平凡社 世界大百科事典

アノミー

社会規範の動揺や崩壊などによって生じる混沌状態,あるいはその結果である社会の成員の欲求や行為の無規制状態をいう。フランスの社会学者デュルケームによって用いられるようになった社会学上の概念。語源的には,〈無法律状態〉などを意味するギリシア語のanomosに由来するといわれるが,デュルケームが《社会分業論》(1893)および《自殺論》(1897)でこの概念を用いて以来注目され,今世紀の社会学者によって社会解体,価値の不統合,疎外などさまざまな現象を分析し記述する際にさかんに用いられるようになった。デュルケームによれば,社会の分業が正常にすすめば,社会の諸機能の相互依存がつよまり,有機的な連帯が生まれると考えられるが,現実の近代西欧社会では無規制的な産業化のために諸機能の不統合が生じ,連帯よりも弱肉強食の対立,抗争がむしろ支配的となっている。《社会分業論》ではこのような状態がアノミーとして記述されている。他方,アノミーは個々人の意識や行為のレベルに現れてくる病理でもある。デュルケームは《自殺論》では,急速な産業化による社会の規範体系の動揺が,個々人の欲求の無際限の肥大とそれによる苦痛を惹起(じやつき)することに目をむけ,これを自殺の発生の一条件として重視した。この型の自殺はアノミー的自殺と名づけられている。

 デュルケーム以後,資本主義化,都市化,大衆化などが大規模にすすむアメリカで,この概念が注目を浴びるようになり,G.E.メーヨー,R.M.マッキーバー,D.リースマン,R.K.マートンらの社会学者を通じて独自の展開をみている。とくにマートンの考察は著名で,彼は,ひとつの社会における文化的目標と制度的手段の不統合によって生じる規範の衰耗をアノミーと規定し,そのような場合,成員の間に逸脱行動が生じやすいとした。たとえばアメリカ社会では,〈金銭的成功〉という文化的目標が大いに強調される反面,制度的手段の遵守があまり強調されず,その結果しばしば逸脱行動が生じており,とくに社会の下層の者にこの行動をうながす圧力がはたらいているとする。マートンのアノミー論は,現代の社会構造と逸脱行動の発生との関連を明らかにした点で,あらたな視野を切り開いている。他方,これとは別の観点から,S.デ・グレージアは,一社会において信念体系の陥っている危機の度合に応じて,2種のアノミーを区別している。すなわち,複数の信念体系が単に葛藤の状態にある場合を〈単純アノミー〉,支配的な信念体系の崩壊による指導原理の全般的な喪失を〈尖鋭アノミー〉と名づけ,それぞれの政治社会学的意味合いに注目した。現代日本でも,大衆社会化のなかでの個人の疎外感や,経済成長と消費社会化のもとでの欲求の無規制化をアノミー的現象として考察する試みが行われてきた。

宮島 喬