1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. 無担保ローンとは?有担保との違いや借入可能額や金利・融資速度などの特徴やデメリットを解説

無担保ローンとは?有担保との違いや借入可能額や金利・融資速度などの特徴やデメリットを解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事の目次

  1. 無担保ローンとは?
  2. 無担保ローンの種類
  3. 無担保ローンのメリット
  4. 無担保ローンのデメリット
  5. その他、無担保で借入できるローンの一例
  6. 少額ですぐに借りたいなら消費者金融のカードローンを検討

ローンを組んで融資を受けるとき家や車などの資産がなければお金を借入できないと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし最近は、資産がなくてもお金を借りられる無担保ローンが多く存在します。

無担保ローンとは、いったいどのような仕組みのローンでしょうか。
この記事では、無担保ローンの種類や特徴、メリット・デメリットなどを紹介します。

無担保ローンとは?

無担保ローンとは、文字通り担保がなくても、お金を借りられるローンのことです。
まずは担保についておさらいしましょう。

担保とは、お金を借りた人が何らかの理由でお金を返すことができなくなったときに備えて、連帯保証人を付けたり、土地や家、自動車などによって資産を補うことを保証するものです。

たとえば、ローンを組んで自動車を購入したとします。その後、もしローンを返すことができなくなったとしても、無担保ローンであれば、家や土地などの資産を差し出す必要はありません
このように、契約の際に担保を準備しなくてもお金を借りられるローンを無担保ローンといいます。

有担保ローンとの違い

有担保ローンとは、担保となる資産を準備できなければ契約できないローンのことです。

たとえば、有担保ローンを組んで自動車を購入する場合、契約時に土地や家などの資産を担保に入れます。その資産に「抵当権」を設定して、仮に契約者が返済できなくなったときは、担保に入れた資産を売却することにより返済金を回収する仕組みです。

有担保ローンの場合、契約者がローンを返済できなくなったとしても担保があるため、貸し手側のリスクは低いといえます。

一方無担保ローンの場合は、契約者が資産を担保として「抵当権」を設定する必要がありません。銀行やカード会社などの貸し手側からすると、返済してもらえなかったときのリスクが高くなります。そのため、リスク対策として金利が高めに設定されていることが多いのが特徴です。

無担保ローンの種類

無担保ローンには、大きく分けて3つの種類があります。

それぞれの異なる特徴や金利について知っておきましょう。

  • カードローン
  • フリーローン
  • クレジットカードなどのキャッシング

<無担保ローンの種類>

融資の特徴 金利 融資にかかる時間
カードローン 限度額内であれば、何度でも借入可。コンビニATMなどでも利用できる 3.0~18.0%前後 即日~翌営業日以降
フリーローン 1契約につき1回。用途の申告が必要な場合あり 1.8~6.5%前後 数日単位
キャッシング クレジットカードのキャッシング枠を利用信用情報で借入額が変動する 15~18%前後 即日~翌営業日以降

カードローン

カードローンとは、銀行や信販会社、消費者金融などが発行するカードを利用し、限度額内で何度でも借入できるローンのことです。

借入金の使い道は自由で、契約者が好きなように使えます。
銀行が提供するカードローンのほか、信販会社やクレジットカード系、消費者金融系などのカードローンがあります。

比較的すぐに融資を受けられるうえ、借入金をコンビニATMなどで簡単に引き出せる手軽さがメリットです。

その反面、収支管理をおろそかにしていると、借り過ぎによってのちのち返済に追われてしまうおそれもあるため注意が必要です

フリーローン

フリーローンは、主に銀行で取り扱っているローンで、使い道が決められていないのが特徴です。

カードローンとは異なり、一度の契約で借入できるのは1回のみ。追加で借入が必要な場合は、再度改めて契約しなければならないため、カードローンに比べて利用のハードルが高いといえます

また、用途が決められていないとはいえ、使い道を申告しなければいけない場合があるほか、事業資金や投資・投機資金として使うことが認められていない点も確認しておきましょう。

カードローンに比べて借入のハードルが高い一方、金利はカードローンよりも安いことが多く、融資に際しては時間がかかることもあります。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能も、担保・保証人不要で利用できる無担保ローンの一つです。

一般的なクレジットカードには、ショッピングのときに買い物代金を立て替えてもらう通常の「ショッピング枠」に加え、お金を借入できる「キャッシング枠」が付いています。

キャッシング枠の使い道は自由で、銀行で扱うフリーローンのように使い道を申告する必要がなく、比較的すぐに借入できます。ただし金利は高めで、信用情報が低いと借入できる限度額の上限が低くなるのが特徴です。

ここでいう信用情報とは、クレジットやローンなどの申し込みや契約に関する情報を指し、本人であることを識別する情報のほか、クレジットの申し込み・契約内容、支払い状況、残高などで構成されます。信用情報が低いというのは、お金を貸すリスクが大きいことを意味します。

無担保ローンのメリット

担保なしでお金を借入できる、無担保ローンのメリットは以下の3点です。

無担保ローンのメリット

  • 融資までのスピードが早い
  • 担保する資産や保証人が不要
  • 用途が限定されない

事項で、それぞれをくわしく解説します。

融資までのスピードが早い

無担保ローンの1つ目のメリットは、借入の申し込みから融資までのスピードが早いことです。ローンの種類によっては申し込んだその日に借入できるものもあり、お金が必要になったときにすぐに借入できます。

融資までのスピードが早い理由として、無担保ローンでは審査の時間がほとんどかからないことが挙げられます。無担保ローンは担保そのものがないため、有担保ローンであれば必要となる担保の価値や借入する本人の信用情報の審査が不要です。そのため、融資までのスピードが早くなります。

担保する資産や保証人が不要

無担保ローンは、担保となる資産や保証人が不要です。

有担保ローンでは、不動産価値の鑑定や登記の手続き、保証人の身元確認などの面倒な手続きが必要ですが、無担保ローンは個人の信用を担保に借入します。つまり、借入を行う本人の審査さえ通過すればお金の借入が可能です。

自分自身が誰かの保証人になるときに躊躇するのと同様に、友人に保証人になってくれるように頼むのは精神的な負担が重く、保証人になってくれる人を見つけること自体簡単ではありません。
無担保ローンであれば、それらの労力をかけることなく借入できます。

用途が限定されていない

無担保ローンは借入金の使い道が限定されておらず、幅広い用途に利用できる点もメリットです

たとえば、有担保ローンである住宅ローンは、大きな借入ができる代わりに、用途が住宅購入資金に限定されています。一方、無担保ローンは日用品の購入から旅行、家電製品の購入まで自由に使用でき、自動車の購入資金にも充てられます

生活費が足りなくなったり、急な出費が生じたりしたとき、冠婚葬祭費が必要になったときなど、生活のさまざまなシーンでお金を借入できます。

無担保ローンのデメリット

無担保ローンの利用を検討中の方は、以下3点のデメリットについても把握しておきましょう。

無担保ローンのデメリット

  • 金利が高い
  • 高額の借入が難しい
  • 本人の信用情報が低いと審査に通らない

金利が高い

無担保ローンは有担保ローンに比べて金利が高めに設定されています
その理由は、貸し手側の立場から考えてみると理解できるでしょう。

前述のとおり、無担保ローンは担保がない分、返済が滞ったときのリスクが高いのが特徴です。そのため、貸したお金が返ってこないリスクに備えて金利が高く設定されています

有担保ローンの金利は1~3%ほどが一般的ですが、無担保ローンの金利は最大で18%ほどです。

高額の借入が難しい

2つ目のデメリットは、高額の借入が難しいことです。

金利が高い理由と同様に、お金が返ってこないときの貸し手側のリスク対策として、高額の借入のハードルが高く設定されています。

住宅ローンに代表されるように、有担保ローンは数千万円単位でも借入できるのに対し、無担保ローンは多くても数百万円が限度です。

本人の信用情報が低いと審査に通らない

無担保ローンの借入には、本人の信用が重要なポイントとなります。これは、担保となる資産が不要な代わりに、本人の信用情報が審査の対象となるためです。

そのため、信用が低いと借入できる限度額が低くなり、最悪の場合まったく借入できないこともあります。

過去にクレジットカードの支払いが遅れ3ヶ月以上放置していたことがある方や、督促を無視し続けている方は審査に通らない可能性が高くなります。信用情報が低いと、希望通りの金額を借入できなくなる可能性があるため注意しましょう。

その他、無担保で借入できるローンの一例

カードローンやクレジットカードキャッシング以外で、無担保で借入できるローンには、以下のようなものがあります。

  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • 一部の住宅ローン

マイカーローン

マイカーローンとは、自動車の購入代金を金融機関やディーラーなどから借入して、車両価格を分割で支払うものです。新車を購入するときにマイカーローンを組んだことがある方も多いのではないでしょうか。

マイカーローンは、審査を通過して初めて借りられます。審査には原則として仮審査と本審査があり、仮審査では年収や勤続年数などが審査され、早ければ翌日に結果が出ることもあります。
本審査では、個人の信用情報をもとに、返済能力があるかどうかがチェックされます。

銀行や信用金庫が扱うマイカーローンは、比較的金利が安い分審査が厳しく、時間がかかるのが特徴です。金利は金融機関によって異なりますが、2%前後に設定されているのが一般的です。

教育ローン

教育ローンとは、学費を含め教育に関する費用を工面する方法です。日本政策金融公庫が取り扱う国の教育ローン「教育一般貸付」と、銀行や信用金庫、信販会社などが取り扱う教育ローンがあります。

国の教育ローンの借入上限は、350万円、外国の教育機関に3ヶ月以上在籍する場合は450万円です。令和3年2月時点の金利は、年1.68%の固定金利となっており、母子家庭や父子家庭などは金利が優遇されます。

国の教育ローンを申し込む際は、世帯収入が上限を超えていないことが条件です。父子・母子家庭の場合は世帯年収200万円以内、そうでない家庭は子どもの数によって世帯収入の上限が異なります。

国の教育ローンの適用条件を満たしていないときは、銀行や信用金庫、信販会社などが取り扱う民間の教育ローンを検討しましょう。
多くの金融機関が借入の上限額を1,000万円~3,000万円としています。金利は金融機関によって異なりますが、国の教育ローンと比べると高い傾向にあります。

一部の住宅ローン

新築や購入、リフォームなどを含む一部の住宅ローンも無担保ローンとして組むことができ、なかには空き家の解体を対象としているものもあります。

有担保の住宅ローンと比べると使い道が幅広く認められているのが特徴です。
借入の上限額は1,000万円ほどが一般的で、なかには2,000万円まで取り扱っている金融機関もあります。

少額ですぐに借りたいなら消費者金融のカードローンを検討

ご紹介した無担保ローンの中でも、とにかくすぐにお金を借りたいという方は、消費者金融のカードローンを検討してみるといいでしょう。

消費者金融、特に「アコム」や「プロミス」といった大手では、申込から手続き完了まで最短60分といったスピード対応が可能となっています

image

無担保かつ、申請後すぐに借りられるといった点では、他のローンと比べて利用ハードルが低いものになっているといえるでしょう。

更に、大手の消費者金融であれば、初回借入時には30日間利息が0円になるなど、初めてでも利用しやすいサービスを多数揃えています。

ここでは、大手の消費者金融の中でも特におすすめの3社を簡単にご紹介します。

おすすめ① アコム

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。はじめてご利用の方は、契約から30日間金利がゼロ円。審査回答も最短30分で即日融資にも対応しています。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

アコムのカードローンは、申込完了から審査までが最短で30分とスピーディーで、最短で即日融資が可能なことが特徴です

ホームページの「3秒診断」を利用すると、年齢年収他社の借入状況の3項目を入力するだけで、借入ができる可能性を簡単にチェックできます。

また、即日融資を希望する場合は、インターネットまたは電話で申込を行い、審査に通ったことを確認した後、インターネットや店頭窓口、自動契約機で契約手続きを行うと、手続きにかかる時間を短縮できます。

アコムは初めての利用時に限り、契約日の翌日から30日間は無利息です

アコムのサービス内容 詳細
審査期間 最短30分
融資のスピード 即日融資可
金利 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
申込方法 インターネット・店頭窓口・自動契約機・電話・郵送
申込対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
無利息期間 30日間
アコムへのお申込みはこちら

おすすめ② プロミス

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短1時間で借りられる場合もあります。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短30分 30日

プロミスは、申込の後最短で30分~1時間で審査が完了し、WEB契約であれば即日融資が可能です

ホームページの「お借入シミュレーション」で3項目に入力すれば、借入が可能かどうかの簡易診断が行えます。
契約後に借入の申込が完了すると、金融機関にもよりますが、最短10秒で借入金が振り込まれます。

プロミスでは初めての利用時に、メールアドレスの登録とWEB明細の選択をすると、初回の出金の翌日から30日間は無利息で利用できます。
女性オペレーターが対応する女性専用のダイヤル「レディースコール」を設けており、女性が利用しやすいように配慮している点も特徴です

プロミスのサービス内容 詳細
審査期間 最短30分~1時間
融資のスピード 最短即日融資
金利 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
申込方法 インターネット・店頭窓口・自動契約機・電話・郵送
申込対象者 20~69歳の安定した収入のある方
無利息期間 30日間
プロミスへのお申込みはこちら

おすすめ③ アイフル

アイフル

インターネット申し込み後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。最短で即日融資も可能です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

アイフルは、WEBやスマホアプリからの申込なら、融資までの最短時間が25分となっています。
即日融資を希望する場合には、WEBやアプリで申込を行い、申込・受付完了のメールが届いた後、フリーダイヤルへ電話をすると、優先して審査をしてもらえます。

アイフルのホームページには、申込時に自宅や勤務先への電話による連絡を行わないことが明記されているのが特徴です

勤務先へ在籍確認の電話連絡が行われることを不安に感じる人も、安心して利用することができます。

アイフルのホームページにある「1秒診断」では、年齢や年収、他社からの借入金額、雇用形態の項目を記入すれば、借入が可能かどうかの簡易診断が受けられます。

アイフルを初めての利用する人は、契約の翌日から30日間は無利息で利用が可能です。

アイフルへのお申込みはこちら

あなたにぴったりのカードローンを探す

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイクALSA

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長8年、最大96回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社

※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

三井住友銀行カードローン:ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

auじぶん銀行じぶんローン

誰でもコース:1.38%~17.4%

借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、auユーザー限定の金利となります。また、借り換えコースは、auユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。