平凡社 世界大百科事典

イフェ王国

ナイジェリア連邦西部,イフェを都とするヨルバ族最初の王国で,11世紀初頭までにはつくられていた。ヨルバの伝承によれば,人類発祥の地はイフェIfeであり,そこに天の神オロルンが降臨させたオドゥドゥワが王国をつくった。オドゥドゥワはイフェの最初の支配者であると同時に,その後周辺につくられてゆくヨルバ族の諸王国の先祖とされている(どの王国の創世神話でも,先祖はイフェ王国の王子とされている)。その後ナイジェリア西部に勢力を誇ったオヨ王国も,またヨルバ系文化を担ったベニン王国も,この王国を宗主国とし,その都イフェを宗教上の中心地として奉った。したがってイフェ王国は世俗的には強大な力をもたなかったにもかかわらず,侵してはならぬものとして存続した。1793年オヨ王アウォレが奴隷狩りのためにイフェに侵入した際,内部からの激しい反発を招き失敗している事実が,イフェとその他のヨルバ族の諸国との関係をよく示している。しかしこの関係もしだいに現実の力関係に取って代わられ,19世紀にはフルベ(フラニ)族に圧迫されたオヨ王国に領土の一部を奪われるにいたった。そして19世紀末にはこの領土を占拠したオヨとイバダンとの連合軍によって滅ぼされた。

 イフェはまたテラコッタおよび青銅の像(特に頭部像)が出土することでも有名である。この芸術を発見したのはドイツの民族学者レオ・フロベニウスで,1910年のことである。アフリカの造形芸術には,身体の部分を強調するものが多いが,イフェのそれは写実にその特徴がある。これらの像は王と廷臣たちのもので,毎年死者の祭祀のために使われたもののようであるが,いつごろつくられたのか,ヨルバ族自身の手になるものなのか(フロベニウスは,古代ギリシア人がこの地に到来してつくったと考えた)はまだわかっていない。しかし北東ナイジェリアのノク文明の出土品に,写実性の強いテラコッタ像(前900-後200)が多く含まれており,イフェの出土品もこの文明の伝統を受け継いでいることは確かなようである。

井上 兼行