脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 医療脱毛の効果や回数 > メディオスターNextPRO導入クリニック一覧!効果や痛みについて解説

メディオスターNextPRO導入クリニック一覧!効果や痛みについて解説

メディオスターは肌色や毛質を選ばない!

メディオスターNeXT PRO(メディオスターネクストプロ)は、医療レーザー脱毛機の1つで、メディオスターシリーズの上位機種です。肌色や毛質を選ばない脱毛機であり、肌への刺激を抑えて照射できるとして注目されています。

この記事では、メディオスターNeXT PRO(以下、メディオスター)がどんな脱毛機なのか、どこの医療脱毛クリニックで採用されているのかなどを解説していきます。

メディオスターはこんな脱毛機!

画像引用:株式会社メディカルユーアンドアイ公式サイト

メディオスターはダイオードレーザーを使用した脱毛機であり、“蓄熱式”という方法で脱毛を行います。従来の脱毛機が毛根をターゲットにしているのに対し、メディオスターの蓄熱式脱毛では毛を作る元となっている部分にダメージを与えて毛の再生を妨げます。

メディオスターのポイントは以下の3点です。

メディオスターのポイント
  1. 痛みや肌への負担を軽減させた脱毛をおこなえる
  2. 日焼け肌や色黒肌にも照射できる
  3. 産毛や細い毛・濃くて太い毛のどちらも脱毛をおこなえる

多彩な肌色や毛質に対応している脱毛機、メディオスターNeXT PROの特徴を詳しく説明していきます。

痛みや肌への負担を軽減させた脱毛をおこなえる

メディオスターの脱毛は、レーザーの出力が低く肌に与える熱も弱いことから、脱毛時の肌への刺激や痛みも抑えられています

メディオスターがターゲットとするのは肌の浅い部位であり、肌の奥深くまでレーザー光線を届ける必要がないため、出力は弱くても十分なのです。

メディオスターは、弱めのレーザーを脱毛部位に繰り返し当て、徐々に熱を与えることで発毛を促す“バルジ領域”という部位にダメージを与えて脱毛します。強い出力のレーザーを照射する従来の脱毛機と異なる点の1つです。

脱毛の際に照射するレーザーには熱があり、必要以上の熱は肌の負担となりますが、メディオスターには照射に使うハンドピースに皮膚の冷却装置が備わっています。照射と同時に肌を冷やすことで、脱毛時の痛みや不快感を軽減できます。

編集部

痛みだけでなく、肌への負担が軽減されているのもメディオスターの特徴で、敏感な部位であるVIOの脱毛などにも向いています。

日焼け肌や色黒肌にも照射できる

メディオスターは、日焼けした肌やシミのある肌などでも照射が可能であり、肌色を問わず照射できる脱毛機です。低出力のレーザーを使うため、色の濃い肌も程度によって照射ができるのです。

従来型の脱毛機は、黒い色(メラニン)に強く反応する高出力のレーザーを当てて脱毛するので、肌色が黒いと肌にも熱を集中させてしまいます。そのため色黒肌や日焼け肌の場合は、脱毛を断られるケースがほとんどです。

メディオスターの蓄熱式の脱毛は、色黒肌・日焼け肌であっても照射できます。

産毛や細い毛・濃くて太い毛のどちらも脱毛をおこなえる

メディオスターは従来の脱毛機が苦手としてきた産毛や細い毛の脱毛にも向いています。メディオスターの蓄熱式脱毛は黒色に反応するレーザーを使う原理を利用していないので、毛の色の濃さに左右されません。

毛根の黒い色をターゲットにしている従来の脱毛機は、色素の少ない産毛や細い毛にはあまり適していません。産毛に対する脱毛の適性は、メディオスターと従来の脱毛機との違いの1つでもあります。

メディオスターによる脱毛のしくみ

メディオスターの蓄熱式脱毛がターゲットとしているのは、毛の成長を促す指令を出している“バルジ領域”と呼ばれるところです。毛根ではなく、それよりも肌の浅い場所にあるバルジ領域を壊すことにより脱毛する、という理論にもとづいて編み出された脱毛方法です。

従来の医療レーザー脱毛機は、黒い色に強く反応する高出力のレーザーを毛根に当て、その熱により毛の根元を破壊して脱毛するというしくみです。
これに対しメディオスターが行っている蓄熱式脱毛は、肌の浅いところにあるバルジ領域に弱い出力のレーザーを照射して脱毛します。

比較的弱い出力のレーザーをじわじわと連続照射していくことで脱毛するので、肌に与える刺激や熱も従来の脱毛機より抑えめとなっています。

メディオスターのスペック

メディオスターの特徴をスペックから見てみます。

  メディオスターNeXT PRO
レーザーの種類 ダイオードレーザー(蓄熱式)
波長810 nm・940 nm
2つの波長のレーザーを合わせて照射
温度 約65℃
照射サイズ ハンドピースは3種類
最大サイズは24mm×38mm
太い毛・濃い毛
産毛・細い毛
対応する肌色 色黒肌・日焼け肌にも対応
痛み 感じにくい
開発会社 Asclepion Laser Technologies社
(ドイツ)
許認可 厚生労働省認可脱毛機

メディオスターはドイツ製の医療レーザー脱毛機で、世界60か国以上で使用されており、日本では厚生労働省の認可を得ています。

太い毛・細い毛ともに脱毛をおこなえるダイオードレーザーを採用し、810nmと940nmの2種類の波長を同時に照射して脱毛します。2つの波長にはそれぞれ短時間で熱を加える特徴と、着実にターゲットにレーザーを届けるといった特徴があり、ブレンドされることでより効果的に脱毛をおこなえます。

メディオスターによる脱毛のメリットとデメリット

メディオスターで脱毛をした時のメリットとデメリットを紹介します。

褐色肌でも照射OK!メディオスターのメリット

メディオスターで脱毛するメリットはこちらです。

メリット
  • 日焼け肌、色黒の肌にも照射できる
  • 痛みや肌への負担が軽減されている
  • 産毛や細い毛にも対応
  • 脱毛時間が短い

色の濃い肌にも照射でき、産毛にも濃い毛にも対応しているというのがメディオスターによる脱毛のメリットです。今までの脱毛機では不向きといわれていた肌色・毛質についても脱毛をおこなえるようになりました。

メディオスターが照射するレーザーの出力は弱めなので、痛みや肌への負担も比較的少なく、痛みを感じやすいVIOなどの脱毛にも適しています。

メディオスターの脱毛時間が短いのは、脱毛で使うハンドピースの照射面積が広いからです。

画像引用:株式会社メディカルユーアンドアイ公式サイト

照射の面積は3種類あり、部位に応じて効率よく脱毛を行えます。

編集部

面積の広いハンドピースを使うと、体の広い部分に一度にレーザーを照射できるので、全身脱毛もスピーディーに進みます!

即効性は期待できない…メディオスターのデメリット

メディオスターの脱毛のデメリットはこちらです。

デメリット
  • 毛が抜けるまで2~3週間以上かかる
  • 採用している医療脱毛クリニックが少ない

良い所のたくさんあるメディオスターですが、脱毛の効果を実感できるのが遅いというデメリットがあります。

メディオスターの脱毛では、照射後にすぐに毛が抜け落ちることはありません。発毛を命令する場所にダメージを与える脱毛方式なので、毛の生えかわりの周期に従って抜け落ち、次の毛は生えにくくなる……という流れで脱毛が進みます。

従来の脱毛機であれば1週間程度でするっと毛が抜け落ちるところ、メディオスターでは早くても2~3週間後、多くは1か月ほどたってからでないと脱毛の効果を実感できません

メディオスターでは脱毛効果がないのではないかと感じてしまうかもしれませんが、脱毛効果を実感しづらいこと、初回~2回目の脱毛では効果が感じにくいことを念頭においておきましょう。

医療脱毛クリニックは従来型の脱毛機をメインに使用しているところが多く、メディオスターを採用しているクリニックはまだまだ多くありません。メディオスターを採用している医療脱毛クリニックを以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

メディオスターを導入しているクリニックはここ!

メディオスターを採用している主な医療脱毛クリニックです。

クリニック 取り扱いのある脱毛機 代表的なプラン
フレイアクリニック ・メディオスターNeXTPRO
・メディオスターモノリス
・アリー
※医師が診察した上で適切なレーザー脱毛機を選択
全身セットプラン(顔、VIO除く)
5回 173,800円(税込)
リゼクリニック ・メディオスターNeXT PRO
・ライトシェアデュエット
・ラシャ
・ジェントルYAG
※医師が診察した上で適切なレーザー脱毛機を選択
全身脱毛(顔、VIO除く)
5回コース総額269,800円(税込)
ブランクリニック ・メディオスターNeXTPRO エコ得プラン全身(顔、VIO除く)
4回 105,600円(税込)
クレアクリニック ・ライトシェアデュエット
・メディオスターNeXT PRO
全身脱毛(顔、VIO除く)
5回 173,400円(税込)

医療脱毛クリニックの選び方料金相場や脱毛プランは次の記事で紹介しています。

医療脱毛クリニック11選!料金やおすすめの選び方・人気部位ランキングをチェック


フレイアクリニックはメディオスターを利用!

フレイアクリニックは、メディオスターNextPro、メディオスターモノリス等による蓄熱式脱毛を専門としている女性専用の医療脱毛クリニックです。

メディオスター以外に、アリーという蓄熱式脱毛機も取り扱いがあり、3種類の脱毛機を使用しています。日焼けや褐色肌の方の相談も受け付けています。


※記事に記載している情報は調査時点のものになります。
最新の情報を掲載するように更新をしておりますが、公式サイトと異なる場合がありますので、最終的な確認は公式サイトで行ってください。