脱毛情報メディア|exciteエピ
exciteエピ > 脱毛部位の料金や脱毛範囲 > 背中脱毛の料金や回数・効果をチェック!背中脱毛プランのあるサロンとクリニック

背中脱毛の料金や回数・効果をチェック!背中脱毛プランのあるサロンとクリニック

背中脱毛のメリット・デメリットや永久脱毛について解説

背中脱毛の範囲や料金、回数や効果についてくわしく解説するとともに、背中脱毛プランのある脱毛サロン3選とクリニック3選を紹介します。

脱毛サロンやクリニックには背中脱毛のセットプランがあまりありませんが、背中のパーツ脱毛を選ぶことで、憧れの美しい背中が手に入ります!

≪背中脱毛プランのある脱毛サロン3選≫

背中脱毛が行える脱毛サロンはこちらです。それぞれ背中脱毛6回の料金もまとめました。

脱毛サロンの背中脱毛
脱毛サロン 背中脱毛
6回料金
ジェイエステティック 52,800円
ラココ 66,000円
ミュゼ 151,200円
※ 表の料金はすべて税込価格です。

各サロンの背中脱毛についてより詳しく説明していきます。

背中脱毛6回が52,800円!

■ジェイエステティック

ジェイエステティックは、Lパーツ脱毛に背中(上)と背中(下)があり、Lパーツ2部位分で背中全体を脱毛することができます。

背中脱毛
(背中上、背中下)
1回:11,000円
6回:52,800円 ※1
脱毛範囲 背中上・背中下
脱毛方式 サファイア脱毛
シェービングサービス 背中の剃り残しは無料対応
※ 表の料金はすべて税込価格です。※1 Lパーツ2部位で脱毛した場合の料金。

ジェイエステティックの脱毛機は2021年の夏より新しいサファイア脱毛というものに変わりました。従来の脱毛機より痛みや熱を感じにくくなったので、範囲の広い背中の脱毛にも適しています。
脱毛後に使用するジェルにはヒアルロン酸が配合されているので、乾燥しやすい背中のトリートメント効果も期待できます。

産毛もすっきりきれいに脱毛!

■ラココ

背中脱毛料金 1回 11,000円
6回 66,000円
12回 132,000円
脱毛範囲 背中上、背中下
脱毛方式 SHR方式
シェービングサービス サービスあり
無料
※表の料金はすべて税込価格です。

ラココではLパーツ脱毛2部位で背中全体の脱毛を行うことができ、回数は1回、6回、12回があります。

ラココが採用しているSHR脱毛は色素の薄い産毛に効果的な脱毛方法です。褐色肌やシミがある肌でも照射ができるので日焼けしやすく産毛の多い背中脱毛に向いている脱毛方法です。

ラココでは手の届きにくい部位のシェービングは無料で行ってもらうことができ、背中のシェービングも無料となっています。

SSC脱毛で背中を優しくお手入れ!

■ミュゼ

背中脱毛料金 1回 25,200円
4回 100,800円
6回 151,200円
脱毛範囲 背中上、背中下
脱毛方式 S.S.C.方式
シェービングサービス 背中の剃り残しは無料対応
※表の料金はすべて税込価格です。

ミュゼではフリーセレクト美容脱毛コースのLパーツ2部位で背中の脱毛を行うことができます。

ミュゼはS.S.C.方式の脱毛を採用しており、照射する部位に抑毛ジェルを塗布して光を当てることで脱毛を促します。その際に使用するジェルはスキンケア効果のある植物ペプチド配合のジェルで、さらにアフターケアではプラセンタエキス配合のミルクローションを使用、背中をやさしくお手入れします。

≪背中脱毛がある医療脱毛クリニック3選≫

背中脱毛プランのあるクリニックを紹介します。

医療脱毛クリニックの背中脱毛
医療脱毛クリニック 背中脱毛の料金

レジーナクリニック

5回 59,400円

フレイアクリニック

5回 63,800円

アリシアクリニック

3回 110,880円
※表の料金はすべて税込価格です。

各クリニックの背中脱毛の脱毛範囲や使用している脱毛器などについて、詳しく解説していきます。


首から腰骨まですっきり脱毛!

■レジーナクリニック

背中脱毛料金 1回 19,800円
5回 59,400円
脱毛範囲 首の付け根から腰骨ラインまで
脱毛機 ・ジェントルレーズプロ (アレキサンドライトレーザー)

・ソプラノアイス・プラチナム
(ダイオ・アレキ・ヤグ同時照射可※1

・ソプラノチタニウム
(ダイオ・アレキ・ヤグ同時照射可※1
シェービングサービス 背中の剃り残しは無料対応
※表の料金はすべて税込価格です。 ※1 蓄熱式ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー同時照射可

レジーナクリニックでは背中脱毛セットで背中脱毛を行うことができます。脱毛範囲は首の付け根から腰骨までで、ウエストのくびれより下まで照射が可能。

取り扱いのあるソプラノアイス・プラチナムは蓄熱式脱毛をおこなう機種で、産毛に効果が期待できます。また、日焼け肌やシミ・ほくろのある部位にも照射できるという長所があります。

背中の産毛もきれいに!日焼け肌にも照射できる

■フレイアクリニック

背中脱毛料金 1回 24,200円
5回 63,800円
8回 101,200円
脱毛範囲 背中(全体)
脱毛機 ・メディオスターNeXT PRO (蓄熱式ダイオードレーザー)

・アリー(蓄熱式ダイオードレーザー)
シェービングサービス 背中の剃り残しは無料対応
※表の料金はすべて税込価格です

フレイアクリニックには背中脱毛の回数プランがあり、回数は1回、5回、8回が用意されています。

利用できる2種類の脱毛機はどちらも蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機で、この脱毛機は痛みを抑えた照射ができ、産毛に効果が期待できる機種なので、産毛の多い背中脱毛に向いているといえます。

また、肌の色が濃い場合でも照射できるので、背中が日焼けしていても、シミがあっても脱毛を受けられます。

襟足を含む背中脱毛が行える!

■アリシアクリニック

背中脱毛料金 1回 41,580円
3回 110,880円
脱毛範囲 背中、襟足、腰
脱毛機 ・ソプラノチタニウム
(ダイオ・アレキ・ヤグ同時照射可※1

・スプレンダーX
(アレキ・YAG2種を同時照射可)

・ライトシェアデュエット
(HR式ダイオードレーザー)
シェービングサービス 背中の剃り残しは無料対応
※表の料金はすべて税込価格です。※1 蓄熱式ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー同時照射可

アリシアクリニックには襟足を含んだ背中脱毛プランがあり、襟足から背中、腰までを脱毛します。襟足まで含んだプランは珍しく境目を目立たせずに背中の脱毛が行えます。

アリシアクリニックは複数の脱毛機を使用しており、毛質、肌質を考慮した上で最適な脱毛機を選んで照射します。

中でも、蓄熱式のダイオードレーザー脱毛をおこなうソプラノチタニウムは産毛の脱毛が得意で、日焼けした肌やシミのある肌にも照射がでるので、背中脱毛に適した脱毛が行えます。

脱毛サロンの背中脱毛!料金と特徴

サロンでの背中脱毛の料金と脱毛の特徴をあげてみました。

サロンの背中脱毛料金プラン
サロン 背中脱毛料金
ジェイエステティック 2回 2,200円(初回限定)※1
6回 26,400円
ラココ 1回 11,000円
6回 66,000円
12回 140,844円
ミュゼ※2 1回 25,200円
6回 75,600円
12回 151,200円
※表の料金はすべて税込価格です。
※1…初回限定プランはジェイエステがはじめての方、1人1回限り。一部サロンでは実施していない場合があります。
※2…レギュラープランの通常料金です。

背中脱毛専用のプランが用意されているサロンは少なく、Lパーツ脱毛などで背中を選択して脱毛することが多いです。

背中は範囲が広い部位なので、上部と下部に分けられることが多く、Lパーツ2部位で背中全体を脱毛します。

脱毛時間は、背中全体で40分~1時間ほどとなります。

脱毛サロンでは、背中脱毛のアフターケアとして保湿や肌の引き締め効果のあるローションなどを使ってお手入れをしてくれます。

編集部Miho

サロンでの背中脱毛は、毛をなくすだけでなく背中の肌状態を整えてくれるので、バックスタイルに自信が持てるようになります!

医療脱毛クリニックの背中脱毛!料金と特徴

医療脱毛クリニックでの背中脱毛の料金と脱毛の特徴はこちらです。

クリニックの背中脱毛料金プラン
クリニック 脱毛料金 脱毛範囲
レジーナ 1回 19,800円
5回 59,400円
首の付け根から腰骨ラインまで
フレイア 1回 24,200円
5回 63,800円
8回 101,200円
背中(全体)
※ヒップの上まで
アリシア 1回 41,580円
3回 110,880円
背中、襟足、腰
※表の料金はすべて税込価格です。

クリニックは医療レーザーによる脱毛をおこない、高い脱毛効果が見込めます。背中のセットプランを設けているクリニックはあまりなく、部位別の脱毛として背中を選んで脱毛をおこないます。

首の付け根からウエストのくびれまでを背中脱毛の範囲としていると事が多いですが、クリニックによっては、くびれの下の腰まで範囲としているところもあります。

背中全体の脱毛にかかる時間は40分~1時間ほどです。

背中脱毛の照射範囲・脱毛回数・効果

背中の脱毛範囲

背中脱毛と一口に言っても、サロンやクリニックによって対応する範囲は少しずつ違います。背中脱毛の範囲には大きく以下の3パターンがあります。

  1. 背中上・背中下の2部位(肩甲骨を境に分ける)
  2. 肩のラインから腰までの全体(腰骨まで)
  3. 肩のラインからくびれまで (腰は含まない)

脱毛サロンでは、肩甲骨を境に背中上・背中下と部位を分けるところが一般的です。左右は両肩の飛び出た骨のラインが目安です。

医療脱毛クリニックでは、背中の範囲は背中全体を指すことが多く、首の下から背中全体を1部位と見なすケースが多くなります。左右は両肩の骨のラインで、腰骨までもしくはくびれまでの範囲となります。

背中脱毛プランには、うなじや襟足は含まれない場合が多いです。

背中とうなじの境目が目立つようになったというケースもあるので、背中脱毛の際は、うなじ脱毛もあわせて処理することを検討してもよいでしょう。

今回調べた中ではアリシアクリニックだけ、うなじを含んだ背中脱毛プランがありました。

背中脱毛の回数

背中の毛は薄く量が少ないのですぐきれいになるように思えますが、背中に多い産毛は効果を実感しにくいため、背中の脱毛回数は多くなる傾向があります。

脱毛サロンの回数プランは6回や12回が多いですが、背中脱毛の場合は回数パックがないため、パーツ脱毛で背中を選択して、回数を自由に設定して脱毛することになります。

これに対して医療脱毛クリニックでは、5回や8回といった回数プランが用意されているので、その中から選んで脱毛を行います。

背中1回のお試しプランなどもありますが、基本的に1回の脱毛で背中がきれいになることはないため、納得できるまで定期的に通い続けることを心がけてください。

背中脱毛の効果

背中は一般的に薄く細い毛や産毛が多く、脱毛効果を実感しにくい部位です。

脱毛サロンやクリニックで受ける脱毛では、太くて濃い毛の多い脇やVIOといった部位の方が効果を実感しやすい傾向があります。これは、脱毛に使用される光やレーザーは濃くて太い毛に反応しやすいからです。

編集部Miho

脱毛効果は個人差が大きいこと、背中の毛量や毛質によって効果の現れ方が異なることを理解しておきましょう。

サロンでの背中脱毛の効果

背中は産毛が多い部位であり、人によっては背中の毛が密集して生えていることもあります。サロンでの背中脱毛は、効果に満足できるまで、一定のペースで根気よく通い続けることが大切です。

脱毛効果は、サロンでの脱毛方式によって左右されます。産毛に効果が期待できる脱毛方法かをチェックすると良いでしょう。

黒い色に強く反応する脱毛機は産毛の脱毛には不向きです。細く色素の薄い毛の脱毛に適している“SHR脱毛”なら産毛の脱毛に向いています

SHR方式の脱毛機は色の濃い肌や、シミなどのある肌でも照射できるという利点があります。背中を日焼けしてしまっても照射をしてもらえます。

脱毛サロンは美容を考えたお手入れをおこなうところが多く、脱毛効果に加えてスキンケア効果も期待できます。人に見られても恥ずかしくない、きれいな背中を手に入れることができます。

SHR脱毛を採用している脱毛サロンはこちら。

SHR脱毛の効果を解説!メリット・デメリットとおすすめ脱毛サロン紹介

クリニックでの背中脱毛の効果

医療脱毛クリニックでは高い出力の医療レーザーを使った脱毛をおこなっており、脱毛効果を期待できます。ただし、毛の黒色に強く反応する脱毛機をメインに使用している場合、産毛の脱毛効果はやや低くなります。

多くのクリニックでは、脱毛機の名前や脱毛方式を明らかにしています。背中脱毛を検討する際には、産毛に効果のある脱毛機を使っているかをチェックし、効果的に脱毛をおこなえるようにしましょう。

産毛に高い効果を見込める脱毛機には、メディオスターNeXT PROやソプラノシリーズといった機種、蓄熱式ダイオードレーザーを利用した脱毛機などがあります。これらは日焼けした肌にも照射ができるので、背中脱毛に向いている脱毛機です。

メディオスターNeXT PROを採用している医療脱毛クリニックはこちら。

メディオスターNextPRO導入クリニック一覧!効果や痛みについて解説

ソプラノシリーズの脱毛機を採用している医療脱毛クリニックはこちら。

ソプラノアイスプラチナムの導入クリニックをチェック!脱毛効果や痛みは?

背中の永久脱毛はクリニックでしかできない

背中の永久脱毛を希望する場合は、医療脱毛クリニックで脱毛する必要があります。永久脱毛は、高出力で照射できる医療レーザーによる脱毛でしか認められておらず、医療脱毛クリニックだけが永久脱毛をおこなえます

・最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態

・3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

※永久脱毛の定義は、米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって以下のように定められています。

永久脱毛といっても、 “二度と毛が生えてこない”という脱毛ではないことを念頭において脱毛しましょう。

永久脱毛効果のある医療脱毛か、脱毛サロンで行う美容脱毛かで迷っているなら「医療脱毛と美容脱毛どちらを選ぶ?脱毛効果や料金・痛さの違いを解説」もチェックしてみて下さい。どちらが自分に合っているのかがわかります!

背中を自宅でお手入れ!セルフ脱毛について

背中脱毛は手が届きにくい部位なので、自分ひとりで処理するのは簡単ではありません。自宅で背中の毛をお手入れする方法をいくつか紹介します。

  • シェービング
  • 家庭用光美容器
  • 除毛クリーム
  • ワックスシート
  • 除毛タオル

カミソリやシェーバーで毛を剃るシェービングは、すぐに背中の毛をなくすことができ、費用もかからない手近な手段です。とはいえ、背中のある程度までは剃れても自分ですべてをお手入れするのは難しいという欠点があります。

シェービングはケガのリスクがあるので、無理をせず、慎重におこなうようにします。家族がいる人は手伝ってもらうと良いでしょう。

家庭用光美容器にはケノンやトリアなどの機種があり、脱毛サロンに通うことなく光脱毛がおこなえます。背中脱毛のために購入する場合は、産毛に対応しているもの、照射面積が広いものを選びます。

家庭用光美容器で背中を脱毛する場合も、家族の手を借りて脱毛することをおすすめします。

自宅で気軽に背中脱毛をおこなえる!家庭用光美容器についてはこちら

おすすめ家庭用脱毛器ランキング紹介!自宅でできる脱毛器の脱毛効果と頻度は?

市販の除毛クリームには、ムーモやイビサヘアーリムーバルクリームなどがあります。また、貼って使用するワックスシート、こすって毛をなくす除毛タオルも、その場で背中の毛をなくすことができます。いずれも安価で手に入れることができ、試しやすい除毛グッズです。除毛クリーム等を背中脱毛に使用する際は、髪の毛につかないように注意してください。

今すぐ背中をきれいにしたいという場合は、シェービングや脱毛クリームなどが有効です。一時的ではありますが、すぐに背中の毛をなくすことができます。

セルフ脱毛グッズはいろいろありますが、背中全体を自宅で除毛したい場合、どの方法を選んでも家族やパートナーの手を借りておこなうのがベストです。

編集部Miho

家族にお願いできないという方や、少し時間がかかっても背中のすみずみまできれいに脱毛したいという方は、サロンやクリニックでスタッフに脱毛してもらうほうが合っています。

脱毛サロン・クリニックでの脱毛前に必要な背中のシェービング

サロンやクリニックで背中を脱毛する際、脱毛部位のシェービングを自分で行っていきます。このとき、カミソリではなく電気シェーバーを使うようにします。電気シェーバーは、肌に直接刃が触れることがないため、肌を傷めにくいとされています。

ただし、背中は手の届きにくい部位のため、無理に自分でシェービングしようとすると肌を痛めてしまう場合があります。脱毛サロンやクリニックでは、手の届きにくい部位の剃り残しを、サポートしてくれる場合があるので、サービスがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。

背中脱毛のメリット・デメリット

背中脱毛のメリット

背中脱毛するといろいろなメリットが得られます。いくつかご紹介しましょう。

メリット
  • 背中のあいた服が楽しめる
  • 自己処理の回数を軽減できる
  • 背中が衛生的になる

サロンやクリニックで背中を脱毛すれば、背中がすっきりきれいになり、背中が開いたファッションを存分に楽しめます。水着姿などにも自信が持てるようになりますね。

背中脱毛後は、自己処理の頻度を減らすことができるため、自己処理にかけていた手間や時間も短縮することができます。

また、背中の毛が一掃されることで汗や汚れがたまることがなくなります。背中が衛生的になり、肌荒れやかゆみ、ムレや臭いなどの悩みが軽減されます。

背中脱毛のデメリット

背中脱毛のデメリットとしては以下の3点があります。

デメリット
  • 産毛が多く脱毛効果が実感しにくい
  • 脱毛回数が多く、期間が長くなりやすい
  • 範囲が広く料金が高くなりやすい

背中は脱毛効果を実感しにくい部位なので、思ったように脱毛が進まないと悩む場合があるかもしれません。また、脱毛回数も多くなりがちで、期間も長くかかる傾向があります。

背中は体の中でも面積が広い部位のため、脱毛料金も比較的高く設定されています。狭い部位である脇などよりも、脱毛費用や脱毛時間が必要です。

背中を脱毛するときに気を付けたいこと

背中脱毛する際には、いくつか気を付けておきたいことがあります。後悔なく背中脱毛をするために、以下のことに注意します。

  • 首、うなじ、肩との境目がくっきりとしないようにする
  • 産毛に対応した脱毛方式・脱毛機を選ぶ
  • 日焼けや乾燥に注意
  • 背中の肌状態が悪いと脱毛できない場合がある

背中だけ脱毛したら、うなじや肩との差が目立つようになって後悔している……というのは背中脱毛でよく聞く失敗です。この場合、うなじや首もセットで脱毛すると境界がくっきりすることを避けられ、自然なバックスタイルを得られます。

背中は産毛が多い部位なので、産毛が得意な脱毛機を使っているサロンやクリニックを選ぶようにします。サロンであればSHR方式の脱毛、クリニックであれば蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機かどうかをチェックしておくとベストです。

背中の上部は日焼けをしやすい部位なので、脱毛中は紫外線カットをこころがけるようにします。乾燥しないようスキンケアを入念に行い、背中の肌を健康に保つようにします。

背中ニキビが気になる時の脱毛

背中はニキビができやすい部位でもあります。背中にニキビがある場合、ニキビが赤く炎症をおこしていないなら照射できるケースが多くみられます。

炎症をおこしている場合は、その部分を避けて脱毛します。サロンやクリニックでは、シールなどで患部を覆って脱毛しています。ニキビの状態によっては、炎症が引くまで照射できない場合もあります。

ニキビができやすい方は、脱毛前のカウンセリングでどのように対応してもらえるかを相談しておくと良いでしょう。

編集部Miho

脱毛を続けていくと背中の毛がなくなり、背中が清潔になります。背中ニキビができてしまう要因も減るので、悩みも軽減していきます!

背中脱毛プランがあるジェイエステ
背中脱毛料金 1回:11,000円
6回:52,800円 ※1
脱毛範囲 背中上、背中下
脱毛方式 サファイア脱毛
シェービングサービス 剃り残しは無料対応
※ 表の料金はすべて税込価格です。※1 Lパーツ2部位で脱毛した場合の料金。

Lパーツ脱毛プラン2部位で背中脱毛が可能なジェイエステティック。回数は1回から16回まで設定されていて、カウンセリングで相談しながら決めることができます。

手の届きにくい背中は事前のシェービングも大変ですが、ジェイエステは万が一剃り残しがあっても無料で対応してもうことが可能です。


※記事に記載している情報は調査時点のものになります。
最新の情報を掲載するように更新をしておりますが、公式サイトと異なる場合がありますので、最終的な確認は公式サイトで行ってください。