脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛部位の料金や脱毛範囲 > 顔の医療脱毛を解説!クリニックごとの料金や脱毛範囲・脱毛効果など

顔の医療脱毛を解説!クリニックごとの料金や脱毛範囲・脱毛効果など

顔の医療脱毛行えるクリニック6選!効果がある脱毛機や痛みもチェック

顔の医療脱毛について解説します。顔脱毛プランがあるクリニック6選を紹介するとともに、顔脱毛の料金や顔の脱毛範囲などを説明しています。

顔の産毛に効果のある医療レーザーや痛みについて、また顔脱毛による肌への影響もまとめています。

顔の医療脱毛の料金相場・回数・期間

顔の医療脱毛が行えるクリニックが増え料金や回数も様々になってきました。ここではクリニックに多い顔脱毛の回数とその料金相場、かかる期間について解説します。

医療脱毛クリニックの顔脱毛・回数と料金相場

顔の脱毛プランに多い回数とその料金相場がこちらです。

<顔脱毛の回数と料金相場>
顔脱毛に多い回数:5回
顔脱毛5回の料金相場:110,000円程度
※ 相場料金は当サイトに掲載している医療脱毛クリニックの平均金額(税込)から算出しています。

クリニックでの顔脱毛は回数制の5回プランが多く、その場合の料金相場は110,000円(税込)程度です。顔の医療脱毛は1回あたり22,000円(税込)程度で行うことができます。

医療脱毛クリニックの顔脱毛にかかる期間

クリニックの顔脱毛に5回通った場合にかかる期間はこちらです。

<顔脱毛5回にかかる期間>
6ヶ月~8ヶ月程度
※ 期間は当サイトに掲載している医療脱毛クリニックの平均から算出しています。

顔脱毛に通える頻度はクリニックによって違いますが、1.5ヶ月~2ヶ月おきに通えるクリニックが多く、そこから計算すると顔脱毛5回にかかる期間は6ヶ月~8ヶ月程度となります。
医療脱毛クリニックの顔脱毛なら、1年はかからずに顔脱毛5回を終えることができます。

顔脱毛の脱毛範囲

医療脱毛クリニックで行う顔脱毛の脱毛範囲について説明します。

顔脱毛に含まれる部位

医療脱毛クリニックの顔脱毛に含まれている基本的な脱毛範囲がこちらです。合わせてクリニックにより違いがある部位も記載しています。

顔脱毛に含まれる脱毛範囲
額、ほほ、鼻下、あご、あご下

クリニックにより違いがある部位
眉間、眉毛、鼻、口下、首、もみあげ周辺、鼻毛、耳毛

クリニックによって顔脱毛の脱毛範囲に含まれている部位は違いがあります。

眉毛や眉間のように、顔全体の脱毛プランの脱毛範囲には含まれず、眉毛脱毛のプランとして用意されている部位もあります。

顔脱毛に含まれない部位

顔脱毛に含まれない顔の部位は以下です。

顔脱毛に含まれない顔の部位
髪の毛部分、鼻の粘膜、まぶた、眼球周辺、唇、ほくろ

顔脱毛に含まれていない顔の部位は、レーザーを当てると危険な部位です。
髪の毛やほくろは火傷の危険があり脱毛範囲には含まれませんし、まぶたや眼球周辺もレーザーが目に当たる危険があるので脱毛範囲に含まれません。

≪顔脱毛がある医療脱毛クリニック6選≫

顔脱毛プランがある医療脱毛クリニック6選を紹介します。

ここでは各クリニックの代表的な顔脱毛プランの料金もあわせて一覧にしています。

医療脱毛クリニック 顔脱毛
料金
アリシアクリニック 3回 166,320円
レジーナクリニック 5回 105,600円
リゼクリニック 5回 99,800円
フレイアクリニック 5回 93,500円
東京ディアークリニック 6回 83,000円
※価格はすべて税込です。

ここからは各クリニックの顔脱毛の料金プランや脱毛範囲、使用している脱毛機や利用できる割引キャンペーン、アフターケアなどを紹介していきます。

顔全体3回で166,320円!

■アリシアクリニック

アリシアクリニックの顔脱毛の料金まとめ表
コース 料金
全顔コース 1回:62,370円
3回:166,320円
単部位のプラン
鼻下・眉間・口下アゴ
(いずれか1部位)
1回:11,550円
3回:30,030円
単部位のプラン
眉毛・額・両ホホ・首
(いずれか1部位)
1回:19,635円
3回:51,975円
※価格はすべて税込です。

アリシアクリニックの顔脱毛は顔全体と単部位のプランがあり、どちらも1回と3回から回数を選べます。

アリシアの顔脱毛は、脱毛範囲に眉間や眉毛が含まれているのが特徴的です。

アリシアクリニックの顔脱毛のまとめ表
通える頻度とかかる期間 頻度:1ヶ月に1回
顔脱毛3回:最短3ヶ月
顔脱毛の範囲 額、眉間、眉毛、頬、鼻下、口下&アゴ、首
シェービングサービス 1回4,000円(税込)
脱毛機 ソプラノチタニウム
スプレンダーX
ライトシェアデュエット
顔脱毛にかかる時間 30分
アフターケア 炎症止めの塗り薬を無料で処方してもらえる
メイクの処理とパウダールームの有無 メイクの処理:自分で落とす(メイク落としあり)
パウダールーム:あり

アリシアの顔脱毛の脱毛機は細かい部位の照射が得意で、産毛への効果も期待できるソプラノチタニウムを使用します。

1ヶ月に1回顔脱毛へ通うことができるので、顔脱毛3回なら最短3ヶ月で終えることができます。

無料の麻酔クリームが利用できる

■レジーナクリニック

レジーナクリニックの顔脱毛の料金まとめ表
プラン 料金
顔脱毛 1回:52,800円
5回:105,600円
追加1回:26,400円
単部位のプラン
額・ほほ・鼻下・あご下
(いずれか1部位)
1回:9,900円
5回:29,700円
追加1回:4,950円
単部位のプラン
あご
(いずれか1部位)
1回:16,500円
5回:49,500円
追加1回:8,250円
※価格はすべて税込です。

レジーナクリニックの顔脱毛は、顔全体のセットプランと、1部位ごとに脱毛するパーツ脱毛があります。回数は1回、5回から選べます。

回数コース終了後に顔脱毛を追加する場合は通常の半額で利用することができます。

レジーナクリニックの顔脱毛のまとめ表
通える頻度とかかる期間 頻度:最短2ヶ月に1回
顔脱毛5回:最短8ヶ月
顔脱毛の範囲 髪の毛部分、眉毛部分、まぶた、眼球周辺、唇、ほくろ、鼻毛、耳
シェービングサービス そり残し対応無料
脱毛機 ジェントルレーズプロ
ソプラノアイスプラチナム
ソプラノチタニウム
顔脱毛にかかる時間 30分
アフターケア 顔脱毛による炎症などは無料で医師による処置・薬の処方あり
メイクの処理とパウダールームの有無 メイクの処理:自分で落とす(メイク落とし、洗顔料あり)
パウダールーム:あり

レジーナの顔脱毛に使用する脱毛機は、顔の肌質や毛質を見てクリニック側で決めてくれるため自分で選ぶことはできません。

鼻の照射もできる

■リゼクリニック

リゼクリニックの顔脱毛の料金まとめ表
コース 料金
顔全体脱毛セット 1回:33,800円
5回:99,800円
追加1回:16,800円
※価格はすべて税込です。

リゼクリニックの顔脱毛は、顔のすべてのパーツがセットになった顔全体セットコースがあり、回数は1回、3回、5回から選べます。

リゼは5回コース終了後の追加照射は通常の約半額で追加することができます。

リゼクリニックの顔脱毛のまとめ表
通える頻度とかかる期間 頻度:2ヶ月に1度程度
顔脱毛5回:最短10ヶ月
顔脱毛の範囲 ひたい、ほほ、鼻、鼻下、あご
シェービングサービス そり残し対応無料
脱毛機 メディオスターNeXTPRO
ライトシェアデュエット
ラシャ
ジェントルYAG
顔脱毛にかかる時間 30分
アフターケア 炎症止めの軟膏を無料で処方してもらえる
メイクの処理とパウダールームの有無 メイクの処理:自分で落とす(メイク落とし、洗顔あり)
パウダールーム:あり

顔脱毛で使用する脱毛機はライトシェアデュエットで、顔に生えているような産毛の脱毛に適していて比較的痛みが少ない脱毛機です。

顔脱毛5回が93,500円で利用できる

■フレイアクリニック

フレイアクリニックの顔脱毛の料金まとめ表
プラン 料金
顔脱毛セット 1回:48,400円
5回:93,500円
8回:140,800円
単部位のプラン
額・ほほ・鼻下・あご下
(いずれか1部位)
1回:8,800円
5回:26,400円
8回:41,800円
単部位のプラン
あご
1回:15,400円
5回:44,000円
8回:70,400円
※価格はすべて税込です。

フレイアクリニックの顔脱毛は、顔全体を脱毛するプランと、1部位ずつ脱毛するプランがあり、どちらも回数は1回、5回、8回から選べます。

フレイアクリニックの顔脱毛のまとめ表
通える頻度とかかる期間 頻度:最短1.5ヶ月に1度
顔脱毛5回:最短8ヶ月
顔脱毛の範囲 額、ほほ、鼻下、あご、あご下
シェービングサービス そり残し対応無料
顔脱毛にかかる時間 20~30分程度
脱毛機 メディオスターNeXTPRO
メディオスターモノリス
アフターケア 必要に応じて薬を無料で処方
メイクの処理とパウダールームの有無 メイクの処理:自分で落とす
(メイク落とし、洗顔料あり)
パウダールーム:あり

フレイアクリニックでは顔脱毛に使用する脱毛機を自分で選ぶことはできませんが、顔の肌質や毛質に合った脱毛機をクリニックで決めてくれます。

東京ディアークリニックの顔脱毛の料金まとめ表
プラン 料金
顔脱毛 1回:15,000円
6回:83,000円
10回:138,000円
Sパーツ脱毛
額、あご、あご下、鼻下
(いずれか1部位)
1回:9,800円
6回:56,800円
10回:88,000円
※価格はすべて税込です。Sパーツの脱毛部位は各クリニックにより異なる場合があります。

東京ディアークリニック(TDC)の顔脱毛は顔全体をまとめて脱毛するフェイス脱毛と、1部位ごとに脱毛が行えるSパーツ脱毛があり、どちらも1回、6回、10回から回数を選べます。

顔全体の脱毛の場合は顔のすべてのパーツを脱毛することが可能ですが、Sパーツ脱毛ではあごと、あご下、額、鼻下の4パーツしか選ぶことができません。

東京ディアークリニックの顔脱毛のまとめ表
通える頻度とかかる期間 頻度:最短3週間に1度
顔脱毛6回:最短4ヶ月半
顔脱毛の範囲 もみあげ、あご、あご下、頬、眉上、眉間、額、小鼻、鼻下※1
シェービングサービス そり残し対応無料
顔脱毛にかかる時間 30分程度
脱毛機 ソプラノアイスプラチナム
アフターケア 保湿ケア
肌に赤みなどがあれば炎症止めの薬を処方してもらえる
メイクの処理とパウダールームの有無 メイクの処理:自分で落とす
(メイク落とし,洗顔料,化粧水あり)
パウダールーム:あり
※1 Sパーツ脱毛の場合の脱毛範囲は、あご、あご下、額、鼻下のみ

東京ディアークリニックで顔脱毛の際に使用する脱毛機は、産毛脱毛に適している蓄熱式脱毛機ソプラノアイスプラチナムです。顔をうっすらと覆う産毛にも適しています。

もみあげ周りの照射ができる

■SBC湘南美容クリニック

SBC湘南美容クリニックの顔脱毛の料金まとめ表
プラン 料金
フェイス 1回:11,550円
3回:31,350円
6回:50,600円
Sパーツ脱毛
額・鼻下・あご・あご下・首
(いずれか1部位)
1回:6,180円
3回:17,730円
6回:29,280円
※価格はすべて税込です。

湘南美容クリニックの顔脱毛は、額、もみあげ周囲・頬、鼻下、アゴ、アゴ下がセットになったフェイスプランと、パーツを単部位で選ぶSパーツのプランがあり、回数はそれぞれ1回、3回、6回から選ぶことができます。

湘南美容クリニックの顔脱毛のまとめ表
通える頻度とかかる期間 頻度:2ヶ月以上あける
顔脱毛6回にかかる期間:1年半~2年程度
顔脱毛の範囲 額、もみあげ周囲・頬、鼻下、アゴ、アゴ下
シェービングサービス そり残しは10分まで無料対応
10分以上は1部位500円
顔脱毛にかかる時間 30分程度
脱毛機 ジェントルレーズプロ
IPL方式の脱毛機
アフターケア 照射後のお薬塗布(照射後毎回)が無料
メイクの処理とパウダールームの有無 メイクの処理:自分で落とす
(メイク落とし,化粧水あり)
パウダールーム:あり

湘南美容クリニックには脱毛機が2種類ありますが自分で選ぶことはできません。
顔のセット脱毛には含まれていませんがSパーツ脱毛なら首の前面部分も脱毛を行うことが可能です。


顔・VIOを含んだ全身脱毛がしたい人はこちら

顔・VIOを含む全身脱毛がある医療脱毛クリニックの料金と特徴

顔脱毛にかかる追加料金

クリニックの顔脱毛で脱毛料金以外にかかる追加料金について説明します。

まず、医療脱毛クリニックで無料のものは以下です。

    無料のもの
  • カウンセリング代
  • 照射漏れがあった場合の追加照射料金
  • 脱毛で肌に問題が起きた場合の診療代・薬代

照射漏れがあった場合の追加照射料金

脱毛をして2週間ほどたった時点で毛がまとまって残っていたり、ライン状に残っていたりする場合、医師に照射漏れと認められると無料で追加照射してもらえます。

照射漏れがあった場合は、脱毛をおこなったクリニックに連絡してください。

脱毛で肌に問題が起きた場合の診療代・薬代

脱毛が原因で肌に問題が生じた場合は、クリニックに常駐する医師に無料で診察や治療をおこなってもらえ、薬代も無料になるクリニックが多いです。

クリニックによって追加料金がかかる場合があるものは以下です。

    追加料金がかかるもの
  • シェービング代
  • 麻酔代

シェービング代

脱毛の前日には顔の毛を自己処理していく必要がありますが、そり残しがある場合は、無料でシェービングのサポートをしてくれるクリニックと、有料のクリニックがあります。

麻酔代

脱毛の痛みが心配な方向けに、多くのクリニックが麻酔を用意しています。

麻酔の種類は、麻酔クリームと笑気ガス麻酔があり、麻酔クリームは無料の場合もありますが、笑気ガス麻酔は有料の場合が多いです。

顔の医療脱毛の効果!医療レーザーの種類と脱毛機

医療脱毛クリニックで顔脱毛を行うと産毛がなくなるので、顔剃りをしたときと同じように肌が明るい印象にする効果があります。また産毛がなくなることで化粧ノリが良くなるという効果も得られます。

クリニックで使用する医療レーザーの種類によっても顔脱毛への効果が変わってきます。
脱毛に使用する医療レーザーはダイオードレーザー、YAGレーザー、アレキサンドライトレーザーの3種類があります。

顔の細くて色素の薄い産毛に対して脱毛効果が高いとされているのはダイオードレーザーです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは顔の産毛も対応可能、日焼けした肌も照射可能

ダイオードレーザーはメラニン色素に対して反応するレーザーではなく、肌全体をじわじわと温めてアプローチするため、毛の濃さや太さに関係なく脱毛することができ、顔に生えている色素の薄い産毛や細い毛からVIOに生えている太い毛まで脱毛効果があるといわれています。

ダイオードレーザーを照射できる脱毛機

YAGレーザー

YAGレーザーは濃い毛が得意、顔の産毛も対応可能、日焼けした肌も照射可能

YAGレーザーはレーザーの波長が長いため肌のより深くまで到達し、VIOに生えているような濃くて根深い毛に対して脱毛効果を発揮するタイプのレーザーです。

顔に生えているような色素の薄い産毛の脱毛は得意というわけではありませんが、レーザーの出力を調節することで対応が可能です。

YAGレーザーを照射できる脱毛機は以下です。

YAGレーザーを照射できる脱毛機
  • ジェントルYAG
  • ソプラノチタニウム
  • スプレンダーX

脱毛機によっては複数のレーザーを照射できるものもあり、その中にYAGレーザーが含まれている場合があります。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは濃く太い毛が得意、顔の産毛も対応可能、日焼けした肌はNG

アレキサンドライトレーザーは黒い色素(メラニン)に反応するレーザーのため、VIOに生えているような濃くて太い毛に適していますが、出力の調整によって顔の産毛にも対応可能です。

アレキアンドライトレーザーを照射できる脱毛機は以下です。

アレキサンドライトレーザーを照射できる脱毛機

脱毛機によっては複数のレーザーを照射できるものもあり、その中にアレキサンドライトレーザーが含まれている場合があります。

顔脱毛の痛みについて

顔は身体の中でも皮膚が薄く敏感な部分のため、人によっては脱毛時に痛みを感じやすい場合があります。

特に粘膜に近い鼻下や、皮膚と骨の距離が近い額は痛みが出やすいと言われています。

医療レーザーごとの痛みの違い

医療脱毛で使用されるレーザーは、ダイオードレーザーとYAGレーザー、アレキサンドライトレーザーがありますが、顔脱毛の際の痛みの強さは照射するレーザーの種類によっても違ってきます。

レーザーごとの痛みの強さと照射できる脱毛機は以下です。

レーザーごとの痛みと照射できる脱毛機まとめ表
レーザーの名称 痛みの強さ 照射できる脱毛機
ダイオードレーザー ソプラノアイスプラチナム
メディオスターNeXTPRO
ライトシェアデュエット
・メディオスターモノリス
・ソプラノチタニウム
YAGレーザー × ・ジェントルYAG
・ソプラノチタニウム
・スプレンダーX
アレキサンドライトレーザー ジェントルレーズプロ
・ソプラノチタニウム
・スプレンダーX

クリニックで使用されるレーザーで痛みが少ないとされているのはダイオードレーザーで、YAGレーザーは痛みが強く出やすいとされており、これは顔脱毛の際も同様です。

痛みが強いとされている脱毛機でも出力を弱めることで顔脱毛の際の痛みを軽減できます。

脱毛の痛みは麻酔で軽減できる

クリニックには脱毛の痛みが心配な方に向けて麻酔が用意されていることが多いです。

麻酔はクリニックによって用意しているクリニックとそうでないクリニックがあり、取り扱いのあるクリニックでも顔への使用ができない場合もあります。

痛みに弱いという人はカウンセリングの際に、顔脱毛の際に麻酔が使用可能かどうかを確認しておきましょう。

顔の永久脱毛!気を付けたいポイント

クリニックでおこなう医療脱毛は永久脱毛と呼ばれるものです。顔の医療脱毛を行うと永久脱毛効果もえることができます。

ただし、ここで気を付けたいポイントは、永久脱毛というと二度と毛が生えてこない脱毛方法と思われがちですが、実際はそうではないという点です。

永久脱毛の定義は日本では決まっておらず以下のようなアメリカの定義を基本としています。

アメリカの永久脱毛の定義
脱毛をして1ヶ月経った後に毛の再生率が20%以下となれば永久脱毛と言える。

永久脱毛だからといって脱毛後に二度と毛が生えてこないとは言い切れず、ある程度は毛が生えてくる可能性があります。

クリニックで顔の永久脱毛を行う際も、毛が生えてきてびっくりすることのないように正しく理解しておくことが大切です。

顔の医療脱毛のメリットについて

医療脱毛クリニックで顔脱毛するメリットは以下のようなものがあります。

顔の医療脱毛のメリット
  • 脱毛で肌に問題が生じた時は医師による治療が受けられる
  • 痛みを軽減して脱毛がおこなえる
  • 永久脱毛効果が得られる

脱毛で肌に問題が生じた時は医師による治療が受けられる

医療脱毛クリニックは医師が常駐しており、肌に問題が生じた場合に、医師による治療を受けることができます。

顔は特に人から見られる場所のため、肌に問題が生じた場合に治せるかどうかが大事なポイントとなってきます。

何かあったとき、医師にすぐに治療してもらえるのはクリニックの大きなメリットと言えます。

脱毛が原因で肌荒れなどが起こった場合の治療費や薬代は、ほとんどのクリニックが無料です。

痛みを軽減して脱毛がおこなえる

脱毛の痛みは個人差があり、顔脱毛の痛みについて断言することはできませんが、顔は皮膚が薄く粘膜があるため、体の中でも痛みが出やすいとされています。

ただし、多くの医療脱毛クリニックは顔脱毛を行う際に麻酔を使って痛みを緩和することが可能です。

痛みを軽減しながら脱毛がおこなえるのはクリニックで顔脱毛をするメリットと言えます。

顔の脱毛方法はほかにもある!

顔の毛のお手入れをする方法は、クリニックでの医療脱毛以外に、脱毛サロンでの美容脱毛や、家庭用光美容器を使用したお手入れ方法もあります。
その方法にもそれぞれメリットとデメリットがあって、かかる期間や料金も異なります。

顔の脱毛方法をチェックして自分に合っているのがどれなのかをチェックしておきましょう!

顔脱毛プランの料金や回数・特徴を解説!注意点やメリット・デメリットについて

顔脱毛による肌への負担・リスクと対処法

顔脱毛による肌への負担とリスクについて、またリスクを避けるための対象法について説明します。

肌の調子が悪いときの脱毛は注意が必要

脱毛はレーザーを肌に当てるため、肌が健康な状態でも熱や刺激といった負担がかかります。顔脱毛に限らず肌状態が悪いときに脱毛をおこなうと、より負担になりやすいくなってしまいます。

肌の状態が悪いときの脱毛によって起きるリスクは以下です。

肌の調子が悪いときの脱毛のリスク
  • 乾燥が強く出る
  • できものができる
  • 炎症が起きる

顔は体の中では皮膚が薄い部分なので肌の状態が悪い時に脱毛をすることで、他の部位に比べて乾燥や炎症を起こすリスクが高いです。

脱毛を避けた方が良い肌の状態について

脱毛によって肌に問題をおこさないためには、肌の状態が悪いときの脱毛を避けることが有効です。

脱毛を避けた方が良い肌の状態の例は以下です。

脱毛を避けた方が良い肌の状態
  • 日焼けでヒリヒリしている
  • 白くなるほど乾燥している
  • できものができている
  • かゆみやかぶれがある
  • 傷がある
  • 乾燥などで赤みがある

…など

これから顔脱毛をはじめようと思っているけど、肌状態が普段からあまりよくないという人は、契約前のカウンセリングで医師に診てもらいましょう。お試しでテスト照射をしたり、肌状態の確認をしてもらうことができます。

顔脱毛で肌に問題が起きないための普段のケア
顔脱毛で肌に問題がおきないためには、普段からのケアも大切です。
顔脱毛で問題が起きないためのケアは以下です。

顔脱毛で問題が起きないためのケア
・脱毛の2週間前から保湿を十分おこなう
・陽の光が多い場所を避け、日焼け止めなどで日焼け対策をする
・クレンジングや洗顔で肌を清潔にする
・脱毛の前後は温泉やプールなどを避ける

顔の医療脱毛・事前準備と脱毛当日の流れ

顔脱毛の事前準備と脱毛方法について説明します。

顔脱毛の事前準備

顔脱毛の際に事前準備が必要なものは以下です。

顔脱毛の事前準備
  • 前日に毛の自己処理をおこなう
  • メイクはしていってOK
  • 服装は首周りが邪魔にならないものが◎
前日に自己処理をおこなう

顔脱毛の前日には、顔の毛を自己処理していく必要があります。

電動シェーバーで脱毛部位をシェービングしてください。

クリニックによっては自己処理のそり残しのシェービングサポートが無料の場合や、有料でシェービングをおこなってくれるところもあります。

メイクはしていってOK

顔脱毛をする際はメイクを落とす必要がありますが、クリニックの多くは脱毛前に自分でクレンジングや洗顔をおこなうことができるため、メイクをしていっても大丈夫です。

多くのクリニックにはパウダールームがあり、脱毛後にメイクをして帰ることもできます。

メイクをして帰る方はメイク道具を持参してください。

服装は首周りが邪魔にならないものが良い

脱毛は部位によっては服をぬいでガウンなどに着替える必要がありますが、顔脱毛の場合は服を脱がず、タオルを首周りに巻く程度のため、それほど服装を気にする必要はありません。

タオルを巻く必要がある場合は、首周りに巻きやすいように、タートルネックやハイネックの服装は避けるのが無難です。

編集部Yuko

照射部位に首が含まれている場合は首周りの開いた服で行くと、脱毛の邪魔にならなくて良いよ!

顔脱毛当日の流れ

顔脱毛(セットプラン)にかかる時間は30分程度のクリニックが多いです。

顔脱毛にかかる所要時間:30分程度

基本的な顔脱毛の流れは以下です。

顔脱毛の流れ
  1. 来店・受付
  2. メイク落とし・準備
  3. シェービング・脱毛機による照射
  4. メイク直し
  5. 次回の予約・終了
来店・受付

来店したら受付をすませ、待合室で順番を待ちます。

メイク落とし・準備

顔脱毛はメイクをしたまま照射ができないため、脱毛の前にメイクを落とす必要があります。

クレンジングや洗顔が置いてあるクリニックが多く、自分でメイクを落とすことができます。

脱毛時の格好はクリニックによってまちまちですが、タオルなどを首周りに巻き、髪をタオルでまとめる場合もあります。目にはレーザーが当たらないようにゴーグルをつけます。

シェービング・脱毛機による照射

脱毛前に自己処理のそり残しをシェービングしてもらい、脱毛機による照射をおこないます。

クリニックによっては、脱毛後に無料の軟膏などを塗ってもらいます。

メイク直し・次回の予約

メイクをして帰る方はパウダールームでメイク直しをおこないます。

クリニックで予約が取れる場合は、次回の予約を取って終了となります。

顔の医療脱毛!気になるポイント

顔にできものがあっても顔脱毛はできますか?
医師が確認したうえで脱毛できないと判断する場合があります。

脱毛はレーザーによる肌の負担が少なからずあるため、顔脱毛によって悪化すると医師が判断した場合は脱毛を断られる場合があります。

顔脱毛をお試しできますか?
1回プランを用意しているクリニックもあります。

クリニックでは脱毛の痛みや肌への影響が心配な場合に、カウンセリング時に無料でテスト照射をしてもらえるところもありますが、基本的に腕や足への照射になります。

クリニックの中には顔脱毛1回のプランを用意しているところも多いため、1回だけ試してみたい人はまずは1回プランを利用してみるのも手です。

顔脱毛することで毛穴が目立つようになりませんか?
顔脱毛をすると毛穴が目立たなくなります。

顔脱毛によって毛穴が目立つことはなく、逆に黒い毛が抜けることで毛穴が気にならなくなるということはあります。

ただし、肌が極度に乾燥している時や、日焼けをした直後など肌の状態が悪いときに脱毛をすると肌が荒れ、その肌荒れが原因で毛穴が開くというリスクはあります。

肌の状態が悪いときに脱毛を避けたり、普段から保湿することで肌に問題が起きることなく顔脱毛をすることができます。

顔脱毛3回が最短3ヶ月で行えるアリシア

アリシアクリニックの顔脱毛3回は166,320円(税込)で、1ヶ月に1回通えるので最短3ヶ月でコースを完了できます。

アリシアの顔脱毛は脱毛範囲に眉間、眉毛、首が含まれているのが特徴的、脱毛機は3種類あり産毛を得意とするレーザーも含まれています。


※記事に記載している情報は調査時点のものになります。
最新の情報を掲載するように更新をしておりますが、公式サイトと異なる場合がありますので、最終的な確認は公式サイトで行ってください。