ページトップに戻る
  1. キャッシング比較トップ
  2. 記事一覧
  3. カードローンとは|初めて利用する人が抑えるべき6つのポイント

カードローンとは|初めて利用する人が抑えるべき6つのポイント

本コンテンツには広告を含む場合があり、記事内には企業のホームページへの広告リンクを一部掲載しています。これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。
>提携企業一覧
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

この記事の目次

  1. そもそもカードローンとは
  2. ポイント1|他の融資サービスとの違い
  3. ポイント2|カードローンの種類
  4. ポイント3|カードローンのメリット
  5. ポイント4|カードローンのデメリット
  6. ポイント5|カードローン利用が向いている人の特徴
  7. ポイント6|カードローンの選び方
  8. カードローンに関するQ&A
  9. まとめ
image

カードローンを利用しようと考えている場合、どんな特徴があるのか分からない方も多いのではないでしょうか。カードローンには6つのポイントがあり、すべてを把握すればご自身がカードローンを利用するべきか判断できるでしょう。

他にも、カードローンを利用する際の疑問点にもお答えするので、ぜひ参考にしてください。

そもそもカードローンとは

image

カードローンとは、金融機関が個人向けに行っている融資サービスのひとつです。基本的に、借入専用のカードを使ってATMからお金を借りるサービスをカードローンといいます。

カードローンの特徴

  • ATMを使わなくても借入ができる
  • カードを使わず借入できる
  • 土日や祝日でも借入ができる

上記の特徴も踏まえるとカードローンは、好きなタイミングと方法でお金を借りられる融資サービスといえるでしょう。

ポイント1|他の融資サービスとの違い

個人向けの融資サービスは、カードローン以外にもあります。いずれも、金融機関からお金を借りられるという点は変わりませんが、細かな特徴が異なります。

カードローン以外の個人向け融資サービス

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン
  • 目的型ローン

クレジットカードのキャッシング枠の違い

クレジットカードのキャッシング枠を利用した借入は、クレジットカードを使ってATMから現金を借りたり、銀行口座へ振込をしてくれたりします。借入方法はカードローンと変わらないので、比較的便利にお金を借りられる融資サービスといえるでしょう。

ただし、クレジットカードを使った借入をするには、キャッシング枠を設定しなければなりません。キャッシング枠がない場合は、カード会社に申請して枠を設定する必要があります。

そして、キャッシング枠を設定するのには通常1週間~2週間ほど時間がかかるため、これから申請する場合はすぐに借入できません。

このことから、クレジットカードを使った借入は、キャッシング枠があればカードローンと同様のサービスを受けられる反面、これから利用する場合は時間がかかってしまう融資サービスといえるでしょう。

フリーローンとの違い

フリーローンは、利用目的の問われない融資サービスです。カードローンも利用目的を問われない融資サービスのため、違いが分かりづらいかもしれません。結論、カードローンとフリーローンは、契約後に追加借入できるかどうかが異なります。

どちらのローンも契約時に利用限度額を決めます。カードローンでは、取り決めた限度額の範囲内であれば、何度でも借入ができます。しかし、フリーローンは一度決めた金額を融資した後に追加借入ができません。

もしも、フリーローンをだけで追加借入をする場合、再度申込をして契約を結ぶ必要があります。

目的型ローンとの違い

クレジットカードのキャッシング枠やフリーローンと違い、資金用途が特定の目的のために限定されたのが、「目的型ローン」です。たとえば、住宅ローンや教育ローン、ブライダルローンなどが該当します。

また、目的型ローンとカードローンの違いは、利用目的だけでなく「金利」にもあります。金利とは、融資を受けた後に支払う利息を決める要素のひとつです。金利が低ければ、支払う利息も少なくなります。

目的型ローンは使用用途が限定されている反面、高額な融資を受けられるため、金利が低めに設定されています。借入用途に応じた目的型ローンがあれば、一般的なカードローンよりも低金利で借入できるでしょう。

ポイント2|カードローンの種類

カードローンは、以下の3タイプに分類できます。

カードローンの種類

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • 信販系カードローン

種類によって細かなサービス内容が異なりますが、基本的な使い方に大きな違いはありません。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンとは、消費者金融と呼ばれる業者が取り扱うカードローンです。

消費者金融カードローンの特徴

  • 土日祝日の即日融資が可能な場合がある
  • 無利息サービスを設けている場合がある
  • 上限金利が高めに設定されている

消費者金融は、申込当日に借入できるため、即日性に特化したサービスが特徴的です。融資スピードだけでなく、初回契約者向けに無利息期間が設けられていたり、スマートフォンだけで借入できたりと、利用者が利用しやすいサービスが数多く実装されています。

ただし、後述する銀行カードローンに比べると上限金利が高く設定されています。初めてカードローンを利用する場合は、上限金利が適用されるケースが多くあります。そのため、利用方法次第では、利息負担が多くなってしまう可能性があるでしょう。

銀行カードローン

銀行カードローンとは、銀行が取り扱うカードローンです。

銀行カードローンの特徴

  • 即日融資はできない
  • 無利息サービスは設定されない場合が多い
  • 上限金利が他の種類と比べて低めに設定されている

他のカードローンに比べ、上限金利が低く設定されています。他にも借入先の銀行口座を持っていたり、住宅ローンを組んでいたりすると、さらに金利優遇があるケースがあるのも特徴といえるでしょう。

その反面、消費者金融と比べると申込から借入までに時間がかかってしまいます。申込後最短でも翌営業日にならなければ、融資を受けられないため、土日に申込をしたり、営業時間外に申込をしたりするとその分時間がかかってしまうでしょう。

信販系カードローン

信販系カードローンとは、信販会社が取り扱うカードローンです。信販会社とは、主にクレジットカードを扱う会社を指し、「ジャックス」「オリコ」といった会社が挙げられます。

金利や融資スピードなどに特筆すべき点はありませんが、信販会社の発行するクレジットカードに紐づいた各種サービスが特徴的です。たとえば、各クレジットカードのポイント還元や優待サービスなどが挙げられます。

ポイント3|カードローンのメリット

カードローンを利用するメリットは、主に以下5つが挙げられます。

カードローンのメリット

  • お金の使用用途を問われない
  • 身近なATMから手軽に借入可能
  • 無担保で借入可能
  • スピーディーな借入が可能
  • 誰にも会わずに融資を受けられる

お金の使用用途を問われない

カードローンは、使用用途が限定されません。たとえば、「生活費」「娯楽費」「他のローン返済」など、さまざまな目的で融資を受けられます。※

目的に応じたローンがない場合や、各種出費に備えたいときは大きなメリットといえるでしょう。

※ただし、事業目的での利用は禁止されている場合が多いので注意してください。。

身近なATMから手軽に借入可能

カードローンは、ATMを利用した借入が可能です。各金融機関が設置している借入専用ATMだけではなく、コンビニや銀行のATMを利用した借入ができます。

そのため、専用ATMが閉まっている営業時間外にお金が必要になった場合でも、コンビニに行けば数分で融資を受けられるでしょう。

無担保で借入可能

カードローンは、担保を用意せずに融資を受けられます。住宅ローンや自動車ローンのような高額な融資を受ける場合、万が一返済できないときに備えて担保を用意しなければなりません。

担保とは、利用者が所有している不動産や、返済できなくなった際に代理で支払いを行う保証人などを指します。お金を借りたいものの、保証人を立てたり土地などを担保に入れたりするのが難しい方にとって、大きなメリットといえるでしょう。

スピーディーな借入が可能

一般的なローンと比べ、カードローンは申込から融資までにかかる時間が短いので、お急ぎでお金が必要な方にとってはメリットといえます。

中でも、消費者金融が取り扱うカードローンの多くは、即日融資にも対応しています。テレビCMや街中の広告でもおなじみの大手消費者金融会社は、申込から「最短25分」での融資も可能です。

銀行や信販会社のカードローンであっても、指定口座の有無といった条件にもよりますが、最短翌営業日以降に借入できるケースもあるため、他ローンと比べると比較的早く融資を受けられるメリットがあるといえます。

誰にも会わずに融資を受けられる

カードローンは、誰にも会わずに融資を受けられるサービスです。たとえば、家からでなくてもスマートフォンがあれば、ご自身の口座に振り込みも可能です。

ただし、申込後に行われる審査では、本当に働いているかどうかを確かめるために、勤め先に電話連絡が行われます。そのため、場合によっては気づかれてしまうケースがあることは覚えておきましょう。

Q.職場への電話連絡で同僚に気づかれませんか?

村上敬

ファイナンシャルプランナー|村上敬

原則、気付かれる可能性は低いと考えられます。

前提として、金融機関は申込者のプライバシーに配慮しています。そのため、職場へ電話連絡をする際は、会社名を名乗らず申込者以外に要件を話しません。また、申込者が職場へ在籍していると分かれば良いので、必要以上に電話をかけてくることもありません。職場への電話連絡が気になる場合は、事前に金融機関に電話の時間を指定してご自身が出られる状況にしておきましょう。

ポイント4|カードローンのデメリット

カードローンを利用する際は、メリットだけでなく以下のようなデメリットもあります。

カードローンのデメリット

  • 一般的なローンと比べると金利が高い
  • 必要以上に借り過ぎてしまいやすい
  • 返済が長期的になりやすい

カードローンを利用する場合は、上記のデメリットも踏まえて計画的な利用を心掛けましょう。デメリットを把握せずに利用を続けてしまうと、返済がいつまでも終わらないケースも想定されます。

一般的なローンと比べて金利は高め

カードローンは、一般的なローンと比べて金利が高めに設定される傾向にあります。なぜなら、設定される金利幅が他のローンと比べて大きいからです。

ローン種別 金利例
カードローン 年2.0~18.0%
住宅ローン 年1.50~3.0%
自動車ローン 年4.0~5.0%

カードローンは使い道が自由で何度でも借入できる融資サービスだからこそ、貸倒損失が生まれるリスクがあります。そのため、他のローンと比べて金利が高く設定されていると考えておきましょう。

必要以上に借り過ぎてしまいやすい

カードローンは原則用途自由、かつ利用限度額の範囲内であれば何度でも追加借入できる便利なサービスです。その反面、必要以上に借りすぎてしまうケースも少なくありません。

お金が必要になるたびに借入を繰り返していたら、最終的な借入総額が膨れ上がってしまうケースも考えられるでしょう。

借りすぎを防ぐ方法

  • 本当に必要かどうかを確認する
  • 追加で借入をする場合は前の返済が終わってからにする

上記のようなルールを設けるだけでも、過度な借入は意識的に減らせます。便利なサービスだからこそ、計画的な利用を心がけましょう。

返済が長期的になりやすい

借入する金額やカードローンによって差はありますが、一般的に毎月の返済は数千円単位から対応できます。これは、カードローンの返済は「リボ払い」が基本となるためです。

リボ払いは、毎月の支払い額を決められた額で済ませられる返済方法です。毎月の返済額が少額であれば、返済負担は軽くなるのですが、場合によっては以下のようなデメリットも生じます。

リボ払いのデメリット

  • 利息も一緒に返済していくので元本が減りにくい
  • 返済額が少額なので完済までにかかる期間が長引きやすい

上記のデメリットを防ぐには、毎月の支払設定を少し高めにする、必要のない借入を減らすなどの工夫をしましょう。

ポイント5|カードローン利用が向いている人の特徴

お金を借りようと考えている人の場合、カードローンの利用が向いているのかどうか気になるのではないでしょうか。結論、以下の特徴に当てはまる人は、カードローンの利用が向いているといえます。

カードローンの利用が向いている人

  • 多目的に使用できるお金が必要な人
  • 融資スピードを重視する人
  • 周囲に内緒で融資を受けたい人

多目的に使用できるお金が必要な人

住宅ローンやマイカーローンなどの目的型ローンでは、使用目的に合わない融資をしてもらえません。フリーローンなら、利用目的は問われませんが、追加借入ができないため、再度申込をする必要があるでしょう。

しかし、カードローンなら利用目的を問われず、利用できる範囲内なら何度でも融資を受けられます。さらに、完済した後でも解約しなければ、またいつでも融資を受けられます。いざというときに、自由に使えるお金を借りる手段がほしいという人に向いているでしょう。

融資スピードを重視する人

「生活必需品(冷蔵庫など)が壊れてしまったので、すぐに買い直したい」、「冠婚葬祭などお付き合いが続き、急な食事会が入ったのに手持ちがない」などの急な出費にも、カードローンなら対応できるでしょう。

カードローンは審査のスピードが速く、即日融資にも対応可能です。急にお金が必要になったときは、カードローンに頼るのもひとつの方法です。

周囲に内緒で融資を受けたい人

「会社の上司や同僚にバレるのはまずい」「家族に知られず内緒で借りたい」など、人に会わず借入したい方にもカードローンはおすすめです。

たとえば、カードローンはWEBだけで申込から借入までできる「WEB完結申込」という申込方法があります。この方法を利用すれば、家から出ずに融資を受けられますし、自宅宛ての郵送物もなくせるでしょう。

ただし、返済が遅れてしまうと申込者の自宅宛てに郵送物が届いたり、職場へ電話連絡が行われたりするケースがあります。借入だけでなく、返済までを計画してお金を借りましょう。

ポイント6|カードローンの選び方

カードローンは、「消費者金融」「銀行」「信販会社」の3種類あります。それぞれ、特徴が異なるため、選び方に迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、「利便性」と「利息負担」を軸にカードローンの選び方を解説します。

利便性を求める場合は消費者金融カードローン

借入や返済の方法、融資までの時間、その他柔軟な対応を求める方は、消費者金融が扱うカードローンを利用しましょう。

消費者金融の中でも、大手と呼ばれるカードローンには、以下の特徴があります。

大手消費者金融の特徴

  • 土日でも即日融資可能
  • 無利息サービスを設けている金融機関が多い

大手消費者金融以外の場合、上記の特徴を満たせないところもあります。そのため、利便性を重視する場合は、大手消費者金融から借入をしましょう。

プロミス

プロミスは、「土日の即日融資」「初めての借入翌日から30日間の無利息サービス」を設けている消費者金融です。さらに、プロミスは他の大手消費者金融と比べて上限金利が低いという特徴があります。

大手消費者金融カードローン 金利
プロミス 年4.5〜年17.8%
アイフル 年3.0~年18.0%
アコム 年3.0~年18.0%
SMBCモビット 年3.0〜年18.0%
レイク 年4.5〜年18.0%

上記の通り、他の消費者金融と比べて上限金利は「年0.2%」低く設定されています。初めてカードローンを利用する場合、上限金利が適用されるケースが多いため、少しでも利息負担を少なくしたい人は、プロミスを利用しましょう。

プロミス

はじめてプロミスで借りる方は、メールアドレスの登録とWEB明細のご利用で、初回借入から30日間利息がかかりません。少ない入力項目で手続きが可能、最短3分※で借りられる場合もあります。※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
4.5%~17.8% 最短3分 30日

アイフル

アイフルは、WEB申込に限り、最短25分で融資を受けられる消費者金融です。さらに、電話連絡を原則行わないと公言しているため、職場への連絡が気になる方に向いているといえるでしょう。

ただし、職場への電話連絡が絶対行われないわけではありません。アイフルが必要と判断した場合は、職場への電話連絡が行われるため注意してください。

アイフル

WEB申込後、電話をすることで、優先的に審査してもらうことも可能。WEB申込なら最短18分融資も可能(※)です。借りられるかどうかを簡易的に判断できる「1秒診断」もあるので、気になった方は試してみてください。

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

実質年率 審査時間 無利息期間
3.0%~18.0% 最短18分 30日

利息が気になる場合は銀行カードローン

銀行が扱うカードローンは、他の金融機関よりも上限金利が低く設定されています。

ローン種類 上限金利相場
銀行カードローン 年15.0%
消費者金融カードローン 年18.0%
信販系カードローン 年18.0%

上記の通り、銀行カードローンは他のカードローンと比べ、「0.5%」ほど金利が低くなっているため、月々の利息負担を減らせるでしょう。利息を減らしたい方は、銀行カードローンを利用してみてください。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンと比べても上限金利が低く設定された融資サービスです。住宅ローンを組んでいる人の場合、年0.5%の金利引き下げサービスもあるため、より利息負担を減らせます。

ただし、みずほ銀行の口座を持っていないと利用できないため、事前に口座を開設しておきましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行の口座を持っている人なら、申込の手続きがネット上で完結。お手元のキャッシュカードを使って、ATMからお金を借りることも可能です。
※お借入金利はご利用限度額によって異なります。金利は変動金利です(2022年2月24日現在)。
※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に

実質年率 審査時間 無利息期間
2.0%~14.0% 最短翌営業日以降 -

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、コンビニのATMを利用した際に、手数料がかからない銀行カードローンです。借入や返済のたびに手数料をかけずに利用できるので少しでも節約したい方に向いています。

さらに、上限金利は年14.5%で設定されているため、比較的利息負担を少なくできるでしょう。

三井住友銀行カードローン

・全国に設置してある三井住友銀行のATMであれば、借入・返済の手数料はかかりません。
※カードレスを選択の場合は(SMBCダイレクト)インターネットによるご利用となり、ATMはご利用いただけません。

・返済日はお客様の都合に合わせて、5日・15日・25日・末日のなかから選べます。
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。

実質年率 審査時間 無利息期間
1.5%~14.5% 最短当日※ -

カードローンに関するQ&A

最後に、カードローンに関するよくある質問と回答をご紹介します。気になる項目があれば、カードローンお申込前にぜひご確認ください。

Q.カードローンの申込から借入までの流れは?

借入先によって異なる部分はありますが、主な流れは以下の通りです。

  1. 申込
  2. 書類提出
  3. 審査
  4. 契約手続き

カードローンによって細かな手続きの流れは異なるので、事前に公式サイト等で詳細を確認しておくことが重要です。また、どこの金融機関を利用する場合でも、本人確認用の書類は提出する必要があるので、事前に準備しておきましょう。

本人確認用の書類一覧

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 在留カード・特別永住者証明書

Q.カードローンの利用限度額ってどうやって決まる?

カードローンの利用限度額は、収入や他社からの借入状況などを考慮して上限が決まります。

ちなみに、消費者金融や信販会社は貸金業法に基づいて融資しています。貸金業法の中にある総量規制の影響で、年収の3分の1を超える融資は絶対に行われません。すでに他社から借りている場合は、他社の借入金額と合わせて年収の3分の1までしか融資を行わないので注意してください。

なお、銀行は総量規制の対象外ですが、上限なく融資してくれるわけではありません。各行、独自基準を設けて利用限度額を設定していることは覚えておきましょう。

Q.カードローンの返済方法は?

カードローンの返済方法は、以下の通りです。

返済方法

  • ATMを利用した返済
  • 返済用口座への振込
  • 自動引き落とし

自動引き落としを利用すれば、決められた日にちに自動的に返済を行ってくれるため、返済を忘れてしまうといったトラブルを避けられるでしょう。

ただし、引き落とし用の口座に返済する分の金額が入っていない場合は、自動引き落としが行われません。その場合は、自分でATMか振込口座に入金しなければならないため注意してください。

まとめ

カードローンの6つのポイントについて解説しました。利用目的を問われず、比較的自由なタイミングと方法で借入できるのがカードローンです。

カードローンを利用した借入をする場合、低金利で借りたい方は銀行のカードローンを選ぶべきですし、即日融資などスピードや利便性を求めている方には消費者金融のカードローンが選択肢となるでしょう。

とはいえ、計画的な利用ができなければ、返済をいつまでたっても完了できない原因になってしまいます。金融機関が扱うカードローンの特徴を理解し、金利や返済期間を確認したうえで、必要以上に借りないよう上手に活用していきましょう。

あなたにぴったりのカードローンを探す

アコム

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイク

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

Webで申込むと60日間無利息!

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。

※ご契約額が200万超えの方は30日無利息のみになります。

※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長5年、最大60回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャル株式会社が必要とする場合)

担保・保証人 不要

新生フィナンシャル株式会社

登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

日本貸金業協会会員第000003号

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

三井住友銀行カードローン:ローン契約機でローン専用カードを受け取る場合、もしくはカードレスを選択される場合は郵送物はありません。

auじぶん銀行じぶんローン

■通常:1.48%~17.5%

■カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%

■カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%

※誰でもコースは、au IDをお持ちの方向けの金利となります。また、借り換えコースは、au IDを持っているかつ、借り換えの場合の金利となります。

プロミス レディース

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

イーキャンパス

高校生は利用不可です。

友林堂

場合によっては即日融資ができないこともあります

学協

20歳未満の場合、アルバイト等の収入証明書(給料明細書等)が必要となります。

フレンド田

場合によっては、即日融資ができないこともあります

・本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。
・本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
・本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
・当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
・本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
・口コミは個人の感想であり、必ずしも口コミと同様のサービス提供を保証するものではございません。
・規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。