1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. 誰でも借りられるカードローンはある?審査通過の確率を上げるためのポイント

誰でも借りられるカードローンはある?審査通過の確率を上げるためのポイント

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事の目次

  1. 【注意!】誰でも借りられる=闇金融
  2. 審査落ちする人の5つの特徴
  3. 審査を通過するためのポイント
  4. 条件を満たせていれば大手のカードローンが利用できる可能性があります
  5. まとめ

この記事に向いている人…

  • 誰でも借りられるカードローンって本当にある?
  • 審査に落ちた原因がわからない
  • 審査に通過するためにはどうしたら良い?

カードローンは無担保・保証人無しでお金を借りられるローン商品です。

そのため、審査で”返済能力”の有無を判断し、毎月返済が滞りなく行われることを確かめる必要があります。

無職の人や生活保護を受けている人など、安定した収入がない人はカードローンをそもそも利用することができません。

したがって、誰でも借りられるカードローンは存在しません。

【注意!】誰でも借りられる=闇金融

「誰でも借りられる」・「絶対に融資します」・「審査なしで借りられる」。

このような広告や触れ込みを行うのは、闇金融だけです。
審査を受けなければ利用できないカードローンに、「絶対」や「誰でも」なんてありえません。

しかし、カードローンを初めて利用する人は、審査があることを知らず、より手間の掛からない方法を選択してしまい、闇金融のカモにされているのが現状です。

闇金の被害は毎年起きている

闇金の被害は毎年一定数発生しています。

日本貸金業協会には闇金被害の相談窓口が設置されていて、その問い合わせ件数を以下の表にまとめておきました。

【闇金融被害相談件数】

H29年度 H30年度 R1年度 R2年度
313 301 233 222

▶参照|日本貸金業協会『相談・苦情・紛争の状況(資料)』

このように、毎年の相談件数は減りつつありますが、闇金の被害は撲滅できていないのが現状です。

危険な闇金を見抜くための方法

正規のカードローンは、絶対に金融庁に登録を行っています。

登録がされているかどうかは金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索できるので、聞いたことのないカードローンや消費者金融を利用する際は、必ず事前に確認してから申し込みをしてください。

検索結果の例

Consumer-finance-search

審査落ちする人の5つの特徴

カードローンの審査通過の基準は明かされていません。

したがって、審査に落ちた人は、自分が審査に通らなかった理由を絶対に知ることはできなのです。

しかし、審査落ちする人には共通した5つの特徴があります。

審査落ちの特徴1|虚偽申し込み

カードローンの審査は、申し込みフォームに記入された情報を軸に行われます。

多少の入力ミス程度であれば、訂正を求められるくらいで、審査落ちに直接結びつくことはありません。

しかし、明確に虚偽の申し込みだと判断できるような場合は、詐欺の可能性があるとされ、審査落ちしてしまいます。

※ここに注意※

勤務先に関する嘘は必ずバレます

過去に勤めていた職場を申告したり、架空の社名で申し込んだりしても、その嘘は100%バレます。

このような嘘は不正な申し込みとされ、審査に通過できないだけでなく二度と申し込めなくなる可能性もあるでしょう。

審査落ちの特徴2|すでに年収の1/3まで借りている

カードローンでお金を借りられる範囲は、年収の1/3までというのが貸金業法という法律の総量規制というルールで決められています。

総量規制とは
内容を要約すると「年収の3分の1を超える貸付の原則禁止」となります。例えば、年収が300万円の方では、3分の1にあたる100万円が貸付金額の上限となり、これを超える融資を受けることが総量規制によって制限されます。

出典:SMBCモビット『総量規制とは過剰融資を防ぐ制度|除外・例外となる事例についても解説』

したがって、すでに年収の1/3ギリギリまで借りているという人は、カードローンに申し込んでも審査で落ちてしまいます。

銀行カードローンの場合は、この総量規制というルールは適応されませんが、銀行も年収の1/3以上は貸さないと自主規制を強めているので、希望は薄いでしょう。

審査落ちの特徴3|収入が安定していない

審査で重要視されるポイントは安定した収入があるかどうかです。
具体的には、

勤続期間
雇用形態
業種/職種
会社規模
年収金額

といった5つの点が注目されます。

審査落ちの特徴4|数社への同時申込

他社への申込件数も審査落ちに繋がる原因になります。

何件に同時に申し込んだら審査に落ちる」という決定的な情報は公表されていませんが、1ヶ月以内で4社以上に同時に申し込んでいる人は、審査に通過できない可能性が高いでしょう。

同時に数件のカードローンに申し込んでいる人は、お金にかなり困っている人と思われ、安定し継続した返済に問題が生じるリスクがあると判断されるからです。

審査落ちの特徴5|過去5年間に生じた金融事故 

カードローンの審査は、以前に行った金融取引も信用情報で確認します。

信用情報の中に「金融事故情報」があると、返済の姿勢に問題がある人と判断され、審査に通過できません。

信用情報とは
信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

出典:参考|株式会社 日本信用情報機構JICC『信用情報とは』

金融事故情報は主に以下のようなことで、傷として信用情報に残ります。

信用情報に傷がつく理由

  • 支払いに61日以上、もしくは3ヶ月以上の遅延した
  • 支払いを滞納して保証会社が代わりに支払いを行った
  • 長期延滞による強制解約をされた
  • 返済困難になり債務整理で借金を減らした

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に通過できない可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公表されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

審査を通過するためのポイント

審査を通過するためには、絶対に外してはいけないポイントがあります。

逆を言えば、そのポイントさえ押さえていれば審査に通過するのは困難では無いでしょう。

実は、その絶対に外してはいけないポイントは、申し込み条件にあるのです。

【大前提】申し込み条件を満たしているかどうか

カードローンには申し込み条件があります。

例えば、大手カードローンを例に見ていきましょう。申し込み条件は以下のようになっています。

申し込み条件

  • 20歳以上で安定した収入と返済能力がある方

ここで重要なのは年齢と安定した収入と返済能力がある方という部分です。

まずは、年齢の条件を満たしているか確認しましょう。18歳から選挙権を有するようにはなりましたが、カードローンにおいては20歳からの利用が絶対条件です。

20歳を超えていれば、学生でも契約社員でも、派遣社員でも申し込み資格はあるので安心してください。

審査で見られるのは安定した収入

カードローンの利用には、安定した収入が欠かせません。これは、あらゆるカードローンの申し込み条件に明記されています。

それでは、安定した収入とは一体どの程度稼いでいれば、安定していると認定されるのでしょうか。

雇用形態に関わらず、仕事をしていて、毎月数万円程度を稼いでいれば問題ありません。20歳を超えていれば大学生でもカードローンは利用できるので、大学生のバイト代くらいあれば平気と思っておきましょう。

ただし、これらの条件を満たしていたとしても「誰でも借りられる」わけではありません。

条件を満たせていれば大手のカードローンが利用できる可能性があります

上記の条件を満たせている人であれば、安全な大手カードローンを利用できる可能性があります。

知名度が高い大手カードローンであれば、闇金のような取り立て行為も行われないので、安心してお金を借りることができるでしょう。

※条件を満たしていても審査に通過できない可能性もあるのでご注意ください。

大手カードローンは成約率を公開している

大手カードローンは、投資家向けIR情報にて成約率を公表しているケースがあります。

例えば、アイフルの最新成約率は41.1%です。
参考:アイフル『決算説明会参考資料』

金利や限度額だけではなく、そういった点に着目してカードローンを選んでみてもいいでしょう。

成約率を公表しているカードローン

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローン会社です。はじめてご利用の方は、契約から30日間金利がゼロ円。審査回答も最短30分で即日融資にも対応しています。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

アイフル

インターネット申し込み後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。最短で25分融資も可能です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短30分 30日

まとめ

誰でも借りられるカードローンは絶対にありません!

カードローンの利用には審査を通過する必要があります。そのため、「誰でも」ということは絶対にありえず、そのような広告や触れ込みをするのは闇金融だけです。

どうしても、審査に落ちるのが不安な人は、以下のセルフチェックをしてみてください。

審査前のセルフチェック

  • 社員として働いている
  • ローン返済で滞納したことがない
  • クレカの代金を滞納したことがない
  • 他カードローンから借入していない

もし、全てにチェックがついたのであれば、カードローンの審査に通過する確率は十分にあります。

誰でも借りられる闇金融ではなく、通常のカードローンに挑戦してみましょう。

あなたにぴったりのカードローンを探す

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイクALSA

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長8年、最大96回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社

※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

三井住友銀行カードローン:ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

auじぶん銀行じぶんローン

誰でもコース:1.38%~17.4%

借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、au IDをお持ちの方向けの金利となります。また、借り換えコースは、au IDを持っているかつ、借り換えの場合の金利となります。

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。