために必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車リサイクル券
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 実印

軽自動車の場合、実印と印鑑登録証明書は必要ありません。

自動車検査証(車検証)

「車検切れのクルマなのに車検証がいるの?」と思うかもしれませんが、車検切れの車でも、売却には車検証が必須です。

車検証は、車検の有効期限を示す書類であると同時に車の所有者や車台番号を記したもの。つまり、クルマの所有権をはっきりさせる役割もあるのです。

車検証がないと、誰の車なのかを証明することができず、売却ができないのです。

仮に車検証を捨ててしまったという場合は、最寄りの運輸支局で再発行が可能です。

窓口で、車検証を紛失した理由を記入する申請書や理由書に必要事項を記入。身分証と手数料(300円)を支払うことで即日再発行ができます。

軽自動車の場合、手続き内容は変わりませんが、運輸支局の代わりに「軽自動車検査協会」という場所に行くことになります。

補足として普通車・軽自動車問わず、すでに一時抹消している場合は、売却時に車検証は不要です。

その代わり一時抹消をした際に発行される「登録識別番号等通知書」と呼ばれる書類を、買取店に提出する必要があります。

自動車リサイクル券

自動車リサイクル券は、廃車後のリサイクル費用を、先に払っておいたという証明です。

このリサイクル費用は「廃車にした人」に支払い義務があるので、売却時には先払いした自動車リサイクル料があなたに返ってきます。

還付を受けるためには、自動車リサイクル料を支払った証明が必要なので、必ず用意しておきましょう。

もし紛失してしまった場合、自動車リサイクルシステム公式サイトへアクセスし、必要事項を入力するだけ再発行が可能です。

その際に「自動車リサイクル料金の預託状況」という画面が表示されるので、これを印刷すれば完了です。

入力は車台番号が必要なので、車検証を手元に用意しておくことをおすすめします。

自賠責保険証明書

車検証と同様、売却時には自賠責保険証明書も必要です。

自賠責保険証明書をなくしてしまった場合、自賠責保険の有効期限内なら販売店経由で保険会社に連絡することで再発行が可能です。

しかし車検切れの場合、自賠責保険も失効しているケースがほとんどだと思います。失効済だと再発行はできません。

なくしてしまった旨を買取店に伝えれば、提出を迫られることはないので安心してください。

印鑑登録証明書

車を売却する際には、印鑑登録証明書が必要になります。印鑑登録証明書は、下記に挙げる実印の有効性を市区町村が証明してくれる書類です。

印鑑登録証明書には、実印の印章と所有者の住所氏名が記載されています。

発行は市区町村の役所で可能で、費用も300円程度です。マイナンバーカードを持っている場合、コンビニでも発行可能です。

注意点として印鑑登録証明書は市区町村単位で住所に紐づいて発行されるため、引っ越しをすると登録が解除されてしまいます。

車を購入してから引っ越した場合、今住んでいる役所で新たに印鑑登録をする必要があります。

実印

印鑑登録証明書とセットで実印も必要です。実印は、印鑑登録証明書と紐付いているものを使用しましょう。

軽自動車の場合には、実印は必要ない代わりに、認印を用意しておくと良いでしょう。

上記でご紹介したもの以外にも、譲渡証明書や委任状が必要ですが、これらの書類は、買取店が用意してくれます。

営業マンの指示に従い、必要事項を記入すれば問題ありません。

よくある質問:車検を通してから売った方がいい?

よくある質問:車検を通してから売った方がいい?

車検切れの車を売るときに不便なのは、公道を走れないため買取店に持っていけないという点だけといえます。

それ以外は普通の車売却と変わらないというのはお伝えした通り。

しかし「車検を通してから売るのと、通さずに売るのは、どちらがお得なの?」「車検を通した方が高く売れるんじゃないの?」と気になる人も多いはず。

そこで車検を通すべきなのかどうか解説していきます。

結論!車検切れの車はそのまま売る方がお得

結論からお伝えすると、車検切れの車はそのまま売る方がお得です。車検を通して売却しても、プラス査定で車検代を取り戻すことはできません。

むしろ車検時に不具合が見つかれば、その不具合を修理する必要があり、車検代が高くなって損をする可能性が高いのです。

車検の有無が査定額に影響を及ぼすことはほぼないため、車検切れのまま売ってしまった方が良いのです。

費用の内訳からもう少し詳しく見ていきましょう。

車検にかかる費用は7万円程度

車検にかかる費用の内訳は以下の通りです。

  • 車検の基本料金
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 印紙代

まず、車検の基本料金として3〜5万円の費用がかかります。これは車検に必要な点検と、運輸支局へ出向く代行料などが含まれます。

ディーラーや整備工場によって金額が異なるため、一般的にはこれぐらいの金額が発生すると考えておきましょう。

次に、車検取得時に必要なのが自賠責保険です。

24ヶ月の保険料を支払う場合、普通車は25,830円、軽自動車は25,070円が必要です。

また自動車重量税というのは、車体の重さに応じて課税されるもの。税額は車重により異なりますが、1〜3万円ほどかかると予想しておきましょう。

最後に、車検証を交付するための印紙代が、1,500円前後発生します。

これらを計算すると、車検は最低でも約7万円の費用が発生します。

車検が残っていることで7万円がプラス査定にならないと車検費用を回収できませんよね。

車検が2年残っていても加算額は最大7万円

しかし、車査定基準を作っている、JAAI(日本自動車査定協会)の基準でも「車検が2年残っている場合の加算額は3~7万円」と定められています。

最大7万円の加算となるのは、車両クラスが「特」に分類される車両で、センチュリーやGT-Rなどの最高級車が該当します。これらの車種の車検費用は7万円では収まりません。

こう見ると、車検を通してから売却しても得をしないのがお分かりいただけるでしょう。

またほとんどの買取業者は自社で工場を持っているため、車検を格安で取得することができますし、次の購入者が車検代を支払うケースもよくあります。

つまり、車検が切れていても買取業者や中古車販売店は困らないため無理に車検を通す必要はありません。

車検切れの車は、そのまま売った方が良いことがわかりました。しかし、公道を走れないのは査定において問題ですよね。

そこで次は、持ち込み不要で査定ができる「無料出張査定」について詳しく解説します。

車検切れの場合は出張査定の利用がキホン

車検切れの場合は出張査定の利用がキホン

上記お伝えしたように、車検切れの車を公道で運転するのは道路交通法違反です。一瞬でも公道に出たら取り締まりの対象になるので、絶対に辞めましょう。

牽引などの利用も現実的ではありませんよね。

無理してお店に直接持ち込まなくても、買取業者による「出張査定」を利用をすれば自宅や車の保管場所で査定が受けられます。

車一括査定を使えば無料で出張査定が可能

出張査定を依頼するためには、各買取業者に連絡して査定依頼をする必要がありますが、車を高く売るためには複数の買取業者に査定してもらうのが鉄則です。

一方、複数の買取業者に同じ情報を何度も伝えるのは面倒ですよね。

車一括査定サービスを使うことで、カンタンに複数社の出張査定を利用できるようになります。

車一括査定とは、一度の申し込みで複数社に査定依頼ができるサービスです。

おすすめの車一括査定

参考記事比較する!高く売る!「車一括査定」の厳選おすすめランキングと活用方法教えます

申し込みの手間が省けるというメリットと共に、ここで申し込んだ査定は基本的に出張査定となるのです。

申込後は買取業者から電話がかかってくるので、査定日を決めます。すると当日、指定した場所まで査定員が来てくれるのです。

これなら、車検切れの車でも安心して売却が可能ですよね。

車検切れの車を売るタイミング

「すでに車検が切れてしまってるんだけど、いつ売っても同じなの?」と気になっている人もいるでしょう。

乗っていた車の車検が切れてしまった場合、そのまま放置するのはおすすめしません

車は乗らないと劣化が始まるため、長期放置は不動車となる可能性が高いのです。

不動車となってしまえば、車検切れの上に故障車という-ステータスになります。査定での大幅マイナスは避けられないので、なるべく早く売却しましょう。

JAAIの査定基準でも「長期放置車は最大10%の減額を認める」という旨が記載されていることからその影響がわかると思います。

もう一つ、車検が切れて放置していても、自動車税の納付義務は残ります。

一時抹消登録をしない限り、自動車税納付書が毎年届くのです。自動車税は納めていないと、車を売ることはできません。

時間が経つごとにどんどん不利になっていくので、車検切れかつ乗らない車は早めに売却しましょう。

車検切れの車を少しでも高く売る3つの方法

車検切れの車を少しでも高く売る3つの方法

ここまでの内容で、車検切れの車でも普通に売ることができることが理解していただけたと思います。

そこで気になるのが「車検切れの車でもできるだけ高く売りたい!」ということではないでしょうか。

ここでは、高額売却のための簡単にできる3つの方法をご紹介します。

車検切れの車を高く売る3つの方法

  1. 洗車・掃除など内外装を綺麗にしておく
  2. 純正部品を揃えておく
  3. 付属品を揃えておく

洗車・掃除など内外装を綺麗にしておく

車検切れのクルマでは特に、内外装を綺麗にしておくことも大切。ボディの洗車と内装の掃除は忘れずに行っておきましょう。

車検が切れてしばらく経つ場合、車内の空気がこもっていたりカビ臭さが発生しているケースもあるので車内の換気は必須です。

天気のいい日に、ドアを全て開け広げて空気を循環させましょう。その際に車内も軽く掃除して臭いがなくなるようにしておきましょう。

不要な荷物やゴミは片付け、査定員が隅々までチェックできるようにしておくことも必要です。

ボディも軽く洗車して、傷や凹みがあればしっかりわかるようにしておきましょう。傷や凹み、内装の汚れは隠さずに見せる・伝えることをおすすめします。

わざわざ傷や凹みを補修する必要はありませんが、ボディが汚れていると「見えない部分に傷があるだろう」という前提で査定されたり、後から「傷が入っていたので減額」という事態になりかねません。

純正部品を用意しておく

純正品以外のパーツカスタムをしている場合、取り外した純正部品を用意しておきましょう。

純正に交換し直す必要はなく、物があれば大丈夫です。

もし捨ててしまった場合は、新たに購入する必要はありません。すでに持っている場合だけ査定時に用意しておくとマイナス査定による減額が防げます。

付属品を揃えておく

車の付属品はしっかり揃えておくのもマイナス査定を避けるポイント。

スペアキーや取扱説明書など、売却後に家の中から出てくるケースが意外とありますが、査定時に付属品がないと減額されてしまいます。

付属品をチェックする査定項目もあるので、きちんと対策しておきましょう。

車を高く売るコツは、なるべくマイナス査定を避けること。

基本の査定額は、車種や年式、走行距離である程度決まってしまいます。その価格から、車の状態、つまり傷や凹み、汚れなどによって金額をマイナスしていくのが車査定です。

査定の前に、数時間でも手間をかけて減額を防ぎましょう。

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

車検切れの車でも、普通の車と同様、何の問題もなく売ることができます。

わざわざ車検を通しても車検代を取り返すことはできないため、車検は通さずに売るようにしましょう。

ただし、車検切れの車は公道を走行できませんので、車一括査定を利用しての出張査定がおすすめです。

車一括査定を使って複数社の相見積もりを取ることで競争が起き、買取店業者1社に査定してもらうよりも高くなります。

一社だけの査定だと、足元を見られてしまい適正価格の査定を受けられないケースがあります。ライバルがいる状態であれば車の価値を正しく評価してくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました